評価 卑弥呼に関するニュース

なぜ、神道小学校の理念は間違いなのか。誤解された明治時代の教育

まぐまぐニュース! / 2017年02月28日05時00分

津田さんは、世界に高く評価されている日本の精神的高潔さを維持するには「戻るべきは明治ではなく江戸時代」とし、その理由をわかりやすく、そして納得の筆致で記しています。 日本の価値を上げた原因を探る 森友学園の教育に感動して、安倍首相は奥様を名誉校長にしたが、明治の教育が日本の価値を上げたわけではない。それでは何が日本人の性格を決定したのであろうか? それを探 [全文を読む]

江戸と明治、タイムスリップするなら?進む近代史の再考

しらべぇ / 2016年04月07日05時30分

だが21世紀に入ったあたりの頃からそれが見直され、むしろ飢饉が発生しても内紛に至らなかった政治基盤の強固さが評価されている。その頃のヨーロッパが常に戦争を繰り返していたことも、江戸時代の再評価に直結している。一方、明治時代は江戸時代に培われた潜在国力に、最新鋭の重工業技術が付加された時期だ。もともと「職人の国」だった日本に生産機械が導入されたことで、モノづ [全文を読む]

まぐまぐ!特別対談 ケント・ギルバート×東條英利「日本人の在り方」

まぐまぐニュース! / 2015年12月03日13時37分

ただ、その評価というものは絶えず変わっていくものじゃないですか。日本史だって、鎌倉幕府の成立年がもう私が子供の頃と変わっちゃってるわけですよね。でも、それがものすごく大きな問題になっているかって言うと、別に問題になっていないわけで。それを利用する側というプロフィットを産んでしまっている事に問題があるって、私は思ってますので。 ケント:確かに。 東條:過去の [全文を読む]

神道の葬式参列者「意外といいね」「爽やかな感じ」と高評価

NEWSポストセブン / 2012年03月23日07時00分

※週刊ポスト2012年3月30日号 【関連ニュース】「エロ坊主」はいるが「エロ神主」はいない-みうらじゅん氏神道の墓「奥津城」と書き「おくつき」と読むとみうらじゅん家族を丁重に見送ると葬儀代・墓代には全部で500万円かかる突然親が亡くなった時、3タイプ別お墓のメリットデメリット「卑弥呼の再来」といわれる占い師 近所の神社初詣を推奨 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「草刈正雄」(4)今の草刈さんなら三船敏郎も狙える

アサ芸プラス / 2016年10月23日17時57分

テリー 海外でも高く評価されていた、有名なCMディレクターですよね。草刈 その時は、団時朗さんの「MG5」のCMに、団さんの弟役という形で出ることになったんですが、実はもうすでに弟役は決まっていたらしいんです。それをスギさんが急遽ひっくり返して僕を起用してくれたそうで。テリー 当時、大人気のCMシリーズだったし、まさに大抜擢じゃないですか。草刈 そうですよ [全文を読む]

価値観タイプ×育児スタイルで診断!第2弾『赤すぐ』パパ・ママ診断サイト 本日リリース

PR TIMES / 2016年06月13日13時24分

「まわりの評価が気になる」、「自己中心的と言われる」など、パパ・ママとは直接関係ない価値観や、本来持っている性格をもとに、男女4タイプに分類、歴史上の人物をなぞらえました。⇒男女4分類「卑弥呼」 「清少納言」 「紫式部」 「北政所」 「聖徳太子」「太宰治」「松尾芭蕉」「織田信長」に診断されます。価値観がわかる歴史上キャラ診断。[画像3: http://pr [全文を読む]

日本も外交は得意だった 最初は聖徳太子の時代と井沢元彦氏

NEWSポストセブン / 2015年11月04日07時00分

* * * 日本人は外交下手という一般的な評価は残念ながら存在する。確かに中国や韓国にはやられっぱなし、「南京大虐殺」でも「従軍慰安婦」でも、あまりにも日本外交は後手に回っていることは事実である。 しかし過去をさかのぼってみればそうでもない。日本も外交は得意だった時代はちゃんとある。 その最初はやはり聖徳太子に象徴される対中国外交であろう。日本にとって対 [全文を読む]

フォーカス