農業 山口県に関するニュース

【ドライブで行く】山口の人気観光スポット~本州と九州を繋ぐ要所の粋~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年12月16日09時00分

かつては森林もあったが、農業の発展によって草地に変えられたと言われていて、人の営みもしっかり刻まれているのだ。 そして、カルスト台地や鍾乳洞だけではなく、周辺には「秋吉台科学博物館」をはじめ、「秋吉台自然公園サファリランド」「秋吉台リフレッシュパーク」「秋吉台家族旅行村」と観光体験施設が数多く、家族連れにも嬉しいエリアだ。 《写真提供》おいでませ山口 山 [全文を読む]

生産への労働参画「夢都里路(ゆとりろ)くらぶ」の説明会を東京と京都で開催します。

PR TIMES / 2013年09月02日20時16分

近年都会に住む人たちの間では、これまでと違った暮らし方や価値観、余暇の過ごし方を求める人が増えており、農業の価値が見直されています。一方で、農業の生産現場では、高齢化、後継者不足などが進み、ますます厳しい状況にあります。 「夢都里路(ゆとりろ)くらぶ」では、こういった双方のニーズをつなげるため、生活クラブの提携産地で農作業を体験し、手伝い、学ぶ機会をつくる [全文を読む]

和牛ブランド「佐賀牛」 成功の背景にJAと農家の信頼関係

NEWSポストセブン / 2017年04月01日07時00分

「攻めの農業」──安倍政権が掲げる農業改革のスローガンである。日本の農業は曲がり角を迎えている。2016年の農業就業人口は200万人を切り、平均年齢は66歳を上回る。耕作放棄地は25年間で倍増し、その面積は富山県に匹敵する。 戦後ずっと続いてきた農業保護政策の破綻はもはや明らかであり、農業の在り方自体が変わらなければ未来はない。しかし、その方針を唱えても、 [全文を読む]

安倍首相の地元、耕作放棄地率が突出…「日本の田園守る」発言のデタラメ、農業破壊推進

Business Journal / 2017年01月10日06時00分

安倍首相はTPP(環太平洋経済連携協定)関連法案の国会審議に際し、TPPによって国内農業に深刻な影響を与えるとの指摘に対して、「日本の美しい田園風景は守り抜く」とたびたび答弁していたことは記憶に新しい。 ところが、その安倍首相の地元・山口県の耕作放棄地面積率が、全国平均の2倍以上になっていることが農林水産省の統計で明らかになった。05年は全国平均の耕作放 [全文を読む]

やまぐちの特産品を見て、さわって、味わって、まるごと山口県を体感!『やまぐち就農セミナー』開催

PR TIMES / 2016年10月06日15時55分

また、山口県オリジナルのユリ「プチソレイユ」を使用した本格的なフラワーアレンジメント体験や山口県産の米と長州黒かしわ(鶏)を使用した試食会、光市、防府市、やまぐち暮らし東京支援センター、山口県立農業大学校など各出展団体との個別相談会も実施いたします。 [画像1: http://prtimes.jp/i/14838/19/resize/d14838-19-7 [全文を読む]

サバイバルのポイントは咀嚼力?無酸素登頂トップクライマー小西浩文氏監修「サバイバルせんべい」新発売

@Press / 2012年10月03日11時00分

しかしながら、昨今のデフレ環境の中、このおせんべいの価値を反映した適正評価での流通は一部に留まり、更なる農家さんの農業離れが懸念されています。そのような中、「世界の8,000m峰14座の無酸素登頂に挑戦し続ける登山家」小西浩文氏と出会いがありました。玄米は、ミネラル・ビタミン・食物繊維を豊富に含むため、健康食品としてもとても良いこと、軽量で荷物にならず、腹 [全文を読む]

兵庫県で若者に“ふるさと”体験を提供 「ふるさとひょうごワーキングホリデー事業」1/29開始

PR TIMES / 2017年01月27日15時27分

兵庫県淡路島では、様々な人材が集う“人材誘致”による地域活性事業を行っており、2008年に農業人材を育成する「チャレンジファーム」を皮切りに、“半農半芸”という新しい働き方を提案した「ここから村」など、若者の多様な価値観に合わせた人材育成プログラムを行ってまいりました。 そしてこの度、パソナグループは兵庫県より「ふるさとひょうごワーキングホリデー事業」を受 [全文を読む]

山口県宇部市の移住情報 - 2016年2月21日(日)には、やまぐち暮らしセミナー「宇部移住計画」も開催!

PR TIMES / 2016年02月04日15時15分

(※)地域の暮らしやすさ指標【30歳代夫婦と子供(乳幼児)の世帯】で全国7位(H27年3月経済産業省)先輩移住者が語る宇部市の魅力■「市街地と農村部が近いので、営業なども他より楽」「まこっこ農園」 才木祥子さん(34)・誠さん(33)一家[画像1: http://prtimes.jp/i/15271/4/resize/d15271-4-445913-3. [全文を読む]

旭酒造と富士通、食・農クラウド「Akisai」を活用した酒造好適米の栽培技術の見える化を開始

JCN Newswire / 2014年08月04日17時59分

旭酒造と富士通は、「山田錦」の栽培における作業実績と生産コストの見える化を目的に、2014年4月より、山口県内の「山田錦」を生産する農家に富士通の食・農クラウド「Akisai」(アキサイ、日本語通称:秋彩)」(以下、「Akisai」)の農業生産管理SaaSおよびマルチセンシングネットワークを導入し、栽培作業実績情報の収集・蓄積を行ってきました。今後、旭酒造 [全文を読む]

平成25年度「やまぐちグリーン部材クラスター」研究成果発表会in Tokyoを11月8日に開催

@Press / 2013年09月26日11時30分

【開催概要】日時:平成25年11月8日(金) 13時00分~16時50分場所:第一ホテル東京シーフォート(ハーバーサーカス) 〒140-0002 東京都品川区東品川2-3-15主催:やまぐちグリーン部材クラスター本部共催:山口大学・山口東京理科大学・水産大学校・宇部工業高等専門学校・ 山口県・やまぐち産業振興財団・山口県産業技術センター後援:文部科学省・園 [全文を読む]

現金500万も!田舎移住を後押しする「移住者向け制度」10

WEB女性自身 / 2016年11月03日17時00分

農業実務研修として、年150万円の研修費の支給も。 【島根県】農業体験で月12万円もらえる農業・漁業・林業・伝統工芸・介護などの産業の体験で滞在費用として『ふるさと島根定住財団』から1年間にわたり月12万円が支給。子供がいる場合月3万円が加算。 【山口県・下関市】住宅を新築すると100万円の補助がある市内に住宅を新築・購入する際、市指定の住宅事業者を使用す [全文を読む]

三越伊勢丹HD×クールジャパンの新店舗 マレーシア クアラルンプール店で「野菜パウダー」を10月27日に販売開始

@Press / 2016年10月20日11時00分

【通販サイトURL】 http://www.benriyasai.jp/ ■三笠産業株式会社について 国内農業の支援を目的に1949年山口県山口市で設立し、農業支援資材の販売を行っています。2003年に、野菜の保存性・加工性向上などを実現する「野菜パウダー」の生産を開始。主に加工食品の材料として企業向けにビジネスを展開。「便利野菜」のブランドで個人向けに [全文を読む]

「乳化剤」「安定剤」不使用のカフェオーレアイスクリームを新発売

PR TIMES / 2016年06月16日19時16分

1997年には農業分野で初の上場を果たす。 代表取締役:秋川 正 本社所在地:山口県山口市仁保下郷317 URL :https://www.akikawabokuen.com/ 主な事業 :健康安全な鶏肉、卵、牛乳などの生産、加工、卸販売。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

5つの野菜のむくみサプリ「しょうがでキュッと」新発売

PR TIMES / 2014年12月22日15時17分

【製品詳細】 製品名:しょうがでキュッと 発売日:2014年12月4日 内容量:1粒300mg×90錠(約30日分) 価格:3,200円+税(定期購入で20%割引+送料無料) 通販Webサイト:http://www.bijinyasai.jp/ 【三笠産業株式会社について】 1949年、食糧難の時代に農業支援を目的に山口県山口市で設立。『農業・健康・環境 [全文を読む]

温活サポートサプリ「しょうがでホッと」新発売

PR TIMES / 2014年10月16日16時36分

【製品詳細】 製品名:しょうがでホッと 発売日:2014年10月14日 内容量:1粒250mg×60錠(約30日分) 価格:2,400円+税(定期購入で20%割引+送料無料) 通販Webサイト:http://www.bijinyasai.jp/ 【三笠産業株式会社について】 1949年、食糧難の時代に農業支援を目的に山口県山口市で設立。『農業・健康・環境 [全文を読む]

山口県しゅうニャン市 NPOによる国内最大の移住マッチングイベント「ふるさと回帰フェア2017」に出展

@Press / 2017年09月06日11時00分

) 「新たに農業で生活したいけど、農地の確保や資金面はどうすればいいんだろう」「田舎暮らしがしたいけど、実際はどんな生活をしているんだろう」など、当日は、就農担当職員が参加し、独立就農や法人就業に関する相談をお受けします。また、本市唯一の離島で瀬戸内海に浮かぶ“大津島”から「里の案内人」(※)2名も参加しますので、島の魅力や暮らし方などを直接聞くことができ [全文を読む]

山口県しゅうニャン市 NPOによる国内最大の移住マッチングイベント「ふるさと回帰フェア2017」に出展

DreamNews / 2017年09月06日11時00分

)○新たに農業で生活したいけど、農地の確保や資金面はどうすればいいんだろう○田舎暮らしがしたいけど、実際はどんな生活をしているんだろう当日は、就農担当職員が参加し、独立就農や法人就業に関する相談をお受けします。また、本市唯一の離島で瀬戸内海に浮かぶ“大津島”から「里の案内人」(※)2名も参加しますので、島の魅力や暮らし方などを直接聞くことができます。もちろ [全文を読む]

地方は消滅しない――山口県萩市見島の場合「幻の牛と生きる」

文春オンライン / 2017年08月21日11時00分

何キロメートルも離れた農地に、初めて連れて行った生後1カ月半の子牛が、気づいたら自分で牛舎に帰っていたということもありました」 だが、農業の機械化で牛の出番はなくなった。市文化財保護課のまとめでは、1955年に559頭いた見島牛は59年、401頭に減った。市は同年、天然記念物再生事業として保護を始めた。67年には多田さんの亡父ら農家が保存会を結成したが、こ [全文を読む]

下関と福岡でひょう 大気不安定

tenki.jp / 2017年03月02日11時38分

農作物や農業施設の管理などに、ご注意下さい。 [全文を読む]

台湾の「日本好き」が過去最高に。なぜここまで相思相愛なのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月28日05時00分

たとえば、農業水利事業に貢献した八田與一、台湾糖業の発展に尽くした新渡戸稲造などは有名ですが、現在でも台湾人に尊敬されている日本人に「六士先生」がいます。 六士先生とは、台湾の芝山巌(しざんがん)で土匪(どひ)に襲撃され命を落とした6人の日本人教師のことであり、大義のために危険を顧みなかったその姿と気概が「芝山巌精神」としていまもなお多くの台湾人に語り継が [全文を読む]

フォーカス