三菱重工業 日立製作所に関するニュース

三菱重工業の改革を支える「丁寧なリーダーシップ」

Forbes JAPAN / 2016年11月04日08時30分

グローバル大手と熾烈な戦いをすべく「聖域なき大改革」を推進している三菱重工業【社長力ランキング2016 3位】。その仕上げを担うリーダーのかけ声は「私についてきなさい」というありきたりな言葉ではなかった。「なぜ、やらなければいけないのか、その意味を十分に説明できないものはやってはいけない」”失われた20年”の間、売上高3兆円前後を上下する低成長を続けてきた [全文を読む]

三菱重工と日立と住友商事、タイ・バンコクレッドライン建設プロジェクトを受注

JCN Newswire / 2016年03月30日15時32分

TOKYO, Mar 30, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱重工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:宮永俊一、以下「三菱重工」)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼COO:東原敏昭、以下「日立製作所」)、住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は共同で、タイ国鉄(Stat [全文を読む]

三菱重工、2017年度の入社式 宮永社長 新入社員に励ましのことばを贈る

JCN Newswire / 2017年04月03日14時50分

TOKYO, Apr 3, 2017 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は3日午前、東京・港区の品川インターシティホールにおいて2017年度の入社式を行いました。同日から当社の一員となり社会人生活のスタートを切った新入社員に対し、宮永俊一社長が、ものづくり企業のトップとして、また社会人の一先輩として、激励のことばを贈ったもので、社長は当社社員 [全文を読む]

日立と三菱重工が経営統合する日

プレジデントオンライン / 2016年12月22日09時15分

■日立と三菱重工、幻の経営統合 日本の製造業を代表する、日立製作所と三菱重工業を比較してみた。 売上高や純利益、子会社・関連会社数、連結従業員数、それに13年度、14年度、15年度の3期を均して年度換算した研究開発費、配当総額、納税額などを見れば、規模では日立が凌駕していることが明らかだろう。キャッシュフロー(CF)計算書の支払額で比較すると、日立の納税額 [全文を読む]

三菱重工、2016年度の入社式 宮永社長 新入社員に励ましのことばを贈る

JCN Newswire / 2016年04月01日16時55分

TOKYO, Apr 1, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は1日午前、東京・港区の品川インターシティホールにおいて2016年度の入社式を行いました。同日から当社の一員となり社会人生活のスタートを切った新入社員に対し、宮永俊一社長が、ものづくり企業のトップとして、また社会人の一先輩として、激励のことばを贈ったもので、社長は当社社員 [全文を読む]

三菱日立パワーシステムズなど3社、集じん装置事業統合で新会社を発足

JCN Newswire / 2015年08月04日17時06分

お問い合わせ先三菱日立パワーシステムズ株式会社担当 小野 電話: 03-6716-2168(三菱重工業 広報部 広報グループ)三菱重工メカトロシステムズ株式会社担当 小野 電話: 03-6716-2168(三菱重工業 広報部 広報グループ)株式会社日立プラントコンストラクション担当 土肥 電話: 03-5208-9325(日立製作所 ブランド・コミュニケー [全文を読む]

三菱重工、2015年度の入社式 宮永社長 新入社員に励ましのことばを贈る

JCN Newswire / 2015年04月01日16時07分

TOKYO, Apr 1, 2015 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は1日午前、東京・港区の品川インターシティホールにおいて2015年度の入社式を行いました。同日から当社の一員となり社会人生活のスタートを切った新入社員に対し、宮永俊一社長が、ものづくり企業のトップとして、また社会人の一先輩として、激励のことばを贈ったもので、社長は当社社員 [全文を読む]

就職率95.3% 三菱重工や日立、九州電就職に最短距離の大学

NEWSポストセブン / 2012年11月07日07時00分

同大学は三菱重工業・日立製作所・九州電力など一流企業に多くの卒業生を輩出している。同大学は企業の合同説明会などには、わざわざ出向いて参加しなくても良い環境にあり、就職担当教授による内定までのサポートや学内での合同企業説明会開催も。 また、同窓会である明専会と同大学が共催で実施している『明専塾』では就活に勝つノウハウから、入社後の心構えまでを伝授。学内で年 [全文を読む]

東電、川村隆新会長への期待と懸念――経済産業省

経済界 / 2017年04月26日09時04分

東芝が経営危機に陥り、三菱重工業も国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の度重なる納入延期や造船事業の失敗で損失を抱える中、川村氏の東電会長就任で、国内原発業界の核として、官邸や政府の意向に巻き込まれてしまう“政権との距離感”への懸念も聞こえてくる。東電新体制は波乱の船出となりそうだ。 [全文を読む]

電機、凋落…東芝は債務超過の兆候、三菱重工は「何もうまくいかず」巨額損失地獄

Business Journal / 2017年01月31日06時00分

●三菱重工と日立製作所の合併説 三菱重工業にも、経営統合説が再浮上してきた。同社は1月23日、子会社の三菱航空機が開発中の国産ジェット機MRJの納期が2年ずれ込むと発表した。納入延期は5回目。納入は7年半遅れることになり、初号機の納期の新たな見通しは20年半ばだ。 3000~4000億円とみられたMRJの開発費は、3~4割増える。開発当初の見積もり(150 [全文を読む]

三菱重工、大型客船建造の巨額損失をバネに解体的改革始動 仏アレバは絶対に買うな!

Business Journal / 2015年10月13日06時00分

10月に入り、三菱重工業が戦略的な動きを強めている。 1日に長崎造船所(長崎市)から2つの事業会社を切り出し、三菱重工船舶海洋と三菱重工船体の2社を設立した。前者はLNG(液化天然ガス)船とLPG(液化石油ガス)船のガス運搬船を集中的に建造し、後者は船体のパーツを他社からも受注するとしている。 この動きは、造船を祖業としている三菱重工にとって大きな戦略的転 [全文を読む]

三菱日立パワーシステムズ、中国の寧波科豊燃機熱電向けH-25ガスタービンを受注

JCN Newswire / 2014年07月23日17時29分

当社は、三菱重工業と日立製作所の両社が持つ総合力と製品事業を継承し、火力発電システム向けフルレンジの製品群とトータルソリューションを提供できることが強みです。当社は今後も、火力発電システム市場の多種多様なニーズに的確に対応しつつ、この分野のグローバルトップを目指して積極的な営業活動を展開していきます。本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 http [全文を読む]

三菱重工、平成26年度の入社式 宮永社長 新入社員に励ましのことばを贈る

JCN Newswire / 2014年04月01日17時02分

Tokyo, Apr 1, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は1日午前、東京・港区の品川インターシティホールにおいて平成26年度の入社式を行いました。同日から当社の一員として社会人生活のスタートを切った新入社員に対し、宮永俊一社長が、ものづくり企業のトップとして、また社会人の一先輩として、激励のことばを贈ったもので、社長は当社社員 [全文を読む]

三菱重工:平成25年度の入社式 宮永社長が新入社員に励ましのことばを贈る

JCN Newswire / 2013年04月01日13時47分

Tokyo, Apr 1, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は1日午前、東京・港区のインターシティーホールにおいて平成25年度の入社式を行いました。同日から当社の一員として社会人生活のスタートを切った新入社員に対し、宮永俊一社長が、ものづくり企業のトップとして、また社会人の一先輩として、激励のことばを贈ったもので、社長は当社社員と [全文を読む]

東芝の危機が映す「日本的経営」の根本的弱点 終身雇用の派閥争いが閉塞感と危機を呼ぶ

東洋経済オンライン / 2017年04月19日08時00分

三菱重工業やGEなどと競ったうえでの買収成功だった。買収金額は54億ドル。2015年までに当時の原子力事業を3倍に拡大する目標を掲げていた。 [全文を読む]

「東芝倒産」は日本的経営と決別し世界基準に脱皮する契機に

NEWSポストセブン / 2017年04月17日11時00分

そのために、東芝のほか日立製作所や三菱重工業などの原子力技術を持つ日本の会社から、人材と技術を集約する企業体を国が新たにつくるべきだ。企業としての東芝が無くなっても、その人材や技術が守られることになる。間違っても、東芝の「負債」を引き継ぐ会社にしてはならない。 経営力なき“日本的経営“と決別し、世界のスタンダードに脱皮するきっかけになるなら、東芝を倒産さ [全文を読む]

日立、東芝、三菱重工「原子力御三家」は原発を捨てられるか

プレジデントオンライン / 2017年01月11日15時15分

■「東芝ショック」米原子力事業で巨額減損 日立製作所、東芝、三菱重工業の国内原子力「御三家」が原子力事業の存続に向けた岐路に立たされている。福島第1原子力発電所の事故を契機に国内は先細りし、頼みの綱の海外も東芝が米国の原発事業で数千億円規模の減損損失を出すなど不確実性を強め、出口は遠退くばかりだ。 3社は原発の燃料事業の統合で打開策を探るものの、さらに踏み [全文を読む]

安倍首相の下僕・経団連会長、次期候補者ゼロの異常事態…ことごとく固辞か

Business Journal / 2017年01月04日06時00分

現在の経団連副会長でこの条件を満たすのは、日立製作所の中西宏明会長と三菱重工業の宮永俊一社長、住友化学の十倉雅和社長。だが、三菱重工は16年9月中間決算で7年ぶりの赤字。造船部門を切り離すほか、国産初のジェット旅客機MRJが離陸するかどうかも不透明な状態で、経営は三重苦、四重苦。経団連会長どころではない。宮永社長には交代の観測さえ出ている。 [全文を読む]

【タイ】バンコクの鉄道建設に円借款1699億円

Global News Asia / 2016年10月05日11時00分

今年3月、住友商事、三菱重工業、日立製作所が鉄道システム一式の設計建設を約1120億円(約324億バーツ)でタイ国鉄から受注していた。 レッドラインは、2020年完成予定で、途中にはドンムアン国際空港もあり、観光客の利便性も向上する。 さらにスワンナプーム国際空港へ乗り入れるエアポートリンクが、バンスーまでの延伸を計画しており、2空港を結ぶ鉄道は早期の実 [全文を読む]

巨像・トヨタに激震…利益1兆円消失の危機

Business Journal / 2016年06月07日06時00分

【円安メリット企業が前提としている今期の1ドルの為替レート】・100円日精樹脂工業・105円トヨタ自動車、トヨタ紡績、豊田自動織機、小松製作所(コマツ)、三菱電機、ファナック、小糸製作所、日野自動車、豊田合成、富士重工業、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車、スズキ、東レ・108円 ヒロセ電機、商船三井、オリンパス、日本ガイシ・109円 オークマ・110円イ [全文を読む]

フォーカス