人気 amazarashiに関するニュース

amazarashi、新曲「エンディングテーマ」MV解禁

okmusic UP's / 2016年02月23日21時00分

このエンディングノートには、秋田本人、およびamazarashiがエンディング曲を手がけたアニメ『東京喰種 √A』の原作者である石田スイ、「秋田ひろむの世界観や音楽が好きだ」という日本SF大賞受賞の新進気鋭の人気SF作家宮内悠介といった、amazarashiのファンであるクリエイターや、キャバクラ嬢、地下アイドル、高校生、トラック運転手など様々な人々の“ [全文を読む]

amazarashi、アコースティックアルバムより 「無題 unplugged ver.」を24時間限定公開

okmusic UP's / 2015年04月08日19時00分

【その他の画像】amazarashi「無題」はデビューアルバム『爆弾の作り方』に収録以降、ファンの中では確固たる人気を誇る楽曲で、ある絵描きの人生と愛をテーマにした物語が描かれた感動の楽曲となっている。 アルバム『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』の初回限定盤には、2014年9月9日に東京ドームシティホールにて行われたプレミアムライブ「千分の一夜物 [全文を読む]

世界初、レーザーカッターで生肉の文字をつくる技術を採用 amazarashi アニメ『東京喰種√A』エンディングテーマ『季節は次々死んでいく』MV解禁

@Press / 2015年02月03日18時00分

熱狂的人気を誇るアニメ『東京喰種√A』のエンディングテーマに起用された、青森在住の秋田ひろむを中心とするバンドamazarashiの楽曲『季節は次々死んでいく』のミュージックビデオがYoutubeにて公開された。※動画には、一部ショッキングな表現が含まれます。URL: https://www.youtube.com/watch?v=wtJcLWeY114今 [全文を読む]

7年ぶりのシリーズ最新作、PS4版『NieR:Automata』ついにリリース! 豪華特典も【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2017年02月23日11時00分

余談となるが、本作と人気アーティスト・amazarashiのコラボ楽曲「命にふさわしい」(SMAR)のシングルが昨日よりリリース中だ。本楽曲は『NieR』シリーズのディレクターであるヨコオタロウの提案で、共創プロジェクト「NieR:Automata meets amazarashi」が立ち上がり、ヨコオ氏が手がける同名の絵本と共に誕生した。今月8日に掲載 [全文を読む]

amazarashiが池松壮亮主演「銀と金」歌う!

Smartザテレビジョン / 2016年12月15日19時00分

本ドラマは福本伸行の人気コミックが原作。「悪」vs「悪」の究極のマネーゲームを描くエンターテインメント作品だ。 amazarashiは青森在住の秋田ひろむを中心としたロックバンド。一切の本人露出がない中、独自の世界観と美しくも残酷な音楽、メッセージ性の強い歌詞が、「強い説得力を持って痛烈に心に突き刺さる」と口コミで話題に。 力強くも純粋で繊細なボーカルと [全文を読む]

アニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」放送決定!アニメ界の“奇才チーム”が乱歩に挑む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月16日18時00分

現在公式サイトで、3人の表情とボイスが聞ける最新CMを公開中! 数々の奇怪な事件に挑む3人の活躍から目が離せない! 「乱歩奇譚」のオープニング・テーマには、人気ロックバンド「amazarashi」が熱唱する新曲「スピードと摩擦」に決定。本作の美しき狂気“セカイ”を飾るに相応しい、刹那的で身悶えのするほどクールな楽曲だ。amazarashi・秋田ひろむから [全文を読む]

amazarashiが「季節は次々死んでいく starlight ver.」のライヴ映像を公開

okmusic UP's / 2015年05月15日19時00分

【その他の画像】amazarashi光と映像で演出された特殊空間の中、ストリングスを加えたバンド編成で生演奏された「季節は次々死んでいく」は、2015年1月より放送された「東京喰種√A」のテーマソングで、オリジナルMVはYoutubeで500万再生を超える人気曲になっている。今回は『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』に収録された新アレンジにて披露さ [全文を読む]

amazarashi、新MVは生肉で紡がれた歌詞200文字!?

okmusic UP's / 2015年02月03日18時00分

同曲は熱狂的人気を誇るアニメ『東京喰種√A』のエンディングテーマに起用されている。【その他の画像】amazarashi今回のMVでは、amazarashiの歌詞を表現するために、レーザーカッターで生の牛肉を歌詞の形で切り取るという世界初の手法を採用。クリエイティブディレクターはSIXの本山敬一、映像監督は稲葉右京が務めた。冒頭には、MVのテーマを象徴する谷 [全文を読む]

中島美嘉、新曲「僕が死のうと思ったのは」を全国ツアーで初披露

okmusic UP's / 2013年07月29日15時00分

また、新曲のカップリングも人気ロックバンドamazarashiの秋田ひろむが手がけている。全国ツアー<LIVE IS “REAL"2013 ~THE LETTER あなたに伝えたくて~>を開催中の中島美嘉が、 新曲「僕が死のうと思ったのは」を7月26日(金)大阪フェスティバルホールにて初披露した。 本作は既にリリックビデオの48時間限定公開を経た、ファンの [全文を読む]

amazarashiが、ベストアルバム『メッセージボトル』の発売を記念し、amazarashi 誦読『つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)』 Music Videoを公開

PR TIMES / 2017年03月24日17時42分

3月29日にリリースされるベストアルバム『メッセージボトル』は、秋田ひろむ自身が、”未だ、amazarashiと出会っていない人の為の一枚”と位置付け、今まで発表された楽曲の中から、アニメ「東京喰種√A」の主題歌で、YOUTUBEで2,300万回以上再生された人気楽曲『季節は次々死んでいく』、ドラマ「銀と金」主題歌の『ヒーロー』、大ヒットPS4用ゲーム「N [全文を読む]

一迅社が新たに「文芸編集部」を発足 第1弾は『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』他を刊行

@Press / 2017年02月28日12時00分

( http://www.ichijinsha.co.jp/special/wazazon/ ) 文芸編集部による今後の刊行ラインナップは、20歳から30歳前半の年齢層に絶大な人気を誇るWeb投稿サイト※ 「小説家になろう( http://syosetu.com/ )」にて人気急上昇中の『きみを殺すための5つのテスト』(著:狐塚冬里)をはじめ、2016年 [全文を読む]

焚吐、10代最初で最後の1stアルバムをリリース&収録曲がアニメ『闇芝居 四期』のEDに決定

okmusic UP's / 2016年12月03日11時00分

また初回盤の特典DVDには、人気クリエイターであるりゅうせーが手掛ける「子捨て山」「てっぺん底辺」などアルバム未収録曲のMVなど7曲が収録されるとのこと。こちらも楽しみにリリースを待っていてほしい。■【焚吐よりコメント】「スケープゴート」は、このために書き下ろした新曲はもちろん、百余りあるレパートリーの中から"今、世に出したい曲"を真剣に選びました。コミ [全文を読む]

覆面のカリスマバンドamazarashiが新作発表!電子文芸雑誌「別冊文藝春秋」3月号に掲載

@Press / 2016年02月19日08時00分

この号は他にも、七月隆文、吉永南央、貴志祐介、熊谷達也氏など人気作家の連載、飴屋法水氏など4編の新連載、中山七里、千早茜氏などの連載完結など、文芸誌としても充実しています。 ■書誌情報 「別冊文藝春秋」3月号(第322号) 価格:800円(税込)(※電子書店によって異なる場合があります) 発売日:2月19日 主要販売電子書店:Kindleストア、iBoo [全文を読む]

女子高生が学校のトイレでひたすら踊り狂う映像が衝撃すぎると話題に

AOLニュース / 2015年08月06日12時00分

一切素顔を明かさずミステリアスな世界観を創り上げながら、ライブでは1万人規模のチケットが5分で即完する人気を誇る。 今回解禁されたトイレで踊り狂う映像は、江戸川乱歩没後50年記念アニメ「乱歩奇譚」の主題歌に起用された2ndシングル「スピードと摩擦」のMV。出演者のオーディションは、全員が実際にトイレでダンスをするという異例のかたちで進められ、選考は約10時 [全文を読む]

近藤晃央、ニューシングルリリース&ブラックナイトハロウィーンパーティー開催決定

okmusic UP's / 2013年10月02日11時00分

【その他の画像】近藤晃央同曲は人気アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」の新エンディングテーマとして10月3日からオンエアされる予定で、すでにTwitterなどでは「次のNARUTOのエンディングは、宇宙兄弟のエンディング「テテ」を歌っていた近藤晃央。これは楽しみ!」と話題になっている。 近藤自身「まさかこの曲がシングルになるとは思わなかった。でもNARU [全文を読む]

ハルカトミユキ、メジャー移籍後初となるフルアルバムが11月6日に発売決定!

okmusic UP's / 2013年09月02日14時00分

時代を独特の視点で描く鋭いリリックと、激しいサウンド、美しい歌声で人気急上昇中。iTunes が「今年活躍が期待できる新人」として選ぶ 「NEW ARTIST 2013」にも選出され、今年3月に発売された2nd EP「真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。」収録曲「ドライアイス」は、まだ無名にも関わらず、FM802の「ヘビーローテーション」 [全文を読む]

フォーカス