推移 三菱重工業に関するニュース

三菱重工、下関造船所の航空機工場拡張工事が完成

JCN Newswire / 2015年09月16日16時19分

当社は787の複合材主翼の生産を当初より担当し、2007年5月に初出荷して以来、生産は順調に推移しています。当社は787向けの生産能力増強、高品質の複合材主翼の供給を通じて同プロジェクトの一翼を担い、民間航空機事業の拡大につなげていきます。本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 http://www.mhi.co.jp/news/story/150 [全文を読む]

三菱重工と三菱航空機、次世代リージョナルジェット機MRJの開発状況など発表

JCN Newswire / 2015年04月10日16時59分

今後の状況推移については、定期的に情報発信してまいります。1.新体制での事業運営がスタート量産段階への移行に向け、両社は4月1日付で新体制を発足させ、さらに一体となった事業推進に取り組んでいます。それに先立つ1月には、三菱航空機が本社の全機能を、MRJの最終組立、地上試験、飛行試験が行われる場所に隣接した県営名古屋空港ターミナルビル(愛知県豊山町)の同一フ [全文を読む]

三菱重工:M501J形ガスタービンの長期実証運転が起動回数100回、8,000時間を突破

JCN Newswire / 2012年12月07日18時20分

国内外の商談も好調に推移Tokyo, Dec 7, 2012 - (JCN Newswire) - 三菱重工業が高砂製作所(兵庫県高砂市)内で実施してきた世界最高効率を誇る最新鋭M501J形ガスタービンの長期実証運転が、試運転開始からの累計で起動回数100回、運転時間8,000時間を突破した。昨年2月から運転を続けてきたもので、これにより、この最新鋭機の高 [全文を読む]

グループ意識が希薄な「三井」だが危機となれば話は別

NEWSポストセブン / 2016年04月26日16時00分

会では三井住友FGのトップが金融業界の動向について報告したり、三井物産の社長が資源価格の推移や国際情勢の展望を語る。あくまで親睦の場だが、第一線のトップから生の情報を得ることで、様々な商売のヒントになる」(三井グループ関係者) 三菱の「金曜会」は原則全員参加だが、三井は「人の三井」らしく、個人の裁量に委ねられる。 「オブザーバーであるトヨタ自動車の豊田章男 [全文を読む]

「船舶用プロペラの世界市場の予測 ~2020年:ブレード数・プロペラの種類 (可変ピッチ・固定ピッチ・ダクトプロペラ)・用途・材料・地域別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年04月01日15時30分

船舶用プロペラの市場は2020年にかけて1.88%のCAGR (複合年間成長率) で推移し、2015年末の46億1000万ドルから2020年には50億6000万ドルの規模に成長すると予測されています。世界各国のGDP成長に伴って国際貿易・海運が発展し、各種商船 (タンカー・ばら積み貨物船・コンテナ船など) の需要が拡大していることが、市場成長の促進要因と [全文を読む]

「発電機販売の世界市場予測 2020年:ディーゼル発電機・ガス発電機」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年03月02日15時00分

世界の発電機販売市場は2015年から2020年にかけて5.85%のCAGR (年間複合成長率) で推移し、2020年までに233億6,000万米ドルに達すると予測されています。信頼できる、継続的な電力需要の拡大が、同市場の主要な促進要因となっています。 当レポートでは、世界の発電機販売市場について調査分析を行い、種類、エンドユーザー、アプリケーション、電力 [全文を読む]

「地熱発電の世界市場 2016-2026年:ドライスチーム・フラッシュスチーム・バイナリーサイクル・フラッシュバイナリー技術のCAPEX・OPEX・設備発電容量」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年02月09日15時30分

当レポートでは、世界の地熱発電の市場を調査し、および地熱直接利用を含めた地熱エネルギー市場の現状と見通しについて調査分析し、地熱発電の各種技術の概要、地熱発電市場への各種影響因子の分析、技術・主要国別のCAPEX&OPEX、設備発電容量の推移と予測、PEST分析、専門家の見解、主要機器サプライヤーのプロファイル、将来の展望と提言などをまとめています。 第 [全文を読む]

三菱重工グループ、米社から段ボール箱を製造する製函機を20台受注

JCN Newswire / 2014年05月22日17時17分

世界の段ボール生産量は毎年順調に伸びており、コルゲートマシンや製函機の新規導入や更新に関する需要も堅調に推移しています。特に、自動運転モードの搭載などにより品質を落とすことなく多品種を製造できる装置や、高い省エネ・環境性能を発揮する廃棄物の発生が少なく運転速度に優れた装置の人気が高く、EVOL 4FGR-100やSH-400-2500の大口受注や連続受注に [全文を読む]

三菱重工、独シーメンス社と製鉄機械の合弁会社を設立

JCN Newswire / 2014年05月07日17時21分

世界の鉄鋼業界では、設備過剰、原材料コストの増大、製品価格低下などの影響により、設備投資意欲が低調に推移すると予想されます。そうした状況下で、今回の合弁合意は、製品拡充と事業拠点網の整備により事業強化を目指す当社・日本側と、事業ポートフォリオ見直しのなかで製鉄機械事業の体質改善を急ぐシーメンス側、両者の狙いが一致したことにより実現したものです。当社とシーメ [全文を読む]

三菱重工、加圧型ハイブリッドシステムで世界初の4,000時間超連続運転を達成

JCN Newswire / 2013年09月20日17時49分

運転は夏場の重負荷期を含め安定状態で推移しました。SOFCは、900℃程度の高温で作動するセラミックス製の燃料電池。都市ガスを改質して取り出す水素および一酸化炭素と空気中の酸素を反応させ直接電力を発生します。当社は、風車をはじめとする多様な自然エネルギー発電や、原子力発電、さらには高効率火力発電システムなど、CO2削減に向けた多様な発電方式に取り組んでおり [全文を読む]

三菱重工、チリ向け石炭焚き発電設備をフルターンキー契約で受注

JCN Newswire / 2012年11月27日17時57分

チリ経済は、世界的な銅価格の上昇などを背景に、2010年と2011年にそれぞれ前年比6.1%と6.0%の成長を達成、続く2012年も経済が堅調に推移しており、それらに伴い、電力需要が急増している。当社は今後も、順調な経済発展を続けるチリをはじめとして、中南米市場全体への営業活動を一層活発に展開していく。 本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 ht [全文を読む]

フォーカス