鹿島アントラーズ 中村俊輔に関するニュース

超WS編集部選定! J1・1stステージのベスト11はこれだ!

超ワールドサッカー / 2016年07月01日21時00分

▽明治安田生命J1リーグ・1stステージは6月25日、鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じた。鹿島のリーグタイトル獲得は実に7シーズンぶり。ライバルが調子を落とす中、かつての常勝・鹿島の復活を彷彿とさせるような堅実な戦いで、失速することなく順調に勝ち点を拾い続けた。▽そこで、超WS編集部が2ndステージ開幕を前に1stステージのベストイレブンを選出。ステージ優 [全文を読む]

磐田MF中村俊輔が鹿島戦で決めた弾丸ミドルが4月度のベストゴールを受賞《月間ベストゴール》

超ワールドサッカー / 2017年05月12日15時32分

▽Jリーグは12日、4月22日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズvsジュビロ磐田において、磐田のMF中村俊輔が21分に決めたゴールを4月度の月間ベストゴールに選出した。中村は6度目の受賞となる。 ▽中村は21分、自身が上げた浮き球パスのクリアボールにすかさず反応。バイタルエリア手前から左足を振り抜き、鋭い弾道のシュートをゴール右上隅に [全文を読む]

−選手の全力プレーが、プレゼントに。− 新しいサッカーチャリティの形『after the match, project』を実施

PR TIMES / 2013年06月14日10時08分

今回のスペシャルマッチでは、中村俊輔選手(横浜F・マリノス)、槙野智章選手(浦和レッズ)、柏木陽介選手(浦和レッズ)、柴崎岳選手(鹿島アントラーズ)らがこのプロジェクトに賛同して参加を予定しています。また、中村俊輔選手は「より多くの子供たちにボールをプレゼントできるよう、いつも以上に全力でプレーしたいと思います」とコメントし、槙野智章選手は、「全力でピッ [全文を読む]

J1開幕カードが発表! 昨季王者の鹿島はホームでFC東京と対戦!《J1》

超ワールドサッカー / 2017年01月12日17時00分

2016シーズン王者の鹿島アントラーズは、ホームにFC東京(昨季9位)を迎える。 ▽昨シーズン年間勝ち点1位の浦和レッズは、MF中村俊輔やGK榎本哲也などベテラン選手の流出が続いた横浜F・マリノス(昨季10位)とアウェイで対戦。年間勝ち点2位の川崎フロンターレは、昨シーズン年間5位と躍進した大宮アルディージャとアウェイで対戦。MF家長昭博はいきなりの古巣対 [全文を読む]

川崎FのMF中村憲剛が最優秀選手賞を初受賞! 各賞受賞者一覧《2016 Jリーグアウォーズ》

超ワールドサッカー / 2016年12月20日19時53分

【2016 リーグ各賞受賞者】 ◆最優秀選手賞 MF中村憲剛(川崎F/初) ◆ベストイレブン ※カッコ内は受賞数 GK 西川 周作(浦和レッズ/5) DF 昌子 源(鹿島アントラーズ/初) 槙野 智章(浦和レッズ/3) 森重 真人(FC東京/4) 塩谷 司(サンフレッチェ広島/3) MF 阿部 勇樹(浦和レッズ/4) 柏木 陽介(浦和レッズ/初) 中村 [全文を読む]

まさに“一閃”!中村俊輔が左足ミドルを突き刺して満面の笑み(4枚)

ゲキサカ / 2017年04月23日11時01分

[4.22 J1第8節 鹿島0-3磐田 カシマ] J1リーグは22日、各地で第8節を行い、ジュビロ磐田はアウェーで鹿島アントラーズに3-0で快勝した。 ★日程や順位表、得点ランキングをチェック!! ●2017シーズンJリーグ特集ページ ●[J1]第8節2日目 スコア速報 [全文を読む]

磐田、今季初の連勝…中村俊輔の弾丸ミドル含む3発で鹿島を一蹴《J1》

超ワールドサッカー / 2017年04月22日17時02分

▽22日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズvsジュビロ磐田は、アウェイの磐田が3-0で勝利した。 ▽5勝2敗で3位の鹿島と、3勝1分け3敗で10位の磐田が激突した。今シーズン2度目の連勝街道を狙う鹿島は、高卒ルーキーの安部をJリーグ初先発起用。一方、今シーズン初の連勝を目指す磐田は、[3-4-2-1]のシ [全文を読む]

DAZN週間ベストプレイヤーが発表! 第5節は2名ずつ選出の鹿島、川崎F、C大阪が最多

超ワールドサッカー / 2017年04月03日21時29分

GK 中村航輔(柏レイソル) DF 松田陸(セレッソ大阪) 昌子源(鹿島アントラーズ) 木本恭生(セレッソ大阪) 車屋紳太郎(川崎フロンターレ) MF 柏木陽介(浦和レッズ) 井手口陽介(ガンバ大阪) 中村俊輔(ジュビロ磐田) 土居聖真(鹿島アントラーズ) FW 小林悠(川崎フロンターレ) ピーター・ウタカ(FC東京) [全文を読む]

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第5節】静岡ダービー快勝の磐田や今季初連勝の甲府から最多選出

超ワールドサッカー / 2017年04月03日12時00分

4年ぶりの静岡ダービーで渋いプレーが光った DF昌子源(鹿島アントラーズ/2度目) ▽FWムルジャを封殺するなど、局面の勝負においてほぼ負けなし。先読みした対応でディフェンスリーダーぶりを発揮した DFエデル・リマ(ヴァンフォーレ甲府/初) ▽チームを連勝に導く移籍後初ゴールをゲット。攻守に躍動感溢れるセンターバックとして躍動した MF井手口陽介(ガンバ大 [全文を読む]

中村俊輔が3ゴールを演出! 磐田が4年ぶりの“静岡ダービー”に完勝! 清水は鄭大世のゴラッソで一矢報いる《J1》

超ワールドサッカー / 2017年04月01日17時18分

一方、同じく公式戦連敗中の清水は、前節鹿島アントラーズ戦で不適切行為を働いて出場自粛の角田に代わって二見が起用された以外、同じメンバーが揃った。 ▽試合前から降り続いた雨をモノともせず、4万人を超える観客を集めた4年ぶりのダービーは、早い時間帯に動く。開始6分、ホームの磐田が相手陣内右サイドでFKを得ると、中村俊がゴール前に入れた浮き球のボールをDFに競り [全文を読む]

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第3節】FC東京を止めたG大阪から最多3選手

超ワールドサッカー / 2017年03月13日13時45分

ポテンシャルの高さを改めて証明した DF昌子源(鹿島アントラーズ/初選出) ▽局面で抜群の安定感。勢いに乗る横浜FMの攻撃に対してもディフェンスリーダーぶりが光った DF松原后(清水エスパルス/初選出) ▽前半から積極的な攻撃参加を披露。終盤に試合の行方を決定付けた一発は自身にとって嬉しいプロ初ゴール MF中村俊輔(ジュビロ磐田/初選出) ▽ゲームメーカー [全文を読む]

【2017 J1順位予想③】川崎Fの初タイトル、C大阪のジンクス破りを予想

超ワールドサッカー / 2017年02月24日23時50分

Getty Images1位 川崎フロンターレ 2位 浦和レッズ 3位 鹿島アントラーズ 4位 サンフレッチェ広島▽まず、優勝候補に挙げたのが上記の4チーム。中でも、優勝候補筆頭に挙げたのは、川崎フロンターレだ。主力の放出はFW大久保嘉人のみに抑え、大宮アルディージャの躍進を支えたMF家長昭博や3冠経験者MF阿部浩之ら各チームのレギュラーを獲得。川崎Fに [全文を読む]

こんな中村俊輔は見たことない!? 意外な芸を初披露

Smartザテレビジョン / 2017年02月12日04時40分

その他にも、金崎夢生選手(鹿島アントラーズ)が石井正忠監督の誕生日会で一言など、見どころが満載だ。 「デジっち…」の季節を待ってました!とばかりに、ある芸達者が練りに練った独自のスタイルで次々とチームメートを激撮。突き抜けたキャラクターと押しの強さに、思わず笑ってしまうチームメートたち。 果たして、これらの芸人顔負けのパフォ―マンスに、やべっち(矢部浩之 [全文を読む]

MVPは中村憲剛が初受賞!!Jリーグアウォーズでベスト11など各賞を表彰

ゲキサカ / 2016年12月20日23時03分

7年ぶり8度目のリーグ制覇を成し遂げた鹿島アントラーズからはDF昌子源が初のベストイレブン入り。リーグ王者からベストイレブン入りが一人のみとなるのは99年の磐田、07年の鹿島に続いて3度目となった。クラブ別では年間勝ち点1位ながらチャンピオンシップ決勝で鹿島に敗れた浦和レッズからGK西川周作、DF槙野智章、MF阿部勇樹、MF柏木陽介の最多4人が選ばれた。 [全文を読む]

リオ五輪で意外な展開も…セカンドステージは横浜FMと鳥栖に好機!

週プレNEWS / 2016年07月30日06時00分

ファーストステージは鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じ、7月からセカンドステージがスタートした。 とはいえ、このセカンドステージをどう捉え、どこに注目するかはなかなか難しい。 かつて2004年以前に採用されていた2ステージ制は、わかりやすかった。それぞれのステージで優勝したクラブ同士がチャンピオンシップで年間優勝を争う、シンプルなやり方だったからだ。 ところ [全文を読む]

俊輔や中澤らが鹿島合同引退試合に参加へ

ゲキサカ / 2015年06月25日15時27分

鹿島アントラーズは25日、来月5日に開催予定の「ENCORE(アンコール)-中田浩二 柳沢敦 新井場徹 合同引退試合-」に参加するメンバーの追加を発表した。 当日は鹿島アントラーズOBを主体とした「ANTLERS LEGENDS」と、3名のサッカー界の仲間たちを中心とした「KAY FRIENDS」が対戦。「KAY FRIENDS」のメンバーにGK楢崎正剛( [全文を読む]

オヤジ頑張る! Jリーグでアラフォーのレジェンドたちが見せる輝き

週プレNEWS / 2017年05月13日10時00分

さらに圧巻だったのは、第8節の王者・鹿島アントラーズ戦のスーパーゴールだ。相手クリアからのルーズボールを約20メートルの距離から得意の左足で放った弾丸ミドルシュートは、早くも今シーズンのベストゴール候補とも言われるほどのビューティフルゴール。来月24日で39歳になるとは、とても思えない鋭い一発だった。 ここまでの俊輔はこれらのゴール以外にも随所にベテラン [全文を読む]

【編集部コラム】G大阪の絶対的司令塔・遠藤保仁に迫り来る世代交代

超ワールドサッカー / 2017年05月01日20時00分

他チームでは、MF中村俊輔(ジュビロ磐田/38歳)や、DF中澤佑二(横浜FM/39歳)、MF小笠原満男(鹿島アントラーズ/38歳)ら遠藤より年上の選手も若手の突き上げに遭いながら、日々の激しい定位置争いに身を置いている。「脱・遠藤」を推し進めるチームの中で、どのようなリアクションを見せるのか。かつて本人が語ったように、世代交代の波に逆らう姿に期待したい。 [全文を読む]

中村俊欠いた磐田、2点ビハインドから上田の直接FK弾などで札幌にドロー《J1》

超ワールドサッカー / 2017年04月30日17時36分

前節の鹿島アントラーズ戦を3-0と快勝した磐田は、リーグ戦2連勝中。そして、4日前に行われたルヴァンカップのFC東京戦を3-1と勝利して公式戦3連勝中と好調な中、そのFC東京戦のスタメンから7選手を変更。FC東京戦でプロ初ゴールを含むハットトリックを決めた小川航基はベンチスタートとなり、腰痛の中村俊輔、太ももを痛めた森下が欠場となった。 ▽一方、前節の浦和 [全文を読む]

鹿島vs磐田 試合記録

ゲキサカ / 2017年04月24日12時59分

【J1第8節】(カシマ) 鹿島 0-3(前半0-2)磐田 [磐]川又堅碁(15分)、中村俊輔(21分)、川辺駿(79分) [鹿]金崎夢生(29分)、植田直通(56分) [磐]川又堅碁(82分) 観衆:18,276人 主審:佐藤隆治 副審:山内宏志、清水崇之 └磐田が鹿島を3発粉砕、今季初の連勝 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF 22 [全文を読む]

フォーカス