結婚 石田ひかりに関するニュース

芸能界「結婚しない女たち」のオフレコ“オトコ事情”(1)天海祐希は“生涯独身”宣言

アサ芸プラス / 2016年09月17日09時57分

彼女たちが結婚しない理由を探っていくと、ナイショにしておきたい遍歴やプライベートな事情が次々と明らかになってきた──。 9月4日、天海祐希(49)がモントリオール世界映画祭での舞台挨拶後、「結婚する気はありません」と、生涯独身を宣言した。スポーツ紙デスクが話す。「公式上映された映画は、阿部寛(52)とのW主演映画『恋妻家(こいさいか)宮本』(来年1月28日 [全文を読む]

朝ドラ女優たちのその後 細川直美、星野知子、田中美里…他

NEWSポストセブン / 2012年07月04日07時00分

1990年に俳優の真田広之と結婚するも泥沼の離婚劇。現在は数多くの話題作に出演。母親役がハマリ役。 ■『なっちゃんの写真館』(1980年4月~10月) 【平均視聴率】39.6% 【ヒロイン役】星野知子 第二次世界大戦前後の徳島でカメラマンを目指す役。朝ドラ史上でも稀な、完全な新人での起用だった。その後もドラマ版のサザエさん役を5年間、またニュースキャスター [全文を読む]

鈴木京香、石田ひかり、岡本綾……朝ドラ女優の明暗くっきり

NEWSポストセブン / 2012年07月03日07時00分

1992年、布施博と結婚するが、夫の不倫から2009年に離婚。女優業を続けるが……。 ■『ひらり』(1992年10月~1993年4月) 【平均視聴率】36.9% 【ヒロイン役】石田ひかり アイドル時代を経て当時20歳、相撲好きのヒロインを演じる。半年後に“月9”ドラマ『あすなろ白書』に主演。2001年にはNHK局員と結婚し、現在、2児の母のかたわら、ラジオ [全文を読む]

石田ひかり 家庭と仕事の両立語る「百恵さんが理想でしたが…」

WEB女性自身 / 2017年06月02日06時00分

'01年に結婚し、2人娘を年子で授かった石田。子育て中心の30代を経て40代となったいま、母としての喜びや苦労をこう語る。 「子どもが生まれてから14年。本当にかけがえのない時間でした。じつは私、結婚したら仕事を辞めようと思っていたんです。百恵さんのように子どもを産み、家庭に入るのが理想でした。ところが、育児だけの日々に行き詰ってしまって、これは外の空気 [全文を読む]

愛しあい支えあい時には争いも!?日本ドラマの魅力的な兄弟姉妹たち!

日本タレント名鑑 / 2016年07月27日14時55分

しかも徳川家との繋がりを強くする為に、一度徳川家に養女に入った上で結婚しています。もうガッツリ徳川軍(東軍)です。父と弟・信繁の妻は西軍の石田家・大谷家の縁者として石田・豊臣軍(西軍)に。つまり敵味方に分かれます。ドラマでは父や祖母に軽んじられる兄・信之ですが、一つ違い(同年齢。または兄弟が逆である説もあり)であっても嫡男である信之は重要な会議に呼ばれます [全文を読む]

不倫女性役多い石田姉妹 女性の多様な生き方体現する存在に

NEWSポストセブン / 2017年06月25日07時00分

1990年代は朝ドラ『ひらり』(NHK)や月9ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)で主演を務めるなど明るく元気なイメージの役柄が多かったものの、2001年の結婚直後に出演した『水曜日の情事』(フジテレビ系)では、一転して親友の夫と不倫する未亡人を演じました。その後、2児を出産したことで仕事をセーブしていましたが、今回はいきなり物議を醸しそうな不倫妻役。 [全文を読む]

麻耶&麻央だけじゃない…芸能界“有名姉妹”の絆秘話

WEB女性自身 / 2017年02月25日12時00分

01年に結婚し、2児の母となったひかりも、子育てを経て、徐々に仕事の幅を広げている。 「友達同士だと、既婚か未婚か、子どもがいるかどうかで、関係が希薄になることも。しかし姉妹だと結婚しようが、子どもが生まれようが、その関係に変わりはありません。逆に、距離が近くなることだってあります」(倉田さん) そんな芸能界 有名姉妹 の中で、今、もっとも意欲的に 姉妹 [全文を読む]

石田ひかり、高橋由美子、深田恭子…「南くんの恋人」の結末が原作とは違う理由

アサ芸プラス / 2015年11月12日17時59分

3作目の深田恭子版は、崖から落ちるものの死ぬことはなく、南くんと結婚します。このように、過去の作品はすべてハッピーエンドへと変更されてきました。そのため今回の4作目では、どのようなラストになるのかが視聴者から注目されているのです」(前出・テレビ誌記者) 1度はヒロインが死を迎えた高橋由美子版は最終回後、視聴者から苦情が殺到したため、スペシャル版を制作し命を [全文を読む]

夏休み子どもや若者にぜひ観て欲しい!懐かしの“家族ものドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年07月25日09時55分

短い子ども時代を楽しむ家族のストーリー『ぽっかぽか』お見合い結婚ながらも楽しい夫婦。外聞を気にせず、元気で楽しい七瀬なつみさん演じる“はは”麻美と、おおらかな性格の羽場裕一さん演じる“ちち”慶彦、そして娘のあすかの家族三人の物語、昼ドラ『ぽっかぽか』(1994年~1997年)。「母」としての一般常識とはかけ離れつつも、芯のしっかりしている麻美の言動が痛快 [全文を読む]

45歳・石田ゆり子に「白衣姿がエロくてヤバい」「“ギュッ”てしたい」と男達が狂喜乱舞!

Business Journal / 2015年04月29日17時00分

そんな2人を軸として、恋愛や結婚、不倫など医師たちのさまざまな“大人の恋愛事情”が繰り広げられていく。 石田といえば1990年代、社会現象にもなった超人気連ドラ『101回目のプロポーズ』(同/1991年)をはじめ数多くの “トレンディドラマ”に出演しブレイク。以降、現在に至るまで途切れることなく連ドラや映画などに出演し続けており、私生活でも『医師たち~』の [全文を読む]

独自路線!紅白の裏でテレビ東京が放送していた番組(平成3年~5年編)

しらべぇ / 2014年12月23日18時00分

(視聴率:1部=42.4%、2部=50.1%) 一方その頃、テレビ東京は・・・ 「浅草橋ヤング用品店大晦日スペシャル」 ▽紅白をガブリより?真剣勝負 浅ヤンオールスターズ大相撲千秋楽▽超本気100番勝負 岡本夏生VS飯島愛・金万福VS中野裕道・周富徳VSギリギリガールズ▽特別企画 整形美人ゆく顔くる顔 周富徳はギリギリガールズと相撲対決をしているが(←お互 [全文を読む]

綾野剛×星野源『コウノドリ』新シリーズ直前に知っておきたい、2人の隠されたヒミツ

Woman.excite / 2017年10月12日06時00分

前作では他人の結婚話に敏感だったが、新シリーズではついに恋が訪れる…なんてうわさも!?■リアルを追求! 命の誕生の裏にある悲しい物語『コウノドリ』の特長といえば、なんと言ってもすば抜けたリアリティ。多くのドラマの場合、生まれたてなのに「あれ?」と思うほど大きな赤ちゃんだったり、人形だったりすることがある。だが、本作では徹底管理のもと新生児で撮影が行われるな [全文を読む]

『屋根裏の恋人』 衝撃展開続くがドロドロ感なく新感覚との評

NEWSポストセブン / 2017年07月05日07時00分

これはいったい、何角関係なんでしょうか? 不穏な空気がムンムンするパーティーで、全員が作り笑いをしながら、杏子が「コミットできないなら、離婚したほうがいい」と言えば、千鶴子は「二番目に好きな人と結婚したほうがいいんですってよ」などと語り合う。一方、衣香は、樹への思いを募らせ、自分が思ったことを家族に言えるようになったのは「屋根裏から見守ってくれるから」など [全文を読む]

桐谷美玲ほか、美女芸能人の本名が意外すぎた!

日刊大衆 / 2017年01月07日23時00分

さらにレアなところだと、結婚して“訓覇(くるべ)光”になった女優の石田ひかり(44)。“訓覇”は日本で40人しかいない稀少名だが、石田の夫は京都大学卒、義父は元大谷大学学長と、ずいぶん由緒正しい家柄のようだ。 一方、本名のほうが芸能人っぽいケースもある。女優の広瀬すず(18)の本名は“大石鈴華”。桐谷美玲(27)の“松岡さや紗”、堀北真希(28)の“原麻里 [全文を読む]

いとうまい子、51歳で早稲田大学院博士課程に進むピュアすぎる動機とは?

アサジョ / 2016年03月24日17時59分

5歳年下のサラリーマンと結婚して7年目。芸能人を辞めても、夫の稼ぎで生活していけます。生来の凝り性と学び直しを応援してくれた夫への感謝の気持ちがやる気を支えています」 研究の成果をうまく実用化できれば大化けするかもしれない。(塩勢知央) [全文を読む]

「奇跡の40代」と絶賛の石田ゆり子、世の男性を魅了する色気のウラに悲しい“男運の悪さ“

メンズサイゾー / 2015年02月13日17時05分

だが永作やYUKIが結婚しているのに対し、石田はずっと独身のまま。あれほどの美しさにもかかわらず、独り身を続けているのは芸能界の七不思議の一つともいわれている。 その理由は様々な説が流れているが、彼女のトークからも独身のワケが垣間見える。最近出演したNHKの朝の情報番組『あさイチ』では「台車や工具、ネジ、フックなどを見ていると楽しい」「40女に台車は必要不 [全文を読む]

最後の大物独身女優・石田ゆり子、最新映画で“気高き美女“の艶技を披露

メンズサイゾー / 2015年01月25日12時00分

日ごろから彼女は"生活のための結婚は必要ない"と言っているとのことですから、"自分の人生は自分で決める"タイプのようですね」(芸能関係者) 最後の大物独身女優ともいわれる石田。その"大物"という言葉の中には、"強く生きる女性"という意味が含まれているのかもしれない。最新映画では気高き美女の艶技が見られそうだ。 (文=大倉) [全文を読む]

一色紗英、「50代に見える」驚きの劣化!? 海外でのナチュラル暮らしが一因か

サイゾーウーマン / 2013年11月10日13時00分

2002年に結婚した元モデル・サーフェン智との間に3人の子どもをもうけ、昨年からはアメリカのビバリーヒルズで生活を送っているという。今回の露出では、「もう50代みたい」「ローリー寺西っぽい」と散々な言われようだ。 「最近では、エコ活動やチャリティ活動にも積極的です。99年からディレクターを務めるファッションブランド『archi』もオーガニック色が強く、子ど [全文を読む]

ドラマ名台詞「なんじゃこりゃあ」「俺じゃだめか」の思い出

NEWSポストセブン / 2013年10月16日07時01分

「残念ながら、あなたといると、私、幸せなんです」<『やまとなでしこ』(2000年・フジテレビ系)> お金持ちと結婚することを目的に生きてきた桜子(松嶋菜々子)だが、決してお金持ちではない欧介(堤真一)に向かって。「本当に感情移入して見た作品でした。早くふたりがくっつけ~と思っていたので、よーやくホッ。“残念ながら”というセリフが最後まで桜子でした」(45 [全文を読む]

フォーカス