余命 川島なお美に関するニュース

がん患者 治療中断した方が25%長生きするという調査結果も

NEWSポストセブン / 2017年02月04日16時00分

全米で75万部のベストセラーになったノンフィクション『死すべき定め』(アトゥール・ガワンデ著、2014年)では、がんで余命わずかと宣告された女性が妊娠・出産を経て闘病する模様などが描かれている。 その本には興味深い研究結果がいくつかある。自身の余命の中で、最期に叶えたい目標について正直に主治医と話をした末期がんの患者は、話をしなかった患者と比べて人工呼吸器 [全文を読む]

鎧塚氏が語った 川島なお美臨終間際の壮絶な闘病の日々

NEWSポストセブン / 2015年12月13日07時00分

先生の口から出た言葉、それは「もって1年」という残酷なものでした》 打つ手はなく、仮に抗がん剤治療を受けても余命1年は変わらないのだという。「再発の宣告後も、川島さんは“絶対に治る”と信じて、これまで以上にがんの勉強をして、免疫療法や漢方、マイクロ波治療など、あらゆる民間療法を実践していました。そんな彼女を見ていたら、とても余命の話などできなかったそうです [全文を読む]

急逝・川島なお美が「女優」を貫き通した壮絶闘病

アサ芸プラス / 2015年10月03日09時57分

一昨年7月には「余命1年」を宣告されながら、最後の濡れ場を演じきっていた。 川島が、パティシエの夫・鎧塚俊彦氏(49)と久しぶりにメディアの前に姿を現したのは、9月7日のことだった。「黒いワンピースからのぞく素肌は骨格が浮き出るほどやせ細っていて、以前の面影は影を潜めていました。闘病生活の過酷さを感じずにはいられませんでした」(芸能記者) 川島自身はその会 [全文を読む]

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

「川島さんはがんが発覚した時点で“余命1年”と宣告されていたんです」 川島と家族ぐるみの親交があった山田邦子(55才)は川島の死後、テレビの生放送でこう明かした。弔問に訪れた山田に、夫・鎧塚俊彦氏(49才)は、「手術までの半年が悔やまれる。早く病院に行けばよかった」と無念さをにじませたという。 手術前日、川島は夫に宛てた遺書を用意していた。銀行預金の使い道 [全文を読む]

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日08時00分

川島さんと同じ事務所のタレント・山田邦子(55)は9月25日、TBSテレビ系「情報ライブ ビビット」で、川島さんが2013年7月に「余命1年」と告げられていたことを明かした。テレビなどの報道で川島さんの深刻な病状を知った人からは、「好きなことをして亡くなったのなら」と同情する声もあった。 民間療法の是非はさまざまな意見があるだろう。しかし、がんと向き合っ [全文を読む]

川島なお美の手術が遅れたのは「がんと闘うな」近藤誠医師の診断のせいだった? がん専門医からも誤診との批判が

リテラ / 2015年10月28日09時00分

川島さんご自身がそのことを周辺に話していたようですね」「川島さんが切除手術を受けなければ、余命がさらに延びた可能性は高く、あれほど痩せることもなかたと、僕は思っています」 こう語るのは近藤誠医師。今年9月に54歳で胆管がんで亡くなった女優・川島なお美も2013年9月に近藤医師が13年に渋谷に開いた「セカンドオピニオン外来」への診察にやってきたことを「文藝春 [全文を読む]

川島なお美さん、手術しなければ長生きできた?不自然な治療過程、早期発見の罠

Business Journal / 2015年09月30日06時00分

しかも、2013年8月に人間ドックでがんが発見された時点で、「余命1年」と宣告されていたという。これは、同じ所属事務所で川島さんとパティシエ・鎧塚俊彦さん夫妻と家族ぐるみで親しくしてきたタレントの山田邦子さんが、川島さんから聞いた話としてテレビ番組で話している。また、山田さんは手術まで半年を要したことに、「鎧塚さんは『悔やまれる。早く行けばよかった』と言っ [全文を読む]

“川島なお美が原因”でテレビディレクターが行方不明に!? 「余命数カ月」のガセ情報を信じて……

日刊サイゾー / 2015年09月15日13時00分

この部下は、A氏が姿を消す直前「川島なお美が余命数カ月だから、資料を集めておけ」とメールを受け、これを知人らに転送してしまったことが問題になっていたというのだ。 周知の通り、川島は9月7日のイベントで久々に報道陣の前に姿を見せたが、その激ヤセぶりは衝撃的だった。黒いドレスの肩口からのぞいた腕は、ほとんど肉が付いていないように思えるほど細く、痛々しかった。昨 [全文を読む]

川島なお美が遺著で近藤誠医師のセカンドオピニオンを告発していた!「あれは何だったの」「がんを放置しないで」

リテラ / 2015年12月14日08時00分

生活に支障なく元気ならば様子を見る、放置する、余命3カ月と言われた患者さんも、無駄な治療をせず放置して、何年も長生きしたケースを見てきた」というもの。こういう考え方もあるんだと、感心しました。そしてすぐさま先生に「ご意見を伺いたい!」とアポを取ったのでした〉 しかし、近藤医師の診断は予想とはまったくちがうものだった。〈「切る必要はありません。きっとがんもど [全文を読む]

小籔千豊 川島なお美治療めぐる騒動に「外野は黙っておけ」

NEWSポストセブン / 2015年12月09日07時00分

「早ければ余命2週間。でも抗がん剤治療をくぐり抜けたら、わりと長生きする」と診断されました。 どうにか抗がん剤治療が功を奏したのに、その後の治療を母親が「金かかるだけやから、治療もええ、退院する!」と言いだして譲らない。仕方なく、せめて週1回通院する約束で退院することになったけど、母親は通院してなかった。「病院行ったら1本数万円する注射を打たなあかん。もっ [全文を読む]

川島なお美さん直筆の闘病日記や秘蔵映像を初公開

Smartザテレビジョン / 2015年11月27日06時03分

12月24日(木)、ことし9月に胆管がんのため54歳という若さで亡くなった女優・川島なお美さんの素顔に迫る特別番組「独占!初公開!直筆日記と死の直前秘蔵映像!女優・川島なお美物語~余命宣告 闘病全記録~」(仮)がフジテレビ系で放送される。 夫の鎧塚俊彦氏協力の下、亡くなる直前まで出演する予定だったミュージカル「パルレ~洗濯~」の通し稽古の様子など秘蔵映像が [全文を読む]

川島なお美さん、寛解報告直後にがん再発していた

Smartザテレビジョン / 2015年10月09日22時05分

鎧塚氏は川島さんが余命宣告を受けていないことを明らかにし、降板を決めた直後の川島さんが「もっとできたはずなのに」と悔しがる姿を見せたと語った。 最後に、亡くなる11日前に夫婦で撮影したという最後の2ショット写真も公開され、鎧塚氏は「(川島さんに)ありがとうしか出てこない」と涙ぐみながら応えた。 [全文を読む]

川島なお美さん 夫への「できれば再婚しないで」遺言が話題

NEWSポストセブン / 2015年10月03日16時00分

宣告された余命はとっくに過ぎ、体重もわずか30kgほど。食べ物も飲み物も受けつけなくなった病床で彼女は、10月16日にやってくる夫の50才の誕生日パーティーを内緒で企画していたのだ。偽の雑誌取材企画まで作って。 《Toshiにはサプライズだから絶対内緒にしてね》 川島さんは亡くなる前日まで、友人たちにそんなメールをしていた。 「一緒にお墓に入りたいからでき [全文を読む]

川島なお美さん がん闘病で最後にすがった“純金の棒”

WEB女性自身 / 2015年10月01日06時00分

このころ、余命1年を宣告されていた」(同じ知人) 昨年1月に腹腔鏡手術を受け、2週間ほどで退院。2カ月後には仕事復帰した。抗ガン剤や放射線治療は受けていなかった。「肝内胆管ガンは再発が非常に多いガンです。放射線治療はまず効きません。抗ガン剤も非常に効きが悪く、有効率は数パーセントです」(三浦病院の三浦健院長) かわりに通っていたのが、民間療法だった。「ごし [全文を読む]

故・川島なお美さん“再婚禁止”遺言が物議「それは厳しすぎる!」の声も……

日刊サイゾー / 2015年09月29日21時00分

昨年1月に12時間に及ぶ肝内胆管がんの手術を受けた時点で余命1年と宣告されていた川島さんは、自ら身辺整理も行っていた。川島さんを知る人物は「ダンナさんと一緒にお墓を見に行ったり、自宅にある絵画や骨董品などをどうするか、きちんと亡くなる前に決めていたそうです」と明かす。 一方で物議を醸しているのが“遺言”の中身だ。昨年1月の手術の際「万が一、目覚めないこと [全文を読む]

川島なお美さん がん闘病で最後にすがった“純金の棒”

WEB女性自身 / 2015年10月01日06時00分

このころ、余命1年を宣告されていた」(同じ知人) 昨年1月に腹腔鏡手術を受け、2週間ほどで退院。2カ月後には仕事復帰した。抗ガン剤や放射線治療は受けていなかった。「肝内胆管ガンは再発が非常に多いガンです。放射線治療はまず効きません。抗ガン剤も非常に効きが悪く、有効率は数パーセントです」(三浦病院の三浦健院長) かわりに通っていたのが、民間療法だった。「ごし [全文を読む]

あら不思議!? 唱えるだけで「体やココロの不調が改善する」魔法の言葉

WooRis / 2014年08月06日07時30分

■1:無意識の“悪い自己暗示”に注意!体の不調を感じ、病院に行き検査をしたところ、悪性の腫瘍が見つかり、医師から病状と“余命”を告げられたら……多くの人は人生を悲観し、落ち込んでしまうのではないでしょうか。とくに陥りやすいのが、“権威のある人”に「あなたは●●です」とネガティブなことを言われた時、言葉をそのまま受け取ってしまい、この言葉から無意識のうちに自 [全文を読む]

フォーカス