始皇帝 兵馬俑に関するニュース

音声ガイドのナビゲーターは壇蜜さん! 特別展『始皇帝と大兵馬俑』がスタート

PR TIMES / 2015年10月30日15時45分

展覧会を見たあとは、「キングダム」の世界に浸ろう! 東京国立博物館(東京・上野公園)で2016年2月21日(日)まで、特別展『始皇帝と大兵馬俑』(主催:東京国立博物館、陝西省文物局、陝西省文物交流中心、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社)が開催中です。最新の発掘成果を取り入れ、始皇帝と秦王朝にまつわる貴重な文物を紹介。20世紀の考古学で最大の発見とも [全文を読む]

【新東方見聞録】秦始皇帝陵が「伝説」から「史実」になった瞬間(中国・西安)

GOTRIP! / 2017年01月24日05時30分

・秦始皇帝陵は「伝説」だった 中国・西安にある秦始皇帝陵。この遺跡にはじつに8,000体もの兵馬俑が眠っていました。 秦始皇帝陵の発見は、つい最近のこと。1974年に地元の農民が掘り出したのがきっかけです。ところが、「西安あたりに始皇帝陵がある。しかも数千体の人形も埋められている」ということは、紀元前から知られていました。 前漢の歴史家司馬遷が、『史記』 [全文を読む]

秦王朝の栄華が上野に!始皇帝と大兵馬俑展が開催

Walkerplus / 2015年10月27日11時39分

東京・上野公園にある東京国立博物館では、10月27日(火)から2016年2月21日(日)まで、特別展「始皇帝と大兵馬俑」を開催する。 今から約2200年前に「最初の皇帝」を名乗り、中国大陸に統一王朝を立てた秦の始皇帝。その巨大な陵墓のほど近くに大量に埋められた地下軍団「兵馬俑」。 兵馬俑とは、兵士や馬などをほぼ等身大でかたどったやきものの像。20世紀最大の [全文を読む]

【今週の対決】この秋見たい「古代の王」展覧会

WEB女性自身 / 2015年11月16日06時00分

最初に向かったのは東京国立博物館で開催中の「始皇帝と大兵馬俑」。最初の皇帝を名乗り、中国大陸に統一王朝を打ち立てた秦の始皇帝だが、今回は巨大な陵墓から発見された文物が3つのコーナーに分けて展示されている。第1〜2章は王剣や玉装飾など、貴重できらびやかな文物が展示されている。 今回、めた坊がいちばん驚いたのは第3章の「始皇帝が夢見た『永遠の世界』 兵馬俑と [全文を読む]

スケールがデカすぎる!『特別展 始皇帝と大兵馬俑』

anan NEWS / 2015年10月14日14時45分

東京・上野の東京国立博物館で、10月27日から『特別展 始皇帝と大兵馬俑』がはじまります。 中国の歴史上でもっとも有名な人物のひとり、秦の始皇帝。天下統一を果たし、中国最初の皇帝となった始皇帝は、度量衡の統一やインフラの整備を行って支配体制を確立し、絶大な権力を誇りました。本展では、秦王朝の軌跡と始皇帝の実像、そして始皇帝が夢見た「永遠の世界」を貴重な出土 [全文を読む]

中国のパクリに際限なし!兵馬俑をそっくりそのまま再現―中国メディア

Record China / 2017年02月10日19時50分

ニセ兵馬俑の出現を受け、西安市の秦始皇帝陵博物院は声明を発表。「兵馬俑」「秦俑」「秦始皇兵馬俑」「銅車馬」「秦始皇帝陵」などの始皇帝陵や兵馬俑に関する命名権や商標権はいずれも当博物院が所有しており、許諾権を得ず、これらの名称を使ったり、図案や映像資料を使ったりすることは権利侵害に該当すると指摘した。 近年、国内外でニセ兵馬俑の展示がたびたび起きており、つ [全文を読む]

「始皇帝と大兵馬俑展」観た壇蜜 気合の入り方が違うと感嘆

NEWSポストセブン / 2015年11月23日07時00分

東京国立博物館 平成館で開催中の特別展『始皇帝と大兵馬俑』で音声ガイドのナビゲーターを務めるタレントの壇蜜が、話題沸騰中の同特別展を訪れた。 13才で王に即位し、50才で没した始皇帝。彼の帝国はその後わずか3年で滅亡してしまうが、兵馬俑や銅車馬をともなう壮大な地下宮殿は長い時を経て1974年に地元の農夫によって発見された。 「兵馬俑は数十年かけて造られたと [全文を読む]

中国西安に偽物の兵馬俑出現、観光客誘導する詐欺―中国メディア

Record China / 2017年01月13日19時20分

2017年1月12日、中国新聞網(電子版)によると、中国を初めて統一した秦の始皇帝(紀元前259〜同210年)の陵墓がある中国の陝西省西安市で、副葬品として埋葬された兵士や馬の形をした兵馬俑の偽物を作って展示し、旅行者らを誘導して入場料を取る詐欺が頻発している。 実際に昨年の国慶節(建国記念日、10月1日)の連休中、西安で偽物の兵馬俑を見た人の話によると、 [全文を読む]

兵馬俑は古代ギリシャの影響を受けた?考古学の新説にキレる中国人

Record China / 2016年10月16日07時50分

なぜ始皇帝の時代になって突然、等身大の陶像が作られるようになったのは大きな謎だったが、遠く離れた古代ギリシャの影響を受けたとの説が浮上している。秦始皇帝陵博物院の李秀珍(リー・シージェン)研究員によると、従来考えられていたよりもずっと早い始皇帝の時代から中国と西洋は交流があったことが明らかになったという。ウィーン大学のルーカス・ニッケル教授は、最近兵馬俑か [全文を読む]

迫真!芸が細かすぎる“にんじん彫刻”--兵馬俑展コラボの限定メニュー

えん食べ / 2016年07月30日18時00分

国立国際美術館(大阪市・中之島)で開催中の特別展「始皇帝と大兵馬俑」に関連し、周辺の飲食店でタイアップ企画が実施されている。そのひとつとして、兵馬俑(へいばよう)をかたどった“にんじん彫刻”が8月1日から提供される。 兵馬俑は、ほぼ等身大の粘土づくりの“人形”。同展覧会は、始皇帝の陵墓そばに副葬された兵馬俑を中心に構成されており、目玉となっている。 今回登 [全文を読む]

な、なぜ―「兵馬俑」の顔だけを映し続ける番組、ニコ生が放送

インターネットコム / 2016年01月08日15時00分

兵馬俑は、古代中国を統一した皇帝、秦の始皇帝の巨大な墓に埋まっていた陶器の人形だ。始皇帝が、来世にお供として連れてゆくための兵士や馬として作らせたのではないか、とも言われる。 およそ8,000体もある人形はすべて顔が異なり、それぞれ実在の人物をモデルにしたらしく、確かにどこかにいそうな顔をしている。ニコニコ生放送を運営するドワンゴによると、最近、中国のS [全文を読む]

壇蜜 「よくぞ残ってくれました!」と兵馬俑特別展に感激

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

東京国立博物館 平成館で、特別展『始皇帝と大兵馬俑』が2016年2月21日まで開催されている。 史上初めて中国全土を統一した始皇帝。晩年、本気で不老不死を目指した彼は、自身の宮殿とその周りの世界を完全にコピーして陵墓を造り、肉体の滅びた後も霊魂の不滅を願った。陵墓周辺には、兵や馬を模した「兵馬俑」が多数埋納された。 展示は、秦の“サクセスストーリー”を紹介 [全文を読む]

【リーガロイヤルホテル(大阪)】文化教室のレクチャーサロン「リーガクラブ」は懐徳堂共催講座「世界遺産-歴史と文化を巡る旅」をシリーズで開講、第1回は中国をテーマに、「始皇帝と兵馬俑」を開催

PR TIMES / 2016年08月08日10時56分

1回目の「世界遺産-歴史と文化を巡る旅シリーズ ~中国~ 始皇帝と兵馬俑」を2016年9月14日(水)に開催。 リーガロイヤルホテル(大阪市北区中之島、総支配人 田辺 能弘)の文化教室「エコール ド ロイヤル」が運営する、55歳以上を対象としたレクチャーサロン「リーガクラブ」は、懐徳堂共催講座として、「世界遺産-歴史と文化を巡る旅」をシリーズで開講します。 [全文を読む]

本物の兵馬俑に会える特別展「始皇帝と大兵馬俑」で、兵馬俑チョコをゲットしよう!

GOTRIP! / 2015年12月11日02時15分

中国の長い歴史の中で、初めて中国統一をはたした秦の始皇帝。 彼が残したいくつもの壮大な建造物が、約2200年を経った今でも多く残っていますが、中でも圧巻なのが、教科書で見たことがある陶器の人形がたくさん並んでいる「兵馬俑(へいばよう)」ではないでしょうか? 兵馬俑は、今から約44年前の1974年に井戸を掘っていた農民によって偶然発見され、20世紀の考古学に [全文を読む]

大人気マンガ「キングダム」の世界を知る大兵馬俑展

Walkerplus / 2015年10月29日10時20分

中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心とした戦乱の世を描いた、大人気マンガ「キングダム」。テレビアニメ化もされ、単行本の累計発行部数1600万部以上を誇るといわれる同作品が、10月27日から2016年2月21日(日)まで、東京・上野公園にある東京国立博物館で開催される、特別展「始皇帝と大兵馬俑」とコラボする [全文を読む]

始皇帝を守る永遠の軍団・兵馬俑が東京に 『始皇帝と大兵馬俑』展

太田出版ケトルニュース / 2015年10月14日09時31分

10月27日(火)より、東京・上野の東京国立博物館にて、20世紀の考古学における最大の発見のひとつといわれる「兵馬俑」について紹介する展覧会『始皇帝と大兵馬俑』が開催される。 この展覧会は、今からおよそ2200年前に中国初の統一王朝を作り上げた秦の始皇帝と、その巨大な陵墓の近くに埋められた兵馬俑を紹介するもの。辺境の小国に過ぎなかった秦が統一を成し遂げるま [全文を読む]

発掘調査は遺跡の破壊そのもの、始皇帝陵の発掘は50年間実施せず―中国

Record China / 2016年09月05日23時10分

2016年9月4日、台湾紙・旺報によると、始皇帝陵の発掘は50年後になる見通しだ。 中国国家文物局、中国科学技術部は共同で始皇帝陵発掘に関する予備調査を実施した。結論は「発掘は破壊につながる」というもの。今後、少なくとも30〜50年間は発掘を行わない方針を固めた。 過去の歴史を知るために極めて重要な発掘調査だが、土に埋もれていた文化財が掘り出され、空気に触 [全文を読む]

また観光客のマナー違反!?兵馬俑の柵内に女性侵入で物議も、意外な“真相”が明らかに―中国

Record China / 2016年06月29日11時20分

2016年6月28日、法制晩報によると、陝西省にある秦始皇帝陵博物院の兵馬俑の柵内に女性が侵入したとネット上で騒動になったことで、博物院側が取材に応じた。 先日、あるネットユーザーが写真をアップロードし、「観光客の女性が秦始皇帝陵博物院を見学中、兵馬俑の坑の中にコップを落としてしまい、自分で柵を乗り越えて取りに行った」と書き込んだ。これを見たネットユーザー [全文を読む]

壇蜜 国立博物館主任研究員から兵馬俑の見方を教わる

NEWSポストセブン / 2015年11月21日07時00分

【東京国立博物館 特別展「始皇帝と大兵馬俑」】 ●開催期間…~2016年2月21日 ●開催場所…東京国立博物館 平成館 ●観覧料金…一般1600円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下は無料 ※福岡展は2016年3月15日~6月12日まで九州国立博物館で開催。大阪展は2016年7月5日~10月2日まで国立国際美術館で開催。 撮影■高橋進 ※女性セ [全文を読む]

万里の長城、ピラミッド…世界遺産が勢ぞろいのカオス空間「太陽公園」に行ってみた

デイリーニュースオンライン / 2015年02月03日15時50分

秦の始皇帝のために作られた兵馬俑をそのまま再現しているのである。とんでもない数の石像が、ホールの中でひしめき合っている。 「なんのためにここまで作ったの?」と疑問が湧いて、背中がゾクゾクしてきた。しかしまだまだこれは入口に過ぎないのだ。 スケールのでかすぎる不思議空間にトリップ 全長2キロにも及ぶ万里の長城、エジプトのピラミッド、天安門広場となぜかその対面 [全文を読む]

フォーカス