予想 三菱重工業に関するニュース

孤立無援?H3ロケットは2020年ロケット五輪で勝てるか ~ファルコン9炎上、ロケットビジネスの行方(後編)~

sorae.jp / 2016年09月15日18時56分

スペースXはファルコン9の再使用でさらにコストを下げてくると予想されるが、実際にどの程度下げられるかはやってみないとわからない。しかし、たとえスペースXの値下げ攻勢が難航したとしても、H3ロケットのアキレス腱はむしろロケットそのものより、ロケット打ち上げを技術先進国日本の象徴的産業として育成していこうという意識が充分に共有されていない、政府の縦割り行政にあ [全文を読む]

“戦後日本の夢”MRJ、世界で勝てるか? 海外コンサルは懐疑的

NewSphere / 2014年10月20日18時13分

◆強気の三菱、専門家は厳しい予想 三菱航空機は、計407機の受注を既に獲得した、とフィナンシャル・タイムズ紙は報じている。しかし、現在リージョナルジェット市場をほぼ握っているブラジルのエンブラエルやカナダのボンバルディア社に比べれば、僅かな数字だ。 同社は今後20年間で、世界のリージョナルジェット機市場の50%を握ること、5000機の受注を予想するなど、強 [全文を読む]

寒波を迎える世界の海運業、日韓企業は再編に活路―中国紙

Record China / 2016年09月07日07時30分

アナリストは、「韓進の状況が悪化すると、世界の海運業のコストが高騰し、韓進と取引してきた小規模な企業は非常に大きなダメージを受けることになる」と予想する。 米調査会社HISがまとめた統計では、世界の新造船受注量は2014年、15年と2年連続で減少し、16年1〜6月も前年同期比60%以上減少したという。 海運業の寒波を受けて日本の造船企業も危機に陥り、大手は [全文を読む]

国産初ジェット『MRJ』、“20年で世界2位に成長”と英専門家が期待 その理由は?

NewSphere / 2014年10月16日18時04分

◆専門家は「勝機はある」と予想 米航空宇宙関連コンサルティング会社のリチャード・アボラフィア氏は、「航空機のお披露目は、有意義な進展だ。特にマーケティング戦略として有効だ」と評価した。また、受注の数字についても良いスタートだと述べ、「MRJは事業が市場を主導する大企業に十分対抗できることを証明する必要がある」(ブルームバーグ)と今後も努力が必要だとしてい [全文を読む]

三菱重工、出力2,000kW級の高効率ガスエンジン開発

JCN Newswire / 2014年08月06日18時14分

また、海外では、北米でのシェールガス開発や中国をはじめとするアジア地域における消費拡大による分散型電源設備導入の推進により、ガスエンジン発電市場は大幅に拡大するものと予想されます。今回開発した16気筒高速ガスエンジンは、「高ミラーサイクル化の適用を可能とする2段過給技術の開発」、「機械効率向上のための高出力化に対する要素技術の開発」、「高発電効率化」に成功 [全文を読む]

遠のく原発再稼働…7200ページで申請の九電も「不十分」 結論なき規制基準の課題を海外紙指摘

NewSphere / 2014年05月07日18時00分

これまで、日本国内の原子力発電所の再稼働は、5月か6月と予想されていた。しかし、専門家の最近の予想では、電力消費が急増する夏に間に合わない、とみられているようだ。原子炉の安全基準適合の判断が予想よりも長引いているためだ。 一方、日本は「原発外交」を進めている。安倍首相とフランスのオランド大統領は4日、パリで会談し、「平和的核開発の強化」に合意した。 【規制 [全文を読む]

日立と三菱重工が経営統合する日

プレジデントオンライン / 2016年12月22日09時15分

同社は今期の売上高予想を、当初の4兆4000億円から4000億円ダウンの4兆円へ下方修正しているが、ある意味で必然の流れともいえよう。 三菱重工が着手している構造改革の概略を見ておこう。祖業である造船部門では、今治造船、大島造船所、名村造船所との4社によるアライアンス構築で、 グローバル市場での競争力を強化する方向だ。すでにLNG船では今治造船との合弁展 [全文を読む]

三菱重工、仏市場におけるCO2ヒートポンプ給湯機「キュートン」の販売協業で合意

JCN Newswire / 2016年05月19日17時19分

今後、太陽がつくり出す大気中の熱を利用して環境にやさしく暖房や給湯ができるヒートポンプに対する需要の増加も予想されることから、両社の思いが一致して、今回の合意に至ったものです。両社は今後、協業を通して給湯・暖房機器分野における技術力や営業力の相乗効果を追求し、フランスでのシェア拡大に取り組んでいきます。本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 htt [全文を読む]

三菱重工、悲願の大型客船建造で約2千億円損失!キリン、巨額買収失敗で1千億円の損失

Business Journal / 2016年03月17日06時00分

この結果、16年3月期の純利益は前期比65%減の67億円となり、従来予想を118億円下回る。 パソコンやスマートフォン市場が振るわず、マレーシアとフィリピンの電子部品工場で稼働していない生産設備が出ている。竹中裕紀社長は「17年3月期も厳しい年になる」とした。16年3月期の売上高は横ばいの3183億円、営業利益は20%減の208億円と従来予想をそれぞれ11 [全文を読む]

三菱重工:アストモスエネルギー向け大型LPG運搬船を建造

JCN Newswire / 2015年11月02日16時22分

米国のシェール革命により、中長期的には極東を含めた世界市場で北米産LPGの需要増大が予想され、輸送距離の伸長や拡幅された新パナマ運河を使った輸送量の拡大が不可欠となっています。また、船舶運航についても世界的に環境規制が強化されつつあります。本船は、こうした状況を受けてアストモスエネルギーが進める最新鋭のLPG輸送船団整備計画に対応するものです。三菱重工船舶 [全文を読む]

三菱重工、アストモスエネルギーから大型LPG運搬船を受注

JCN Newswire / 2015年03月02日16時28分

米国のシェール革命により、中長期的には極東を含めた世界市場で北米産LPGの需要増大が予想され、輸送距離の伸長や拡幅された新パナマ運河を使った輸送量の拡大が不可欠となっています。また、船舶運航についても世界的に環境規制が強化されつつあります。本船は、こうした状況を受けてアストモスエネルギーが進める最新鋭のLPG輸送船団整備計画に対応するものです。当社は、LP [全文を読む]

三菱重工業、インドで歯車機械を生産、ベンガルールに工場開設

JCN Newswire / 2012年04月18日13時36分

当社は、インドで今後予想される市場の急拡大に即応していける供給基盤を確保し、高いコスト競争力との相乗効果を追求することにより、さらなるシェアアップに取り組んでいく。本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 http://www.mhi.co.jp/news/story/1204185199.html ※Mitsubishi Heavy Industr [全文を読む]

このトランプ銘柄は買いだ! 2017年「注目業界&推奨銘柄」

プレジデントオンライン / 2017年02月16日09時15分

---------- ▼2017年のキーワードは……「ボラティリティ」 トランプ氏の政策実行力への関心は高く、新政権に評価が向かえば強気相場が継続しそうですが、刺激的なトランプ発言にも振り回されることが予想されます。そのため、2017年はボラティリティの高い相場展開を想定。年に数回の波乱に対する覚悟も必要でしょう。特に日本株は他国リスクに弱いため、米国の [全文を読む]

電機、凋落…東芝は債務超過の兆候、三菱重工は「何もうまくいかず」巨額損失地獄

Business Journal / 2017年01月31日06時00分

債務超過→東証2部指定替え→日経平均採用除外→株価崩落という負のスパイラルが予想されるわけだ。 そこで債務超過を避けるために東芝は、唯一残った稼ぎ頭の半導体事業をスピンアウトする。分社した新会社の株式を、国内外の企業や欧米の投資ファンドに2000億円程度で売却し、加えて東芝が出資している国内のグループ企業の売却によって赤字幅を縮小することを狙っている。 [全文を読む]

三菱重工、アストモスエネルギー向けに大型LPG運搬船を建造

JCN Newswire / 2014年09月29日18時22分

米国のシェール革命により、極東を含めた世界市場で北米産LPGの需要増大が予想され、輸送距離の伸長や拡幅された新パナマ運河を使った輸送量の拡大が不可欠となっています。また、船舶運航についても世界的に環境規制が強化されつつあります。本船は、こうした状況を受けてアストモスエネルギーが進める最新鋭のLPG輸送船団整備計画に対応するものです。当社は、LPG運搬船需要 [全文を読む]

復活する日本株!ここで狙うべき主力株 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】

ITライフハック / 2014年06月18日09時00分

新興国経済の成長率鈍化懸念から、2015年3月期も減益を予想するが、北米などでは旺盛な需要が見込まれる。また新興国の問題も既に峠を越えており、今後は着実な需要増加が期待できそうだ。国内でも、2020年の東京五輪の開催をめぐる再開発需要が期待できる。コマツは、徹底した効率化で競争力の高い製品を投入する戦略だ。株価は典型的ななべ底形成から、25日移動平均線を下 [全文を読む]

日本の“世界最高”の潜水艦技術、豪へ供与か 「中国を刺激する恐れがある」海外メディア指摘

NewSphere / 2014年06月02日11時50分

とはいえ、いきなり潜水艦という武器性の高い装備品を他国に輸出することには、国内反発が予想される、とロイターは指摘している。また、機密性の高い潜水艦の技術を提供することには、自衛隊の中で慎重論もある、と同紙は報じる。日本自身が潜水艦の増強を進めているため、オーストラリアに協力できる技術者の不足も懸念される。 さらに、オーストラリアは、経済的な結びつきが強い [全文を読む]

三菱重工、独シーメンス社と製鉄機械の合弁会社を設立

JCN Newswire / 2014年05月07日17時21分

世界の鉄鋼業界では、設備過剰、原材料コストの増大、製品価格低下などの影響により、設備投資意欲が低調に推移すると予想されます。そうした状況下で、今回の合弁合意は、製品拡充と事業拠点網の整備により事業強化を目指す当社・日本側と、事業ポートフォリオ見直しのなかで製鉄機械事業の体質改善を急ぐシーメンス側、両者の狙いが一致したことにより実現したものです。当社とシーメ [全文を読む]

今年期待の銘柄 資源・エネルギー関連で商社やプラントなど

NEWSポストセブン / 2014年01月15日07時00分

中でも、大幅な値上がりが予想されるのが、比較的知名度の低い地味な企業。銘柄としては、昭和飛行機工業(7404)、東京テアトル(9633)が挙げられます」(河合氏) インフレ時は資産を持っている人はより豊かになり、高額なものは値上げしても売れる。そこで、人気のある世界的なブランドの株価も上がる傾向がある。 「そうした企業は日本にもありますが、やはり圧倒的に欧 [全文を読む]

三菱重工、アストモスエネルギーから大型LPG運搬船を受注

JCN Newswire / 2013年12月06日17時03分

米国のシェール革命により、極東を含む世界市場で北米産LPGの需要増大が予想され、輸送距離も伸びる傾向にあることから、本船は拡幅された新パナマ運河を航行できる仕様となっており、こうしたLPG輸送量・距離の増大に対応しています。当社はこうしたLPG運搬船需要の高まりに応え、船舶および主要な舶用機器を手掛ける総合力を駆使することでさらに運用効率に優れたLPG運搬 [全文を読む]

フォーカス