彼女 井上芳雄に関するニュース

天才ではなかった!?有村架純が“自己分析”で編み出した役作り方法とは?

アサ芸プラス / 2015年07月13日09時59分

彼女は2010年5月にドラマ初出演して以来、各局にまんべんなく出演しています。デビューした頃、自己分析をし、『知らないことに興味が薄い』と気付き、それを改善するよう心掛けたそうです。次第に色んなことに興味が湧くようになり、未経験の仕事にも積極的に取り組むようになりました。どんな指示にも嫌な顔をしませんし、『また仕事したい』と、各局がオファーするんです」(芸 [全文を読む]

小さな巨人、長谷川博己は「理想の上司」?

日刊大衆 / 2017年06月09日12時05分

妻の横沢亜美(中村アン/29)と接触する可能性が高いため、彼女が心を許している新人刑事・三島祐里(芳根京子/20)が見張り役に起用される。 しかし三島は亜美への同情から、捜査情報を漏らし、接触するはずだった横沢に逃げられてしまう。失態を犯した三島は「すみません、捜査に私情を挟んではいけないのに……」と香坂に謝罪。しかし香坂は「いや、誰だって私情は挟む、私だ [全文を読む]

WOWOW:「第71回トニー賞」ノミネーション発表! ケイト・ブランシェットがブロードウェイデビュー作品で主演女優賞ノミネート!!

PR TIMES / 2017年05月03日12時00分

[画像1: https://prtimes.jp/i/1355/3703/resize/d1355-3703-571004-1.jpg ] 彼女は、今回の舞台、チェーホフの「プラトーノフ」を基に、夫アンドリュー・アプトンが脚色した「ザ・プレゼント」でブロードウェイデビュー、アカデミー賞を2度受賞している実力を発揮した。 [画像2: https://prt [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】 今週末みたい映画ランキング(2月16日付)

ガジェット通信 / 2017年02月17日15時00分

月曜日になると友人に関する記憶の全てを失くしてしまう女子高生と、そんな彼女に心を奪われたクラスメートの男子が織り成す恋模様を映し出す。 ■関連映像:一週間フレンズ。 予告編(http://yahoo.jp/iNbcD2) 2位『愚行録』(http://yahoo.jp/-HItmj) ■公開日 :2017年2月18日(土) ■監督 :石川慶 ■キャスト: [全文を読む]

ムロツヨシ、StarS&渡辺麻友と共演でてんぐに?

Smartザテレビジョン / 2016年06月17日12時00分

彼女は、マンションが欠陥だらけだとクレームをつけにやって来た。果たしてクレーマー・涼子に、3課の人々は対応できるのか…? ■7月22日(金)放送・第4回ストーリー:総務に異動になった佐々木課長の後任として、鏑木課長(ムロ)が着任。“鬼の鏑木”という異名を持つ上司の登場に、千崎(井上)らは「最高の歓迎会を用意しないと俺たちの命はない」と、さまざまな歓迎会プラ [全文を読む]

平愛梨、知念里奈、谷村奈南…ライジングプロが寿ラッシュ、次はあの人?

アサジョ / 2016年06月16日17時58分

彼女は2007年にNHKの連続ドラマ小説『どんと晴れ』でデビューしてから複数の男性タレントと熱愛が取りざたされました。昨年の夏には、俳優の福士誠治と写真誌にデートしている姿が報じられています」(写真誌記者) 福士はこの熱愛に対し記者に「私生活での交際は順調ですか」と質問を受けた際、「はい、ありがとうございます」と熱愛を認めている。「年末か年明けに結婚の発表 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有村架純、板谷由夏に告白。「居心地がよくて大好きです!」

TechinsightJapan / 2015年10月06日21時12分

そのことが明かされた板谷は「やっぱり彼女の世代が持っているパワーというのですか、言葉にできない、ならない何かを見えない物を引っ張る力がある。それに私、ついて行こうと思ってました」と笑顔をみせた。板谷に応えるように有村は「男性陣が多かったので板谷さんがいてくれただけでホッとした。芝居の中でも板谷さんといる時は居心地がよくて、私は大好きです」と満面の笑みで板谷 [全文を読む]

第68回トニー賞 最多受賞、ミュージカル「ヘドウィグ」「ジェントルマンズ」!!

PR TIMES / 2014年06月10日09時44分

彼女と一緒に 歌える日が来るなんて」と感激のスピーチをした。 他にも、作品賞を獲得した「ア・ジェントルマン・ガイド・トゥ・ラヴ・アンド・マーダー」ではひとり8役を演じた ジェファーソン・メイズが早替わりを披露。「レ・ミゼラブル」からは、キャスト34人がステージに上がっての大合 唱、ディズニーのアニメーションを舞台化した「アラジン」では、助演男優賞を獲得した [全文を読む]

フォーカス