武将 始皇帝に関するニュース

パズル×戦略バトル『パズルオブエンパイア』累計10万DL突破記念!ガチャ10回分のジェムをプレゼント

@Press / 2016年09月21日14時30分

感謝を込めまして、スタートダッシュキャンペーンをグレードアップし、ジェム召喚(ガチャ)10回分となる「3,000ジェム」と武将の育成に使える「経験値アップ中 5個」をプレゼントいたします。『パズルオブエンパイア』公式サイト: https://poem.moe■ジェム召喚10回分!3,000ジェムをプレゼントパズルオブエンパイアをプレイしていただいている方の [全文を読む]

国内最大級アプリ事前登録サービスでランキング1位!新感覚のパズル×戦略バトル『パズルオブエンパイア』

@Press / 2016年08月12日16時30分

歴史上の武将をモデルとした美麗なキャラクターイラストや、現代の女学生とシンクロする設定・世界観といったクリエイティブ部分のクオリティにもこだわりを感じました!編集部もいちスマホゲーマーとして、本作のリリースを心待ちにしております!■『パズルオブエンパイア』の魅力<パズル×戦略バトルの融合が生み出す新しいゲーム体験>クォータービューの戦場で、敵味方各5対5の [全文を読む]

爽快ひっぱり大戦アクション『三国大戦スマッシュ!』にて武将が新たな力に目覚める究極進化!「覇王化」が解禁!!「スマッシュスキル」や「覇王スキル」など新必殺技を持った武将も新登場!

PR TIMES / 2016年07月29日16時25分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1348/964/resize/d1348-964-131055-1.jpg ]新たなスキル「スマッシュショット」を入手できる「覇王化」解禁さらに特別イベントクエスト「万里の超城」には最強クラスの武将「始皇帝」が登場!本日7月29日(金)より、『三国大戦スマッシュ!』にて、期間限定のイベント「真夏の特盛キ [全文を読む]

マンガ大賞発起人が「読んでない人が羨しい」と語る歴史漫画

NEWSポストセブン / 2016年08月23日16時00分

信だけでなく仲間や敵対する他国の武将を含めてのキャラクターがかなり濃厚で歴史マニアでも楽しめると思います。今や人気すぎて、書店長として紹介するのがためらわれるレベルの作品ですよ(笑い)」 毎年のヒット作を表彰する『マンガ大賞』の発起人で、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏は『ゴールデンカムイ』(野田サトル、集英社刊)を「読んだことがない人が羨ましい。この [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

「戦国武将の逸話には、創作である軍記物の記述に引きずられ、それが定説となってしまうことが多い」──そう語るのは戦国武将・明智光秀の子孫で、先頃「織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!」(幻冬舎)を上梓した明智憲三郎氏。実は光秀の主君・織田信長にまつわる定説は、間違いだらけなのだという。独自に解明した信長の「真の姿」を明かしてもらった。 信長とい [全文を読む]

大阪エヴェッサ 3月25日(土)、26日(日)vsシーホース三河戦 『「リアル脱出ゲーム×キングダム」特別練習問題 飛信隊入隊試験』開催のお知らせ

PR TIMES / 2017年03月17日18時05分

暗号化された敵の策略を読み解き、屈強な武将たちを討ち倒して、絶体絶命の大戦場から脱出せよ! [全文を読む]

なぜ日本では呂布の人気が高いのか?=「日本は強い者を崇拝する」「でも日本人が最も崇拝しているのは曹操」―中国ネット

Record China / 2017年01月27日23時30分

三国志において最強の武将と言われる呂布。中国での呂布の評価は、勇敢ではあるものの智謀に欠け、利欲に目がくらみ、何度も裏切って自滅したとして、決して高くはない。 しかし、日本では呂布の人気が高いという。その理由について記事は、日本人の精神は少年の段階で止まっており、誰かを評価する際はその人の態度ではなく「一生懸命さ」や「情」があるかどうかを重視すると分析。 [全文を読む]

【後編】LCC Peachの日帰り台湾ツアーで食べまくり! 時々歴史探訪

&GP / 2015年10月24日18時05分

武将である関羽は商業の神様として祭られており、平日でも多くの人が賑わっている。中に入ると手洗い場と水飲み場があるので、まずは手と口を清めよう。 多くの方が参拝に訪れる行天宮。この日も平日の日中にかかわらず、人が多かった ■観光から夜市まで楽しみ尽くす! さらに奥に入ると参拝所がある。日本のお寺や神社とはまた作法が異なるので注意が必要。とはいえ、立て札に台湾 [全文を読む]

原泰久の描き下ろしも収録! 雑誌『ダ・ヴィンチ』11月号で『キングダム』王騎の大特集!!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月01日09時30分

そんな『キングダム』の人気を決定的なものにし、その死をもって新たな時代の到来を告げたカリスマ武将が王騎(おうき)だ。 分厚い赤々とした唇の下に、三本に別れた艶やかな髭をたらし、黒馬に跨る隆々とした肉体……。 その人となりも、異形のルックスに負けてはいない。 「~ねェ」「~よォ」といった語尾や、「コココココ」という独特の笑い方で得体のしれない魅力を放ってい [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮迫博之が“キングダム芸人”を公開。『アメトーーク!』で第2弾を放送かと注目浴びる。

TechinsightJapan / 2015年08月28日21時10分

雨上がり決死隊の宮迫博之が、ツイッターで「キングダム芸人」とつぶやいて武将風の姿をした2人の男が立つ姿を投稿して反響を呼んでいる。2人は人気作品『キングダム』に登場するキャラクターのコスプレをしていると思われることから「え? 誰ですか?」「クオリティが高いのか低いのか、笑」とキングダムファンから厳しい評価も寄せられた。 『キングダム』は『週刊ヤングジャンプ [全文を読む]

フォーカス