市内 新潟県に関するニュース

トップ選手が移籍!フィギュアスケート熱が高まる新潟県

Walkerplus / 2015年05月28日07時00分

しかし12年前、シーズン営業のリンク、新潟アイスリンクが閉鎖され、新潟市内からスケートリンクがなくなってしまった。「何とかしなければならないと、新潟県スケート連盟だけでなく、新潟県アイスホッケー連盟とも協力して運動を開始。『新潟市にスケートリンクを作る会』を立ち上げて署名活動を進めました」。2年間で14万5千人の署名を集め、市議会に提出。全会一致で受理され [全文を読む]

移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか

まぐまぐニュース! / 2017年09月13日10時30分

(詳細はこちらから) こちらは新潟市内の中で他の区へ移住を考える人向けのものですが、こういった親子で体験できる移住体験も参加しやすいですね。 新潟県に移住希望者が多いワケ その3:限界集落から脱却した十日町 新潟の中でも定住につながった成功例のある小さな市があります。それが十日町市。各メディアでも取り上げられる市なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか [全文を読む]

新潟県を旅した人が選んだ「旅めしランキング」 1位は断トツの・・・

IGNITE / 2015年06月28日21時07分

第4位:タレかつ丼 69票 4位にランクインしたのは、新潟市内を中心に広く食べられている「タレかつ丼」。 一般的なカツ丼との1番の違いは、カツを卵でとじないこと。薄めのトンカツを甘辛いしょうゆダレにくぐらせてごはんに乗せるだけのシンプルなどんぶりは、肉のうま味とごはんの甘みがダイレクトに味わえる。美味しい米の産地として知られる新潟県だからこそ生まれた一品 [全文を読む]

国内移住するならどこがいい?助成金のある移住者に優しい自治体【中部編】

TABIZINE / 2017年10月03日16時00分

・新潟県妙高市・・・市外から転入し、新築・中古住宅を購入(最大200万円) ・石川県かほく市・・・市外から転入し、新築を購入(最大80万円)+市内業者の活用、県外からの転入、新婚者、三世代同居など各種の条件を満たすと、最大120万円の加算あり ※中古住宅の場合は、全条件を満たすと最大150万円の補助 ・石川県能登町・・・5年以上の定住を前提として、新築を [全文を読む]

【新潟】真っ赤な焼きそば知ってる?赤・白・黒のご当地焼きそば

TABIZINE / 2016年08月24日10時00分

市内にある「月徳飯店」などが糸魚川ブラック焼きそばを食べられるお店として有名です。北陸方面を旅する際には、ぜひとも立ち寄ってみてくださいね。 ■関連記事 新潟最大のパワースポット!弥彦神社と弥彦山で、心身をリセットする旅 http://tabizine.jp/2016/04/10/65594/ 謙信公義の塩 ホワイト焼きそば (C) facebook/妙 [全文を読む]

新潟県柏崎市は「女子セット」、ふるさと納税“返礼品”人気の秘密

WEB女性自身 / 2017年07月12日16時00分

「自分の商品を返礼品として扱ってほしいという事業者はたくさんいますが、私どもでは本社が市内にあり、通販の実績があるなど厳しい要件があります。電化製品を作っている工場があっても天童市に本社がなければ、家電を返礼品にはしません。また天童市らしくない返礼品もNG。原材料、製造、販売の3つのうち2つ以上が市内で行われていることが条件です。寄付者の方に市を好きにな [全文を読む]

新潟市が若者向けパンフ「NIIGATA LIFE」発行

政治山 / 2016年01月08日12時00分

新潟暮らしの魅力を知ってもらおうと、市内外の大学生や専門学校生ら若者と意見交換をしながら作り上げたものです。 冊子の内容は、新潟と首都圏のライフスタイルを数値化して比較しているほか、市内の魅力ある企業を紹介したり、学生おすすめのスポットを紹介したりしています。全18ページとコンパクトながら、生活していくのに必要な費用、行楽情報など実際に住もうかと考えた時の [全文を読む]

新潟アイドル戦争を制するのは!?NGT48を迎え撃つネギ娘のMVが凄い!

アサ芸プラス / 2015年07月23日09時59分

新潟市内の各所でロケを敢行した同MV。Nao☆が若者に人気の上古町商店街を散策すれば、Meguは上越新幹線の終着駅である新潟駅を闊歩、そしてKaedeは自らが特定研究員を務める新潟薬科大学のキャンパスに赴くなど、新潟県民の琴線に触れるシーンがてんこ盛りなのである。 そして3人はそれぞれ関越道、新幹線、そして空路を利用して東京に移動。ワンマンライブを開催す [全文を読む]

東京人は大阪人よりビール好き 外飲み日本一の座は川崎市民

NEWSポストセブン / 2014年05月04日16時00分

さらに市内には、キャバクラなど単価の高い飲食店を擁する歓楽街がいくつもある。 この環境が幸せなのか、決められるのは財布の持ち主だけである。 [全文を読む]

船頭とともに潟舟で「潟」の魅力を直に体験! 5/17(土)より「潟舟体験」開始!

PR TIMES / 2014年04月30日12時31分

その他にも、こども向けワークショップ「こども潟工房」、新潟市内にある潟それぞれが持つ個性を自慢する「潟自慢コンテスト」、市民参加の演劇「潟と共にある新潟」を実施致します。「こども潟工房」では、潟周辺で活動している団体の協力と共に、潟にある自然素材で和紙やランプシェードなどの工作体験ができ、「潟自慢コンテスト」では、市内に数ある潟それぞれが持つ貴重な歴史や財 [全文を読む]

<安倍政権の原発政策>進む再稼働、住民を切り捨て隠蔽した事故被害

週刊女性PRIME / 2017年10月20日22時30分

同日、同じ市内にある福島地裁で、原発事故をめぐって国と東電の責任を問う判決が出るにもかかわらず、演説の中で被害者に対して言及することなく、復興をアピールし、衆院選の争点に掲げる少子化問題や北朝鮮の脅威の話題に終始した。 4つのプレートが重なり、2000以上の活断層がある日本。狭い国土に事故当時、54基もの原発が立ち並んでいた。そこで進められてきた安倍政権の [全文を読む]

NGT48が初登場1位、イベントサプライズに「なになに!何が起きてるの!?」

dwango.jp news / 2017年04月13日12時32分

TBS系テレビ「CDTV」4・5月度オープニングテーマとしてオンエア中の『青春時計』は、新潟市内にあるNGT48劇場周辺でおよそ1,000人のエキストラと共に撮影されたMUSIC VIDEOや、これまでのAKB48グループにはあまりなかったようなラップ調で始まり、「チックタック♪」とどこか懐かしいようなフレーズがサビで繰り返されるノスタルジックな曲調が発売 [全文を読む]

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選

TABIZINE / 2017年01月25日12時00分

また横手では、市内一円に多くのミニかまくらが作られ、ろうそくを灯し、幻想的な雰囲気に・・・。2月14日(火)には雄物川町の民家苑木戸五郎兵衛村にて、かまくら撮影会も行われる予定。また2月16日(木)には「ぼんでんコンクール」、2月17日(金)には300年の歴史がある小正月行事「ぼんでん奉納」も開催され、男性が勇ましくぼんでんを担ぐ姿を見ることができます。 [全文を読む]

四街道市内ママさんバレーボールチーム「WARABI」が全国大会出場を市長へ報告!

PR TIMES / 2016年11月25日16時31分

四街道市長を表敬訪問、大会前に決意表明 平成28年12月8日(木)~11日(日)に新潟県で開催される「第6回全国ママさんバレーボール冬季大会」に出場する市内ママさんバレーボールチーム「WARABI(ワラビ)」の選手が、四街道市長を表敬訪問しました。初出場となる全国大会では、「緊張せず自分たちの力を発揮し、最終日に残れるよう頑張りたい」と四街道市長へ意気込み [全文を読む]

NGT48第1期生オーディション2次審査終了!新潟県内外から181名が参加

エンタメNEXT / 2015年07月12日07時00分

NGT48第1期⽣オーディションの2次審査が、7⽉11⽇に新潟市内で⾏われ、今村悦朗(NGT48劇場⽀支配⼈)、北原⾥英(NGT48キャプテン)、柏木由紀(AKB48兼任)の3名も審査員として参加した。 1次の書類審査を通過し本日の2次審査の面接にに参加したのは、181名(うち新潟県内の応募者は105名)。NGTキャプテンとなる北原は「一目見てひき [全文を読む]

かまぼこ900年イベント第1弾 開催報告 新潟県内の子どもたち350人がかまぼこクイズ・体操に挑戦!

@Press / 2015年05月22日10時00分

今回のイベントでは、新潟県新潟市内4か所の保育園で総勢350人の子どもたちに、全国かまぼこ連合会のオリジナルキャラクター「カマピー&チックル」と一緒に「元気モリモリかまぼこ体操」を楽しんでいただきました。また、食育の一環として「かまぼこクイズ」を行い、かまぼこが魚からできていることや、古くから食べられていることなどについて知っていただきました。さらに、「カ [全文を読む]

産経記者の取材「私ではなく、主催者判断で断った」 東京新聞・望月衣塑子記者がラジオ番組で説明

産経ニュース / 2017年10月18日12時55分

講演会は9月23日、新潟県平和運動センターが主催し、新潟市内のホテルで開かれた。開催は本紙を含め報道各社が加盟する新潟県政記者クラブに対して告知された。開演直前に会場で同センターの有田純也事務局長が「望月記者が話したいことが話せないので、産経だけは駄目だ」と本紙記者の取材を拒否した。 産経新聞の抗議に対し、有田事務局長は「望月記者との紛争当事者である産経 [全文を読む]

新潟で街宣中の石破氏ら自民党議員に、原発再稼働・テロ対策について直撃してみた

HARBOR BUSINESS Online / 2017年10月17日08時46分

10月15日、新潟市内の万代シティ前で自民党の石破茂・元防衛大臣が街頭演説を行った。新潟1区から出馬している石崎とおる前議員の応援のためだ。石破氏も石崎氏も、演説の時間はそれぞれ約10分。柏崎刈羽原発立地自治体の新潟県で、両者とも原発政策については語らなかったため、直撃取材を試みた。 ◆石破茂・元防衛大臣は「原発テロ対策は不十分」だが「再稼働は必要」との認 [全文を読む]

蓮池さん:拉致家族、絆取り戻す時間必要 解決一刻も早く

毎日新聞 / 2017年10月12日18時58分

北朝鮮による拉致被害者5人が帰国して、15日で15年になるのを前に、被害者の一人、蓮池薫さん(60)が新潟県柏崎市内で毎日新聞のインタビューに応じた。蓮池さんは「私や家族にとって、かけがえのない15年だった」と振り返った。その一方で「被害者家族の高齢化が進んでいる。秒読みとも言っていいような切迫した問題」と今も故郷の地を踏めずにいる被害者の早期帰国を訴えた [全文を読む]

スタンプラリー:柏崎のダムに全国からファン殺到 新潟

毎日新聞 / 2017年09月27日11時12分

静かな人気を集めるダムを観光資源に活用しようと、新潟県は柏崎市内8カ所のダムを巡るとダムカードがもらえるスタンプラリーを開催中だ。7月中旬から2カ月間で全国からダムファンが約1000人訪れている。複数のメディアで活躍するダムマニア、宮島咲さん(45)は「柏崎のダムは今が旬」とダム見学を勧めている。 柏崎市内には現在、後谷▽栃ケ原▽鯖石川▽川内▽谷根▽赤岩- [全文を読む]

フォーカス