空き家 山口県に関するニュース

空き家・留守宅の管理代行サービス「空き家ガーディアンズ」 山口県下関市にフランチャイズ第1号店を1月4日オープン! ~ 民間企業による毎月3,000円からの空き家管理 ~

@Press / 2016年01月04日10時00分

空き家管理で実績のある有限会社エステートプロモーション北九州(所在地:福岡県北九州市、代表取締役:北島 達夫)は、空き家管理のフランチャイズシステム「空き家ガーディアンズ」の運営をスタートさせ、2016年1月4日(月)にFC第1号店「空き家ガーディアンズ山口西店」(所在地:山口県下関市)をオープンいたしました。空き家ガーディアンズhttp://www.ak [全文を読む]

空き家ガーディアンズ、豪雨で大雨特別警報が発表された福岡県内に所在する空き家を無料で緊急点検 7/7に受付開始

@Press / 2017年07月06日18時00分

空き家管理のフランチャイズシステム「空き家ガーディアンズ」を運営する有限会社エステートプロモーション北九州(所在地:福岡県北九州市、代表取締役:北島 達夫)は2017年7月5日の福岡県内での豪雨の発生に伴い、希望者に対して福岡県内に所在する空き家の緊急点検及び状況報告を行うサービスを無料で提供いたします。(受付期間:7月7日~7月22日) 画像1: ht [全文を読む]

空き家管理代行フランチャイズの1号店がオープン

HANJO HANJO / 2016年01月05日07時00分

エステートプロモーション北九州は4日、空き家管理のフランチャイズ(FC)「空き家ガーディアンズ」の運営を開始。フランチャイズ1号店として、山口県下関市に「空き家ガーディアンズ山口西店」をオープンした。 同社では2013年から福岡県内で空き家管理サービスをスタートさせたが、そこで培ったノウハウをいかし、同FCシステムを開発。空き家管理の実務をスリム化し、基本 [全文を読む]

現金500万も!田舎移住を後押しする「移住者向け制度」10

WEB女性自身 / 2016年11月03日17時00分

【山形県・遊佐町】350万円のリフォーム済み空き家がある「空き家バンク」の物件を町が借り上げ、350万円かけてリフォーム。その物件を3万8,000〜4万円で賃貸できる。町内に住宅新築で最大100万円の工事費用支援制度も。 【石川県・かほく市】200万円のマイホーム資金がもらえる住宅を新築・中古購入した45歳未満、住宅ローンの借り入れをしている人に最大20 [全文を読む]

深刻な不動産の「2015年問題」、あなたの県の土地価格はどこまで下がる?

まぐまぐニュース! / 2015年10月25日20時00分

年率平均で0.7%、人口数では1,932万人が減少して、新たに800万戸が空き家になります。現在の空き家820万戸が2倍になるのではない。取り壊しが増えるので、空家数は1,000万戸くらいでしょうか。全国では、全住宅戸数である6,000万戸のうち、6軒に1軒、17%が空き家になります。 2040年の地価は、全国ベースでは、現在のそれぞれの価格より40%は下 [全文を読む]

中古住宅をヴィンテージ風にリノベーションする「70年代不動産」増え続ける空き家の活用も念頭に、2022年までに加盟店120店舗を目指す

@Press / 2017年03月14日14時00分

70年代不動産: http://www.70fudosan.jp/【老朽化した住宅をおしゃれにリノベーション】昨今、地方を中心として高度成長期に建築し、住み手がいなくなった空き家が問題になっています。老朽化も激しく、防犯上もよくないため、自治体でも検討案件になっています。株式会社ヤマダタッケンでは、今まで誰も候補に上げなかったこのような中古住宅に着目し、坪 [全文を読む]

種田山頭火がそっと打ち明けた2つの願いとは【漱石と明治人のことば158】

サライ.jp / 2017年06月07日06時00分

句友たちが見つけてくれたのは、道後温泉から西へ歩いて20分余り、御幸寺(みゆきじ)の境内にある小さな空き家。昭和14年(1939)師走のことだった。「おちついて死ねそうな草枯るる」山頭火はこの住まいを「一草庵」と名づけた。一草庵の山頭火は、質朴の暮らしの中にふたつの願いを持った。それが、『私の述懐一節』と題する一文の中に綴られた掲出のことば。山頭火はつづけ [全文を読む]

ちっとも甘くなかった。国民食「あんパン」誕生に隠されたヒミツ

まぐまぐニュース! / 2017年06月06日18時59分

バルコニー付きのしょうしゃなレンガ作り2階建てが並ぶ銀座の表通り、まるでそこだけヨーロッパが引っ越してきた感じだったといわれるが、意外に空き家が目立ち、景気は今ひとつだった。そしてこの通りに、新橋・日本橋間の鉄道馬車が開通するのが明治15年(1882年)。にわかに活気の出始めたこの街で、最初の日本人ベーカー木村屋のあんパンが名物になり、売れ行きも激増して [全文を読む]

農家さんを助けながら萩市の地方再生に貢献!見た目が悪いだけで売れない規格外野菜を使った萩市発の人気商品「萩野菜ピクルス」が世界へ挑戦!

PR TIMES / 2016年08月16日15時19分

お年寄りが亡くなった後、家が空き家になったり、取り壊されることが日常の中でよく見られるようになっていく萩の町。その町を見ながら「萩の町がどんどん廃れていくのではないか。そうならないためには、人口を増やすことが一番大事だ」と考えたことがきっかけで起業を志しました。その後、地方再生への強い思いを胸に上京し、写真撮影、映像制作、編集、WEB技術、デザイン、プロデ [全文を読む]

フォーカス