理学部 東北大学に関するニュース

平成29年執行 東京都議会議員選挙都民ファーストの会 公認候補予定者決定(八次)

PR TIMES / 2017年04月05日19時12分

氏名 :成清 梨沙子(なりきよ りさこ)(新) 選挙区 :墨田区選挙区(定数3) 生年月日:平成元(1989)年12月24日(27歳) 最終学歴:東京大学経済学部 卒業 職歴等 :(現)希望の塾 塾生 (現)公認会計士 (元)あずさ監査法人 社員 氏名 :福島 理恵子(ふくしま りえこ)(新) 選挙区 :世田谷区選挙区(定数8) 生年月日:昭和46(19 [全文を読む]

仕組みを理解しながら学ぶプログラミングの学習書 『楽しいプログラミング[増補改訂新版]』 -オブジェクト指向言語Rubyを使って-

PR TIMES / 2014年09月19日10時18分

東北大学理学部化学科、博士課程後期中退。理学博士。予備校講師、東北大学反応化学研究所助手、助教授、宮城工業高等専門学校教授を経て2000年に京都に移り住んで現職。大学院時代にマイコンで遊びはじめて以来、仕事と趣味でプログラミング道に邁進。2000年から大学でRubyを教え始めたことで、その道の先覚者を自称。趣味はピアノとチェロの演奏と歌。 [全文を読む]

現代の釣りロマン! 作家・夢枕獏×怪魚ハンター・小塚拓矢、平成『オーパ!』対談【後編】

週プレNEWS / 2017年05月02日15時00分

東北大学理学部生物学科卒、同大学院生命科学研究科修了。在学時からアマゾンやアフリカを旅し、怪魚を釣り上げる。釣り用具の開発・販売も手がける。近著に『怪魚を釣る』(740円+税/集英社インターナショナル) ●『オーパ!』 かつては本誌の人生相談を担当していた作家・開高健先生。アマゾン、アラスカ、モンゴルなどを舞台に、『月刊PLAYBOY』で連載していた『オー [全文を読む]

現代の釣りロマン! 作家・夢枕獏×怪魚ハンター・小塚拓矢、平成『オーパ!』対談【前編】

週プレNEWS / 2017年05月01日11時00分

東北大学理学部生物学科卒、同大学院生命科学研究科修了。在学時からアマゾンやアフリカを旅し、怪魚を釣り上げる。釣り用具の開発・販売も手がける。近著に『怪魚を釣る』(740円+税/集英社インターナショナル) ●『オーパ!』 かつては本誌の人生相談を担当していた作家・開高健先生。アマゾン、アラスカ、モンゴルなどを舞台に、『月刊PLAYBOY』で連載していた『オー [全文を読む]

世界で釣り上げた巨大魚は50種以上! 怪魚ハンターが狙う、次の獲物は?

週プレNEWS / 2017年04月12日15時00分

東北大学理学部生物学科卒業、同大学院生命科学研究科修了。在学時からアマゾンやアフリカを旅し、怪魚を釣り上げる。釣り用具の開発・販売も手がける。近著に『怪魚を釣る』(740円/集英社インターナショナル) 【お知らせ】 4月20日、「Loft9 Shibuya」で小塚拓矢さんが出演するトークイベント開催! 怪魚ハンター×動物写真家トークイベント「冒険を“仕事” [全文を読む]

「人材枯渇企業」東芝、実質的に銀行管理下へ…命運担う「過激な救世主」存在感増す

Business Journal / 2017年02月23日06時00分

小林氏は、東北大学理学部修士課程を修了し、1980年に東芝に入社。NAND型フラッシュメモリを中心に歩き、シェアを拡大させ、韓国サムスン電子との2強体制を築き、副社長まで登り詰めた。 「メモリ業界は設備投資が巨額な一方、需要の波が大きい。外れた場合のリスクも大きく、典型的な博打ビジネス。小林氏は読みに鋭く、大勝負を打つだけでなく過激な発言も多かった」(同) [全文を読む]

認知症予防法 「健康脳」のコツとは? 瀧靖之氏新著発売

認知症ねっと / 2016年09月27日12時00分

脳画像研究の第一人者が紹介する「健康脳」のコツ 北海道旭川市に生まれた著者は、東北大学理学部を卒業後、同大学医学部へと進み、同大学の大学院医学系研究科博士課程を修了している。そして、大規模MRIデータベースにより、生活習慣と脳の老化の関係などについて研究を行っており、現在まで約16万人の脳画像を見てきた著者は脳画像研究の第一人者でもある。これまで、多数の [全文を読む]

新社長就任のお知らせ

PR TIMES / 2016年05月26日09時49分

1:新経営体制 [画像: http://prtimes.jp/i/13319/11/resize/d13319-11-337874-1.jpg ] 2:嘉穂無線ホールテ゛ィンク゛ス株式会社・嘉穂無線株式会社 新社長略歴 1976年 4月17日生まれ 2000年 東京大学経済学部卒業後、三井物産株式会社入社 2008年 嘉穂無線株式会社入社 2009年 社 [全文を読む]

ニューヨークタイムズ紙絶賛の名エッセイ、待望の邦訳!『マイコフィリア きのこ愛好症~知られざるキノコの不思議世界~』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2016年01月20日18時16分

1978年東北大学理学部卒業。企業で主に材料の研究開発に従事。1995年米国研究開発百選(R&D100)受賞。リタイア後は翻訳、執筆に取り組む。趣味は、東京神田で古書渉猟、八ヶ岳でのきのこ狩り。きのこマイスター(日本きのこマイスター協会認定) [全文を読む]

ケンブリッジ大でも注目された若者が説く「地方と世界つなぐ教育」

WEB女性自身 / 2015年05月17日06時00分

11年、奨学金を得てケンブリッジ大学物理学部博士課程に入学。「ケンブリッジに行ってまもなく、彼の話に勢いが出てきましたし、何かつかんだのかもしれないなあと思いましたね」と齊藤教授は言う。 留学を通じて、岡本さんはいかに自分が恵まれているかに感謝する。「日本は経済的に豊かで、便利で、安全で、公の教育が行き届いていて国際社会では稀有な国であると、改めて気づか [全文を読む]

植物性乳酸菌ブームの裏側にある日本人の腸内環境

PR TIMES / 2012年02月02日12時18分

1976年東北大学理学部生物学科卒業。雪印乳業株式会社をへて、2001年より雪印ラビオ株式会社取締役開発研究所長に。2003年カゴメ株式会社総合研究所プロバイオティクス研究部長に就き(企業統合による転籍)、その後「植物性乳酸菌」や「ラブレ菌」の研究に携わる。また2011年より東京農業大学客員教授をつとめる。 書誌タイトル: 『味噌、しょうゆ、キムチ 植物性 [全文を読む]

過去5年の受賞作では初の電子化! 芥川賞受賞作、『道化師の蝶』が電子版で緊急配信!

PR TIMES / 2012年01月31日18時02分

東北大学理学部物理学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。2007年「オブ・ザ・ベースボール」で文學界新人賞、2010年『烏有此譚』で野間文芸新人賞、2011年、早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞する。他の著書に『Self-Reference ENGINE』『Boy's Surface』『後藤さんのこと』『これはペンです』などがある。本作「道化 [全文を読む]

芥川賞、円城塔『道化師の蝶』と田中慎弥『共喰い』の2作が受賞

ニコニコニュース / 2012年01月17日19時01分

東北大学理学部物理学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。「オブ・ザ・ベースボール」で第104回文學界新人賞受賞。『烏有此譚』で第32回野間文芸新人賞受賞。2011年第三回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。 田中慎弥さんは、1972年11月29日山口県下関市生まれ。1991年山口県立下関中央工業高校卒業。山口県下関市在住。文芸誌「群像」に201 [全文を読む]

フォーカス