人気 中村俊輔に関するニュース

メッシとネイマールがフュージョン!? 『ドラゴンボール』好きのサッカー選手が多すぎて「ドラゴンボールすげええ」と日本人歓喜!

おたぽる / 2016年09月21日13時00分

今年3月には画像を加工し、共有することができる人気アプリ「Snapchat」でスーパーサイヤ人に変身する画像を公開。しっかり「GOKU」と説明も添えられていた。 海外サッカー選手と言えば『キャプテン翼』ファンが多いことはよく知られている。大空翼がプリントされたスネあてを使用したドイツ代表エジルや、日向小次郎のスネあてを使っていた元ドイツ代表ポドルスキ、さら [全文を読む]

本田圭佑の暴言に、中村俊輔がブチ切れ? 6年前の争いを清水ブログ暴露&炎上の真相

Business Journal / 2015年09月12日06時00分

人気サッカー選手で伊ACミラン所属の本田圭佑。その人気を武器に2012年には現役選手ながらサッカースクールを開校し、15年には自身のマネジメント事務所HONDA ESTILOがオーストリア3部リーグのSVホルンの経営に参入するなど、活躍はピッチ外にも及ぶ。 そんな本田が先日、遡ること6年前に起きた事件について語った。それは、日本代表チームのアウェイ遠征、対 [全文を読む]

サッカー代表アギーレジャパン、試合も視聴率も“惨敗”スタートで早くも深刻な事態に!?

日刊サイゾー / 2014年09月10日19時00分

試合を中継したのはフジテレビだったが、視聴率は従来の代表人気からは考えられない13.6%(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。 「やはりW杯での惨敗が響いたのでしょう。“史上最強”の触れ込みだったザックジャパンは、コアなサッカーファン以外の“にわか”による人気も手伝って、代表戦の中継も視聴率が高かったのですが、W杯のあの体たらくではファンも逃げち [全文を読む]

Jリーガーたちの過酷な実情 年俸下限なしで月給10万円以下も、平均引退年齢25歳…

Business Journal / 2014年04月29日01時00分

1993年発足時のブーム以降、人気低迷が続いたJリーグ。2007年から08年にかけて、アジアチャンピオンズリーグを浦和レッズとガンバ大阪が制覇したことで、人気復調の兆しが見えたが、その後が続かず。近年では、テレビ地上波でのJリーグ試合中継が減り、テレビに取り上げられたかと思えば、元Jリーガーの不祥事だったりする。華やかなイメージとは程遠くなってしまったが [全文を読む]

「Windows 8 (TM) Metro スタイル アプリ 開発週間 2012春」始まります! 【Microsoft x Techwave】 @maskin #wddjp

TECH WAVE / 2012年04月24日09時30分

機能名Windows 8Windows 8 ProWindows RTWindows 7 Starter, Home Basic, Home Premium からのアップグレード○○ Windows 7 Professional, Ultimate からのアップグレード 1 2 Facebook Twitterdocument.getElementById [全文を読む]

【プレイバック2016】俺の車は一体どれなんだ?! 駐車場に止めてある車は全部同じ色《2016年9月》

超ワールドサッカー / 2016年12月31日20時00分

今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介。この機会に、2016年を振り返ってみてください! 2016年9月 10位 【質疑応答】言い訳にしか聞こえないとの批判にハリルホジッチ「フットボールの知識を身につけてほしい」《ロシアW杯アジア最終予選》(9/29 [全文を読む]

女性蔑視や何様発言...極論を言わざるを得ない「サンデーモーニング」の空気と、張本勲の問題発言

tocana / 2015年12月03日08時00分

常時10%以上の視聴率を獲得しており、定年退職後、時間を持てあました高年齢層に人気が高い。今年5月には「放送人の会」が該当年度に放送された番組の中から優れた番組を選出する「放送人グランプリ」に選ばれた。その贈賞式では関口が、「番組が始まった時から、中庸の精神で真ん中のつもりでやってきましたが、いつの間にか、左の方にいた番組がなくなって、一番左みたいになって [全文を読む]

プロ野球「日本シリーズ」の視聴率低すぎ! さらに“ヤバい”サッカー中継も含め「2大巨頭」終焉か

日刊サイゾー / 2015年10月28日17時00分

野球人気低迷でよくいわれるのが「サッカーに人気を奪われた」というものだが、その考えにも疑問が残る。サッカーの現状は、野球以上に深刻な気がしてならない。 「日本のトップリーグであるJ1、J2の試合を中継した際、2ケタの視聴率を獲得できるのは極めてまれです。これまで視聴率20%超えが当たり前だった日本代表のW杯予選も、最近は15%台まで落ち込んでいます。Jリ [全文を読む]

逆に体がカタくなる!? ほんとはヤバいストレッチに要注意!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月07日12時50分

健康ブームのなか、その手軽さから高い人気を集めているストレッチ。自分の身体だけ使ってオーソドックスなストレッチに加え、最近は「カーヴィーダンス」で有名な樫木裕実や、女優の井川遥などが絶賛する「ウェーブストレッチ」、元日本代表の中村俊輔が行っていたという「ストレッチポール」など、道具を使った新しいストレッチ法がどんどん生み出されている。ストレッチを専門にした [全文を読む]

岡田武史監督が中国でカリスマ的人気「人間性素晴らしいヨ」

NEWSポストセブン / 2012年04月18日16時00分

クールな風貌とあいまって日本での人気は正直微妙だったが、海の向こうでの滑り出しは上々のようである。 スーパーリーグ(日本のJ1に相当)関係者が語る。 「中国のリーグはスカウティングから選手起用まで“コネ”が大きく作用する文化がいまだに根強くあり、それが八百長騒動と結びついてもいた。岡田監督は就任早々、トップチームにいたオーナーの親戚を含む8選手のクビを切っ [全文を読む]

日本代表に欠けているものとは?釜本邦茂氏著書『それでも俺にパスを出せ』が発売中

ゲキサカ / 2017年03月02日12時50分

日本経済新聞の人気コラム「私の履歴書」に大幅加筆し、書籍化が実現した。 国際Aマッチ76試合出場で75得点。23年間の現役生活で積み上げた得点数は548得点(694試合)。引退から30余年、いまだに釜本氏を超えるストライカーは出現していない。本書では歴代最高の日本人ストライカーである著者が、数々のゴールの記憶とともに自らのサッカー人生と信念を語る。得点王に [全文を読む]

新鮮味がまるでない大みそか『紅白』の裏番組 今年も日テレ『ガキ使』の圧勝が確実!?

日刊サイゾー / 2016年12月30日11時00分

ただ、昨年の視聴率は、第1部(午後7時15分~8時55分)が34.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部(午後9時~11時45分)が39.2%で、1989年に2部制となって以降、史上最低となり、人気下降の傾向が垣間見える。 今年は和田アキ子、藤あや子、伍代夏子、細川たかしらのベテラン勢が落選し、宇多田ヒカル、欅坂46、KinKi Kidsらが [全文を読む]

アモーレ長友じゃないの?リオ五輪サッカー代表の地味なOAにテレビ局が悲鳴

アサ芸プラス / 2016年06月28日05時59分

せめてOAで人気選手が入ってくれればとテレビ局が願うのも理解できる。「地味でもメダルに絡むことができれば盛り上がると思うのですが、今大会の代表は五輪予選突破が危ぶまれたチームですから果たしてどうか‥‥。予選リーグ初戦のナイジェリア戦で負けようものなら、国民の興味が他の競技に行ってしまうかもしれません」(サッカーライター) 予選リーグの3試合をどの局が放送す [全文を読む]

清武弘嗣がセビージャで背番号10なのはユニフォームが売れるから? 一体誰が買っているのか?

日刊サイゾー / 2016年06月27日21時00分

香川真司も本田圭佑も、ドルトムントとミランという人気クラブでそれぞれ一番の売り上げを上げています。香川に至っては世界でもトップ10に入ってますから本当にすごいですよね。清武のユニフォームも相当売れると思います」(スポーツライター) いくら日本人が買うからといって、それだけで香川が世界トップ10に入るのはどうも釈然としない。一体なぜそんなに売れるのだろうか? [全文を読む]

「アジアの選手の手本」「サッカー界を変えた」中国メディアが中田英寿氏を絶賛=中国ネット「サッカーの実力も人間性も素晴らしい」

Record China / 2016年03月19日01時50分

中田氏は欧州リーグでアジアの選手がまだ少なかった当時、イタリアで大きなインパクトを残したことで中国でも人気が高い。この記事にも、「確かに当時すごかったな」「これまでのところアジア最高の選手」「中村俊輔と共に、最も印象深い日本の選手」「あの(アルゼンチン戦の)パスは文句のつけようがなかったな」「中田英寿はアジアで一番好きな選手だった」「Nakataは絶対的 [全文を読む]

浦和レッズひと筋で引退! 鈴木啓太が「水を運び続けた16年」を語る

週プレNEWS / 2016年01月13日06時00分

Jリーグ屈指の人気と実力を誇る浦和レッズひと筋16年、オシム監督時代の日本代表では「水を運ぶ選手(汗かき役)」として高い評価を受けた鈴木啓太(34歳)が、2015年シーズン限りで現役を引退。不整脈という病を抱えながら、最後まで貫いた〝浦和愛〟。その深層に迫る! ●「負けたときの重圧はハンパじゃない(苦笑)」 2000年の夏のことだった。鈴木啓太との初対面 [全文を読む]

ヒデとシュンスケの秘話が明らかに!「キリトルTV」第4弾!!

Smartザテレビジョン / 2014年11月29日15時27分

スポーツ選手の試合中の会話を読唇術で読み解く人気企画では、元サッカー日本代表・中田英寿と中村俊輔に注目。今回、'99年のシドニー五輪アジア地区最終予選のワンシーンを取り上げる。引き分けでも五輪出場が決定する大一番で、絶好のフリーキックの機会を得た中村に、中田が笑いながら話し掛ける。それに対して苦笑いしながら首を振る中村。このとき、2人の間にどんな会話が交 [全文を読む]

コロンビア戦で無口になった松木安太郎氏 国民の心情代弁か

NEWSポストセブン / 2014年06月25日16時00分

ここに、松木さんの人気の秘密が隠されているのではないでしょうか。つまり、松木さんは日本人の心情そのものなんです。エリア内で倒されれば、すぐに『PK! PK! PK!』とアピールし、日本の選手が危険なプレーに見舞われれば『おい! おい! おい!』と叫ぶ。相手にPKを取られた後は、『止めろよ、川島(永嗣)!』と声援を送っていました。視聴者としては『よく言って [全文を読む]

フォーカス