予後 川島なお美に関するニュース

「共演NGも多数……」マスコミに苦言の川島なお美の“お騒がせキャラ”ぶりを振り返る

おたぽる / 2015年09月18日09時00分

肝内胆管がんは、5年生存率が50%ともいわれており、予後に油断を許さない病気であることは確かだろう。 それでも病院の前で「お墓や遺書」について質問をするのは、さすがにぶしつけというものだ。失礼な記者に怒り心頭の川島であるが、しかし川島自身もお騒がせキャラであることには違いない。 「彼女は思ったことをつい口に出して言ってしまうため、“共演NG”を出されている [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

その時点で転移は確認できませんでしたが、胆管がんは予後の悪いがんのひとつです。肝臓の中を這うように広がっていることが多く、いずれ転移が発覚する可能性が高かった」(近藤医師) 診察時、川島はミュージカルの舞台を優先するため、体にメスを入れることは避けたいと訴えたという。 川島の意志を汲むように、近藤医師は手術の回避を提案した。理由についてこう語る。 [全文を読む]

川島なお美さん 手術遅かったとの指摘は間違いと近藤誠医師

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

胆管がんは肝臓、膵臓などと並んで予後の悪いがんのひとつです。症状がなくても、いずれ転移が出てくる可能性が高い。 考えられる治療法は4つ。1、手術。2、ラジオ波焼灼術。3、放射線治療。4、様子を見る、です。川島さんはミュージカルの舞台を優先したいこと、そのためには今手術は受けられないこと、抗がん剤治療は体を傷めるので受けたくないことなど、はっきりした意志をお [全文を読む]

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

余命1年という宣告を受け、女優としての仕事と、鎧塚さんとの日常生活を何より優先したかったのでしょう」(前出・川島の知人) 大好きだったワインをやめ、にんじんやりんご、しょうがをすりつぶした自前の野菜ジュースを毎朝飲むという健康的な日々を送ったが、予後は芳しくなかった。「川島さんのがんは、術後も寛解(がん細胞が消えた状態)していなかったんです。積極的に治療し [全文を読む]

川島なお美 露出の多いワンピースで深刻な様子ナシと目撃談

NEWSポストセブン / 2015年09月20日07時00分

免疫療法という新しい選択肢もでてきていますが、抗がん剤や放射線治療は副作用へのフォローをきちんとすれば、予後が期待できる場合も増えてきています。セカンドオピニオンも一般的になりましたので、主治医とよく相談しながら、患者が自分なりにいちばん良いと思う治療法を選ぶことが、なによりも大事なことです」 抗がん剤などの副作用に苦しみ、いたずらに「生活の質(QOL= [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【後編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

「『文藝春秋』の記事を読む限りでの診断ですが、川島さんの肝内胆管がんは腫瘍の個数、大きさ、リンパ節への転移の有無などから診断すると、この時点でステージIIだったと考えられます」 大場医師は川島のがんの状態を米国の著名な外科医が500以上の症例からまとめた予後予測ツールに当てはめてみた。 すると、その時点(2013年9月)で手術していれば「3年生存率80%以 [全文を読む]

川島なお美「胆管ガン」で12時間の大手術を受けていた!

WEB女性自身 / 2014年03月26日07時00分

予後は良好で、テレビドラマの撮影に入っています。周囲は病気のことなんか知りませんから、彼女も大病をしたなんて思わせないよう、これまで同様、元気に振る舞っています」(前出の知人) 川島の所属事務所にガン闘病の事実を確認すると、「手術をしたのは事実。今後とも、温かい目で見守っていただければ幸いです」とのこと。病魔に打ち勝ち、一刻も早く妖艶な姿を見せてほしい。 [全文を読む]

フォーカス