総書記 金正日に関するニュース

元総理安部晋三「新・美しい国」への道(3) 「北の核」を巡る愚かな錯覚

アサ芸プラス / 2012年05月09日10時57分

――安倍さんは、小泉純一郎総理の訪朝に同行していますが、亡くなった金正日総書記にはどういう印象を持っていますか。 安倍 日朝首脳会談での金総書記は冗談を言うなど気さくな印象を演出していました。でも本人は緊張していました。 金総書記の採用した北朝鮮の政策はまったく間違ったものでしたが、金総書記は比較的合理的な判断のできる人物だったと思います。その面では行動を [全文を読む]

金正恩体制の鍵握る「4人の女たち」の位置付けを専門家分析

NEWSポストセブン / 2012年01月20日07時00分

※SAPIO2012年2月1・8日号 【関連ニュース】金正恩体制の最重要人物は金正日妹の金慶喜 金玉は遠ざかるか北朝鮮・金正日総書記「後継・正恩」で握られた「金玉」情報次の将軍様・金正恩に「取り柄」が一つだけあるとの指摘出る人類滅亡――マヤ暦の予言とは異なる「2012年問題」の正体金正恩 年齢詐称し、生みの親明かさぬことで“箔付け”図る [全文を読む]

櫻井よしこ 「北朝鮮と交渉するには内部の意見対立を誘え」

NEWSポストセブン / 2012年02月05日16時00分

「金日成は国家主席、党の総書記という職位を持っていましたが、これは形式にすぎなかった。一九八五年以降、金正日は党の組織指導部を握って、組織指導担当書記を軸とした唯一指導体制を構築しました。そこがすべての権力を握り、総書記や国家主席は形だけになったのです。九四年に金日成が死んだとき、形だけの人間がいなくなっただけだから、混乱は起きなかったのです」 張氏はさ [全文を読む]

泥沼化する北朝鮮権力闘争 年内に金正恩体制の崩壊始まるか

NEWSポストセブン / 2012年01月22日16時01分

※SAPIO2012年2月1・8日号 【関連ニュース】金正恩の偶像化作業 4月までに予定していたが父の死が誤算次の将軍様・金正恩に「取り柄」が一つだけあるとの指摘出る北朝鮮の権力闘争 権力の空白生じ金正恩体制が崩れる可能性も金正日長男・正男 父の認知症認め「何が何だか分からない」北朝鮮・金正日総書記「後継・正恩」で握られた「金玉」情報 [全文を読む]

金正恩氏の年上妻 金氏が一目惚れした後2年の交際経て結婚

NEWSポストセブン / 2012年01月15日07時00分

韓国在住の複数の脱北者によると、北朝鮮の金正日総書記の三男で後継者の金正恩氏が、2010年に結婚していたことが分かった。 相手は2歳年上の“姉さん女房”で、母親の高英姫さん似の美人だという。正恩氏が正式に後継者に指名された2010年9月の朝鮮労働党代表者会前には結婚しており、金総書記が自身の健康問題などを考えて、後継体制固めのために正恩氏の結婚を急がせたの [全文を読む]

財政逼迫の北朝鮮 金正日総書記の銅像建立に100億円投入か

NEWSポストセブン / 2013年08月23日07時00分

※惠谷治著/『北朝鮮はどんなふうに崩壊するのか』より [全文を読む]

金正男が激白「北朝鮮を解放する!」(1) まったく偶然だった出会い

アサ芸プラス / 2012年01月31日10時56分

金日成元国家主席の息子、金正日総書記が死去し、三男の金正恩氏がトップの座を継承した北朝鮮。この「金王朝」3代世襲に猛反対しているのが、金正日氏の長男・金正男氏だ。父、弟との確執、祖国追放の真相、そして「王朝廃止・北朝鮮解放」に動く真意――。日本に恐怖をまき散らし続ける「テロ国家」新リーダーの兄が、思いの全てを明かした! 「私の常識によれば、経済発展を成し遂 [全文を読む]

金正恩体制を揺るがした「ピョンヤン天安門事件」スッパ抜く

NEWSポストセブン / 2012年01月13日07時00分

北朝鮮の金正日総書記の死後、初めて迎えた後継指導者・金正恩の誕生日は、意外なほど静かなものだった。1月8日当日に記念祝賀行事は一切行なわれず、ピョンヤン市内も閑散としていた。 金正日の死後間もないため、派手なイベントを自粛したのではないか、との見方が有力だが、一部の北朝鮮情報筋の間では、「金正恩が公衆の面前に姿を現わすことを恐れたのではないか」と指摘されて [全文を読む]

【北朝鮮拉致事件】日本人女性看護師失踪には“将軍様の好み“が関係していた?

tocana / 2015年08月31日13時00分

だが、拉致問題に詳しい専門家は、実は彼女たちを看護師として働かせることが目的ではなく、「金正日(総書記)が日本の女性看護師の"かいがいしさ"を高く評価していたことが、背景にあるのではないか」と分析する。 故・金正日総書記といえば、大阪で生まれ育った在日朝鮮人の高英姫(コ・ヨンヒ)氏を寵愛したことで知られる。高英姫氏は現在の北朝鮮トップ、金正恩氏の母親でもあ [全文を読む]

ナンバー2失脚の北朝鮮。金正恩体制で権勢を増す美貌の妹・金ヨジョンとは?

週プレNEWS / 2013年12月20日10時00分

そのため、2011年12月の金正日(キムジョンイル)総書記死去後、若くして後継者となった正恩の最大の後見人と目されていた。 そのナンバー2があっさりと粛清されてしまったのだ。なんとも恐ろしい政権である。 「ヤクザ社会でいえば、若組長を差し置いて、ナンバー2のベテランの叔父が勢力を広げている。それを若組長がここで出る杭を打っておかないと自分の立場が危うくなる [全文を読む]

安倍元首相 北朝鮮には圧力に軸置く“対話と圧力”必要と談

NEWSポストセブン / 2012年01月04日07時00分

小泉政権時代、訪朝団として金正日総書記に対峙、5人の拉致被害者を連れ戻して以降も、拉致問題解決に取り組み続けてきた元総理の安倍晋三氏に今後の対北朝鮮外交について聞いた。 ――安倍元首相は2002年の小泉訪朝時に金正日総書記と直接対面した。彼はどんな人物だったか。 安倍:私が対面した金総書記には快活な雰囲気があり、頭の回転も速かった。きわめて愚かで異常な思考 [全文を読む]

「喜び組」の定年は25才 口にするのも…な酷い罰ゲームも

NEWSポストセブン / 2017年03月06日11時00分

1984年12月に、金日成国家主席に次ぐナンバー2だった金正日総書記(当時は書記)に「喜びを与え」「休息を確保する」目的で結成された組織。そもそもは、芸術好きの金正日の歓心を買うため、党幹部たちが北朝鮮では最高レベルとされた『万寿台芸術団』の踊り子などを接待係として、パーティーなどに動員したのが始まりだった。大阪生まれの在日朝鮮人で、踊り子からファーストレ [全文を読む]

「金正日の洗脳ソングを弾いていた」脱北ギタリスト独占インタビュー

デイリーニュースオンライン / 2014年12月30日08時50分

党専属の楽団でギタリストとして活動 十代半ばで北朝鮮に渡り、2000年代末期に脱北するまで、朝鮮労働党員として金日成国家主席、金正日総書記の両政権に仕えた。 李氏は、そこである特殊任務に従事していたという。 「北には党専属の複数の楽団があります。私はその楽団のひとつでギタリストとして活動していました。演奏していたのは、金日成、金正日両首脳を讃える歌や、革 [全文を読む]

「韓国政府、SNS怖かったのでは」 "金正日萌え"ツイート逮捕者の友人語る

ニコニコニュース / 2012年01月27日16時12分

◇関連サイト・[ニコニコ生放送] キム氏が語る「事件の反響が大きかった理由」 - 会員登録が必要http://live.nicovideo.jp/watch/lv78963873?po=newsinfoseek&ref=news#1:15:00(神田桂一)【関連ニュース】「金正日萌え」とツイートしたパク・ジョングン氏の友人、キム・ソンハさん"金正日萌え"青 [全文を読む]

安倍晋三氏 金正恩は“父は誤り”と拉致問題進展可能性指摘

NEWSポストセブン / 2012年01月01日07時00分

小泉政権時代、訪朝団として金正日総書記に対峙、5人の拉致被害者を連れ戻して以降も、拉致問題解決に取り組み続けてきた安倍氏に話を聞いた。 * * * ――金総書記の死去は日本人拉致問題にどう影響するか。 安倍:日本にとって大きなチャンスと捉えるべきだ。金総書記は拉致作戦の首謀者でありながら、2002年の小泉純一郎総理訪朝時に「5人生存、8人死亡以外の拉致被害 [全文を読む]

暴露された北朝鮮「喜び組」の過激すぎる宴会の全貌とは!?

tocana / 2017年05月20日07時30分

その実態は1996年、故・金正日総書記の義姉の息子であり、ソウルに亡命した李韓永(イ・ハニョン)氏によって明らかになった。彼はその他にも、北朝鮮ロイヤルファミリーの内幕やスキャンダルを次々に暴露したが、翌97年の2月15日、身を寄せていた友人宅前で暗殺された。 もちろん、北朝鮮の最高指導者が金正恩へと受け継がれた現在も、この「喜び組」は存在し続けている。先 [全文を読む]

金正恩、韓国大統領選に活路

Japan In-depth / 2017年03月04日18時00分

■金正恩は「パラノイア」では、故金正日総書記その息子、金正恩委員長の違いはなんなのか。それは金委員長の抱えるパラノイア的性格(※偏執病、妄想性パーソナリティ障害の一種)が関係していると朴氏は指摘、その上でこの性格が今回の「金正男暗殺」に大きく影響していると分析し、このパラノイア的性格の根底には「劣等感が潜んでいる」とした。 [全文を読む]

公開銃殺されたAV女優 金正恩氏の元カノ・玄松月の“愛と屈辱の日々”

ハピズム / 2013年10月09日20時45分

「普天堡電子楽団」とは、「喜び組」や「北朝鮮美女軍団」を作り出した故金正日総書記が、韓流スターに触発されて創設したポップスユニットで、「北朝鮮の少女時代」といわれていたグループ。故金正日総書記は、そのセンターの歌手である玄松月と金正恩第一書記の関係を取り持ち、2人は恋人同士になったといわれている。 しかし、金正日総書記が亡くなると、金正恩はこの“父から押し [全文を読む]

北朝鮮が「飛翔体」発射、「衛星」称するミサイルか 日本政府発表(8時55分更新)

ニコニコニュース / 2012年04月13日08時20分

◇関連サイト・[ニコニコ生放送]藤村官房長官の緊急会見冒頭から視聴 - 会員登録が必要http://live.nicovideo.jp/watch/lv89093328?po=newsinfoseek&ref=news#2:06(丹羽一臣)【関連ニュース】藤村官房長官"金正日萌え"青年 獄中から大統領に手紙を出していた韓国で「金正日萌え」とツイートした青年 [全文を読む]

北朝鮮が必死に隠す「りんご問題」 金正恩実母は在日朝鮮人

NEWSポストセブン / 2012年02月16日07時00分

4月15日の「太陽節」(金日成の誕生日)前後には国防委員長と党総書記に登り詰めるだろう。 この超速での繰り上げ達成には、避けて通れない関門が待ち受ける。金正恩の生母にまつわる「りんご問題」の処理である。 北朝鮮は事実上の身分社会だ。国民は「3階層52部類」の複雑怪奇な出身成分表で管理される。「3階層」とは上から順に「核心階層」(25%)、「動揺階層」(25 [全文を読む]

フォーカス