出身 川島なお美に関するニュース

城 南海、カバーアルバムには 川島なお美への想いを込めた曲も収録

okmusic UP's / 2017年10月10日17時00分

城 南海のカバーアルバム『ユキマチヅキ』の収録曲が決定! テレビ東京『THEカラオケ★バトル』で番組最多となる10冠を達成し、“絶対女王”と言われている奄美出身の歌姫・城 南海。冬をテーマにしたカバーアルバムとなる今作は収録曲の一部をTwitterで一般募集し、のべ1080件の応募、計506曲もの冬の歌が集まった。その中で応募数の多かった楽曲から、幅広い世 [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(2)「<1997年9月22日・失楽園>国広富之」

アサ芸プラス / 2016年03月07日17時57分

宝塚出身の八千草さんは不倫妻という役に抵抗があり、何度もオファーを断ったそうです」 国広が語るように、「岸辺のアルバム」は登場人物の設定がリアルな恐怖を持った。それを「説明セリフ」ではなく、丁寧な演出であぶり出した。「例えば水道の水が一滴ずつ洗い桶に垂れていって、満杯になってあふれる。その瞬間、八千草さんは若い男のもとへ走ってゆくという比喩の表現がすばらし [全文を読む]

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<TVドラマの「放送コード超え」十篇>

アサ芸プラス / 2017年08月23日17時57分

若村は仲代が主宰する「無名塾」の出身であり、師弟のカラミを演じたことになる。「隠れた名作といえば、中森明菜(52)が主演した『悪女2 サンテミリオン殺人事件』(93年、フジ系)も、保阪尚希を相手に、かなり濃厚な濡れ場を演じた。シーツにくるまれてはいたが、明菜は上半身ヌードで撮影に臨んだという逸話が残っています」(放送記者) お宝シーンの金字塔となったのが、 [全文を読む]

松居一代、船越英一郎の”不倫糾弾”だけで終わらない暴走の末路

デイリーニュースオンライン / 2017年07月11日08時00分

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

サンダル殴打が得意技?松居一代の止まらぬ”家庭内DV癖”

デイリーニュースオンライン / 2017年07月07日07時00分

文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)※1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。 [全文を読む]

世界中の「姑」から認められる松浦亜弥 絶対に炎上しない“嫁力”を分析する

ウートピ / 2016年05月10日20時00分

松浦亜弥と同じハロプロ出身、元モーニング娘。の辻希美は、後藤真希の母親の通夜に黒のミニスカート+頭に黒の大きなリボンで参列し、「非常識」と反感を買った。ちなみに、辻は藤本美貴の結婚式には白いドレスに白いリボン、後藤真希の結婚式にも白いドレスで出席し、これまた「非常識」と叩かれた。辻は、一億の姑に叱られるニッポンの嫁という役割を見事に果たしている。「あやや」 [全文を読む]

山田まりや、熊田曜子の戦略的な「割れ腹筋アピ」!産後ボディを見せたがる元グラドルたちの思惑

messy / 2015年04月21日16時00分

ママタレが爆発的に増加し、飽和状態となっている現在、もはや「グラドル出身のナイスバディママ」という肩書きだけで注目を集めることすら難しい。子持ち元グラドルの見せたがり傾向は、彼女たちが他のママタレと一線を画すための処世術なのだろう。(ルイコスタ松岡) [全文を読む]

輝きを増し続ける芸能界“オーバー50”の美魔女たち

メンズサイゾー / 2012年06月03日08時00分

また、ワイン好きで知られソムリエの資格まで取っている川島や、ストイックに芸の道を究めんとする宝塚出身の黒木のように、信念のある生き方をしている人はやはり輝いています。松田の場合は、好き嫌いがはっきり分かれる誰にも真似できない生き方自体が、すでに一本筋が通っているといえますからね(笑)」(芸能ライター) [全文を読む]

TV美女42人が大咆哮!「アイツは絶対許せない」(1)堀北真希→宮﨑あおい「主役は私」

アサ芸プラス / 2012年02月14日11時00分

宝塚出身の大地は体育会系だけに、舞台稽古からして出番のタイミングひとつ取ってもスタッフ泣かせでした。2人はドラマの役柄にしても刑事役やインテリ上司などを演じている。このキャラかぶりこそ、犬猿の仲の大きな要因でしょう」 パンフレットの2人の写真サイズや文字数などにも、周囲が気を遣い‥‥。 女優のプライドからか、強烈な個性のぶつかり合いは、若手もまた同様。その [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(6)オフレコ楽屋現場

アサ芸プラス / 2012年01月29日11時00分

「彼女の場合、もともと宝塚出身だし、現在の事務所もスタッフも皆、女性。いわゆる女の園で、スタッフの目も気づかず着替えも平気でしてしまう。楽屋で呼ばれた時も、『はいはいっ』とスケスケのババシャツのまま出てくることも多い」(芸能記者) 若手では、宮沢りえ(38)が“裸族”の筆頭格だ。 「最近、大河ドラマ『江』の控え室で、急にりえが脱ぎだしたのを共演した水川あ [全文を読む]

フォーカス