再婚 川島なお美に関するニュース

妻と死別した男性 2~3年で新たなパートナーを探す例が多い

NEWSポストセブン / 2015年10月07日07時00分

胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、昨年1月の手術前夜、夫の鎧塚俊彦氏(49)に「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」という遺書を綴ったとテレビ番組で明かしていた。手術が成功したためその遺書は破棄されたが、川島さんの急逝後にそのことが報じられると、夫への深い愛情を感じさせる逸話として国民の涙を誘った。 しかし、もし自分が妻から同 [全文を読む]

川島なお美さん 夫への「できれば再婚しないで」遺言が話題

NEWSポストセブン / 2015年10月03日16時00分

それは、「一緒のお墓に入りたいからできれば再婚はしないでね」というメッセージだった。 一般には、夫より自分が先に旅立つ場合、「再婚して幸せになってほしい」と伝える妻が少なくないなか、この遺言の内容には賛否両論が巻き起こった。 「本当に愛している相手に死を覚悟して書いた遺言ならば、むしろ 『再婚してもいいから、どうか幸せになってね』と伝えることが無償の愛では [全文を読む]

川島なお美さんの3回忌、夫・鎧塚俊彦さんに最近起きた心境の変化

週刊女性PRIME / 2017年09月22日16時00分

思い切って再婚の可能性についても聞いてみた。 「女房は“できれば再婚はしないでね”と言っていましたからね……。ずっと誰も好きにならずに、恋愛もせずにいるかどうかは正直わかりません。でも、今は再婚というのはありえないですね」 なお美さんは花となり、蝶となって、今も小田原の高台から夫を見守っている。 [全文を読む]

「川島なお美動物愛護基金」設立 遺志継がれ…夫・鎧塚氏「喜んでくれたと」

スポニチアネックス / 2017年10月04日14時39分

また、川島さんが生前、鎧塚氏に「できれば再婚しないで」と話していたことを振り返り涙。「(再婚は)考えてないです。考えられないということだけです」としみじみ話した。 [全文を読む]

亡妻の下着、捨てるか残すか 処分しないと再婚できない例も

NEWSポストセブン / 2015年10月30日07時00分

「男性の場合は奧さんを亡くされて再婚を考えたり、お付き合いをする女性を探したりすることが多い。妻の遺品整理をしないままだと相手の女性が交際や結婚をためらってしまうので、人生の次の一歩を踏み出せません」(木村氏) 66歳の男性は、妻の「下着整理」をやり遂げて再婚を果たした。 「妻の死から1年間は、妻を思い出しては一人で泣いていました。もちろん遺品はそのまま [全文を読む]

故・川島なお美さん“再婚禁止”遺言が物議「それは厳しすぎる!」の声も……

日刊サイゾー / 2015年09月29日21時00分

昨年1月の手術の際「万が一、目覚めないこともあるんだ……」と、鎧塚さん宛てに「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」と記していたと、一部メディアで報じられた。 これにネット上では「再婚禁止はきつい」と、ちょっとした議論になっている。 ワイドショー関係者は「結婚当時、鎧塚さんには長年付き合っていた女性がいて、それを川島さんが略奪したと報じられたこ [全文を読む]

国産ミュージカルの最高傑作「広い宇宙の中で」待望の再演決定!今の時代だからこそ伝えたいメッセージが凝縮された衝撃作!―川島なお美、黒田アーサー、AKB48の岩田華怜ら豪華キャスト出演―

DreamNews / 2015年03月30日14時00分

それから12年後、ある日、正太が突然「再婚する」と言い出した。誰よりもショックを受けたのは、幽霊の和子だった。再婚相手は、小料理屋を営む赤城照代という女性。悲しい過去を背負いつつも、明るい笑顔を絶やさない照代。しかし、母の面影を今も慕い続ける長女の陽子をはじめ、子ども達は複雑な思いを抱く。特に、厳格な祖母に育てられ、家柄を重んじる次女の彩恵子は、照代を拒絶 [全文を読む]

“伝説のいい女”に会いたい!「<翔んだライバル>辻沢杏子」

アサ芸プラス / 2016年01月04日09時57分

さて、再婚から10年がたちました。お相手は26歳上の実業家で、現在は79歳というのは驚き。辻沢 初婚の相手も15歳上だったけど、男の人はいくら年齢を重ねてても単純明快だなあと思う。うれしい時はうれしい、悲しい時は悲しいって態度で。──正直、再婚にあたってご両親の反対は?辻沢 うちの母親より1つ上なので、母は固まっていましたが(笑)。──実際は父娘のような夫 [全文を読む]

松居一代 悪びれるそぶりがない暴露に報道陣がドン引きする

NEWSポストセブン / 2015年10月24日16時00分

「会見予定の前日に爆笑問題の田中裕二(50才)と山口もえ(38才)の再婚報道がありました。 だから、自分への注目が減ることを避けて日程を変更したんです。松居さん自身、悪びれるそぶりもなく“再婚報道が出たから(日にちを)変えました”って、堂々と“カブリ回避”で延期したことを明かしていました。それでいて、川島さんや北斗さんへのあの話題の振り方…“本を売るため [全文を読む]

死別した妻が美人であればあるほど男性は再婚できぬ確率上昇

NEWSポストセブン / 2015年10月08日16時00分

胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、昨年1月の手術前夜、夫の鎧塚俊彦氏(49)に「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」という遺書を綴ったとテレビ番組で明かしていた。受け止め方はさまざまだろうが、妻と死別した男性が悲しみを乗り越え、次のステップを踏み出すまでに要する時間は意外と長くない。2~3年で再婚を考えるケースも少なくないとい [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

9月24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さん(享年54)が、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(49才)に「一緒にお墓に入りたいからできれば再婚しないでね」と遺した言葉が話題だ。一般には、夫より自分が先に旅立つ場合、「再婚して幸せになってほしい」と伝える妻が少なくないなか、この遺言の内容には賛否両論が巻き起こった。 遺言を見れば、その人がどのような信念を持っ [全文を読む]

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

銀行預金の使い道から愛犬の預け先まで、自分の死後の希望を全てまとめ、《できれば再婚はしないでね。一緒のお墓に入りたいから》《先に行って、“とりシャン”(とりあえずシャンパン)してるから、後でね》 と、努めて明るく別れを告げていた。術後もこの遺書は残しており、折に触れて読み返すこともあったという。「遺書には当時の偽りない自分の気持ちを綴ったそうです。“今読み [全文を読む]

「再婚しないでほしい」ガンから復帰した川島なお美が夫宛てに書いていた遺書

アサジョ / 2015年09月10日09時59分

「そこには『一緒にお墓に入りたいから、再婚しないでほしい』という、川島の想いがつづられていました」(前出・テレビ関係者) つらい手術を乗り越え、現在出演中の舞台に加え、11月には20年ぶりのソロコンサート、さらに11月から12月にかけてミュージカルの全国公演も控えている。このハードスケジュールをこの痩せた体で乗り越えることができるのか。「3カ月前に『愛川欽 [全文を読む]

川島なお美 誕生日に感涙…パティシエ夫が「愛の特大ケーキ」

WEB女性自身 / 2014年11月21日07時00分

テレビで、「私が先に死んでも再婚しないでね。一緒のお墓に入りたいから」とまで語っていた川島。誕生日にあらためて夫との絆を確かめ合ったことだろう――。 [全文を読む]

がん患者 治療中断した方が25%長生きするという調査結果も

NEWSポストセブン / 2017年02月04日16時00分

再婚はできればしないでね。一緒のお墓に入りたいから。今までありがとう》 余命宣告を受けた患者の家族ができることについて、訪問看護事業を運営するホスピタリティ・ワン代表の高丸慶さんが指摘する。 「余命宣告された患者は体の痛みのほか、心の痛みやお金の問題など社会的な痛みなどを抱えます。こうした医学では取れない痛みは家族の力で対応できる。例えば家族が患者の横 [全文を読む]

鎧塚俊彦氏の想い強い 川島なお美さんの納骨できず

NEWSポストセブン / 2016年03月03日16時00分

また私は泣き出してしまいそれで目が覚めてしまいました》 川島は胆管がんの手術の際、夫に内緒で遺書を用意し、「できれば再婚しないでね」と綴ったことを明かしていた。彼の近況を見る限り、川島以外の女性が心に入り込む余地は今のところない。 ※女性セブン2016年3月17日号 [全文を読む]

船越英一郎も激怒する松居一代の“暴走癖” 夫が出演中のドラマスタッフからクレームも……

日刊サイゾー / 2016年01月19日20時00分

2001年、連れ子を伴っての船越との再婚では、船越の父親ら親族が猛反発して出席拒否する事態に。出席者の女優によると「それなのに松居さんは、初婚の新郎そっちのけで出しゃばって出席者から不快感を買っていた」というが、その後も法廷闘争となった自宅マンションの水漏れトラブルや顔面神経麻痺など、トラブルは多かった。夫婦生活をやたらとネタにするため、夫の出演ドラマの関 [全文を読む]

女性からのメールに携帯を鍋で煮た!?船越英一郎が松居一代の異常束縛で離婚決意

アサ芸プラス / 2016年01月18日17時59分

「『ご苦労様でした』『よく今まで我慢した』『すぐ再婚できる』など、船越側に立って離婚報道を肯定するコメントばかりです。もともと、船越は撮影の現場でも気配りができる役者で、共演者を飲みに誘うこともしばしばあったとか。しかし、それさえも松居の嫉妬の対象にされることもあったそうで、息苦しい暮らしだったのではないでしょうか」(芸能ライター) かつては“マツイ棒”で [全文を読む]

梅宮アンナ、寂しい話題づくり?!

NewsCafe / 2015年11月19日16時00分

「だからこそなんでしょうが、本人は常に恋をしたいとか機会があれば再婚したいと漏らしていました。だから、男とのデートなどと聞くとこちらも新しい男ができたのか、と反応したくなるところです」 しかし、女性誌が報じたツーショットの相手はアンナとごく親しいヘアメークアーティストだというオチだった。 「彼女の家にも出入りし、長く一緒にいる時間も長いから、恋愛に発展す [全文を読む]

松居一代が夫・船越英一郎と川島なお美の恋仲認めて大ブーイング

デイリーニュースオンライン / 2015年10月16日08時00分

松居は1996年に一度目の結婚に終止符を打ち、2001年に俳優・船越英一郎(55)と再婚。2006年の『パートナー・オブ・ザ・イヤー』に選ばれるなど仲の良い印象もある一方で、一部ネット上では「船越と川島が過去に交際していた」という噂が流れており、真相を知りたがる者も少なくなかった。 松居は会見で、ネット上の噂について質問した記者に対し、「動揺しました」と [全文を読む]

フォーカス