カゴメ 伊藤園に関するニュース

伊藤園のトマト飲料は「特許無効」 知財高裁がカゴメの訴え認める

ZUU online / 2017年06月11日12時10分

食品大手カゴメが伊藤園のトマト飲料製法の特許無効を訴え、取り消しを求めていた訴訟の判決で、知的財産高裁(森義之裁判長)がカゴメの訴えを認め、特許を有効とした特許庁の審決を取り消す判決を下した。争点は、トマト以外の果汁を加えずに「濃厚な味わい」やフルーツトマトのような甘みを出す技術である。伊藤園が2013年に特許を登録した。カゴメはその一部技術が自社のそれを [全文を読む]

総合企画センター大阪、飲料メーカーの製品発売状況の集計結果を発表

DreamNews / 2016年09月21日18時00分

メーカー別では、カゴメが12品目(前年同時期比6品目増)で最も多い。以下、アサヒ飲料が11品目(同1品目減)、サントリー食品インターナショナルが9品目(同1品目増)、伊藤園が8品目(同4品目減)などとなっている。対象企業において前年同時期を上回る商品投入数となったのは5社(カゴメ、サントリー食品インターナショナル、ダイドードリンコ、ポッカサッポロフード&ビ [全文を読む]

【悲報】ダイエットのためにトマトジュースでリコピン摂取した結果!糖質も摂取していた!

秒刊SUNDAY / 2016年07月31日18時07分

今回は、カゴメの「糖度10あまいトマト」、「カゴメトマトジュース」と伊藤園の「理想のトマト」の3種類を用意しました。まずは糖度10あまいトマトです。糖質の量は1パックあたり13.7gです。これを1個3.7gの角砂糖で表します。13.7g÷3.7g=3.7個 角砂糖約3.7個分の糖質が入っていることがわかりました。次に、カゴメトマトジュースです。糖質の量は1 [全文を読む]

トマトジュース夏の陣 王者カゴメを伊藤園とデルモンテ追撃

NEWSポストセブン / 2015年08月19日07時00分

そこで、トマトジュースの復権をと健闘しているのがトップシェアを誇るカゴメだ。同社は「世界有数のトマトカンパニー」として知られ、売り上げのおよそ半分をトマトジュースはじめ野菜ジュース類の製造販売が占める。 カゴメのトマトジュースが消費者から根強い支持を受けている理由は、トマトに関するあらゆる消費者ニーズを汲み取っている点にある。 2010年よりジュースの原 [全文を読む]

総合企画センター大阪、飲料メーカーの製品発売状況の集計結果を発表

DreamNews / 2016年11月24日18時00分

一方、サントリー食品インターナショナル(同7品目減)やカゴメ、森永乳業(各4品目減)は商品投入数が少なくなっている。 ■伊藤園はリニューアルした「TEAS’ TEA」や、「TULLY’S COFFE」の新アイテム、「健康ミネラルむぎ茶」の秋冬向けパッケージ投入などで商品投入数が多かった。 ■アサヒ飲料(「ワンダ」)とキリンビバレッジ(「ファイア」)は、それ [全文を読む]

総合企画センター大阪、飲料メーカーの製品発売状況の集計結果を発表

DreamNews / 2016年08月22日14時00分

以下、アサヒ飲料が6品目(同1品目減)、サントリー食品インターナショナル(同6品目減)と森永乳業(同4品目減)が各5品目、キリンビバレッジ(同9品目減)とカゴメ(同3品目増)、雪印メグミルク(同3品目増)が4品目で続く。 ■伊藤園は、既存の「お~いお茶 濃い茶」を刷新したほか、ブレンド茶の新製品として「健康ミネラル 穀物のブレンド茶TEAシリアル」などを発 [全文を読む]

2014年“ダイエッター”に最も食べられた食品は「フルグラ」

Walkerplus / 2014年12月19日20時39分

2位は野菜ジュース「野菜一日これ一本」(カゴメ)で8万5090回を記録。3位には、イソフラボンが摂取できる「調製豆乳」(キッコーマン)が7万8011回で続いた。 ダイエット中に不足しがちな栄養分を補う食品がランクインしていることが分かる。中でも低脂肪・低カロリーでヘルシーな食品が選ばれていることが明らかになった。 一方、トップ10入りはしなかったものの、「 [全文を読む]

大ヒットの裏側にある「言い訳付与作戦」とは――光触媒加工花

経済界 / 2017年05月30日09時00分

カゴメ社の“野菜生活”より3年も前に企画開発したものですが、当初ターゲットとしていた働く人だけでなく、コンビニエンスストアで実際によく購入していたのは高校生でした。 高校生からすると、普段食生活で不摂生しているために、充実野菜を飲んで解消しようという懺悔的な感覚で飲まれていたのです。何かを買う自分に対する言い訳があり、良いことにつながるならば、その時代には [全文を読む]

総合企画センター大阪、飲料メーカーの製品発売状況の集計結果を発表<2016年11月>

DreamNews / 2016年12月16日17時30分

具体的には、前記した日本コカ・コーラやヤクルト本社のほか、カゴメ、明治、キッコーマン飲料(各2品目増)、オハヨー乳業、サントリー食品インターナショナル、ダイドードリンコ、ポッカサッポロフード&ビバレッジ(各1品目増)となっている。 ■商品投入数、前年同時期からの増加幅が多かった日本コカ・コーラとヤクルト本社は、主力ブランドでの限定パッケージ品の発売が投入数 [全文を読む]

2015年、60万人のダイエッターが最も食べた市販食品は「フルグラ」に決定!ダイエットアプリ「あすけん」ユーザーランキング調査結果

@Press / 2015年12月21日10時00分

2位:野菜一日これ一本(カゴメ) 記録回数139,866回こちらも根強い人気の「野菜一日これ一本」。不足しやすい野菜を手軽に補える野菜ジュースは、ダイエッターにも大人気です。甘さ控えめで低カロリーなところが人気のようです。3位:調製豆乳(キッコーマン飲料) 記録回数133,512回特に女性から支持を得ている豆乳。牛乳よりも脂質が少なく、女性ホルモン同様の働 [全文を読む]

働き女子の食卓に!どこのスーパーでも買える「人気ダイエット食品」4つ

BizLady / 2015年01月27日11時45分

同調査でとくに人気だったのは、『1日分の野菜』(伊藤園)、『野菜一日これ一本』(カゴメ)だそうで、これならコンビニでも手軽に買えるので、働き女子も手に入れやすい市販品だ。 しかし加工の際に微量栄養素が失われる点から、あくまでも野菜ジュースは野菜料理1~2品程度の代わりと考え、通常の野菜料理も合わせて食べるほうが好ましいそうだ。 ■3:豆乳 牛乳よりも脂質 [全文を読む]

2014年ダイエッターがもっとも食べた食品は意外にも○○! ダイエッター35万人が今年積極的に食べていた市販食品ベスト10を発表

@Press / 2014年12月17日10時00分

2位:野菜一日これ一本(カゴメ) 記録回数85,090回気になる野菜不足を手軽に補える野菜ジュースはダイエッターにも大人気。ダイエッターが記録した多くの野菜ジュースの中で、トップは「野菜一日これ一本」。甘さ控えめで低カロリーなところもうれしいポイントです。3位:調製豆乳(キッコーマン飲料) 記録回数78,011回女性に支持を得ている豆乳。牛乳よりも脂質が少 [全文を読む]

あなたに身近なものを選んで!「株主優待」を楽しむ3つのポイント

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年07月30日18時30分

たとえばカゴメや伊藤園、コカコーラなどは飲料品を中心に自社製品が送られて きます。グリコ、明治製菓はお菓子や食料品が送られてきます。送られてきても、気に入らなかったり、使わなかったりすると、せっかくの株主優待も残念な結果になってしまいますよね。気に入ったメーカーの中から選ぶことで、気持ちよく自社製品を使うことができます。 ■2:近くのお店をチェック 日常利 [全文を読む]

Dream5、イトーヨーカドー×飲料9社とのスペシャルキャンペーンスタート!

okmusic UP's / 2013年12月01日16時00分

【その他の画像】Dream5今回協賛する飲料メーカーは、コカ・コーラ、キリンビバレッジ、アサヒ飲料、カゴメ、サントリーフーズ、ハウスウェルネスフーズ、カルピス、伊藤園、大塚製薬の大手9社。同メーカーの対象商品を購入すると、Dream5の肖像入りマグネットとDream5の最新アルバム『まごころ to you』に収録されている5曲のうち1曲の着うたが無料でDL [全文を読む]

フォーカス