堀江由衣 結婚に関するニュース

一夫多妻制アイドルって…”神の声”と評判の清 竜人が新ユニットでハーレム化!? まさに『Mr.PLAY BOY. . .?』かよ

週プレNEWS / 2015年06月09日22時00分

声優の「堀江由衣」や「でんぱ組.inc」などへの楽曲提供を行なっている。2014年、『Will You Marry Me』で一夫多妻制アイドル「清 竜人25」としてデビュー 第6夫人 清 可恩(きよし・かのん) 1996年生まれ。メンバー最年少ながら、はきはきしゃべれるしっかり者。幼稚園の頃から夢はアイドルで、ジャイアンツの阿部慎之助選手が大好きな巨人女子 [全文を読む]

田村ゆかり、堀江由衣の元「やまとなでしこ」が登場! 人気声優の“嫁ぐ“について迫った「Pick-up Voice」

おたぽる / 2015年01月15日05時00分

そんな"声優誌 群雄割拠"の時代にあって、各誌はどのような記事・企画をとりあげているのだろうか? 主要な声優誌を中心に、目玉記事や気になる企画などを紹介しつつ、各誌の特徴を分析していく―― ■「Pick-upVoice」2015年2月号 出版社...音楽専科社 発売日...12月26日(毎月26日発売) 価格......1139円+税 創刊......20 [全文を読む]

「まばゆか~」「抱きたいくらい、いいですね」シカよりかわいい“発光生命体”堀江由衣がまた輝いた!!

おたぽる / 2015年12月04日14時00分

ユニットの中心人物ともいえる堀江由衣が“発光声優”であることは、一部では知られた話だ。今月1日、SNSに投稿した写真もまた、ハワイの太陽のごとく輝いており、声優ファンが「結婚してくれ」など、シャウトしている。 先月21日に発売されたAice5のベスト・アルバム『Aice5 ALL SONGS COLLECTION』が、オリコン初登場25位、同月4日に発売さ [全文を読む]

「鈴木その子ちゃん以上!」「スケキヨ!」再び光り輝いた“声優界のホリエモン”堀江由衣に絶賛(?)の嵐!!

おたぽる / 2015年09月08日16時00分

先月25日、オフィシャルブログにアップした写真が、「まぶしすぎる!」「後光差してる」と女神扱いされた“声優界のホリエモン”こと堀江由衣。このたび、堀江が第2弾とも言える女神写真を、自身の公式Instagram(yuihorie_official)に投稿し、またしても絶賛されている。 Twitter(@kuronekounion)、ブログに続き、女子の間で大 [全文を読む]

今日も飯がうまい…! 福山雅治の結婚に女性が大爆死する中、鈴村健一&坂本真綾夫妻が「本当に尊い」と話題に

おたぽる / 2015年09月30日21時00分

このアルバムは今年で音楽活動20周年を迎える坂本の軌跡を収めた一枚で、スペシャルサイトには坂本の作曲を手がけている菅野よう子や声優の堀江由衣など、坂本と縁のある人物からのお祝いコメントが随時公開されている。そんな中、奇しくも福山雅治が結婚を発表した28日に、なんと坂本の夫であり声優の鈴村健一からのコメントが公開されたのだ。 「あらゆることを自分で決断し、自 [全文を読む]

「全員、ぼくの妻です」 一夫多妻アイドルグループ「清竜人25」

太田出版ケトルニュース / 2014年12月08日12時08分

だからその両方が叶った今、すごく楽しいんです」 過去にはでんぱ組inc.や堀江由衣に楽曲提供をしたこともある清だが、今回の清竜人25については、とにかく謎だらけ。清は、彼自身がほぼ直感で選んだメンバーについて、「全員、一目惚れで結婚した感じです」、さらに今後の方向性としては、「アイドル産業の販売方法を完全に踏襲しようとは思っていなくて、今までやってきたアー [全文を読む]

乃木坂46・松村沙友理の「声優になりたい」発言にアニメファン猛反発...アイドルの声優進出は鬼門か

メンズサイゾー / 2015年08月31日17時05分

声優になりたい理由はアニメやマンガが好きだからというだけでなく「声優好き」も影響しているそうで、好きな女性声優に堀江由衣(38)、お気に入りの男性声優に下野紘(35)、斉藤壮馬(24)、梶裕貴(29)、諏訪部順一(43)、梅原裕一郎(24)を挙げた。下野、斉藤、梶に関しては「結婚したいタイプ」とまで言い切っており、かなりの声優フリークぶりだ。来期の新アニ [全文を読む]

『アナ雪』『マーニー』に続け!? 百合展開にぬるぬるの肉弾戦もアリな『トッキュウジャー』第21駅

おたぽる / 2014年07月24日04時00分

【今週のオススメ度】★★★★☆ ワゴンさん(CV:堀江由衣)が準備してくれたかき氷を食べながら、夏の楽しみについて話し始めたライト(演:志尊淳)たち。だが「お祭り」と口にした瞬間、ミオ(演:梨里杏)の脳裏に、ある記憶がよみがえる。お祭りの夜、どこかへ駆けていく二人の子ども。とても大事なことのような、それでいて不安を駆り立てるその光景が気になり、夜も眠れない [全文を読む]

フォーカス