現在 卑弥呼に関するニュース

卑弥呼に「卑」、邪馬台国に「邪」という漢字が使われている理由

まぐまぐニュース! / 2017年06月05日14時32分

われわれが小学校のときに歌っていた紀元節(神武天皇が即位した日として明治6年に定められ、昭和23年に廃止されるまで続いた祝日、現在の建国記念日)の歌の三番に「天つひつぎの高みくら(天津日嗣の高御座)」という歌詞がありました。天皇は天津日嗣の人だから日嗣の御子となって、日の御子と呼んだのです。 しかし『魏志倭人伝』の作者は野蛮人の国の日の御子だから「卑」と [全文を読む]

教育テレビで40人の偉人を演じてきた中村獅童の「凄いところ」

NEWSポストセブン / 2015年01月07日07時00分

だって、卑弥呼なんて神秘的な女王っていわれていたのに、この番組で卑弥呼を勉強した子供たちは、ぼくの顔で卑弥呼を覚えて大人になるわけでしょ? それはうれしくもあるけれど、気の毒でもありますね(笑い)」(獅童・以下同) これまで演じた歴史上の人物は40人(2014年12月19日現在)。番組では、邪馬台国女王・卑弥呼から明治の文豪・夏目漱石まで、男女問わず獅童が [全文を読む]

ALI PROJECT 25周年記念シングルはオペラ風の壮大な仕上がり、JAMとの“PROJECT”コラボも

okmusic UP's / 2017年03月19日10時00分

現在、YouTubeにてMusic Clipのショートサイズが公開中。また、宝野アリカと片倉三起也より、25周年を迎えてのコメントも到着している。 なお、宝野アリカと片倉三起也も出演する“25周年シングル発売記念 ALI PROJET 謁見会”が、2017年4月1日(土)AKIHABARAゲーマーズ本店6F、4月8日(土)animate O.N.SQUAR [全文を読む]

畿内説、九州説それぞれに根拠あり 邪馬台国はどこなのか

NEWSポストセブン / 2014年12月02日07時00分

発掘は現在も続いており、これまで土器や木製品、多数の桃の種などが出土したほか、宮殿ともみられる巨大な建物が整然と並んで建っていたことがわかっている。 今後、纒向遺跡などでまだまだ新発見の余地があり、畿内説の研究者にはその「蓋然性の高さ」を証明できることが期待されている。が、それで邪馬台国の所在地論争が終わるわけではない。 現在、学術関係者ではない、各地の民 [全文を読む]

神武天皇は紀元前37年に即位した実在の天皇だった!? 古代史の定説に気鋭の著者が大胆に挑戦した電子書籍『よみがえる神武天皇』が配信開始。

DreamNews / 2016年07月15日09時00分

この仮説を適用して日本書記の年代を見直すと、日本書記と現在の考古学は一挙に整合性を取り戻す。 そこに見えてくるのは大和の国の創建時、天皇と国民(おおみたから)が共に歩む姿だ。それは、世界に例を見ない奇跡のストーリーで、この大和の国の格調高き歴史に卑弥呼がかかわる余地など当然ない。 本書は、「新皇国史観」を確立し、混迷する建国史観を再建するために書かれた意欲 [全文を読む]

霊能者に直撃!東原亜希のデスブログ、芸能界に蔓延る“呪い”の正体とは?

サイゾーウーマン / 2012年06月28日08時00分

が、現在、沢尻さんは体調不良ということで休業中。また一部では「大麻中毒」なんていう疑惑報道もあり、完全復帰の道はまだ遠いようです。 また、沢尻さんといえば映画『パッチギ!』が出世作ですが、沢尻さんをはじめこの作品の主要キャストには、沢尻さんをはじめ、塩谷瞬さん、高岡蒼佑さんと、最近ワイドショーを騒がせた俳優がそろい踏みしています。この一連の騒動に対し、ネッ [全文を読む]

なぜ、神道小学校の理念は間違いなのか。誤解された明治時代の教育

まぐまぐニュース! / 2017年02月28日05時00分

しかし現在、仕事は自発性のものであり、強制されて行うことではなく自分の考えで行うことであるという精神修行性を放棄して、欧米と同じような命令や強制が強くなっていることで、昔の仕事とは違うことになっているのであろう。 それが日本の良さを放棄しているように感じる。ブラック企業の根本は、社長が論語や石門心学を学んでいないことによるようだ。仕事を精神修養にしたほう [全文を読む]

韓国大統領はなぜ霊媒師や風水師の言いなりになるのか

NEWSポストセブン / 2016年12月12日16時00分

卑弥呼も朝鮮半島系だったか? ただ、現在の韓国は正統派のキリスト教が社会的、政治的に大きな影響力をもっている。ムーダンなどの“伝統宗教”は邪教的として表向きは非難、排斥されがちで、現実政治に入り込む余地はない。 現実政治への影響では、日本流に言えば陰陽道である「風水」信仰の方だ。山や川などの自然環境から人や国家の運勢を占うものだが、大統領選をはじめ韓国の政 [全文を読む]

卑弥呼や義経と日本酒の関係とは? 歴史は酒の力で動いていた!? 歴史好きも酒好きも驚く日本酒の話

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月20日06時30分

現在の日本酒も同じ原理で造られており、「口嚙み酒」が日本酒のルーツということになる。著者は、この「口嚙み酒」が縄文時代からあったと考えており、もしかすると縄文人は干した魚を酒の肴に一杯やっていたのかもしれないと述べている。■『応仁の乱』の頃から営業している酒蔵 八代将軍、足利義政の後継者争いなどをきっかけに巻き起こった「応仁の乱」。なんと、その頃にできた酒 [全文を読む]

日本最後の和鏡師に聞く、「鏡」に秘められた歴史と秘密とは

Woman.excite / 2016年03月06日10時00分

そんな鏡を現在一番身近にみられるところは「神社」です。もともとは、神社にお祀りされる神様には具体的な姿や形は無く、岩や木などに神様が宿ると考えられていて、またその中で鏡も神様が宿る“依代(よりしろ)”の一つと考えられています。 信仰を秘めて守った「魔鏡」神社では神の依代だった鏡ですが、実は江戸時代は、「魔鏡」(隠れ切支丹鏡)が迫害を受けていたキリスト教信者 [全文を読む]

結局、女性は強制的に働かせたほうが世界は回る

まぐまぐニュース! / 2015年12月02日19時30分

そこで「女性を強制的に働かせる」という法律を作ったところ、現在では15位くらいにいます。 日本では天照大神から、卑弥呼、そして持統天皇にいたるまで古代から男性と女性はほとんど同じ、というかむしろ女性の方が地位が高く、女性は小説を書いても良い(想像力を発揮しても良い)が、男性は記録文書だけ(田畑を耕すことと、兵士になって死に国を守れば良い)ということでした。 [全文を読む]

神社本庁 過去に原発容認声明文を発表するも現在は沈黙中

NEWSポストセブン / 2012年04月10日16時02分

※SAPIO2012年4月25日号 【関連ニュース】お寺の中に神社ある場合も東大寺では神社に鎮守の祈り捧げる神社ブログに19才巫女登場で「美しすぎる!」などの声殺到「卑弥呼の再来」といわれる占い師 近所の神社初詣を推奨神社本庁 職員に被災地用米配布理由「職員苦労してたから」長嶋茂雄救った京都の神社が檀れいと及川光博の結婚を後押し [全文を読む]

哲学、経済学、古代史、文章作法を、気鋭の物理学者が科学の目で読み解く!! 『物理学者が解き明かす思考の整理法』 理科系から見た文科系の世界

DreamNews / 2017年02月24日10時00分

チューリッヒ大学物理化学研究所、分子科学研究所を経て、2003年4月、 兵庫県立姫路工業大学助教授(現在兵庫県立大准教授)に就任。著書に『物理学者が解き明かす重大事件の真相』(ビジネス社、2016年1月刊)。(著者)下條竜夫(価格)1,400円+税 〈発売日〉2017年2月13日 〈出版元〉ビジネス社著者への取材、企画ご協力、読者プレゼントご対応も承ります [全文を読む]

聖徳太子が中国の皇帝に「日没する処の天子」としたためた理由

まぐまぐニュース! / 2017年02月05日08時00分

現在の日本と中国も昔を見習ってほしいと思った。 隋に、日本も隋も平等だという手紙を出した聖徳太子の勇気に感動しました。隋の皇帝に怒られたりどなられたりしたのを耐えた小野妹子も、すごい根性だなと感心しました。 ぼくはみんなと少しちがって、わざと隋の皇帝を怒らすなんて「何やってるんだよ」と思っていた。自分が聖徳太子だったとしても、こんな危険な賭けはやらなかった [全文を読む]

カリビアンコムに無修正動画を配信して逮捕。「海外サーバーなら合法」説はもはや通用しない?

週プレNEWS / 2017年02月01日06時00分

そこに無修正動画を供給していた制作会社を摘発しておいて、サイト本体を野放しにしている状況は筋が通らないんじゃ…? 元AV監督で現在はフリーライターとして活動する荒井禎雄氏がこう説明する。 「日本の刑法は属地主義を採用していて、同法1条1項に処罰の対象となるのは『日本国内において罪を犯した者』と記されています。『カリビアンコム』は端から日本人向けの無修正動 [全文を読む]

古墳は土石流対策の灌漑施設?/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年11月21日07時00分

これは、現在の大仙公園の池の谷から西に泥と水を供給することができる。ただし、干潟の干拓となると塩害があり、相当量の水を必要としたのではないか。この仁徳天皇陵は、崇神天皇によって造られた依網(よさみ)池(現阪南高校グラウンドあたり)の方向を向いており、ここからまっすぐに水を引いてくるつもりだったのだろう。 箸墓や応神天皇陵のようなアンチ土石流型古墳にかぎらず [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「草刈正雄」(1)三谷さんの台本を素直に演じました

アサ芸プラス / 2016年10月22日09時57分

現在、NHKBSプレミアム「美の壺」にナビゲーターとして出演中。 大人気の大河ドラマ「真田丸」で、主人公である真田信繁の父・昌幸を演じ、好評を博した草刈正雄。9月末の放送で昌幸はついにその生涯を閉じたが、人気は収まるどころか、さらに「昌幸ロス」という言葉が出るほどの大騒ぎに。天才テリーも、その熱気にすっかりやられた!テリー お久しぶりです。しばらくお会いし [全文を読む]

草刈正雄、夏八木勲、平幹二郎ら名優たちの若手時代

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

たとえば、現在は大河ドラマ『真田丸』で縦横無尽の活躍をみせる草刈正雄は、本格的な映画デビュー作となった『卑弥呼』での篠田正浩監督とのことを、次のように振り返っている。 「まったく監督に動かされるままやっていました。頭がガチガチで。アテレコの時は台詞が上手く言えず、よく怒られました」 草刈の親友でもあった夏八木勲もまた、デビュー作『骨までしゃぶる』の撮影現 [全文を読む]

「山岸凉子スペシャルセレクション」全16巻 待望の傑作シリーズ、ついに完結! 山岸凉子インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月06日06時30分

『日出処の天子』『舞姫 テレプシコーラ』、そして現在連載中の『レベレーション ―啓示―』まで、エポックメイキングな傑作を幾たびも手掛け、今なお第一線で描き続けているマンガ家・山岸凉子。「スペシャルセレクション」はデビュー作からレアな短編までを網羅した傑作選。超能力、ホラー、サイコサスペンス、恐怖を糸口に人間の真実を描き出す、その神髄にぜひ触れてほしい。 デ [全文を読む]

まぐまぐ!特別対談 ケント・ギルバート×東條英利「日本人の在り方」

まぐまぐニュース! / 2015年12月03日13時37分

そして、A級戦犯として裁かれた東條英機の曾孫で、現在では日本文化や歴史の伝道を通じ、日本人の教養力向上を目指す活動を展開している東條英利さん。グローバル化が進む国際社会において、日本という国、そして日本人の立ち位置とはどうあるべきかを、メルマガなどのメディアを通じて精力的に発信する二人の論客によるクロストークが、ついに実現! 本来は有料メルマガ会員しか読め [全文を読む]

フォーカス