遺書 川島なお美に関するニュース

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

手術前日、川島は夫に宛てた遺書を用意していた。銀行預金の使い道から愛犬の預け先まで、自分の死後の希望を全てまとめ、《できれば再婚はしないでね。一緒のお墓に入りたいから》《先に行って、“とりシャン”(とりあえずシャンパン)してるから、後でね》 と、努めて明るく別れを告げていた。術後もこの遺書は残しており、折に触れて読み返すこともあったという。「遺書には当時 [全文を読む]

「共演NGも多数……」マスコミに苦言の川島なお美の“お騒がせキャラ”ぶりを振り返る

おたぽる / 2015年09月18日09時00分

遺書の存在や、お墓の購入についての質問を受けたという。その場は笑顔で受け流したものの、あとから怒りや憤りで体が震えたという。 川島は昨年、肝内胆管がんを患い、12時間におよぶ大手術を受けている。今回の激ヤセ騒動も、病気の影響を指摘する声も聞かれる。肝内胆管がんは、5年生存率が50%ともいわれており、予後に油断を許さない病気であることは確かだろう。 それでも [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

「病院の前で記者に遺書の存在について聞かれることもあったが、常に大人の対応を見せた。鎧塚さんもその姿勢にならって、告別式の会場では、戒名の意味を尋ねてきた報道陣のために、その場で関係者に連絡を取る一幕もありました」(前出・芸能記者) そんな鎧塚氏が処分したサイン入りの書籍。そこからは、女優・川島なお美と作家・渡辺淳一氏のただならぬ関係が浮かび上がってくる。 [全文を読む]

「再婚しないでほしい」ガンから復帰した川島なお美が夫宛てに書いていた遺書

アサジョ / 2015年09月10日09時59分

今はさすがに禁酒しているようですが」(テレビ関係者) 番組によると、手術前に夫には内緒で遺書をしたためていたことも告白した。「そこには『一緒にお墓に入りたいから、再婚しないでほしい』という、川島の想いがつづられていました」(前出・テレビ関係者) つらい手術を乗り越え、現在出演中の舞台に加え、11月には20年ぶりのソロコンサート、さらに11月から12月にかけ [全文を読む]

川島なお美さん三回忌 夫・鎧塚氏が『川島なお美動物愛護基金』設立へ

ORICON NEWS / 2017年09月24日13時09分

昨年の一周忌では、なお美さんの遺書にもとづき、鎧塚氏が経営する『一夜城ヨロイヅカファーム』で『川島(鎧塚)なお美慰愛碑』の除幕式が執り行われた。 [全文を読む]

自殺未遂騒動で決意か 船越英一郎が松居一代に離婚調停

NEWSポストセブン / 2017年07月05日13時30分

船越と息子宛に遺書も書かれていた。まさかとは思いつつ船越は必死で探し回ったという。しかし、電話をかけたことで溜飲を下げたのか、松居はブログを再更新するなど正常さを取り戻していた。 「だけどその直後、また松居さんから再び自殺予告の連絡が入ったそうです。『私は睡眠薬を大量に持っている』と。メッセージを聞いた船越さんは仕事の疲れと松居さんによる心労が重なって倒れ [全文を読む]

妻と死別した男性 2~3年で新たなパートナーを探す例が多い

NEWSポストセブン / 2015年10月07日07時00分

胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、昨年1月の手術前夜、夫の鎧塚俊彦氏(49)に「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」という遺書を綴ったとテレビ番組で明かしていた。手術が成功したためその遺書は破棄されたが、川島さんの急逝後にそのことが報じられると、夫への深い愛情を感じさせる逸話として国民の涙を誘った。 しかし、もし自分が妻から同 [全文を読む]

故・川島なお美さん“再婚禁止”遺言が物議「それは厳しすぎる!」の声も……

日刊サイゾー / 2015年09月29日21時00分

ただし、この遺言報道はメディア側の早とちりで、手術が成功した時点で川島さん自ら遺書を破棄している。天国でも夫婦となるか、それとも――。遺言について考えさせられる出来事であることは間違いない。 [全文を読む]

サンダル殴打が得意技?松居一代の止まらぬ”家庭内DV癖”

デイリーニュースオンライン / 2017年07月07日07時00分

極め付けには、自殺をほのめかして遺書を用意。引き留める船越に、「1億円の信託投資を解約して、口座に振り込みなさい」と脅迫したこともあったという。 「松居が『文春』と反目になったのは、船越側の反論を報じられたくなかったとみられます。ただ、松居のヒステリーは有名で、過去にも家政婦を次々と辞めさせたことを女性誌に報道されたことがあります」(芸能誌記者) 船越を [全文を読む]

鎧塚俊彦氏の想い強い 川島なお美さんの納骨できず

NEWSポストセブン / 2016年03月03日16時00分

また私は泣き出してしまいそれで目が覚めてしまいました》 川島は胆管がんの手術の際、夫に内緒で遺書を用意し、「できれば再婚しないでね」と綴ったことを明かしていた。彼の近況を見る限り、川島以外の女性が心に入り込む余地は今のところない。 ※女性セブン2016年3月17日号 [全文を読む]

死別した妻が美人であればあるほど男性は再婚できぬ確率上昇

NEWSポストセブン / 2015年10月08日16時00分

胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、昨年1月の手術前夜、夫の鎧塚俊彦氏(49)に「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」という遺書を綴ったとテレビ番組で明かしていた。受け止め方はさまざまだろうが、妻と死別した男性が悲しみを乗り越え、次のステップを踏み出すまでに要する時間は意外と長くない。2~3年で再婚を考えるケースも少なくないとい [全文を読む]

5分で打ち切りに!川島なお美「激やせ会見」に寄せられる心配の声

アサ芸プラス / 2015年09月09日17時59分

「昨年11月に出演した番組で、手術前に遺書を書いていたことを告白しています。夫であるパティシエの鎧塚氏に向けて『できれば再婚しないでね、一緒のお墓に入りたいから』という思いも綴っていた。手術に成功したから微笑ましく聞こえますが、死を意識した当時はどんな気持ちだったかと思うと‥‥」(芸能ライター) 年齢を感じさせない美貌の復活を切に願ってやまない。 [全文を読む]

フォーカス