現在 川島なお美に関するニュース

川島なお美の手術が遅れたのは「がんと闘うな」近藤誠医師の診断のせいだった? がん専門医からも誤診との批判が

リテラ / 2015年10月28日09時00分

14年3月末には慶應義塾大学医学部を定年退職し、現在は、「セカンドオピニオン外来」での診察が中心になっている。セカンドオピニオンとは現在の主治医以外の医師に求める第2の意見であり、従来の医師おしきせ医療ではなく、インフォームド・コンセント(説明と同意)を受け、患者自らも決定に関わる医療のことだ。 いっぽうで、近藤医師はマスコミにも頻繁に登場。12年に食道が [全文を読む]

草刈正雄主演ミュージカル「クリスマス・キャロル」初演から一年。全国からの熱い要望に応え、日本縦断25公演が実現! ―川島なお美が、少女から老婆まで一人三役、そして最後には約5メートルに巨大化!?―

DreamNews / 2014年09月05日11時00分

その後、夢の中で精霊から、自分の過去、現在、そして悪夢の様な未来(その中に登場する其々の女性を、川島なお美が演じ分ける)を示される。そのことで改心したスクルージは、人間らしい心を取り戻し、全ての人々にやさしく振る舞う人間として、新しい出立をする。 《本件に関するお問い合わせ》 劇団スイセイ・ミュージカル 担当:馬場 TEL:042-370-8035/FAX [全文を読む]

がん告白の川島なお美が大物作家から受けた寵愛秘話

東京ブレイキングニュース / 2014年07月07日13時10分

女優の川島なお美(53)が、現在がんに侵され5年の生存率50%であることを公表した。奇しくも「失楽園愛」が報じられ、4月30日に逝去した直木賞作家・渡辺淳一氏と同じ病魔に侵されていることが明らかになった。 「ふたりの付き合いが始まったのは、映画『失楽園』の主演を狙った川島なお美からの猛烈なアピールから。ルックスにもベッドテクにも自信満々だった川島でしたが、 [全文を読む]

川島なお美さん、今井雅之さん、竹田圭五さんら「早死」急増のなぜ? 『日本人はもう55歳まで生きられない 少食が健康長寿のコツ』 ガン、糖尿病、不妊の原因は飽食と冷えだった 日本人55歳寿命説!

DreamNews / 2016年04月12日10時00分

また、1945年の終戦直後は数百人しかいなかった糖尿病患者も、今や予備軍を含めて2000万人以上に激増、現在1年間に医療費40兆円超が費やされており、医師たちも過酷な労働に耐えて懸命な治療をしているのにこのような状態となっているのです。さらに親よりも子が先に亡くなる「逆さ仏」現象が起こっています。著者の見解では、このままでは「早死に」と「逆さ仏」現象が日本 [全文を読む]

番組30周年で振り返る「アッコにおまかせ!」消えた共演者の「なぜ?」

アサ芸プラス / 2015年10月07日09時58分

現在、和田の相棒を務めているのは、今年10月で22年目を迎える峰竜太。このポジションの初代は松尾貴史、2代目生島ヒロシ、3代目田中義剛なのだが、いずれも和田との不仲が原因で降板となったようだ。 この番組を見続けてきたという芸能記者に話を聞いた。「現在では辛口コメンテーターとして活躍している松尾は、言葉づかいに敏感な人です。彼はメイン司会である和田が、共演 [全文を読む]

【川島なお美】「抗がん剤拒否」は間違いだった!? 代替医療にハマった有名人がん患者5名!!

tocana / 2015年09月26日09時00分

■竹原慎二 ボクシングの元WBA世界ミドル級王者で、現在はタレントとして活動する竹原慎二。昨年、膀胱がんになり治療していたことを『爆報! THEフライデー』(TBS系)で明かしたが、その際に治療費が1,000万円もかかったということが話題となった。その理由は、保険適用外となる「びわの葉療法」や1本3万円の海藻エキス入りドリンクなどの代替医療に頼っていたこと [全文を読む]

夫婦で闘病に臨む川島なお美「朝からシャンパン」復活なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年09月24日12時00分

こちらに関しては今のところ中止の発表はなく、この日のためにも現在は静養を選んだとされている。 周知のとおり、手術というのはどんな小さなものでも相当な体力を奪われるもの。ましてや川島のような細身では、一般人より体力の低下が著しいに違いない。十分に休養して、 「朝からシャンパン。通称朝シャン!」 「一週間に8回デートする」 「ディナーじゃ間に合わないからランチ [全文を読む]

松居一代が離婚危機、船越英一郎にポルシェおねだりゲット

NEWSポストセブン / 2016年07月20日16時00分

現在、日本の車市場は燃費のいいハイブリッド車や軽自動車がブームだが、一方で過去にも増して高級外車のポルシェが人気なのだ。 「本国ドイツで人気が急上し、海外にも波及しているんです。中古市場では特に顕著で、この1年で2倍近くに値段が跳ね上がった型もあります」(あるディーラー) 限定モデルだと、5年前に1000万円だったものが、現在は5000万円にまで急騰してい [全文を読む]

自分の細胞でがんを治す「免疫細胞治療」とは? 最先端の治療を医者に聞いた

ウートピ / 2015年11月25日07時00分

がんを早期発見するために検診に行くことはもちろん大切ですが、現在の医学では、気を付けていても北斗晶さんのように検診で見逃がされてしまったり、進行の早いがんを患ってしまったりする可能性は十分にあります。それでは、いざがんになってしまったら、どのような心構えでどのような治療を考えていくべきなのでしょうか。「がんと診断されてもそんなに落ち込まないでほしい」と話す [全文を読む]

近藤誠医師 がん手術が転移・再発を引き起こす可能性を指摘

NEWSポストセブン / 2015年10月31日07時00分

がん治療に詳しく、現在はセカンドオピニオン外来で患者相談を続ける近藤誠医師(元慶應大学病院放射線科)は、手術と転移の関係についてこう話す。 「手術すると転移しやすくなることは、昔から医学の世界では指摘されていることです。大まかに2通りの考え方があります。ひとつは、初発巣(初めにがんができた部位)のがん細胞から、転移先のがん細胞の増大を抑える物質が分泌されて [全文を読む]

松居一代、船越と川島なお美さん交際暴露に批判殺到「人の死をPRに利用」「人間性疑う」

Business Journal / 2015年10月10日17時00分

松居は、考案した掃除道具『マツイ棒』が大ヒットし、現在は投資家としても活躍しています。そのため、お金の動きに異常に敏感になっているともいわれますが、業界内からはさすがに『実利に走りすぎ』との声が聞こえてきます」 さらに、週刊誌記者はこう語る。 「松居は浮気にも敏感で、過去には船越の携帯電話を煮たり焼いたり、さらには折ったことがあると公言するなど、いわゆる [全文を読む]

川島なお美さん訃報に際し考える がんの早期発見・治療は本当に正しいのか?

Business Journal / 2015年10月09日06時00分

がんの治療に成功した方もいれば、何人かの方はがんで亡くなり、またがんを持ったまま現在も治療中の方もいます。 いったい、がんとはなんなのでしょうか。 それは悪性腫瘍です。ちなみに、漢字の「癌」とひらがなの「がん」は実は微妙に使い分けられています。「癌」は「がん」に含まれるのです。悪性腫瘍を意味するのが「がん」です。世の中の病院や財団法人、NPOなどが「がん」 [全文を読む]

北斗晶と川島なお美から、今一度考えたい「がん検診」について

WooRis / 2015年10月05日15時00分

「私は大丈夫」と思っていても、身近な家族や知人の中にがん患者だった人、あるいは現在治療中という方が必ずひとりはいませんか? そこで今回は、薬剤師・栄養学博士の宇多川久美子さんの著書『薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法』を参考に、“がん検診の危険性”について考えてみたいと思います。 ■多種多様ながん検診が増えている 日本では、バリウムを飲んでレントゲン撮 [全文を読む]

川島なお美 露出の多いワンピースで深刻な様子ナシと目撃談

NEWSポストセブン / 2015年09月20日07時00分

医学が進歩し、がん治療の選択肢が増えた現在、川島や樹木のように、従来の医学的治療を拒否する人も増えている。 元慶応大学医学部専任講師の近藤誠氏は、「抗がん剤は効かない」「がんは放置しておくべき」という独自の理論をメディアで展開し、著作は軒並み大ベストセラーになっている。 今では乳がん患者の6割が乳房の全摘出手術をしない乳房温存療法を希望するという。 医学 [全文を読む]

川島なお美だけではない!! 体重30キロ台の激ヤセ女性芸能人4名!

tocana / 2015年09月19日09時00分

その後、栄養失調改善を図っていたようだが、今年6月に現在の体重が36.8キロであることを公言するなど、相変わらず栄養失調気味である模様だ。 ■アンジェリーナ・ジョリー 今年8月、タブロイド紙がアンジェリーナ・ジョリーが激ヤセしていることを報じた。同紙によると、アンジーは食事をとることを拒否し、体重は37キロまで落ち、瀕死状態であるという。2013年にはがん [全文を読む]

抗がん剤も放射線治療も受けない川島なお美 体重30kg台前半に

NEWSポストセブン / 2015年09月18日07時00分

身長158cmの彼女だが、現在の体重は30kg台前半だという。 「全然大丈夫。元気ですよ」と気丈に振る舞ったが、体調に配慮した主催者により、会見は5分で打ち切られた。これには川島と旧知の仲という小倉智昭(68才)も『とくダネ!』(フジテレビ系)で「昨年頭に渋谷でバッタリ出会ったけど、その時よりもやせられたんですよね」と神妙な表情で感想を述べた。 昨年1月、 [全文を読む]

「こ、これは……」報道陣も心配した川島なお美の激ヤセぶりの“真相”とは

日刊サイゾー / 2015年09月10日11時00分

元気ですよ』と笑顔で答えていましたが、この日のイベントでは大好きなシャンパンに口をつける程度で、飲むことはありませんでした」(同) 関係者によると、病院に行くのは定期健診だけで、現在は11月のソロコンサートやミュージカルに向けて筋トレやボイストレーニングをしているという。 一方で、現在の病状を聞かれた川島は「寛解(がんの兆候が見つからない状態)ということは [全文を読む]

「再婚しないでほしい」ガンから復帰した川島なお美が夫宛てに書いていた遺書

アサジョ / 2015年09月10日09時59分

「そこには『一緒にお墓に入りたいから、再婚しないでほしい』という、川島の想いがつづられていました」(前出・テレビ関係者) つらい手術を乗り越え、現在出演中の舞台に加え、11月には20年ぶりのソロコンサート、さらに11月から12月にかけてミュージカルの全国公演も控えている。このハードスケジュールをこの痩せた体で乗り越えることができるのか。「3カ月前に『愛川欽 [全文を読む]

山田まりや、熊田曜子の戦略的な「割れ腹筋アピ」!産後ボディを見せたがる元グラドルたちの思惑

messy / 2015年04月21日16時00分

グラドル時代はぽっちゃりとした肉感的なボディで男性ファンを多く抱えていた彼女であったが、現在の彼女のビキニ姿はその頃の面影がないほどスリム。ウエストにはくびれができ、腹筋もうっすらと浮き出ている。 これを見たネットユーザーからは「産後でこの体型はうらやましい」「相当努力してるんだろうね」と賞賛の声が湧いたが、一方では「ただの見せたがり」と批判的な反応もあ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】川島なお美が54歳に。生まれたばかりの写真を公開。整った顔立ちに驚きの声。

TechinsightJapan / 2014年11月10日14時30分

現在の関係に関しては「今は身近で大切な存在です」と語り、仲の良さをうかがわせた。 川島は昨年「5年生存率50%」と言われる肝内胆管がんを発症するも見事乗り越え、今なおその美しさを保っている。今月にはミュージカルの再演も決まっている彼女、変わらずその美しい姿をファンに見せ続けてくれるだろう。 (TechinsightJapan編集部 根岸奈央) [全文を読む]

フォーカス