伝説 新庄剛志に関するニュース

「ジャウィン」新庄剛志氏との広告出演契約について

@Press / 2014年01月22日18時00分

また、日本球界に復帰後も北海道日本ハムファイターズを44年ぶりに優勝に導くなど、今や伝説となった数々のパフォーマンス、コメント、プレーで常に話題を提供し続け、エンターテイナーとしても幅広いファン層から支持を得ています。自重堂では、2008年より「ジャウィン」ブランドの展開を行っており、更なる認知度の向上とマーケティング活動の強化を図る一環として、世界的なア [全文を読む]

2017 A/Wプロモーション「働く俺は、カッコいい。」キャンペーン概要

@Press / 2017年10月03日11時00分

伝説の男「新庄剛志」と契約し、ファッションイメージの構築、認知を拡大。引き続き本気で戦い続けるカリスマ戦士との契約と格闘界協賛により、リアルを追求!次世代戦略の構築として、若年層の現場で働く人を応援するため、上記キャラクターを起用、店頭販促キャンペーンを実施する。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/138681/ [全文を読む]

2017 S/Sプロモーション「働く俺は、カッコいい。」キャンペーン概要

@Press / 2017年05月15日12時00分

伝説の男「新庄剛志」と契約し、ファッションイメージの構築、認知を拡大。引き続き本気で戦い続けるカリスマ戦士との契約と格闘界協賛により、リアルを追求!次世代戦略の構築として、若年層の現場で働く人を応援するため、上記キャラクターを起用、店頭販促キャンペーンを実施する。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128474/ [全文を読む]

オロナミンCのCM「巨人以外で」出演した選手は誰?

日刊大衆 / 2017年10月08日17時05分

(文中敬称略) 【Q1】昭和の伝説CMと菊川怜出演の平成版との違いは? 1969(昭和44)年に小川ローザが出演した丸善石油(現・コスモ石油)のCMは、高度成長期のお茶の間に強烈なインパクトを残しました。「Oh!モーレツ」というキャッチコピーや、鮮烈なチラリシーンは人々の記憶にいつまでも残り、今でも“伝説のCM”として語り草になっています。 そんな背景から [全文を読む]

新庄剛志「ヤバイね!」22億使い込まれていた

日刊大衆 / 2017年02月28日06時35分

その後、日本の球界からメジャーリーグに行った経緯、そしてメジャーリーグ時代の“スター伝説”を次々に披露。 ニューヨーク・メッツに入団した新庄は日本人初の4番バッターとして活躍。それゆえ高額のスポンサーが多数つき、リストバンドをつけるだけで4000万円、アンダーシャツの着用で2000万円と笑いが止まらない状態だったという。そのほかにも高級ブランド店に服を買い [全文を読む]

新庄「野球なんかマジバイト」44億円の金銭被害語る

Smartザテレビジョン / 2017年02月21日09時55分

冒頭「番組史上、一番すごい額をしくじりました…」と語った新庄は、阪神タイガース時代からメジャーリーグに至る“スター伝説”を次々暴露。 メジャーに渡り、日本人初の4番バッターに抜擢されて大活躍を果たした新庄にはスポンサー契約が相次ぎ、リストバンドをつけたら4000万円、アンダーシャツを着たら2000万円という具合に、高額なお金がドンドン入ってきたという。 [全文を読む]

2016 A/Wプロモーション「働く俺は、カッコいい。」キャンペーン概要

@Press / 2016年09月28日11時00分

伝説の男「新庄剛志」と契約し、ファッションイメージの構築、認知を拡大。引き続き本気で戦い続けるカリスマ戦士との契約と格闘界協賛により、リアルを追求!次世代戦略の構築として、若年層の現場で働く人を応援するため、上記キャラクターを起用、店頭販促キャンペーンを実施する。2016 A/Wプロモーション「働く俺は、カッコいい。」キャンペーン概要https://www [全文を読む]

2014 A/Wプロモーション「勝つために着る、ジャウィン。」キャンペーン概要

@Press / 2014年09月16日11時00分

更に格闘界協賛により、リアルを追求!次世代戦略の構築として、若年層の現場で働く人を応援するため、伝説の男・新庄剛志氏、そして本気で戦うキャラクターを起用、店頭販促キャンペーンを実施する。http://www.atpress.ne.jp/releases/50947/img_50947_1.jpghttp://www.atpress.ne.jp/releas [全文を読む]

阪神・桧山進次郎「神様男の22年裏伝説」(2)野村ID理論を叩き込まれた

アサ芸プラス / 2013年09月24日09時59分

不振に陥った07年には韓国の球団からオファーがありましたが、断ったため、公にはなりませんでしたね」(前出・デスク) [全文を読む]

ビートたけしが28年ぶりに「週刊ザテレビジョン」表紙に登場! 村上信五とまさかの“2ショットコマネチ”を披露!!

PR TIMES / 2017年09月06日12時00分

本誌独占スペシャル対談では、たけしがテレビで残してきた数々の伝説を、村上信五がひもとく爆笑トークのオンパレード! 本誌でしか読めない“本音?対談”をぜひお楽しみください。 『週刊ザテレビジョン』最新号のセンター企画は“表紙でプレーバック! スターメモリアルBOOK”。各時代のスターたちが飾ってきた『週刊ザテレビジョン』の表紙を、ビートたけし、明石家さんまと [全文を読む]

ビートたけし&村上信五 まさかの“2ショットコマネチ”披露

dwango.jp news / 2017年09月06日11時05分

本誌独占スペシャル対談では、たけしがテレビで残してきた数々の伝説を、村上信五がひもとく爆笑トークのオンパレード。本誌でしか読めない“本音?対談”をぜひお楽しみいただきたい。 『週刊ザテレビジョン』最新号のセンター企画は“表紙でプレーバック!スターメモリアルBOOK”。各時代のスターたちが飾ってきた『週刊ザテレビジョン』の表紙を、ビートたけし、明石家さんまと [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

プロ野球・日本シリーズでこの50年に起きた伝説の瞬間をふり返るシリーズ。 時代は昭和から平成へと移り、世の中の価値観も多様化する。球界でも巨人中心から12球団すべてが主役となり熱狂は全国各地へと広がっていった。【熱狂!平成編1】に続く第2弾! * * * 【2000 巨人vsダイエー】 ミレニアムイヤーに球界の2大巨星がついに相まみえた 夢の“ON監督対決 [全文を読む]

【プロ野球】亜大・宗接の華麗な本盗が話題!プロの本盗王は誰だ?

デイリーニュースオンライン / 2016年06月14日16時05分

同年のオールスターといえば、新庄剛志が伝説のホームスチールを決めたことで知られている。 3回二死三塁の場面で、捕手・矢野燿大が福原忍にボールを返球したスキにホームに突っ込んだ。 福原も急いで矢野にボールを戻したが、判定は間一髪のところで「セーフ」。しかし、矢野が審判に抗議しており、巷では「アウトだった」「オールスター判定」と囁かれている。 本稿執筆にあたり [全文を読む]

2016 S/Sプロモーション「働く俺は、カッコいい。」キャンペーン概要

@Press / 2016年05月16日11時00分

伝説の男「新庄剛志」と契約し、ファッションイメージの構築、認知を拡大。引き続き本気で戦い続けるカリスマ戦士との契約と格闘界協賛により、リアルを追求!次世代戦略の構築として、若年層の現場で働く人を応援するため、上記キャラクターを起用、店頭販促キャンペーンを実施する。・キャンペーンビジュアルhttps://www.atpress.ne.jp/releases/ [全文を読む]

イチロー・松井・新庄・井口・田口 MLBが震撼の興奮シーン

NEWSポストセブン / 2015年05月24日16時00分

日本よりニューヨークで語り草の伝説的プレー。 ●井口資仁「世界一への流れを呼んだ逆転3ラン」 (2005年10月5日・ホワイトソックス在籍のレッドソックス戦=USセルラー・フィールドでの地区シリーズ第2戦) 「スマートベースボール」を標榜したオジー・ギーエン監督が「チームのMVP」と信頼を寄せていた2番セカンドの井口。下馬評では不利とされたレッドソックスと [全文を読む]

イチロー・松井・新庄・井口・田口 MLBが震撼の興奮シーン

NEWSポストセブン / 2015年05月24日16時00分

日本よりニューヨークで語り草の伝説的プレー。 ●井口資仁「世界一への流れを呼んだ逆転3ラン」 (2005年10月5日・ホワイトソックス在籍のレッドソックス戦=USセルラー・フィールドでの地区シリーズ第2戦) 「スマートベースボール」を標榜したオジー・ギーエン監督が「チームのMVP」と信頼を寄せていた2番セカンドの井口。下馬評では不利とされたレッドソックスと [全文を読む]

【引退惜別インタビュー】“歌って踊れる世界一の捕手”里崎智也(千葉ロッテ)の気になる今後とは

週プレNEWS / 2014年11月03日06時00分

―そんなマリーンズのなかでも、里崎さんは歌を歌うわ、単独ディナーショーをやるわ、と前代未聞の伝説を残してきました。 里崎 まあ、ボクも含めてあの頃のマリーンズは「目立ちたい」っていう思いがみんな強かったですからね。巨人や阪神ではヒット1本でも新聞の1面だけど、ロッテじゃ3本打っても写真すら載らない。「あかん、野球だけしてても有名にはならへん」って思ったん [全文を読む]

プロ野球・オリックス糸井「宇宙人語録」連発も、ささやかれる“異変”

日刊サイゾー / 2013年06月06日09時00分

「日本ハム時代にも、野手転向初日にヒットを打って三塁に走った話から、『“右中間”と言われて、どこのことか分からなかった』という半ば都市伝説的なエピソードの宝庫です」(スポーツ紙パ・リーグ担当デスク) 元祖・宇宙人語録といえば、日ハム時代の先輩である新庄剛志氏が有名だったが、あるチーム関係者は「完全にそれを超えている。本当に異次元の話が多い」と苦笑する。 [全文を読む]

プロ野球選手の「女王妻」ランキング(2)

アサ芸プラス / 2012年02月08日10時59分

約8000万円もの借金を作ってしまったが、宇野は文句一つ言うことなく、その借金を全て肩代わりしたという伝説にもなっている。 阪急などで活躍したブーマーと巨人・小笠原の共通点は、あまりにも少なすぎる小遣い。億単位で稼ぐプロ野球選手は、後輩に食事をオゴる機会も多い。だが、それすらできないほど金欠の有名選手もいる。 「ブーマーの小遣いは1日2000円でしたし、小 [全文を読む]

フォーカス