転職 山口県に関するニュース

ニューバランス、非効率な“職人業”で世界3位へ

プレジデントオンライン / 2017年02月27日09時15分

そして、原料よりもより消費者に近い製品を取り扱う仕事がしたいと兼松に転職しました。当時、兼松にスポーツカジュアル部という部署がありました。この部署の仕事は大きく分けて2つ。1つは欧米からのブランドと販売代理店契約を結んで、日本で販売することです。 【弘兼】兼松がアディダスの正規販売代理店であった時期もありますね。 【冨田】はい。スポーツに限らずアパレルでは [全文を読む]

結婚後も働くよね…「共働き希望男子」が多い県2位秋田、では1位は?

BizLady / 2015年11月26日23時00分

もともと共働き願望が強い男性と一緒になれば、仕事を続けるにしても転職するにしても、深~い理解が得やすいと言えそう。全国平均が35.1%ですから、およそ2倍近い男性が共働きを望んでいることになります。 以上、結婚後も働き続けたい女性が気になる“共働き希望男子が多い都道府県”トップ3をご紹介しましたが、いかがですか?ずーっと働き続けたい女性にとっては、結婚相 [全文を読む]

山口県内の多種多様なマッチングにお応えする総合人材サービス開始 事前の面談サポートで適正に応じた仕事・求人情報を提案

@Press / 2015年07月08日10時30分

正社員採用、派遣採用、転職、Uターン、パート・アルバイト採用といった様々な雇用形態の提案も可能となり、事前の面談サポートもついているため、適正に応じた仕事・求人情報を提案します。「じょぶる山口」: http://be-win.co.jp/【提供の背景】現在、山口県内の若年層(20代、30代)の人口低下に伴った人材不足が問題になっています。当社が考える人材不 [全文を読む]

教員:地方で高齢傾向 最大10.7歳差

毎日新聞 / 2017年09月14日21時05分

中学、高校も同様の傾向で、文科省は「大都市に比べ地方は公務員のステータスが高いと考えられ、転職が少ないのが一因ではないか」と分析する。 3年ごとに実施される「学校教員統計調査」の中間報告によると、16年度の全国の公立小教員の平均年齢は43.4歳だった。都道府県別で最も高かったのは秋田の50.1歳で、岩手の48.5歳、青森の48.4歳と東北の3県が続いた。最 [全文を読む]

ランキング2位獲得! 『ワインの神様がおしえてくれたこと』(高岡晃子=著)がAmazonストア【本】ランキング2位、ビジネス・経済、ノンフィクション、暮らし・健康・子育て、各ジャンルで1位を獲得!

DreamNews / 2017年07月05日18時00分

新卒で98年ソフトバンク入社、同年に電通へ転職。9年勤めた電通では、企画・営業として従事。そんな環境で生きる中で「仕事もプライベートも女性らしく輝きたいからこそ、独立したい」と思い立つ。電通在職中に、日本ソムリエ協会認定ワイン・アドバイザー取得(現在はソムリエ)。2007年11月、元麻布にてプライベート・レストランCast78をオープン。看板も広告もない、 [全文を読む]

成功者たちが集う場所―元麻布レストラン[Cast78]を創業した、女性オーナーと超豪華ゲスト9人が、人生を輝かせる秘訣やビジネスについて語る『ワインの神様がおしえてくれたこと』単行本と電子書籍で発売!

DreamNews / 2017年07月03日18時00分

新卒で98年ソフトバンク入社、同年に電通へ転職。9年勤めた電通では、企画・営業として従事。そんな環境で生きる中で「仕事もプライベートも女性らしく輝きたいからこそ、独立したい」と思い立つ。電通在職中に、日本ソムリエ協会認定ワイン・アドバイザー取得(現在はソムリエ)。2007年11月、元麻布にてプライベート・レストランCast78をオープン。看板も広告もない、 [全文を読む]

ビズリーチとエムスリーキャリアが地方創生分野で業務提携

@Press / 2017年02月02日10時30分

ダイレクト・リクルーティングツールの一つである即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、5,700社以上(累計)の企業、78万人以上の会員に利用されています(2017年1月時点)。2016年度は広島県・宮崎県・山口県・石川県・岐阜県・青森県など約30の自治体の採用コンサルティングの実績を持ち、復興庁の東北復興における人材公募や内閣府プロ人材拠点な [全文を読む]

【対談】マイネット副社長xメタップス副社長「ジャンプより日経新聞が好きだった」

Forbes JAPAN / 2016年12月22日12時00分

その後、マイネット代表取締役社長の上原仁から声がかかって転職を決め、現在に至ります。谷本:お二人とも学生時代からキャリアを意識し、起業を経験されているんですね。幼少期に、何か原体験があるのでしょうか。嶺井:私は昔から少年ジャンプより日経新聞や会社四季報を好んで読む小学生でした。一言で言うと、経済好きな変わった少年でした(笑)。今思えばどうしようもない話なん [全文を読む]

「企業再生のプロ」、新生ファミマ社長の熱すぎる経歴

Forbes JAPAN / 2016年09月29日12時00分

大学卒業後に入社した伊藤忠では33歳の若さでアメリカのセブンーイレブン再生に関わり、38歳で転職したファーストリテイリングでは入社10カ月で副社長に抜擢。独立後は企業再生ファンドを設立して650億円の資金調達に成功し、ダイエー再建に乗り出した。しかし、そんな澤田の実相はかなりの”異端児”でもある。安定の商社を捨て、小売り・流通を一から学ぶ覚悟で面接を受けた [全文を読む]

<20・30代独身男女の意識調査> 独身男女の3人に2人が最も出会いを期待する季節は「春」と回答

PR TIMES / 2014年03月29日10時06分

」(男性/20代半ば/岩手県)・「新しい人が入ってきて、周りが恋をしだすから」(男性/20代半ば/兵庫県)・「気分的に新たな気持ちになるから」(男性/30代前半/東京都)・「なんかテンションあがるから」(男性/20代半ば/東京都)・「新入社員などが多いから」(男性/30代半ば/岐阜県)・「新しいことを始める季節に便乗したいから」(男性/30代前半/神奈川県 [全文を読む]

プロフェッショナルインタビュー:宮坂 学(後編)

ガジェット通信 / 2012年09月13日16時00分

LinkedInプロフィール >> http://www.linkedin.com/in/miyasaka ●第3章 ユニークな会社から転職後、5年で部長へ。 仕事場は六本木、思索は自然の中が宮坂スタイル。 ― すごくパワフルな会社に入社され、社会人としての初仕事は何だったのですか? 新入社員向けの企業PR誌の製作です。入社して1か月くらいで、コンペに勝 [全文を読む]

フォーカス