日ハム 新庄剛志に関するニュース

『しくじり先生』で告白 森本稀哲のプロ野球人生を変えた新庄剛志の作戦とは

しらべぇ / 2017年09月04日10時00分

日ハム時代に同僚だった、新庄剛志氏に救われたエピソードを語った。■新庄との出会い先輩にも心を開かなければ、コーチのアドバイスも受け入れず成績も伸び悩み、日ハム入団後数年間スタメンに入れなかった森本氏。そんな時、メジャーから新庄剛志氏が日ハムに移籍。これが、2人の出会いだった。先輩に心を開かない尖った森本氏だが、新庄氏と食事や練習を重ねているうちに人柄や指導 [全文を読む]

プロ野球「背番号」争奪戦、プライドと実力に影響される

NEWSポストセブン / 2016年12月05日16時00分

糸井が日ハム時代からつけてきた愛着ある番号だ。 ただし、阪神の「7」は今季までメジャー帰りの西岡剛(32)が背負っていた数字でもある。担当記者が語る。 「番号を譲ることになった西岡は、来季から『5』になる。阪神では新庄剛志ら花形選手がつけてきた番号で、西岡は“糸井さんには気持ちよく(背番号を)つけてもらいたい”とコメントしたが、『7』はロッテ時代にもつけて [全文を読む]

元日ハム・森本稀哲、「飲食費だけで年間2000万円オーバー」だった!

ザテレビジョン / 2017年09月04日11時30分

1999年、ドラフト4位で日ハムに入団した森本だが、自分だけしか信じられない頑固な性格が災いし、なかなか結果が出せなかったそう。そんな中、2003年に、メジャー帰りの新庄が日ハムに加入。当時は、鳴り物入りで入団してきた新庄に並々ならぬ嫉妬心を抱いていたが、新庄から食事に誘われ、彼の男気にすぐ惚れてしまったという。 当時新庄は、北海道のホテルにあるスイートル [全文を読む]

プロ球団スカウトが狙うNo.1野手はオコエ! 日ハムが歴代センターの後継に?

週プレNEWS / 2015年08月26日06時00分

そういう誠実さも好感が持てます」 (取材・文/田口元義) ■週刊プレイボーイ36号(8月24日発売)「『甲子園の怪物たち』プロスカウトの赤マル急上昇リスト」より [全文を読む]

稲葉篤紀氏「日ハムで、新庄さんが僕の視野を広げてくれた」

NEWSポストセブン / 2014年12月05日07時00分

その両方を経験できたことで、成長できたと思います」(稲葉) (文中敬称略) ■取材・文/田中周治 撮影/藤岡雅樹 ※週刊ポスト2014年12月12日号 [全文を読む]

日ハム外野手糸井 コーチの指示に「右中間って何ですか?」

NEWSポストセブン / 2012年11月06日07時00分

※週刊ポスト2012年11月16日号 【関連ニュース】スマートフォン キャリアによっては年間最大12万円の差つくプロ野球前半戦 最も代打送られたのは36回の西武炭谷銀仁朗iPhoneのキャリア「友達に多いほうを選ぶべき」と専門家助言孫社長 携帯つながらないとの苦情に「政府が悪い」と反論iPhone4S auとソフトバンク、実際に使ってみての一長一短 [全文を読む]

オロナミンCのCM「巨人以外で」出演した選手は誰?

日刊大衆 / 2017年10月08日17時05分

Q2=2【解説】新庄は日ハム時代の04年に登場し、上戸彩と共演しています。なお、田中も楽天時代の08年に出演していますが、イチローが出ているのは「ユンケル」のCMです。 Q3=2【解説】小泉今日子が特に多くのCMに出ていたのは90年代で、一時期は自動車(オートザム=マツダ)のCMに出演しながら、電車(JR東日本)のCMにも出演という超売れっ子ぶりでした。 [全文を読む]

新庄剛志の人生観が深すぎると話題に ポジティブな考え方に賞賛の声

しらべぇ / 2017年02月21日17時30分

阪神、メッツ、日ハムなどで活躍した現役時代から一転、知人に預けていた22億円を失ってしまったしくじり人生について語った。その中で、前向きに人生を楽しもうとする新庄の人生観が話題に。■ポジティブすぎる新庄に賞賛の声失った額よりも裏切られたことが悔しい、というよく聞く言葉について「正直、どっちもだよね」と当時の気持ちを吐露。いまでも「あのお金があれば...」と [全文を読む]

プロ野球選手の節税 定番は高級外車だが落合博満氏は記念館

NEWSポストセブン / 2016年11月19日07時00分

だからこそ高級車を買う意味があって、これは6年償却になります」(広澤氏) プロ野球選手といえばランボルギーニやフェラーリを乗り回した新庄剛志(元日ハム、阪神ほか)ら高級外車のイメージがあるが、それにも“意味”があったわけだ。 「スケールが大きかったのは球界初の1億円プレーヤーになった落合博満氏(現・中日GM)です。巨人にFA移籍した1994年、秋田出身なの [全文を読む]

日本ハム・稲葉篤紀 現役生活20年の「深イイ話」を固め打ち!(2)宮本との“同期愛”秘話

アサ芸プラス / 2014年10月22日09時57分

「真面目すぎる性格で悩むこともあった稲葉が日ハムで新庄剛志氏(42)と出会い、大きく変わった。細かいことを気にしない豪快さやファンサービスのしかたを参考にしたんです。ヤクルト時代には本塁打でガッツポーズするような選手ではなかったのに、ファンに手を振って応えるなど、パフォーマンスに気を配るようにもなった」(遊軍記者) [全文を読む]

プロ野球・オリックス糸井「宇宙人語録」連発も、ささやかれる“異変”

日刊サイゾー / 2013年06月06日09時00分

「日本ハム時代にも、野手転向初日にヒットを打って三塁に走った話から、『“右中間”と言われて、どこのことか分からなかった』という半ば都市伝説的なエピソードの宝庫です」(スポーツ紙パ・リーグ担当デスク) 元祖・宇宙人語録といえば、日ハム時代の先輩である新庄剛志氏が有名だったが、あるチーム関係者は「完全にそれを超えている。本当に異次元の話が多い」と苦笑する。 [全文を読む]

フォーカス