投資 スルガ銀行に関するニュース

冬のボーナス、今年は貯蓄する? 投資に回す?

プレジデントオンライン / 2016年12月22日15時15分

貯蓄するか、思い切って投資に回すか……。 株式投資については、目下、トランプ相場で株価は上昇傾向。しかし、米国の利上げ動向や、1月発表のトランプ新大統領の政策次第では、日本の景気に逆風が吹く可能性もある。来年はフランスで大統領選、ドイツで連邦議会選挙があり、とくにフランスではEU離脱派が有力候補となっているなど、政治経済にも混乱の火種が燻る。 これらを踏ま [全文を読む]

確定拠出年金(DC) 金融機関選びの鍵は商品のラインナップ

NEWSポストセブン / 2015年07月12日07時00分

投資できる商品は主に投資信託になるが、その種類や数は金融機関によって異なる。まずはどんな商品に投資したいかを明確にして、希望にあった商品が用意されている金融機関を選ぶのがいいだろう。 商品選びではDC口座でどの資産クラスに投資したいかがカギとなるが、この場合はすでに証券口座やNISA口座で保有している資産を含めてポートフォリオを考えたい。DCの口座内で分散 [全文を読む]

世界水準の資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」、「リバランス機能付き自動積立サービス」の提供を開始。

PR TIMES / 2016年08月31日12時33分

(2016年8月31日現在)✔ 定期的な積立投資を手間をかけずに継続でき、元本割れのリスクを下げつつ、投資効率を向上させることができます。[画像1: http://prtimes.jp/i/14586/9/resize/d14586-9-159224-1.jpg ]最先端のテクノロジーにより世界水準の資産運用サービスを提供するウェルスナビ株式会社(本社:東 [全文を読む]

なるほど!高収入の人ほど「趣味にローンを組む」意外な理由とは

BizLady / 2015年02月12日19時00分

【参考】 ※ 趣味に関する調査 - d-labo(スルガ銀行夢研究所) あわせて読みたい ビットコインって何?知っておかないとヤバい「仮想通貨」の仕組み (0) 1分でわかる!知っておきたい「仮想通貨と経済の仕組み」基本のキ (0) コレで毎月貯められる!一人暮らしの働き女子むけ「やりくりテク」5つ (0) これなら防げる!働き女子の「うっかり衝動買い」 [全文を読む]

【現地上場デベロッパー緊急来日記念 豪華3部構成セミナー】 あの“マレーシア不動産”は現在どうなっているのか?

@Press / 2016年11月02日16時30分

■注目ポイント 《第1部》現地日系不動産企業による2016年マレーシア不動産市況徹底解説 《第2部》ツインタワー目の前で周辺相場より4割も割安なお値打ち物件紹介 《第3部》スルガ銀行「全額融資もありえる海外不動産融資商品」詳細説明 ■当日のセミナー内容 第1部:マレーシア不動産市況解説(BEYOND BORDERS社マレーシア代表 玉邑氏) 数年前、空前 [全文を読む]

FP伝授 投資信託の販売手数料をすべて無料に抑えるワザ

NEWSポストセブン / 2012年04月30日16時00分

投資を行っている人であれば一度は購入したことがあるであろう投資信託。通常、金融機関の窓口で購入する場合には販売手数料が最初にかかる場合が多い。しかし世の中には「ノーロード」と呼ばれる販売手数料が無料で販売される場合もあるという。同じ投資信託でも金融機関によっては販売手数料が無料のところもあれば、手数料がかかる場合もあるのだ。 手数料はできるだけ節約したいも [全文を読む]

香川銀行セルフうどん支店の高金利定期などお得なネット定期

NEWSポストセブン / 2012年09月17日07時00分

※女性セブン2012年9月27日号 【関連ニュース】定期預金、預けるなら金利比較的高いネット銀行 狙い目は6月スルガ銀行のジャンボ宝くじ付き定期預金 1億円当選者続出5年連続で1億円以上の当せん者を出す“宝くじ付き定期預金”中国人民元投資「今後5年で15%為替差益見込める」と専門家ネット銀行「ケータイでへそくり」なら、バレずに貯まる!? [全文を読む]

ゲイツ、ザッカーバーグ、ダイソン、マスク…成功者に共通する「遊び方」とは? 『大人はもっと遊びなさい』電子版がリリース。

DreamNews / 2016年08月05日11時00分

2000年に退職後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。現在は、早稲田大学客員教授、スルガ銀行社外取締役ほか、書評サイト『HONZ』の代表を務める。 近著に、『これが「買い」だ』(新潮社)、『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。』(KADOKAWA/中経出版)、『教養は「事典」で磨け』(光文社)、『情報の「捨て方」』(KAD [全文を読む]

フォーカス