水道 神戸市に関するニュース

280MHz帯広域無線ネットワークと水道スマートメーターを組み合わせた水道流量の遠隔収集に関する共同フィールドトライアルの実施について

@Press / 2015年07月17日15時00分

西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)、神戸市水道局(水道事業管理者:見通 孝)、Sensus Japan(センサス・ジャパン)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中 敏行、以下 センサス)、および株式会社ミライト・テクノロジーズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:高畠 宏一、以下 ミライ [全文を読む]

なぜ神戸市の水道光熱費は日本一安いのか

プレジデントオンライン / 2017年04月27日09時15分

■最高額の青森市は月平均で2.4万円 水道光熱費の年間平均は約21万円。ところが最安の神戸市は約13万円、最高の青森市は約29万円。毎月1万円以上も違う理由とは――。 給料が振り込まれ、通帳記入をする度に腹立たしい思いを禁じ得ないのが、毎月指定日に漏れなく引かれる電気・ガス・水道などの「水道光熱費」だ。全部足してみると案外な額になり、ただでさえ少ない手取り [全文を読む]

なんと「水道」の水流から電気をつくる超小型の水力発電システム

インターネットコム / 2016年05月26日17時30分

水道の水流エネルギーから電気を作る超小型の水力発電システムを、ダイキン工業が開発する。兵庫県の神戸市水道局と協力して研究を進める。 ダイキンというとエアコンの印象が強いが、すでに空調・油圧機器でつちかった技術を応用し、設置面積が従来製品の約半分で導入コストも少ない22kW級および75kW級のマイクロ水力発電システムを実用化している。 新たに開発するのはさら [全文を読む]

新在家地区周辺にお住まいの方の活動・交流拠点 高架下貸しスペース「つどいのスペース En+(エンプラス)新在家」を開設 ~期間限定でアンテナショップ「ぷらっと阪神マルシェ」をオープン~

@Press / 2015年04月13日12時15分

【貸しスペース「つどいのスペース En+新在家」について】 1 住所・場所:神戸市灘区新在家北町1-18 新在家駅高架下(新在家駅から徒歩すぐ)1階 2 開設日:2015年4月14日(火) 3 一般利用開始日:2015年4月20日(月) 4 利用料金:1日(9時~17時)当たり3,000円(消費税別)<電気代、水道代を含む。> 5 面積:約27平方メート [全文を読む]

都内に居ながら、VRで南仏ヴァカンス気分を味わえる新感覚イベント「PERRIER VISUAL TASTING ~とびっきりの味覚体験を~」表参道で、7月14日(金)より期間限定開催

PR TIMES / 2017年07月14日15時30分

本イベント会場にて、「ペリエ」メニューを注文すると、VRを通して、水源地のヴェルジェーズや世界遺産である古代ローマ時代の水道橋などの南仏各地の美しい景色を空中散歩で巡りながらドリンクを味わうという、新感覚の味覚体験を楽しむことができます。メニューは7種類で、それぞれのVRコンテンツがあります。 さらに、首都圏のカフェ・レストランにて、「ペリエ」または「ペリ [全文を読む]

衝撃!「水素社会」は来ない その1

Japan In-depth / 2016年02月11日21時53分

これはスマートジャパン「浄水場の水素を燃料電池車に、東京の水道システムがオリンピックで進化」や、毎日新聞「『水素ステーション』整備、都が急ぐ 『東京五輪を起爆剤に』」で報道されているとおりである。また、それ以外の地方でも活用が模索されている。神戸市は「水素サプライチェーン構築実証事業の推進」により輸入水素の扱いを狙っており、山口県周南市も「周南市水素利活用 [全文を読む]

『astavision/アスタビジョン』が「地下大空間・地下構造物」市場に関するコンテンツを公開

PR TIMES / 2015年05月26日10時13分

文明が発達するにつれ、古代ローマの上下水道やトルコのカッパドキア遺跡の地下都市のように地下構造物を都市インフラとして利用するようになりました。 さらに近現代では、地下空間は電気・水道・ガス等のライフライン設備や都市交通網、商業施設としてさかんに開発が行われてきました。ニュートリノ観測を行うスーパーカミオカンデ(東京大学宇宙線研究所付属神岡宇宙素粒子研究施設 [全文を読む]

新在家地区周辺にお住まいの方の活動・交流拠点 高架下貸しスペース「つどいのスペース En+(エンプラス)新在家」を開設 ~期間限定でアンテナショップ「ぷらっと阪神マルシェ」をオープン~

PR TIMES / 2015年04月13日11時13分

[画像3: http://prtimes.jp/i/5180/388/resize/d5180-388-978569-0.jpg ]【貸しスペース「つどいのスペース En+新在家」について】1 住所・場所神戸市灘区新在家北町1-18 新在家駅高架下(新在家駅から徒歩すぐ)1階2 開設日2015年4月14日(火)3 一般利用開始日2015年4月20日(月)4 [全文を読む]

神戸出身の香川、震災20年に「今日は特別な日」

ゲキサカ / 2015年01月17日13時55分

自分の家は被害は少なかったが、水道とかガスはすぐに復旧しなかったので、水をくみに行ったし、お風呂も銭湯を探して入りに行った記憶がある。寒かったことも覚えている」 中学から高校にかけて5年間を過ごした宮城県仙台市は、11年3月11日に東日本大震災で被災している。仙台への思いを口にするときもそうだが、神戸は生まれ故郷。「愛着がある。20年経ったが、震災を経験し [全文を読む]

フォーカス