市民 神戸市に関するニュース

福岡市に抜かれる前に? 人口減少の神戸市が打ち出した”移住プラン”の衝撃

デイリーニュースオンライン / 2015年12月15日12時30分

市の財政は厳しく、市の借金である市債残高は2013年には約2兆4400億円と全国の自治体のなかでも高水準で、これは市民一人当たり177万円の市の借金を背負っている計算となる。第1の大阪市が市民一人当たり188万円、福岡市に次いで、京都市が160万円、神戸市が145万円となっている。 政令指定都市といえども財政面では厳しく、住民を県外から囲い込まなければなら [全文を読む]

issue+design、都市の創造性を測定する「創造都市INDEX」を開発─全国8,800人を対象に21都市で調査

DreamNews / 2016年03月09日14時30分

市民の創造性を測定することで、都市の創造性事業の成果を可視化し、現状を正しく理解し、より効果的な活動を実践していくための助けとしていくことを目的としています。開発の経緯「創造都市INDEX」の作成にあたって、先行研究、神戸市と共同で行った市民インタビュー、ワークショップを実施しました。キーワードを抽出し、創造的な人材の持つ資質を10個に整理してアンケート調 [全文を読む]

2016年3月13日(日)開催 ISSUE+DESIGN SEMINAR KOBE 2016「都市×イノベーション」参加者募集

DreamNews / 2016年02月12日16時00分

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、ユネスコ・デザイン都市に認定されている神戸市と、都市の創造性を高めるためのセミナー「都市×イノベーション」を2016年3月13日(日)に開催いたします。「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解 [全文を読む]

神戸市とイオン株式会社の「包括連携協定」締結について

PR TIMES / 2017年09月12日16時11分

2017年9月12日、神戸市(市長:久元喜造)とイオン株式会社(代表執行役社長:岡田元也/以下「イオン」)は、地域の一層の活性化及び市民サービスの向上を図るため、「包括連携協定」を締結しました。 本協定に基づき、神戸市とイオンは、「地域の安全・安心」「地産地消・農商工連携の推進、産品オリジナル商品の開発と販売」「観光情報・振興」「ICカード等の活用」に関す [全文を読む]

【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】“フラワーハート”をテーマに外壁イルミネーションを11月21日(金)より点灯

PR TIMES / 2014年10月30日12時48分

今年は「フラワーハート」をテーマに、神戸の市民の花木である「さざんか」の花束をモチーフにしたデザインを採用。潮風に乗ってさざんかのハート型の花びらが舞うイルミネーションが神戸の街を彩ります。 点灯期間: 2014年11月21日(金)~2015年2月28日(土) 点灯時間: 17:00~23:00 サイズ: タテ 9m × ヨコ 30m ※LEDライト・・・ [全文を読む]

~神戸の今と未来を体感しよう~ 音楽・映画・ITなど6分野のクロスメディアイベント「078(ゼロ・ナナ・ハチ)」を初めて開催

PR TIMES / 2017年04月24日18時54分

神戸にゆかりのあるアーティストによる野外音楽フェスをはじめ、野外映画上映会、市民参加型のファッションショー、ITをテーマにしたカンファレンス、新鮮な食材が買えるFARMERS MARKET、親子対象のワークショップなど盛りだくさんです。 この機会に神戸市を訪れる人が増え、若者を中心とした新たな人材に選ばれる都市となることを目指しています。<078(ゼロ・ナ [全文を読む]

「若者に選ばれるまち+誰もが活躍するまち」実現に向けた新たなクロスメディアイベント「078」 ~日本最大級の無料ロックフェス「COMIN’ KOBE」とタイアップし、2017年5月に初開催~

DreamNews / 2016年11月22日16時30分

このイベントは、都市生活の面白み、心地よさを追求する市民、クリエイター、エンジニアが集い、交わることで創り上げる参加型フェスティバルです。「若者に選ばれ、誰もが活躍するまち」神戸を実現するため、未来に向け魅力と活力あふれる都市として発展する神戸を発信するための新たなクロスメディアイベントを2017年5月に初開催させていただくこととなりました。このイベントは [全文を読む]

『CLASS KOBE CAFE』 開催 2016年3月20日(日)14:00~16:00

PR TIMES / 2016年03月16日11時38分

また、神戸のライフスタイルへの憧れを想起させ、観光集客ひいては移住とつなげるため、株式会社マガジンハウスと連携し、神戸市民が日常的に触れている街並みやお店、風土、気質などの生活資源・ライフスタイルに根付く魅力を「CLASS KOBE(クラス神戸)」というテーマで編集し、首都圏の大型書店82店舗にて配布されるフリーマガジンの発行も同日より開始しました。 3月 [全文を読む]

神戸人 最寄り駅に必ず「阪急」を付けるプライド

NEWSポストセブン / 2016年10月28日16時00分

「神戸市民は『なにしとう(なにしている)』のように語尾に『とう』がつく神戸弁を話すが、これを『関西弁』とひとまとめにされると怒る」(奈良県・48歳男性) 何かにつけて上から目線の神戸人を、大阪府民で、関西大学大学院の宮本勝浩教授はこう指摘する。 「『大阪は商人の街』『京都や奈良は古都』と認めつつも、神戸人は『他府県民よりも少し高級な所に住んでいる』という [全文を読む]

タイガースはワシらが支えとう 神戸人に関西からブーイング

NEWSポストセブン / 2016年10月27日11時00分

すみれのモデルである坂野惇子氏が創業した子供服専門店「ファミリア」の製品を敬愛してきた神戸市民たちは、日本中から注目が集まり、鼻高々だ。 「異国情緒で溢れてて、街の雰囲気もオシャレで素敵」(ジェームス邸を訪れた東京都・33歳女性)と語るように、観光客は神戸を絶賛する。かつて東洋最大の港として栄えた神戸港や北野異人館などの外国人居留地に代表される欧州風の街並 [全文を読む]

災害情報をより簡単に入手できる、ウェブ版ハザードマップ「ココクル?」がグッドデザイン賞を受賞-issue+design、自然災害に備えるため、自治体向けのウェブ版ハザードマップ制作支援サービスを開始

DreamNews / 2014年10月03日14時00分

『社会の課題に、市民の創造力を。』をテーマに、社会が持つ課題を、デザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、神戸市との共同によって開発した、ウエブ版ハザードマップ「ココクル?」が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、2014年度グッドデザイン賞を、2014年10月1日に受賞いたしましたことをお知らせ致します。『社会の課題に、市民[全文を読む]

【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】子どもたちの健やかな成長を願う「こいのぼりプロジェクト」に賛同 4月25日よりホテルロビーに巨大こいのぼりが登場!

PR TIMES / 2014年04月21日12時46分

そして今回、「子どもを社会全体で育むまち神戸」を推進し、市民全体へ想いを共有するための取り組みの一つとして、「こいのぼりプロジェクト」が2014年4月25日(金)から5月12日(月)まで実施される事となりました。 このプロジェクトでは、子どもたちの健やかな成長を願い、子どもたちが作ったこいのぼりや、神戸市民から寄贈されたこいのぼりをメリケンパークに一斉に [全文を読む]

豪華ゲストのステージやグルメフェスも楽しめる!11/26(土)27(日)「第2回国際フィットネスコンベンション in 神戸」

@Press / 2016年11月11日11時00分

2回目の開催となる今回は、市民の皆様方のより一層の健康増進を目指すべく、関係者のみならず、一般の皆様にもご参加いただけるプログラムを多数用意したイベントとしてリニューアルします。健康や生活習慣などを「健康とスポーツ」という観点から皆様と共に考え、体験し、理解を深めていく機会として、多くの皆様のご参加を期待しています。一般参加者が気軽に観覧できるフィットネス [全文を読む]

issue+design、神戸市津波防災ウェブサービス『ココクル?』英語版ウェブサイトを開設

DreamNews / 2015年08月31日14時00分

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、南海トラフ巨大地震・津波からの安全で迅速な津波避難をしていただくため、観光、買い物、ビジネス等で神戸を訪れる来街者など、地理に不案内な方の多い都心部(三宮・元町~ハーバーランド)における情報提供・啓発として、平成26年5月1日より、神戸市 [全文を読む]

issue+design、神戸の経験を集め、伝える「震災20年 神戸からのメッセージ発信」特設サイトを開設

DreamNews / 2014年10月10日14時00分

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、ユネスコ・デザイン都市に認定されている神戸市と、デザインを人々の日常生活に採り入れ、より豊かに生きることを提案する「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」との協働で、神戸の経験を集め、伝える「震災20年 神戸からのメッセージ [全文を読む]

【今週の注目記事】「猜疑心の塊」「女々しい嘘」仁義なき“血の報復”導火線は組長個人攻撃…分裂山口組、ついに任侠VS神戸の銃撃事件

産経ニュース / 2017年10月08日18時02分

白昼に市街地で起きた銃撃事件に市民らは戦慄。報復の連鎖を防ぐべく、警察当局は威信をかけた警戒強化に乗り出している。手向けた花束に「絆」 9月15日午後2時半ごろ、長田区五番町の事件現場に、黒い上下のスーツに黒ネクタイを締めた織田代表が姿を現した。黒塗りの十数台の車に分乗し、配下の組員ら約40人を従えていた。 事件で死亡した警護役の楠本勇浩(ゆうひろ)さん( [全文を読む]

『フェリシモ 猫部』と神戸市消防局がコラボレーション! 特殊災害対策車デザインの「猫さんのつめとぎ消防車『HAZ-MAT KOBE119』」4月より販売開始

PR TIMES / 2017年04月07日15時43分

【NEW】「猫さんのつめとぎ付き消防車『HAZ-MAT KOBE119』」を猫部のブログでチェック >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr17040703/1/[画像1: https://prtimes.jp/i/12759/622/resize/d12759-622-882397-0.jpg ]神戸市消防局は、阪神・淡路大 [全文を読む]

「神戸べっぴんスタイル」プロモーション~ 「べっぴんさん」を生んだ“神戸文化”の発信in東京 ~

@Press / 2016年11月07日15時00分

●協定締結内容 (1) 企業の成長支援やベンチャー企業の育成、企業誘致、神戸ブランドの向上等、神戸経済の活性化・市民の雇用拡大 (2) 国際都市・観光都市としての神戸市の魅力向上 (3) 神戸市における最先端の医療や科学技術の発展 (4) 三宮駅周辺の再整備等、都心部のにぎわいづくり推進 (5) その他産業振興詳細はこちら プレスリリース提供元:@Pre [全文を読む]

COMMUNITY TRAVEL GUIDE 第6弾『農す神戸-NORTH KOBE-』2016年9月1日(木)発売開始

DreamNews / 2016年08月23日14時00分

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、 社会や地域の課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、人々との出会いを楽しむガイドブック「COMMUNITY TRAVEL GUIDE」シリーズ第6弾『農す神戸 -NORTH KOBE-』を制作。2016年9月1日に発売開始いたします。「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、 [全文を読む]

“デザインは手をつなぐ” 870以上のデザインを発表してきた「ミュニデ(R)」が神戸市消防局とコラボレーション! 細部にまでこだわった「消防服モデル」を発表

PR TIMES / 2016年05月19日15時22分

「ミュニデ(R) デザインは手をつなぐ! 神戸市消防局モデル」~「みんなでつくるモノがたり」のブログを見る >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr160519/1/ 神戸市消防局は、阪神・淡路大震災の経験から、日ごろより防火・防災の必要性を強く訴え、市民の意識啓発にも積極的に取り組んでいます。その活動の一環として民間の企業と [全文を読む]

フォーカス