クローゼット 矢口真里に関するニュース

「不快感を与える」魔女・矢口真里を拒絶し抹殺したい気持ち

messy / 2016年04月12日01時30分

11年5月に長身俳優の中村昌也と結婚したが、13年の2月に不倫相手の男性読者モデルを自宅のベッドに招き、その現場を中村に見られたという「クローゼット不倫事件」が大々的に報じられ、活動を休止することとなった。まだ新婚であったこと、自宅に不倫相手を招き夫婦のベッドで……ということ、そこそこマジメを装ったツッコミキャラであったことなどが重なり、矢口の好感度は地に [全文を読む]

矢口真里、汚れキャラで勝負? 「胸がスゴく大きくなってきた」と悩み明かす

しらべぇ / 2017年05月25日17時00分

(画像はYouTubeのスクリーンショット)13年のクローゼット不倫以降、汚れキャラも引き受けるぶっちゃけ屋となった元・モーニング娘。の矢口真里(34)。24日放送の『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)で明かした「胸の悩み」が話題に。■胸が大きくなってきたことを明かす最近、太ったということもあり、胸が大きくなってきたという矢口。手のひらで [全文を読む]

矢口真里、「クローゼット」の単語スルーでわかった炎上芸の終焉

アサ芸プラス / 2015年12月02日09時58分

そんな矢口だったが、ユーザーから寄せられた「少し太った?」「かわいい」などのコメントには一つ一つ拾っては丁寧に返答するが、「クローゼット」などの不貞ネタを彷彿とさせるコメントには「洋服をしまうところですよねぇ」と“とぼけ”に終始。炎上を煽るわりには思いっきりのよさが全く感じられない態度に、不満の声をあげる視聴者が多かった。 その後、番組中盤に同ゲームのイ [全文を読む]

「元旦那と頻繁に遭遇?」クローゼット不倫から“完全復活”の矢口真里は完全に許されたのか

おたぽる / 2015年10月16日19時00分

「完全復活、という言い方は適切ではないのですが、テレビの露出でいうと例の不倫騒動前と同じくらいキャスティングされてるんじゃないでしょうか。今でも月100万レベルのギャラを稼いでいるみたいですからね」(バラエティスタッフ) 今や、バラエティ番組でその顔を見ない日はないというくらいキャスティングされている矢口真里。 「どの番組でも必ず不倫騒動にまつわる話になる [全文を読む]

「乳首コリコリセクシービーム」ついに矢口真里がビッチキャラを解放?

messy / 2014年12月11日18時00分

のヒット曲である「恋のダンスサイト」での矢口パート“セクシービーム”をアレンジしたもので、不倫発覚の修羅場で、当時の不倫相手で現在の恋人である梅田賢三(26)が隠れたとされるクローゼットを開けるポーズから始まり、両手の人差し指と親指で両乳首をコネコネした後、ビームを発射するというネタ。「心のクローゼットを開けて、コリコリコリ、セクシービーム!」のセリフ付き [全文を読む]

有名人「歴史的大不貞」はこんなに甘美だった!(2)レポーター・長谷川まさ子が語る「生々しい空気感」

アサジョ / 2017年03月25日17時00分

当時の夫・中村昌也が帰ってきたため、鉢合わせした不倫相手の梅田賢三はクローゼットに逃げ込んだというのが定説。 実はその後、私がレギュラー出演している関西の番組に矢口ちゃんがゲストで来たんです。その日の真相をテーマにしていたら、矢口ちゃんが衝撃の一言。「クローゼットって何のことですか?」 出演者全員が、「ええーっ!」ですよ。ところが矢口ちゃんいわく、「そんな [全文を読む]

モー娘。卒業生たちの『結婚ランキング』が「えげつなすぎる」と話題

しらべぇ / 2017年03月15日15時00分

・第1位 矢口真里:「クローゼット不倫」が原因で離婚。レギュラー番組3本、CM、雑誌連載全て降板。1年5ヵ月の謹慎・第2位 加護亜依:デキ婚→DV離婚→再婚。逮捕歴のある元夫から暴行を受けたとして離婚。その後美容関係の仕事をしている一般男性と再婚。・第3位 市井沙耶香:デキ婚→離婚→再デキ婚。ミュージシャンの元夫と離婚の翌年に2度目の結婚もデキ婚。 現夫の [全文を読む]

開き直った?矢口真里、「主婦からは日本一嫌われている」発言でバッシングの嵐

アサジョ / 2017年02月02日10時15分

「『クローゼット不貞』騒動以降、安定の嫌われぶりです。しかし、番組を観たかはともかく、これだけ多くの人がネットのニュースを読んで、わざわざ批判を書き込みたくなるほどの嫌悪感を持たせるのですから、タレントとしてはむしろアッパレですよ。とにかく、タレントは相手にされなくなったらおしまいですからね。矢口にはまだまだ“嫌われる需要”があるということでしょう」(芸能 [全文を読む]

「2016年」以前にもお盛んだった!芸能界「歴史的不貞」事件の裏側

アサ芸プラス / 2016年12月31日09時59分

さらに長渕の妻である志穂美悦子には、長渕と2度と会わないことを約束したと語りました」(芸能ライター) 近年、もっともインパクトのあった不貞といえば、矢口真里の「クローゼット事件」だろう。当時の夫、中村昌也が帰ってきたため間男の梅田賢三が矢口の自室クローゼットに逃げ込んだというもの。「ところが、矢口は番組で『何のことですか?』『そんな修羅場はありません』と否 [全文を読む]

加護亜依だけじゃない! モーニング娘。OGたちの結婚事情がことごとくヤバい

tocana / 2016年08月19日08時00分

矢口は、2013年に起こした“クローゼット鉢合わせ不倫”が週刊誌によって取りざたされ、1年以上にわたり芸能界を休業した。またそれ以前にも、俳優の小栗旬との交際が報じられたところで、モーニング娘。を脱退している。女難の相ならぬ男難の相を持っているのではないかと勘ぐってしまう。■安倍なつみ 現役時代は不動のセンターだった・安倍なつみは歌詞の盗作事件があった。過 [全文を読む]

ベッキー、石井竜也、乙武洋匡……“ゲス不倫”特需で矢口真里にコメンテーター需要が!?

日刊サイゾー / 2016年03月26日11時00分

「矢口は今年の元日放送回にゲスト出演し、不倫発覚時と同じクローゼットから飛び出すパフォーマンスを見せ、Mr.マリックから『しくじりましたね?』とイジられています。元夫である中村も、昨年度に生徒役としてゲスト出演し、不倫ネタをイジられています。オードーリーの若林正恭は、自身のラジオ番組で『「しくじり先生」の理想は、元夫婦である矢口と中村の共演』と語っていま [全文を読む]

不貞ネタで稼ぎ続ける矢口真里に、“あのマンション住民”から非難の声!

アサジョ / 2016年02月23日09時58分

彼女が“クローゼット事件”を起こしたマンションに住んでいる住民たちである。「最近、都内のマンションに引っ越したのですが、近所の方から矢口さんが男を連れ込んだマンションだと聞き、クローゼットを開けるたびに思い出して、何か嫌な気分になります。彼女はすでに引越していますが、いまだに周辺の人たちからは『矢口マンション』と呼ばれ、とても不愉快です。矢口さんは悪びれる [全文を読む]

矢口真里は「鋼の心臓」!?間男との愛の巣を堂々テレビ公開しお茶の間が硬直!

アサジョ / 2016年02月15日09時59分

カメラを搭載してこの暮らしぶりを公開したのが、なんと“クローゼット不貞”で騒動を巻き起こした矢口真里だったのです」(芸能ライター) 信頼も仕事も失うきっかけとなった“間男”と今でもつながっていることと、2人での甘~い暮らしぶりを堂々とクイズにしてしまう矢口に対して、ネット上には「図太さは遥か斜め上」「鋼の心臓だな」「ビックリするくらい生命力強い」など、驚き [全文を読む]

ベッキーVS矢口真里 恋愛暴走力を洗い出し比較!(3)「矢口に学ぶベッキーの今後の展開は?」

アサ芸プラス / 2016年01月24日09時57分

いつも明るいベッキーがあまりにもイメージとかけ離れたことをしてしまっただけに、今後、出演中のバラエティ番組も3月末での降板となることが検討されています」(芸能レポーター・城下尊之氏) 一方、不倫騒動後は自宅にこもり、1年5カ月もテレビから姿を消した矢口だが、一昨年から徐々に深夜番組で復帰、今年正月にはMr.マリックのマジックでクローゼットから登場するという [全文を読む]

ベッキーVS矢口真里 恋愛暴走力を洗い出し比較!(2)「生々しい二人の不貞行為」

アサ芸プラス / 2016年01月23日17時57分

早朝帰宅した夫が明らかな妻の不貞行為を認め、クローゼットに隠れていた男を土下座させたという不倫修羅場がワイドショーをにぎわせたことは記憶に新しい。「同じ不倫でも、普通は夫不在の自宅のベッドに恋人を招き入れるまではしませんよ。愛欲力では矢口に軍配が上がるでしょう」(芸能レポーター・城下尊之氏) しかも、梅田は「騎乗位の覇王」と自称するテクニシャンだけに、矢口 [全文を読む]

misono誕生日を祝うメンツが…森下悠里邸に集う矢口真里、藤井リナ、安西ひろこ、紺野あさ美

messy / 2015年10月10日11時00分

パーティーの主役であるお騒がせタレントmisonoに、クローゼット不倫事件で集中砲火を浴びた矢口、かつて“彼氏被り”していたことをmisonoにブログで明かされた藤井、容貌の変化がとどまるところを知らない森下……テレビ番組のディレクターがこのメンツを揃えたら確実に「お騒がせ女子の禍々しい夜会!」的なノリの暴露番組をつくるだろう。森下のInstagramによ [全文を読む]

不倫謹慎から復帰の矢口真里が見つけた“腹立たしいキャラクター“とは?

tocana / 2015年09月18日09時00分

クローゼット不倫事件が発覚後、芸能活動を休止し、昨年復帰した矢口。立ち位置的には、ためらう立場にはないはずである。なぜ、お前がためらう。ためらう時間がもったいないだろう。今の時間を返せ。雑魚寝姿勢でテレビを見ていた私は、思わずそうつぶやいてしまった。 矢口は、1998年にモーニング娘。第2期メンバーとして加入。2年後には、身長150㎝以下限定3人組ユニット [全文を読む]

性獣・矢口真里、中途半端なビッチ路線の賞味期限

messy / 2014年12月23日12時00分

12月21日、矢口真里(31)がクローゼット不倫事件を経て復帰後、1年7カ月ぶりの地上波バラエティー出演作が放送された。復帰番組のタイトルは『今だから言えるナイショ話』(TBS)。矢口がプライベートで懇意にしているというロンドンブーツ1号2号の田村淳(40)と共にMCを務め、脱税事件の板東英二(74)やゴーストライター騒動の新垣隆氏(44)らがナイショ話を [全文を読む]

矢口真里が“漫画オタク”アピール再開も、紹介作品の内容がヤバすぎ!?「中村昌也との結婚を後悔」か

日刊サイゾー / 2014年11月28日00時00分

ラブラブぶりをアピールしていたが、昨年5月に“クローゼット不倫”が報じられ、間もなく離婚。現在は、間男の梅田賢三と同棲生活を送っている。 「この作品の内容に照らすならば、もしかしたら矢口は、中村との結婚を後悔しているかもしれません。あれだけ叩かれながらも、先月出演した『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、しっかり梅田とのペアリングを付けていましたか [全文を読む]

千原ジュニアに“クローゼット不倫”映像化された矢口真里「ますます復帰しづらい空気に……」

日刊サイゾー / 2014年11月25日20時30分

クローゼットには裸の間男が隠れており、矢口と元夫・中村昌也、現恋人の梅田賢三との修羅場を彷彿とさせる内容であった。 また、映像のラストでは、「知る人」が「矢口る人」に見えるよう、文字が動く演出も。これに伊集院光は「小柄な女優さんを選ばれて(笑)。なんだったら、もっと適任の方、直接オファーすると出てくるかもよ」と提案したが、ジュニアは「誰ですか?」ととぼけて [全文を読む]

フォーカス