方法 川島なお美に関するニュース

急逝・川島なお美が「女優」を貫き通した壮絶闘病

アサ芸プラス / 2015年10月03日09時57分

自分の体から組織を採り、増殖させて再び体に注入する方法だ。「直接がんを叩く方法と、全身の免疫力を上げる方法があります。保険が適用されないので料金は、1セット3回の注入で約150万~160万円という高額なものです」(医療関係者) 免疫力を高めると言われる食品を食べることで、闘病を続けていたという。「効果には個人差が大きく、何が本人にいいか一概に言うのは非常に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】川島なお美がみかんで“言葉の波動”を実験。その驚きの結果とは。

TechinsightJapan / 2014年10月16日13時55分

彼女が自主的にシンプルな方法で行った実験だけになおさら心を打つようだ。 彼女が10月15日に『川島なお美オフィシャルブログ「なおはん」のほっこり日和』で明かした“言葉の波動”に関する実験とは次のようなものだ。できるだけ同じ品質となるように選んだ「千疋屋の高品質みかん」3個を3つの口が広いビンに入れてしっかりフタをする。それぞれのビンに「ありがとう」、「ばか [全文を読む]

ゲストに田崎真也氏、デヴィ夫人が参加『日本コレ賞 JAPAN COLLET AWARD』創設プレスカンファレンンス・レセプションパーティーがフランス大使館で華やかに開催

DreamNews / 2016年11月09日17時30分

※フランス大使館経済公使のムルルヴァ氏(左)とフランス コレ社代表のシャリオー氏(右)【日本コレ賞について】 「日本コレ賞」の趣旨とエントリー方法・審査方法についての説明は「GOLD CHEF CLUB」プランナーの岡本光正氏より発表されました。 「日本コレ賞」のエントリーを募集するサイト「GOLD CHEF CLUB」は、「美味しい日本を支えるGOLDな [全文を読む]

川島なお美さん、今井雅之さん、竹田圭五さんら「早死」急増のなぜ? 『日本人はもう55歳まで生きられない 少食が健康長寿のコツ』 ガン、糖尿病、不妊の原因は飽食と冷えだった 日本人55歳寿命説!

DreamNews / 2016年04月12日10時00分

そこで本書では、それらのメカニズムと解決策、健康になるためのアドバイスとその実践方法を公開し、「早死に」のリスクを減らし、「逆さ仏」現象を食い止める方法を伝授します。 <本書の内容>第1章 ガン早死「急増」の真実第2章 血液を汚す習慣、キレイにする習慣第3章 糖尿病、不妊症が意味するもの第4章 ガン、糖尿病、不妊症が暗示する人類滅亡第5章 高騰する医療費を [全文を読む]

「開運本」の出版会見で大炎上、松居一代の運は閉ざされた?

アサ芸プラス / 2015年10月10日17時59分

「松居からすれば、“記者から質問されたから正直に答えただけ”なんでしょうが、彼女ほど芸能界で経験を積んでいる人なら、上手にかわす方法はいくらでもあったはず。むしろ質問した記者に対して『場をわきまえてほしい』と、やんわりたしなめることもできたでしょう。結婚前の恋愛話をこのタイミングで話したのは軽率だったと思います」(芸能ジャーナリスト) くしくも「開運」がテ [全文を読む]

【川島なお美】「抗がん剤拒否」は間違いだった!? 代替医療にハマった有名人がん患者5名!!

tocana / 2015年09月26日09時00分

代替医療とは、近代医学の限界を指摘した上で、いまだ有効性が科学的に証明されていないものも含めた多種多様な方法によって、患者の心身の調和を取り戻し、病気の治癒を試みようとする医療である。がん患者について言えば、3大療法(抗がん剤・放射線・手術)を拒否し、食事療法・免疫療法・ホメオパシー療法・レイキ(霊気)療法・瞑想・ヨガ・音楽などの"ホリスティック"な方法 [全文を読む]

ダレノガレ、「猫虐待」にブチ切れ! 川島なお美、杉本彩……“動物愛護”に熱心な芸能人

サイゾーウーマン / 2017年10月09日15時00分

日本のペット業界が抱える闇を暴露して、改善方法を提案しています」(芸能ライター) ロックバンドの SEKAI NO OWARI は、動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」を通して支援している。 「16 年に動物殺処分の現状を知った SEKAI NO OWARI は、同年に『ブレーメン』を設立して、動物殺処分ゼロプロジェクト支援シングル『Hey Ho』をリ [全文を読む]

北斗晶と川島なお美から、今一度考えたい「がん検診」について

WooRis / 2015年10月05日15時00分

【関連記事】 ※ タバコと同レベルの害が!寿命を縮めてしまう「最悪なNG生活習慣」3つ ※ エッ…これもダメ!? 医師が「自分では絶対に食べない」アブナイ食材5つ ※ ウソ…死亡率4倍!? 「アレの低下」が老化を早めて寿命を縮めると判明 ※ えっ驚き!女性の死亡率ワースト1位「結腸がん」の予防にはクルミが効くと判明 ※ 今井雅之も罹患…女性死亡数1位「大 [全文を読む]

知っているだけで寿命が延びる「真・ガン知識」(1)家族が家族をがんにする!?

アサ芸プラス / 2016年06月14日05時55分

これまで1万人以上のがん患者を診てきた「健康増進クリニック」の院長で、近著に「難しいことはわかりませんが、『がん』にならない方法を教えてください!」(文響社/大橋弘祐氏との共著)がある水上治医師に、「これを知っているだけで寿命が延びる最新がん知識」を伝授してもらった。 そもそも、がんというのは、細胞の「コピーミス」によって生まれた「タチの悪いおでき」のこと [全文を読む]

自分の細胞でがんを治す「免疫細胞治療」とは? 最先端の治療を医者に聞いた

ウートピ / 2015年11月25日07時00分

自分の免疫細胞を使ってがんを攻撃する「免疫細胞治療」――この「免疫細胞治療」とはどのような治療方法なのでしょうか。後藤重則院長(以下、後藤):「免疫細胞」とは、ウイルスや細菌を攻撃する働きをする様々な細胞の総称です。その免疫細胞を採血によって体外に取り出し、増殖させたり強化させたりしてから体内に戻し、がん細胞を攻撃する力を高める治療法が「免疫細胞治療」です [全文を読む]

重大病が見つかるチェックリスト「前立腺がん」

アサ芸プラス / 2015年10月14日17時55分

前立腺全摘除術は、がんを含めた前立腺、精嚢、リンパ節を取ってしまう方法です。 精巣除去術は、精巣(睾丸)を取ることによって体内で作られる男性ホルモンをなくそうとするものですが、同じ効果を示す薬剤が他にあることや、患者さんの抵抗感などもあり、最近ではあまり行われていません。 転移がなくステージBくらいまでであれば、前立腺全摘除術によって完全に治る可能性が高 [全文を読む]

有吉弘行、前田敦子、大島優子などのスタンプがLINEクリエイターズにて配信開始!

DreamNews / 2015年05月15日18時00分

友人・家族などとのコミュニケーションツールとして、お楽しみください!■似顔絵作成タレント 片岡鶴太郎 山田邦子 笑福亭笑瓶 松村邦洋 高島礼子 川島なお美 彦摩呂 具志堅用高 神奈月 土田晃之 劇団ひとり 有吉弘行 柳原可奈子 デンジャラス 前田敦子 大島優子 インスタントジョンソン 新宿カウボーイ 野呂佳代 おかもとまり 赤プル 進藤学 アルコ&ピース [全文を読む]

女性なら磨いておきたい!年をとると忘れがちな「ある意識」とは

WooRis / 2014年12月16日19時30分

【関連記事】 ※ 2ヶ月でマイナス10kgも!? 実は飲みやすいアレを摂って健康的に痩せる秘策 ※ 婚活女子必見!美意識よりも高めたい「男性が結婚相手に求めるスキル」3つ ※ 美意識高い女子ほど要注意!「恋愛がうまくいかない人」の落とし穴とは ※ あなたの彼は大丈夫…?「モラハラ予備軍男子」のヤバイ兆候4つ ※ それ失笑されてるかも!「やりすぎ認定」され [全文を読む]

ダイエット専門家「糖質を控えすぎると、体臭がきつくなる」

NEWSポストセブン / 2012年06月06日16時00分

さらに脂質は、糖質の急激な吸収を防ぐ作用があり、実は肥満や糖尿病を予防したり、満腹感を保つ効果があるんですよ」 【関連ニュース】糖質カットすれば何食べてもOKの減量法 1週間で3キロ減も原発の真の危険性は? 日本のエネルギー政策について考察した本ラーメンにわさびにちょい足しで有害物質を排出し脂肪を燃焼血管年齢若返り方法 「カロリーオフより糖質オフ」と専門家 [全文を読む]

フォーカス