子会社 三菱重工業に関するニュース

宇部興産と三菱重工、両社子会社の射出成形機事業の統合について

JCN Newswire / 2016年07月29日16時39分

以下「宇部興産」)の連結子会社である宇部興産機械株式会社(社長:久次幸夫。以下「宇部興産機械」)と三菱重工業株式会社(社長:宮永俊一。以下「三菱重工業」)の連結子会社である三菱重工プラスチックテクノロジー株式会社(社長:久保田浩司。以下「三菱重工プラテック」)は、射出成形機事業に係る株式譲渡契約書を締結しましたので、下記の通りお知らせいたします。1.背景と [全文を読む]

三菱商事など3社、三菱自の資本再構築プランへの対応について

JCN Newswire / 2013年11月06日16時52分

具体的には、三菱重工業は、三菱商事及び三菱東京UFJ銀行を出資者とする匿名組合1)を、三菱重工業の子会社の特別目的会社を通じて組成し、同組合分の議決権と併せ、三菱自動車に対する議決権比率を20%以上とします。これにより、三菱重工業は、三菱自動車の次期中期経営計画期間中について、基本的に同社の持分法連結を維持し、同社の企業価値向上に向けた取り組みを従来同様に [全文を読む]

日立と三菱重工が経営統合する日

プレジデントオンライン / 2016年12月22日09時15分

売上高や純利益、子会社・関連会社数、連結従業員数、それに13年度、14年度、15年度の3期を均して年度換算した研究開発費、配当総額、納税額などを見れば、規模では日立が凌駕していることが明らかだろう。キャッシュフロー(CF)計算書の支払額で比較すると、日立の納税額は三菱重工の2倍を超える。 三菱重工が日立を上回っているのは、海外売上高比率、営業利益率(3期 [全文を読む]

中国の軍拡に対抗「日本は豪州に兵器工場作るべき」と軍学者

NEWSポストセブン / 2016年01月21日16時00分

航空機メーカーも全社合弁で豪州に子会社を創り、その子会社がF/A-18スーパーホーネットの製造権を米国から買って、豪州空軍(同機種のユーザーである)その他に販売できるようにしたらいいだろう。狭い日本国内では実施不能な新兵器の実験も、広い豪州ならば自由自在。F-35計画が崩壊したとき(たぶんそうなる)、この子会社の株は爆上がりするはずだ。わが国にとっても保険 [全文を読む]

住友重機械と三菱重工、両社の子会社の産業用クレーン事業に係る吸収分割契約書を締結

JCN Newswire / 2015年05月11日16時40分

TOKYO, May 11, 2015 - (JCN Newswire) - 住友重機械工業株式会社(代表取締役社長 別川 俊介/以下、住友重機械)の連結子会社である住友重機械搬送システム株式会社(代表取締役社長 横田 克英/以下、住友重機械搬送システム)と三菱重工業株式会社(取締役社長 宮永 俊一/以下、三菱重工業)の連結子会社である三菱重工マシナリーテ [全文を読む]

三菱重工・IHI・日本政策投資銀行、民間航空エンジン事業会社「三菱重工航空エンジン」への出資契約を締結

JCN Newswire / 2014年08月29日18時18分

新会社への出資概要増資額: 110億円(うち55億円を資本金へ組み入れ)増資前資本金: 5億円増資後資本金: 60億円増資の方法: IHIおよびDBJに対する第三者割当増資(IHI: 10億円、DBJ: 100億円)払込予定日: 2014年10月1日新会社の概要商号: 三菱重工航空エンジン株式会社発足年月日: 2014年10月1日(吸収分割契約の効力発生日 [全文を読む]

真和工業と三菱重工、三重県松阪市に民間航空機部品の表面処理・塗装を手掛ける合弁会社を設立

JCN Newswire / 2016年06月10日22時32分

真和工業は、トヨタ自動車株式会社の協力企業で自動車の内外装部品を生産する小島プレス工業株式会社(本社:愛知県豊田市、取締役社長:小島洋一郎)の100%出資子会社で、金属・樹脂部品の開発、設計、製造および物流管理を手掛けています。松阪APMの資本金は1億円で、真和工業が51%、三菱重工業が49%を出資。本社・工場を松阪クラスター内に構えます。社長には真和工業 [全文を読む]

三菱重工、(開示事項の経過)当社冷熱事業の会社分割による当社子会社への承継に関するお知らせ

JCN Newswire / 2016年02月09日16時50分

TOKYO, Feb 9, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、平成28年2月4日付「当社冷熱事業の会社分割による当社子会社への承継に関するお知らせ」にて、当社が営む冷熱事業を、当社が100%を出資する準備会社を設立後、当該準備会社に承継させる会社分割について公表いたしましたが、その際「未定」としておりました準備会社の「資本金」を [全文を読む]

三菱重工メカトロシステムズが新体制で営業を開始

JCN Newswire / 2015年09月25日15時52分

油圧・機械および加速器事業を引き継いで市場深耕に注力TOKYO, Sept 25, 2015 - (JCN Newswire) - 三菱重工業の油圧・機械および加速器事業を承継した当社100%出資子会社である三菱重工メカトロシステムズ株式会社(MHI-MS、本社:神戸市兵庫区)が10月1日、新体制で営業を開始します。新生MHI-MSは、承継した製品を一体運 [全文を読む]

三菱重工:当社工作機械事業の会社分割による連結子会社への承継に係る吸収分割契約の締結に関するお知らせ

JCN Newswire / 2015年08月03日16時12分

TOKYO, Aug 3, 2015 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、平成27年5月26日に公表いたしました、当社が営む工作機械事業を当社の100%出資子会社である三菱重工工作機械販売株式会社に承継させる会社分割につきまして、本日、吸収分割契約を締結することを決定いたしましたので、別添のとおりお知らせいたします。なお、本件分割は、100 [全文を読む]

苦境の造船業界、再編最終章〜「14年問題」を乗り越え“造船ニッポン”復活なるか

Business Journal / 2013年08月26日07時00分

三井造船の子会社、三井海洋開発(三井造船が50.1%出資)は、IHIグループよりブラジルでの海洋資源開発で先行している。IHIグループと三井海洋開発が組めば、大型プロジェクトの受注に弾みがつくとみられている。 つまり、三井造船は造船・船舶部門を分社化してJMUに合流させる。三井造船の子会社、三井海洋開発はIHIと新たな海洋開発会社をつくるという案が有力なの [全文を読む]

宇部興産・三菱重工など、両社子会社の射出成形機事業統合を完了

JCN Newswire / 2017年01月05日15時40分

TOKYO, Jan 5, 2017 - (JCN Newswire) - 宇部興産株式会社(社長:山本謙)の連結子会社である宇部興産機械株式会社(社長:久次幸夫。以下「宇部興産機械」)と三菱重工業株式会社(社長:宮永俊一)の連結子会社である三菱重工プラスチックテクノロジー株式会社(社長:久保田浩司)は、射出成形機事業の統合につき、2016年7月29日に株 [全文を読む]

三菱重工業の改革を支える「丁寧なリーダーシップ」

Forbes JAPAN / 2016年11月04日08時30分

変革に反対する社員や戸惑う社員にも「本体や関連会社、子会社とか言うのをやめよう。すべて同格の三菱重工グループだ」と丁寧に説明した。独シーメンスが相手でも変わらない。─宮永改革の成果は出た。今後は。2015年度の決算は売上高が約4兆円、売上総利益(粗利)が8,622億円。06年度と比較すると、売上高1.3倍に対し、売上総利益は倍以上になった。収益的に厳しい製 [全文を読む]

三菱重工、当社射出成形機関連事業の会社分割による当社子会社への承継に関するお知らせ

JCN Newswire / 2016年08月23日16時25分

TOKYO, Aug 23, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、当社が営む射出成形機関連事業について、当社の子会社で射出成形機事業を営む三菱重工プラスチックテクノロジー株式会社に承継させる会社分割を行う方針を、本日、決定いたしましたので、別添のとおりお知らせいたします。別添:(PDF/144KB)PDF http://www.m [全文を読む]

三菱重工、当社航空機用エンジン事業の会社分割による当社子会社への承継に関するお知らせ

JCN Newswire / 2016年08月05日15時16分

TOKYO, Aug 5, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、当社が営む防衛航空機用エンジン事業について、当社の子会社で民間航空機用エンジン事業を営む三菱重工航空エンジン株式会社に承継させる会社分割を行う方針を、本日、決定いたしましたので、別添のとおりお知らせいたします。別添: (PDF/98KB)PDF http://www. [全文を読む]

三菱重工子会社、ORCシステム初号機がマースクライン船で運転開始

JCN Newswire / 2016年04月13日15時37分

担当窓口: 三菱重工舶用機械エンジン株式会社Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.Copyright 2016 JCN Newswire. All rights reserved. [全文を読む]

MRJは2強に対抗できるか? 市場で27%のシェア獲得との予測も

まぐまぐニュース! / 2015年11月16日04時00分

北米での需要が高い MRJは、三菱重工業の子会社の三菱航空機が開発するリージョナルジェットだ。リージョナルジェットは、国内の都市間など、リージョン(地域)内の短距離輸送用途が想定されるもの。製造は三菱重工業が担当。座席数78席のMRJ70と、92席のMRJ90の2タイプがあり、全長はそれぞれ33.4mと35.8m。ブルームバーグは、座席数が100席以下で、 [全文を読む]

MRJは2強に対抗できるか? 需要の増す市場で27%のシェアを獲得すると英企業が予測

NewSphere / 2015年11月12日11時48分

北米での需要が高い MRJは、三菱重工業の子会社の三菱航空機が開発するリージョナルジェットだ。リージョナルジェットは、国内の都市間など、リージョン(地域)内の短距離輸送用途が想定されるもの。製造は三菱重工業が担当。座席数78席のMRJ70と、92席のMRJ90の2タイプがあり、全長はそれぞれ33.4mと35.8m。ブルームバーグは、座席数が100席以下で、 [全文を読む]

三菱重工:アストモスエネルギー向け大型LPG運搬船を建造

JCN Newswire / 2015年11月02日16時22分

三菱重工船舶海洋は、三菱重工の長崎地区における商船建造を承継した船舶建造事業子会社として、今回受注したLPG運搬船やLNG(液化天然ガス)運搬船に特化し、連続建造により生産性の向上をはかっていきます。本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。http://www.mhi.co.jp/news/story/1511025700.html概要:三菱重工業株 [全文を読む]

三菱重工、大型客船建造の巨額損失をバネに解体的改革始動 仏アレバは絶対に買うな!

Business Journal / 2015年10月13日06時00分

●メリハリが利いた事業取り回し 三菱重工メカトロシステムズ(MHI-MS)という子会社の動きも急だ。同じく1日に電気集じん装置、溶剤回収装置の事業を移管した。移管した相手も同日付で発足した三菱日立パワーシステムズ環境ソリューションという新会社で、なんと競合する日立製作所との共同資本会社だ。戦略的合理性があれば、従来あった競合関係にも目をつむって手を組むわけ [全文を読む]

フォーカス