支店 常陽銀行に関するニュース

入力フォームにおける不正利用防止サービス「Fraud Protect」 常陽銀行へ導入

PR TIMES / 2016年09月16日09時31分

~新設ネット支店において 不正口座開設や不正アクセスなどの未然防止を実現 セキュアな環境を構築し、顧客満足度向上へつなげる~Webサイトの最適化サービスを提供する、株式会社ショーケース・ティービー(東京都港区赤坂、代表取締役社長:森 雅弘 以下、当社)は、茨城県を中心に展開する地方銀行の株式会社常陽銀行様(本店:茨城県水戸市、取締役頭取:寺門 一義 以下、 [全文を読む]

株式会社常陽銀行と提携した「常陽教育ローン」の保証内容を改定

@Press / 2013年07月04日09時15分

一方、セディナは、三井住友フィナンシャルグループにおいて、個人のお客様に安全で利便性の高い支払手段を提供する総合決済ファイナンスカンパニーとして、金融機関様の様々なニーズにお応えすることで、お客様・金融機関様・セディナの全てが良好な関係になることを目指しており、全国の支店ネットワークにより、金融機関様へのきめ細かいサービスをご提供するとともに、お客様への [全文を読む]

苦しいのは企業だけにあらず。再編が加速する「銀行」の窮状

まぐまぐニュース! / 2017年03月28日17時00分

横浜銀行にしてみれば、東京の支店網が20から一挙に72に増えることになるし、東日本銀行にとっても今後の少子高齢化、ゼロ・マイナス金利時代の経営を考えると、大きなバックと共同運営することになり双方にとってメリットがあったわけだ。 この統合話は2015年前からあったようで、地銀最大の横浜銀行が統合に踏み切ったことは地銀業界に大きな衝撃を与え、以来地銀の再編が [全文を読む]

異常に多すぎる銀行の店舗と人員、容赦なき「削減の嵐」の予兆

Business Journal / 2016年04月04日06時00分

現在、両行合計で150店舗あり「50支店くらい統廃合する方向で検討する」(十八銀行の森拓二郎頭取)としているが、公正取引委員会がどう判断するか注目される。 FFGは「ハードルは高いが、地域金融システムの安定などを考えると、必ず(公取に)承認してもらえる」(柴戸隆成社長)と自信を見せる。「政府系やノンバンクなども合計した値を分母として(関係当局と)協議する」 [全文を読む]

地方銀行の再編「顧客サービス面ではデメリットも」と専門家

NEWSポストセブン / 2014年11月05日07時00分

「個人レベルでいえば、地銀同士の統合で店舗数が減り、給料の振込先支店が遠くなるなんてことが起きるでしょう。事業資金を融資して欲しい法人にとっては、統合によって審査基準の厳しい地銀に合わせられ、お金が借りられなくなる事態も考えられます。 ただでさえ、いまの銀行は投資先の将来性を見極める能力がなく、過去の財務諸表しか見ませんからね。地銀の規模が大きくなってサ [全文を読む]

“慌ただしい”地銀業界、再編機運高まりの舞台裏〜過当競争、金融庁の新方針

Business Journal / 2013年09月28日07時00分

●生き残れる東京の地銀は1〜2行か 東京にはメガバンクをはじめ全国の地銀の支店がある。さらに多摩地区には多摩信用金庫が中小企業向けで40%のシェアを持つなど信金の力は強い。城南信用金庫は地銀中位行並みの預金量を誇る。他の地域では地銀が高いシェアを持っているが、東京では極端に小さい。今後、東京で生き残れる地銀は1~2行といわれている。 東京に本店を置く地域金 [全文を読む]

フォーカス