松たか子 綾瀬はるかに関するニュース

松たか子が「ルキア」CMソングを書下ろし

dwango.jp news / 2015年03月13日12時49分

」篇 が3月13日よりスタートし、そのCMソングに松たか子が新曲を提供、同日からデジタル配信がスタートした。今回のCMは「輝く時。」をテーマに、ルキアとともに、前向きで充実した「輝く」毎日を過ごしてほしいというメッセージが込められている。イメージキャラクターは、昨年に引き続き、女優・綾瀬はるかが出演、楽曲にはブランド誕生20周年を記念し、かつてルキアのイメ [全文を読む]

綾瀬はるかさんのレディな魅力があふれる<セイコー ルキア>新TV-CM 12月4日より全国で放映開始

PR TIMES / 2015年12月03日12時07分

~CM楽曲は、松たか子さん作詞・作曲「笑顔をみせて」~ [画像: http://prtimes.jp/i/10826/16/resize/d10826-16-633374-1.jpg ] セイコーウオッチ株式会社(社長:服部真二、本社:東京都港区)は、女性向けの主力ブランド<セイコー ルキア>の新TV-CM「なりたい私になっていく。」篇を、12月4日(金) [全文を読む]

綾瀬はるかさん出演<セイコー ルキア>新TV-CM「輝く時。」篇3月13日より放映開始

PR TIMES / 2015年03月12日13時48分

~CM楽曲は、松たか子さんの新曲「笑顔をみせて」~ セイコーウオッチ株式会社(社長:服部真二、本社:東京都港区)は、女性向けの主力ブランド<セイコー ルキア>の新TV-CM「輝く時。」篇を、3月13日(金)より放映します。 イメージキャラクターは、昨年に引き続き、女優・綾瀬はるか(あやせ はるか)さんです。 今回のCMは「輝く時。」をテーマに、ルキアととも [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

婚約者に逃げられ、お見合いをすることになった節子(松たか子さん)と、海外赴任のためにお見合いをすることになった光太郎(ユースケ・サンタマリアさん)の恋愛を描いた『お見合い結婚』。初対面の印象も悪く結婚する気もなかったのに、妙な縁で結婚話はトントン進み、お互いのことも認め合いますが、お見合い(紹介)ならではの障害もあり・・・な珍しいお見合い恋愛話。男性関係 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

ヒロインは、かつて『ラブジェネレーション』(フジ系/1997年)でもキムタクと組んだ松たか子。2人は息の合ったコンビワークを見せるが、決定的な恋には落ちない。互いに好き合ってはいるものの、ドラマの主軸はあくまで「検事」というお仕事――。そう、これがお仕事ドラマである。■舞台裏でもう一つのお仕事ドラマこのお仕事路線が以後、連ドラ界の大勢になったのは、ひとえに [全文を読む]

aiko新曲が綾瀬はるか出演CMタイアップに

dwango.jp news / 2016年02月19日12時39分

昨年のCMソングは松たか子が手掛けている。 今年は、aikoの新曲がそのCMソングに起用され、CMに花を添えることになる。現状、この楽曲のリリースは未定となるため、まずはCMでのオンエアに要注目だ。 先だって発売される新シングル『もっと』の初回限定仕様盤にはカラートレイ&ブックレット付き。 [全文を読む]

松たか子、北川景子に続いて、“スキャンダル処女“の堀北真希が『HERO』第3弾のヒロイン役!?

メンズサイゾー / 2014年10月24日22時00分

しかし、フジテレビの亀山千広社長が9月の時点で『HERO』の続編についてゴーサインを出していたという話もありますし、同局にとって久々のヒットコンテンツとなった同作には今後も頼りたいところなのでしょう」(芸能関係者) 第1作目でヒロインを務めた松たか子(37)に代わり、北川のヒロイン抜擢が発表された際には「松たか子とキムタクのコンビが見たかったのに」と残念が [全文を読む]

松たか子 「HERO」続編も出演しない理由とは?(1)キムタクサイドの要求が多い?

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時58分

キムタクの横には松たか子がいるはずだったのに。本人たちの心身をヘロヘロにさせる男女スキャンダルの数々には圧倒されるばかり。個性的なバーテンダーならずとも「あるよ」とつい興奮してしまいそう‥‥。 7月14日に放送された、木村拓哉(41)の主演ドラマ「HERO」(フジテレビ系)の初回が26.5%という高視聴率でスタートした。01年に第1作が公開された、破天荒な [全文を読む]

綾瀬はるか、田中みな美、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月08日10時00分

【関連記事】 後藤真希、高島彩、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」 松たか子、宮﨑あおい、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」 藤田紀子、田中理恵、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」 沢尻エリカ、オセロ中島、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」 綾瀬はるか、大河ドラマ撮影で本気モード [全文を読む]

フジ・亀山社長退任で「月9」が“ジャニーズやすらぎの郷”になる!?

アサ芸プラス / 2017年05月12日17時58分

視聴率死守のためには、一部で話題を呼んでいるテレ朝の『やすらぎの郷』のようにかつての共演女優を登場させるプランが秘かに進行しているようです」(前出・フジ関係者) 山口智子、松たか子…、共演女優が勢揃いすればキムタクはやすらげるかも。 [全文を読む]

吉岡里帆 人気急上昇!「ポスト綾瀬はるか」と噂される魅力とは?

アサ芸プラス / 2017年05月07日17時57分

今年の冬ドラマ『カルテット』(TBS系)では、芸能界でも屈指の演技派と言われる松たか子(39)、満島ひかり(31)を相手に互角の演技を見せ喝采を浴びました。目が笑っていない元地下アイドル役という難しい役を演じきったばかりか、最終回では『人生チョロかったー』と高笑いする怪演ぶりで“主演食い”を高評価する声も上がっている」 7月からは「半沢直樹」や「下町ロケッ [全文を読む]

吉岡里帆「新CM女王」の意外な“雑草魂”

日刊大衆 / 2017年04月18日07時05分

特に、この3月に終了した『カルテット』(TBS系)では、「主演の松たか子や満島ひかりら、錚々たる女優陣を向こうに回し“顔はかわいいが、罪悪感が欠如した悪女”という難しい役を演じ切り、関係者を唸らせました」(前同) 高い評価は演技力だけではない。そのド根性も、「大したものだ」(芸能プロ関係者)と語り草になっている。 「ちょうどAKB48などのアイドルブームと [全文を読む]

清水富美加だけじゃない!綾瀬はるか、乙葉……「水着仕事が嫌だった」女優たち

日刊サイゾー / 2017年02月26日19時00分

「事務所スタッフに、『水着にならなくてもいいのは松たか子だけ』と説得されて、渋々ビキニになったそうです。しかも、DVDでは胸の重量感を強調するために、面積の小さい三角ビキニを多用。さらに、寝起きに男のイチモツ大のアイスキャンディをパクリと口に含む、“アイスフェラ”にも挑戦しています」(グラビア誌関係者) ほかにも、岩佐真悠子のデビューDVD『ミスマガジン [全文を読む]

台湾でも人気の“軽熟女”たち、「30代の日本人女優ランキング」 1位は北川景子―台湾

Record China / 2017年02月17日11時10分

4位以下の顔ぶれは、石原さとみ、綾瀬はるか、上戸彩、広末涼子、松たか子、蒼井優、柴咲コウとなっている。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

『真田丸』『逃げ恥』を越える名作は生まれるか!?お薦めしたい2017年冬(1月期)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年01月12日14時15分

このドラマの魅力、何よりもその絶妙にツボを突いたキャスティングではないでしょうか?メインとなる4人の男女を、松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんという、個性的な演技派俳優たちが演じます。30代の大人たちを描いた、大人が落ち着いて楽しめるドラマになるのではと期待しています。個人的には特に高橋一生さんの“声”が大好きです。 A LIFE~ [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

一例を挙げると――〇松たか子/『ラブジェネレーション』『HERO』『役者魂!』 〇観月ありさ/『ナースのお仕事』シリーズ 〇仲間由紀恵/『TRICK』『ごくせん』 〇深津絵里/『踊る大捜査線』『恋ノチカラ』 〇北川景子/『モップガール』『謎解きはディナーのあとで』『独身貴族』『HERO(第2シリーズ)』『家売るオンナ』 〇上野樹里/『のだめカンタービレ』 [全文を読む]

【つぎクル美人】新木優子さん オーディションで気づいた自分の一面とは?

しらべぇ / 2014年12月04日11時30分

綾瀬はるかさんや瀧本美織さんのような女優を目指されているようですが、私の感じでは、ほんわかとした雰囲気ではなく、松たか子さん的な芯の強さを演技の武器にされたらいかがかなと思いました。 今回の「つぎクル美人」 新木優子(あらき・ゆうこ)1993年12月15日生まれ、東京都出身。原宿でのスカウトをきっかけにデビュー。女優業だけでなく、人気ファッション誌「non [全文を読む]

瀧本美織のバンド活動はどうなる!? 女優の歌手デビューが成功する条件とは?

日刊サイゾー / 2014年10月04日09時00分

柴咲コウや松たか子が前者。後者には深田恭子、広末涼子、観月ありさ、ともさかりえ、北乃きいなどが挙げられます。彼女たちの場合は、本人のイメージを生かし、また時代の空気をうまく取り入れていたことで評価され、その楽曲はお茶の間の思い出にも残っているはず。瀧本は声質がよく表現力もありますし、音楽に強いスターダストの所属なので、先輩である柴咲のように成功する可能性は [全文を読む]

吉高&仲間のWヒロイン司会が大本命!? 紅白歌合戦の司会を占う

リテラ / 2014年09月17日12時30分

まず、今年最初に名前が挙がったのは、松たか子。『アナと雪の女王』で主人公である雪の女王・エルサの吹き替えを務め、なかでも劇中で披露した主題歌「Let It Go〜ありのままで」は社会現象も巻き起こした。松はいまだテレビでレリゴーを披露していないだけに、NHKとしては今年最大の目玉歌手として必ずや出演してほしい1人だろう。そのため、司会とのセットで出演を交 [全文を読む]

海外サイトが選んだ「日本の美人女優ランキング」が自由で斬新すぎる!

AOLニュース / 2013年08月21日11時30分

そう、<Ranker>のボンクラどもにはハリウッドでバリバリ活躍していることなど選考基準にはならないのだ! ちなみに、深田恭子(8位)、堀北真希(9位)、宮沢りえ(10位)、栗山千明(11位)、宮崎あおい(17位)、工藤夕貴(20位)、土屋アンナ(21位)、中島美嘉(25位)、伊東美咲(26位)、加藤あい(27位)、菊川怜(28位)、鈴木杏(29位)、鈴木 [全文を読む]

フォーカス