民間療法 川島なお美に関するニュース

小林麻央さんの死去で、再び“民間療法”話題に……セレブ芸能人につけ込む悪徳業者も

日刊サイゾー / 2017年07月06日13時00分

市川海老蔵の妻・小林麻央さんの死去をめぐり、物議を醸しているのが「民間療法」だ。 「週刊新潮」(新潮社)は先ごろ「『海老蔵』は三度過ちを犯した!『小林麻央』の命を奪った忌わしき『民間療法』」なる記事を掲載。麻央さんが医師から抗がん剤などを用いた標準治療を提示されるも、これを断って気功などの民間治療を行っていたというもの。ネット上でも「現代医療で、北斗晶はち [全文を読む]

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日08時00分

その後、川島なお美は自身が実践している民間療法について、ブログで紹介してきた。 2014年3月27日のブログには、 「素晴らしい民間療法との出会いがありました」 というコメントともに、安易に外科手術や抗がん剤を薦める医師に辟易してきたことも記されていた。腫瘍発見から手術までに期間が空いたのも、納得のいく医師を見つけられなかったからとしている。 抗がん剤は使 [全文を読む]

何故?川島なお美さん「抗がん剤拒否」報道にネットざわつく

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日09時58分

どうやら「抗がん剤」を使わず民間療法で治療を試みていたという。理由としては最後まで女優として舞台に立ちたいという意気込みからということだが、ネットでは「民間療法かよ・・・」「何故拒否したのか」など疑問の声が上がっている。【川島なお美さん死去 54歳】女優の川島なお美さんが胆管がんのため、都内の病院で亡くなった。54歳だった。 http://t.co/96E [全文を読む]

邪気を除去?川島なお美さんが取り入れた民間療法は「ごしんじょう療法」という気功と判明!

秒刊SUNDAY / 2015年09月26日11時25分

若くしてこの世を去ってしまった女優「川島なお美」さんは、抗がん剤治療ではなく民間療法で治療を行っていたとされております。ご本人も「この人になら命を預けられる」人にお願いしたいと、ブログに説明がされておりましたとおり、医療の力ではなく、別のスピリチュアルなパワーで治療を試みていたようです。その民間療法が「ごしんじょう療法」だということのようです。川島なお美さ [全文を読む]

これが真実!川島なお美さん「抗がん剤治療」しない理由が明らかに

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日17時49分

ただ一方で、民間療法を信じ頑なに拒否したという情報もありどれが真実なのかはわからない状態となっておりましたが、過去のブログに真実は語られておりました。―「この人になら命を預けられる」そう思える先生と出会うまで手術はしたくありませんでした川島なお美さんのブログには、なぜ抗がん剤治療を行わなかったのか「真実」というタイトルで2014年3月27日に投稿されており [全文を読む]

鎧塚氏が語った 川島なお美臨終間際の壮絶な闘病の日々

NEWSポストセブン / 2015年12月13日07時00分

「再発の宣告後も、川島さんは“絶対に治る”と信じて、これまで以上にがんの勉強をして、免疫療法や漢方、マイクロ波治療など、あらゆる民間療法を実践していました。そんな彼女を見ていたら、とても余命の話などできなかったそうです」(鎧塚氏の知人) 年が明けて早々、川島を悲劇が襲った。“愛娘”と公言してきた愛犬のシナモン(15才 ダックスフント)が亡くなったのだ。 死 [全文を読む]

川島なお美さん がん闘病で最後にすがった“純金の棒”

WEB女性自身 / 2015年10月01日06時00分

抗ガン剤も非常に効きが悪く、有効率は数パーセントです」(三浦病院の三浦健院長) かわりに通っていたのが、民間療法だった。「ごしんじょう療法」を掲げる「貴峰道」という治療院は、渋谷区内のマンションの一室。川島がここを初めて訪ねたのは、ガンが見つかった’13年8月末だった。それから週に1〜2度、通っていたという。スキンヘッドに口髭の貴田晞照院長(64)が語る。 [全文を読む]

【川島なお美】「抗がん剤拒否」は間違いだった!? 代替医療にハマった有名人がん患者5名!!

tocana / 2015年09月26日09時00分

「スポーツ報知」では、民間療法の効能を信じ、正攻法でいかなかったことが命を縮めたのではないかというジャーナリストの見解を報じている。■竹原慎二 ボクシングの元WBA世界ミドル級王者で、現在はタレントとして活動する竹原慎二。昨年、膀胱がんになり治療していたことを『爆報! THEフライデー』(TBS系)で明かしたが、その際に治療費が1,000万円もかかったとい [全文を読む]

“女優であること”を選んだ川島なお美、芸道者の「生き方」と「逝き方」とは?

アサ芸プラス / 2015年09月25日17時58分

1年9カ月の闘病生活は抗がん剤による治療は行わず、民間療法を選択。「抗がん剤の副作用でステージに立てなくなる可能性があるなら、最後まで女優として舞台に立ち続けたい」という理由だった。「あまりにも若くして逝かれてしまったので、抗がん剤拒否についていろいろな意見があると聞きます。しかし近年、生存期間を延ばすことより生活や生き方の質・QOL(クオリティ・オブ・ [全文を読む]

渡瀬恒彦 胆のうに腫瘍、闘病しながらドラマ撮影継続

NEWSポストセブン / 2016年05月25日16時00分

昨年9月に亡くなった川島なお美さん(享年54)は胆管がんを患い、手術を受けたが再発し、その後は抗がん剤や放射線治療を拒否して民間療法に頼っていた。「渡瀬さんはまだ手術をしていません。腫瘍を抱えながらそれを誰にも悟られることなく仕事を続けている」(前出・関係者) [全文を読む]

介護や医療の現場で求められている、「人間らしい生活」って何?

マイナビ進学U17 / 2015年11月26日12時02分

川島さんは、抗がん剤(がんの増殖を抑えるための薬剤)を用いた治療を受けずに、民間療法を選んだこともニュースなどで取り上げられました。抗がん剤治療は、がんを克服できる可能性があるものの、その分、大きな副作用がともなう治療法です。副作用は、髪が抜け落ちる、ひどい吐き気や嘔吐をもよおす、手足がしびれるなど、患者の症状や薬によってさまざまです。病気や介護を受けるこ [全文を読む]

川島なお美さん がん闘病で最後にすがった“純金の棒”

WEB女性自身 / 2015年10月01日06時00分

抗ガン剤も非常に効きが悪く、有効率は数パーセントです」(三浦病院の三浦健院長) かわりに通っていたのが、民間療法だった。「ごしんじょう療法」を掲げる「貴峰道」という治療院は、渋谷区内のマンションの一室。川島がここを初めて訪ねたのは、ガンが見つかった’13年8月末だった。それから週に1〜2度、通っていたという。スキンヘッドに口髭の貴田晞照院長(64)が語る。 [全文を読む]

川島なお美さん、手術しなければ長生きできた?不自然な治療過程、早期発見の罠

Business Journal / 2015年09月30日06時00分

●健診でがんが発見されることは、いいことなのか 川島さんがブログに綴ったところによると、川島さんは手術後、抗がん剤や放射線による治療を一切受けず、以下の「民間療法」を取り入れていたという。(1)ビタミンC濃縮点滴などによる「免疫力増進療法」(2)電磁波などにより邪気を取り除く「電磁波療法」(3)発酵玄米や豆乳ヨーグルトといった食事を摂る「食事療法」 [全文を読む]

フォーカス