小説 常盤貴子に関するニュース

若い美容師の男にのめり込み、少しずつ狂っていく主婦を描く大人のサスペンス

NeoL / 2016年09月07日18時49分

常盤貴子と池松壮亮が初共演し、井上荒野の同名小説を映画化した『だれかの木琴』。 夫と中学生の娘と暮らす、平凡な主婦の小夜子。引っ越し先で見つけた美容院で若い美容師の海斗に髪を切ってもらうと、その日のうちに海斗からのお礼の営業メールが。小夜子は「今後ともよろしくお願いします」となにげなく返信するが、そのとき、小夜子の心の中で何かがざわめく。その後も返信に返信 [全文を読む]

大事なモノが見えた!?満島真之介が大林映画で披露したヤバいシーン

アサジョ / 2017年10月07日10時14分

2010年の芸能界デビュー以来、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」や映画「無限の住人」などに出演し、役者としてのキャリアを着実に積み重ねるなか、今年12月には巨匠・大林宣彦監督に主要な役で抜擢された映画「花筐HANAGATAMI」の公開が控えている。 大林監督が末期ガンを宣告されながら撮り上げたという渾身の作品だが、公開前から満島の怪演ぶりが評判になっ [全文を読む]

門脇麦、「野外キス」から「“行為後”シーン」まで最新「大林映画」で艶技全開!

アサ芸プラス / 2017年09月20日09時59分

作家・檀一雄の小説が原作の同作。大林監督は昨年8月にクランクインする直前、肺ガンで「余命半年」の宣告を受けていたといい、命がけで撮影を行ったという。 同作について映画関係者が語る。「周囲からは『完成できないんじゃないか』と危惧されながら、大林監督の執念で撮りあげたものすごい作品です。大林作品の集大成のような内容に仕上がっていますよ」 窪塚俊介、満島真之介 [全文を読む]

余命宣告を受けた大林宣彦監督の戦争映画が12・16公開

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月18日17時35分

本作は、檀一雄の小説「花筐」に基づき、1941年の佐賀県唐津市を舞台に戦禍を生きた若者たちの青春群像を描く物語。絢爛豪華なヤマと呼ばれる巨大な山車を曳き回す唐津の祭り「唐津くんち」の全面協力を得て製作された。 主人公・榊山俊彦に『その日のまえに』(2008)、『野のなななのか』(2013)などで大林監督と組んだ窪塚俊介、俊彦が憧れを抱くたくましい美少年・ [全文を読む]

グラビア界の裏側を生々しく描いた自伝的映画で杉原杏璃が明かした“ギラギラな洗礼”とは…

週プレNEWS / 2017年03月23日19時00分

映画の原作小説『……and LOVE』(双葉社)好評発売中。原作を描いたWEBコミック『…and LOVE~グラビアアイドルになる方法。』も小学館eコミックストアで配信中。TOKYO MX『テリー伊藤の(金)ライダー8』(毎週月曜20:00~)にレギュラーMCとして、『ニュース女子』(毎週月曜22:00~)にも出演中。詳細は公式ブログにて【http://a [全文を読む]

「君の名は。」に続くか、中国のファン待望の「日本映画展」が16日からスタート―上海市

Record China / 2016年12月06日21時10分

うち、「オーバー・フェンス」は、不遇の作家・佐藤泰志の芥川賞候補作となった同名小説を原作とし、人気俳優・オダギリジョーや蒼井優、若手イケメン俳優・松田翔太などが出演。妻に見放され故郷の函館に舞い戻り、職業訓練校に通学している白岩とホステスの聡という、孤独な男女が中心のストーリーだ。 その他、巨匠・是枝裕和監督を師匠とし、日本で最も才能ある女性映画監督との呼 [全文を読む]

常盤貴子 新作映画で魅せる「私生活は仮面夫婦」でも12年ぶり「濡れ場」の妖艶度

アサ芸プラス / 2016年05月28日17時57分

直木賞作家・井上荒野氏の同名小説が原作だ。 常盤扮する小夜子は、夫・勝村政信(52)や娘とともに東京に移住してくる。見知らぬ土地での生活に戸惑う中、初めて訪れた美容院で池松壮亮(25)扮する美容師の海斗と出会う。何気ない営業メールをきっかけに執着を抱き始める常盤。池松の自宅を突き止めると、ドアノブに差し入れをぶら下げたり、池松が恋人と愛を確かめ合っていた部 [全文を読む]

真木よう子の離婚が「仕事のないヒモ夫に愛想を尽かした英断」として報じられる不思議

messy / 2015年09月29日17時00分

しかし不思議なのは、彼らの家庭においては、真木が積極的に外で仕事をし、片山は基本的に在宅での小説家修行や家事育児を頑張るという“役割分担”が明確化していたはずなのに、なぜ? というところ。片山は以前は俳優をしていたが、結婚と同時期に「小説家になりたい」と俳優引退し、リリー・フランキー(51)に師事して小説を書こうとしていたという。できちゃった婚だったため真 [全文を読む]

NHK『まれ』を見て「失敗とおっぱいの共通点」を考えてみた

NEWSポストセブン / 2015年09月21日16時00分

NHKの朝の連続ドラマ小説『まれ』が、9月末に最終回を迎える。ネットでは不評が目立つこのドラマ、大人力コラムニストの石原壮一郎氏は「『まれ』には重要なキーワードが含まれていると説く。 * * * あと一週間で、とっ散らかった話をどう収束させるのでしょうか。NHK朝ドラ『まれ』が、9月26日の放送分で半年間のフィニッシュを迎えます。おもに石川県の能登を舞台に [全文を読む]

東京オリンピック50周年記念対談 高杉良(作家)×大沢たかお(俳優) 「東京にオリンピックを呼んだ男」 フレッド・和田勇とは?

週プレNEWS / 2014年10月10日06時00分

ドラマの原作となった『祖国へ、熱き心を 東京にオリンピックを呼んだ男』の著者である企業小説の名手、高杉良さんと、和田さんを演じた俳優の大沢たかおさんに“国境を超えた偉大な日本人”和田勇の生きざま、そして過去と未来の東京オリンピックについてお話ししていただきたいと思います。 大沢 高杉さんは、和田さんに実際に会われているんですよね。どんな印象でしたか? 高杉 [全文を読む]

フォーカス