評判 上智大学に関するニュース

フィリピンで1万2千人を買った元校長、現地での意外な評判「誰ひとり彼を悪く言う人はいない」

週プレNEWS / 2015年04月21日06時00分

2011年、『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』で第9回開高健ノンフィクション賞を受賞 ■週刊プレイボーイ18号(4月20日発売)『女は「1万2千人を買った元校長」の逮捕を知って、なぜ涙を流したのか?』より [全文を読む]

フジ女王・加藤綾子アナが強く意識 新人・内田嶺衣奈の評判

NEWSポストセブン / 2013年10月01日07時00分

今年から復活する深夜番組『○○パン』シリーズは彼女の同期の三上真奈アナ(24)に決まったが、現時点での評価は内田アナのほうが上でしょう」(別のフジテレビ関係者) ※週刊ポスト2013年10月11日号 [全文を読む]

こんなにある!「返済不要・タダでもらえる」奨学金

プレジデントオンライン / 2017年02月11日11時15分

わかりやすい説明が評判を呼び、全国の高校や大学で年間100回以上も講演。著書に『奨学金 借りる? 借りない? 見極めガイド』など。 ---------- (川口昌人=文) [全文を読む]

新妻聖子 遅咲き「大河女優」が極秘婚約した男の「アブナイ下半身」

アサ芸プラス / 2017年02月05日17時57分

「その後、トーク番組では舞台で共演した歌手に『ババア』呼ばわりされたことで、相手のみぞおちにパンチを食らわした過去を語るなど、ぶっちゃけキャラとして評判を呼んでいるんです」(前出・芸能レポーター) 運気上昇は仕事運だけではなく、恋愛運も急上昇していたようだ。「新妻が婚約している」との情報を、いち早くキャッチ。知人の一人がこう証言する。「相手は外資系エリート [全文を読む]

まさに夢の競演! 浅田舞&杉浦友紀アナ、爆乳ツーショットに視聴者大歓喜!!

メンズサイゾー / 2016年12月08日10時00分

14年にネットを騒がせたビキニショットで、見事なスタイルだと評判を集めた彼女は、「週刊プレイボーイ」(集英社)で水着グラビアを解禁して世の男性を虜にした。その後、ファースト写真集『舞』(同)を発売。有名男性誌の表紙に起用されることも多く、「その辺のグラドルより素晴らしいボディ」と絶賛された。 だが、このところ水着系の仕事からは遠ざかっており、ネットには寂し [全文を読む]

次期国連事務総長選 元ポルトガル首相か第三者か

Japan In-depth / 2016年09月30日18時00分

ジョージエヴァ女史については、EU委員であるが、EU諸国では評判が良いとのことで、ドイツのアンゲラ・メルケル首相がロシアのプーチン大統領との電話会談で、ジョージエヴァ女史を強く推したいという話が外交筋で伝わっている。しかし、ジョージエヴァ女史が全面に出てきた場合には、今回の選出プロセスで行われた国連総会での所信表明や一般市民を交えたタウンホールなどを無視 [全文を読む]

NHK・杉浦友紀にテレ東・秋元玲奈...「リオ五輪」現地美女キャスターに熱視線!

メンズサイゾー / 2016年08月10日10時00分

杉浦らに比べてバストサイズに物足りなさを感じるファンもいるようだが、現地ブラジルの陽気なイメージとマッチしていると評判だ。 そのほか、日本テレビは『行列のできる法律相談所』でお馴染みの徳島えりか(27)が、テレビ朝日は『マツコ&有吉の怒り新党』のアシスタントを務める青山愛(27)が現地に飛んでいる。いずれも美貌とアナウンススキルに定評があり、今大会でもソツ [全文を読む]

参考書だけで大学合格!?武田塾が大学別 独学方法の動画まとめサイト開設

@Press / 2016年05月24日10時30分

口コミで評判が広がり、2016年5月時点で日本全国に約100校舎を展開。圧倒的な逆転合格の実績と、「授業をしない」という独自スタイルが評価され、新聞・雑誌・テレビなど各種メディアでも多数紹介されるなど、受験業界内外から注目されています。 武田塾WEBサイト : http://takeda.tv/ 武田塾チャンネル(YouTube): https://www [全文を読む]

新人アナの“セクシーすぎるポールダンス“が話題に!

メンズサイゾー / 2016年05月19日10時00分

チャーミングな"えくぼ"も可愛いと評判の上村アナは、今回の姿を機に男性ファンを増やしそうです」(芸能ライター) 明るいキャラクターでも人気がある上村には、バラエティ番組でも活躍してほしいと願う声もあるようだが...。 「上村アナの同期である宇内梨沙アナ(うない・りさ/24)は『ミス慶應2013』のグランプリを獲得するなど、いわゆる"かわいい系"で知られる。 [全文を読む]

貴乃花の長男がイタリアで靴職人修行 学歴とはサヨナラ

NEWSポストセブン / 2016年03月12日16時00分

どんな小さな差し入れでも礼状を欠かさず、パーティーの挨拶なども完璧にこなす角界でも評判の才女です。そのおかみさんが長男が大学進学せずに海外に行くというのを許したことに驚きましたね」 幼稚園受験を決め、合格まで導いたのも景子さんだった。 「貴乃花親方が当時、所属していた二子山部屋の後援会関係者に、景子さんの志望する私立幼稚園のPTA会長がいたそうです。 二子 [全文を読む]

迷走を続けるフジ、未だにお金を使えば面白くなると思ってる?

週プレNEWS / 2015年10月19日06時00分

これは番組内容に自信が持てない表れでもあるのではないでしょうか」 実際、9月末に深夜枠で『クイズやさしいね』のパイロット版を放送したのだが、評判はイマイチだった。 「アシスタントに加藤綾子アナを起用するなど、かなり気合いが入っていたんですが、フタを開けてみれば、ただのクイズ番組。キモである“やさしい”の基準が曖昧(あいまい)すぎて、内容はかなりブレブレでし [全文を読む]

フライデーされたフジ女子アナの素顔「本命は別にいた」

デイリーニュースオンライン / 2015年09月06日08時00分

マニアだけあって、いい取材をしてくると、局内でも評判がいい」 女子アナと野球選手といえば、カップルになる黄金パターンだ。試合後に飲み会を開き、距離を縮め……という流れになってもおかしくはない。その点を聞いてみた。 「内田がカープの誰かと付き合ってるという話は、まだ出てきていません。でも、あれだけかわいくて、好き好き光線を出しているから、これから熱愛に発展し [全文を読む]

“ポピュリスト界の新たな人気者” 翁長知事、基地負担の不公平性を海外メディアに力説

NewSphere / 2015年05月21日18時42分

5月末に訪米を予定する知事は、「民主主義国のアメリカに、このアンフェアな状況を知ってもらいたい(AP)」、「沖縄県民の願いを無視することは、日米両国の評判を傷つけることになると米関係者に伝えたい(ロイター)」と語り、こう着した事態を打開するため、アメリカから直接の理解を求めようともしている。 上智大学の政治学者、中野晃一教授も、日米関係において、日本の米軍 [全文を読む]

マニラ教員時代の教え子が証言、“児童売春騒動”元校長の表と裏「すごく親身で帰任する時には泣いた」

週プレNEWS / 2015年04月27日06時00分

学校のフィリピン人スタッフとのスポーツ交流会にも積極的に参加し、夜はスタッフたちと食事によく行っていたので、平日夜は女のコに手を出す時間はなかったと…」 高島容疑者はタガログ語の勉強も熱心にやり、フィリピン人スタッフたちとも普通に会話できるレベルで評判も良かったという。 「先生は人懐っこく、いつも笑っていて柔らかい印象です。当時は髪の毛が長く、くるくるパー [全文を読む]

大河『花燃ゆ』井上真央 山口のタクシーで素人と間違われる

NEWSポストセブン / 2014年12月25日07時00分

注目されることになった井上だが、そんなプレッシャーを見せることなく、現場での評判は上々だという。 「とにかく勉強熱心です。事前に松陰の生家や墓を訪れ、資料もかなり読み込んでいます。脚本に対して『その時は〇〇でしたよね』と史実がしっかり頭に入っているようです。最初は方言に慣れなかったようですが、テープを繰り返し聞いてかなり上達しています。 近年、大河ヒロイ [全文を読む]

『花子とアン』でブレイクの吉田鋼太郎“年下モテ”の秘密

WEB女性自身 / 2014年08月14日17時00分

だが、吉田の演技が好評で、8月4日からの週も登場することになった」(NHK関係者) NHK連続テレビ小説『花子とアン』で、九州の炭鉱王・嘉納伝助役を演じる吉田鋼太朗(55)が評判だ。頑固で、少し横暴で、妻である蓮子(仲間由紀恵)を愛していながら上手に伝えられず、若い男と駆け落ちされてしまう。いちどは怒りに駆られるが、最後は愛する蓮子を許す、武骨な男を好演。 [全文を読む]

朝日の「ご注進報道」 海外メディアの威光借りた報道を加速

NEWSポストセブン / 2014年03月08日07時00分

はっきりいって日本語版の評判は芳しくないが、ハフィントンポストは欧米では絶大な影響力をもち、朝日の記事がますます世界に拡散していく環境が整っている。 ネット上では「火のないところに煙は立たぬ」をもじって、「煙のないところに火をつける」と揶揄されている朝日新聞だが、そろそろ読者も気づき始めている。国民や読者の目線に立って正面から正々堂々と論じ、批判するメディ [全文を読む]

発売3日で重版決定!苫米地英人博士による新刊『15歳若返る脳の磨きかた』が発売

PR TIMES / 2014年02月25日19時30分

根強いファンを持つベストセラー作家の苫米地博士による「脳のアンチエイジング」というテーマが評判を呼び、発売3日で重版が決定いたしました。 本書は最先端の認知科学、機能脳科学、分子生物学の視点から、脳の老化を食い止め、若返らせる方法をお伝えします。若返り法のコアとなる考え方は「脳が人間の若さを決める」というもの。「脳の若返りとは何か?」といった問いから、寿命 [全文を読む]

政治家おっかけが趣味の春香クリスティーン、早くも維新の会に目をつけられた!?

サイゾーウーマン / 2012年12月12日09時00分

番組内での春香の発言や、Twitterでの政策や政権に対するストレートな意見が評判を呼び、今回の選挙戦が始まると取材が殺到。若い世代であれだけ政治のことが語れる人物がほかにおらず、なおかつメディアも高齢者を意識した政策ばかりの政治家たちに『若い世代のことも考えろ!』というメッセージを込めて起用している思惑があるようです」(ワイドショーデスク) さらには、今 [全文を読む]

フォーカス