長谷部誠 中村俊輔に関するニュース

今こそハリルジャパンに必要な新戦力…絶対に招集すべき3人とは?

週プレNEWS / 2017年03月15日06時00分

ヨーロッパ組で好調なのは長谷部誠(フランクフルト)、大迫勇也(ケルン)、酒井宏樹(マルセイユ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、吉田麻也(サウサンプトン)あたりに絞られ、期待の宇佐美貴史(アウクスブルク)や武藤嘉紀(マインツ)も元気がなく、招集さえも微妙な状況だ。 となれば、期待したくなるのが国内組。すでにJリーグは2月25日に新シーズンの幕を開け、各チー [全文を読む]

日本を代表するサッカー選手「香川真司」がママメディアに初登場!『あこがれのあの人に会ってきました - ママから子供へ伝えたい夢の叶え方』連載企画を開始

PR TIMES / 2016年03月07日12時06分

ママスタジアム、及びsaitaPULSでは、中村俊輔選手や長谷部誠選手をはじめとした数多くのプロスポーツ選手のマネジメント経験を持つ「しげる」さんとの対談の模様を配信しています。 [全文を読む]

日本を代表するサッカー選手「香川真司」がママメディアに初登場!『あこがれのあの人に会ってきました - ママから子供へ伝えたい夢の叶え方』連載企画を開始

DreamNews / 2016年03月07日11時00分

ママスタジアム、及びsaitaPULSでは、中村俊輔選手や長谷部誠選手をはじめとした数多くのプロスポーツ選手のマネジメント経験を持つ「しげる」さんとの対談の模様を配信しています。■掲載誌、webメディアの紹介saita(サイタ)2015年に創刊20周年を迎えたママ向けライフスタイル情報誌。「ママの元気が明日を変える。」をテーマとして、ママがママである事を心 [全文を読む]

長谷部がブンデス通算200試合出場達成! 欧州主要1部では日本人4人目

ゲキサカ / 2016年01月31日15時02分

フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が30日のブンデスリーガ第19節アウクスブルク戦に右サイドバックでフル出場し、ブンデスで通算200試合出場を達成した。クラブ公式ツイッターが伝えた。 欧州主要1部リーグでの日本人歴代最多記録は1977年から1986年にかけてケルンやヘルタ・ベルリン、ブレーメンで活躍した奥寺康彦氏の234試合。その他、セルティックなどでプ [全文を読む]

キャプテンマークの重責?PK失敗の岡崎「チームが勝って救われた」

ゲキサカ / 2015年11月18日04時42分

この日はMF長谷部誠がベンチスタートだったこともあり、岡崎の左腕にキャプテンマークが巻かれていた。12年5月23日のアゼルバイジャン戦で後半29分から本田に代わってキャプテンマークを巻いたことはあったが、ゲームキャプテンとして試合に臨み、試合前のコイントスなどに参加したのは初めてだった。 「初めてだったので緊張した。チームの中で自分が一番、代表の試合に出 [全文を読む]

JFAオフィシャルライセンスソーシャルゲーム『サッカー日本代表2018ヒーローズ』に日本代表を経験したスタープレイヤー11名が新たに登場!

PR TIMES / 2015年10月29日16時43分

[画像2: http://prtimes.jp/i/1924/198/resize/d1924-198-430666-1.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/1924/198/resize/d1924-198-263103-2.jpg ] ■今回初登場する日本代表経験選手【GK】楢崎正剛【DF】井原正巳、中澤佑二、田中マルクス闘莉 [全文を読む]

アギーレジャパン本格始動の裏で、日本サッカー協会が抱える懸念材料「トルシエ並みに気性が荒くて……」

日刊サイゾー / 2014年08月29日15時00分

私はそこを見ている」(アギーレ監督) これこそ、MF長谷部誠が選ばれて、MF遠藤保仁が選ばれなかった理由であり、さらにいえば、MF中村俊輔が日本代表に復帰する可能性は限りなくゼロになった。アギーレ監督の過去の実績から見ても、「ボールを持ってから何をするか」ではなく、「ボールをどのように奪うか」に重きを置いている。ブラジル大会では守備が崩壊したが、アギーレ監 [全文を読む]

ブラジルW杯の日本状況 ジーコ監督時のドイツ大会と重なる

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

主将・長谷部誠はコロンビア戦の後、「力不足。それ以上でも、それ以下でもない」と潔く言い切った。結果的に1勝もできなかったブラジルでの戦いだが、収穫がなかったわけではない。むしろ今後の日本代表の課題がハッキリわかったといっていい。 結論からいおう。敗因は本田圭佑という「王様」の存在だった。本田が戦犯だといっているわけではない。彼はコートジボワール戦でのゴール [全文を読む]

本田圭佑 W杯間近も“大不調”の理由とは?(4)不安要素は本田だけではない

アサ芸プラス / 2014年06月19日09時57分

「右膝に故障を抱えるキャプテンの長谷部誠(30)、酒井高徳(23)は初戦のコートジボワール戦に間に合わないと見られています。さらに内田、吉田も試合には出場しているものの故障明けで、長友佑都(27)は先日のキプロス戦で右ふくらはぎを打撲、好調をキープしていた岡崎までがコスタリカ戦後に発熱している。レギュラーを担ってきた今野泰幸(31)にしても、所属するJ1 [全文を読む]

サッカーW杯日本代表のキーマンをチェック

アサ芸プラス / 2014年01月14日09時57分

あの時は、阿部勇樹をアンカーに起用し、長谷部誠と遠藤保仁のスリーボランチでした。今回も時間帯によっては、長谷部、山口蛍、細貝萌の守備的な布陣で臨むケースもあると思います」 では、予選突破のキーマンとなると誰になるのか。 「やはり(香川)真司だね。所属先のマンUで出場機会が減っている彼の調子が上がれば、チームもグッとよくなる。彼の出来がチームに与える影響は大 [全文を読む]

フォーカス