株価 花王に関するニュース

アジア銘柄、なぜ人気で株価好調? ユニチャーム、花王…アジアの人口・所得増で稼ぐ

Business Journal / 2014年08月29日01時00分

投資家の人気が高く、株価が年初来の高値を更新する銘柄が相次いでいる。●ユニ・チャーム その代表銘柄は紙おむつなどの衛生用品メーカー、ユニ・チャーム。東南アジア各国の人口増加と所得水準向上を背景に、ベビー用紙おむつが年率2ケタの伸びを続けている。同社のインドネシアでの紙おむつのシェアは65.8%、タイでは61.2%、ベトナムでは40.4%と、いずれも高いシェ [全文を読む]

商品回収騒動のカネボウ 損害は“軽症”も、ドラッグストア戦争で出遅れる可能性

Business Journal / 2013年07月07日07時00分

市場も敏感に反応しており、花王の4日の株価は前日比80円安の3415円に。仮に被害者続出で集団訴訟……などの事態になれば、産業再生機構の支援を受けたカネボウ化粧品を06年に買収し、経営再建に取り組む「超優良企業の親会社(=花王)も黙ってはいないだろう」。同記事にコメントを寄せた経済ジャーナリストは、「花王は、ソフィーナという自分たちの化粧品ブランドがあり [全文を読む]

【誰にも教えたくない日本の隠れ家】茅場町を代表する焼き鳥とウナギの銘店、東京都・日本橋茅場町「かやば町 鳥徳」

GOTRIP! / 2016年09月06日02時00分

・鳥徳のご飯の量で株価が読める? 鳥徳の美味しさの秘密はなんといっても鶏肉の鮮度とウナギの鮮度。 それゆえ、多くの証券マンがランチで弁当をオーダーするのだ。 実はこちらのお店、毎日炊くご飯の量は店主が決定している。店主はこれまでの何十年もの経験から、特に天気と株価を交えてご飯の量を決定しているとのこと。 つまり、鳥徳のご飯の量で株価も読める、そんなことも [全文を読む]

爆買い狙いの中国関連株 億の資産築いた会社員投資家の勝算

NEWSポストセブン / 2015年11月03日07時00分

昨年8月、40円台だったラオックスの株価は瞬く間に急騰し、今年7月には11倍超の564円をつけた。この急騰劇をきっかけに「インバウンド関連銘柄」が株式市場を席巻するようになった。さとりん氏がいう。 「エイチ・アイ・エス(9603)のような旅行代理店はもちろんですが、やはりドラッグストア関連は欠かせません。中国人が化粧品や日用品を爆買いするため、必ず立ち寄る [全文を読む]

未だ継続中のフジTV韓流偏向抗議デモに「無意味では?」の声

NEWSポストセブン / 2012年04月05日07時00分

花王のデモをやった時、「株価が下がった!」と大喜びの人がいましたが、多分デモの影響なんて何もないはずですけどね。「たまたま」下がっただけのことでしょう。 でも、デモという行為をすることによって生きている実感を味わえるのであれば、これは喜ばしきことかもしれませんね。以下は私が取材した内容を基にしたNEWSポストセブンの記事です。 ・フジTVへの抗議デモで「我 [全文を読む]

石原さとみ、関連商品の経済効果は1000億!?

日刊大衆 / 2017年03月06日07時05分

女優・石原さとみ(30)の“株価”が最近、最高値を更新している。「オリコンの女性が選ぶ<なりたい顔>の1位を獲得。男性が<キスしたいと思う唇の持ち主>でも1位に。男女問わず支持されて、好感度も高いのですから、もはや無敵の存在です」(芸能記者) その証拠に、昨年からCM契約本数も急増中。「サントリー『ふんわり鏡月』のCMでは、照れながら彼氏に語りかけ、焼酎を [全文を読む]

中国人の粉ミルク買い占め、豪で社会問題化。ネット転売で5倍に

まぐまぐニュース! / 2015年11月20日05時00分

一人っ子政策は即効性ある経済政策? さて、10月に中国政府は一人っ子政策の廃止を発表したが、発表後、日本の哺乳瓶メーカーのピジョンや、紙おむつが中国で人気の花王、ユニ・チャームなどの株価が上昇しており、ベビーブーム特需が期待されている(CNBC)。 一人っ子政策の廃止は、将来の労働力を増やすためでもあるが、景気が減速するなか、子育てによる消費増で経済を上 [全文を読む]

従業員が健康な企業は成長する?アメリカをマネた株式投資の新基準、ブームの予感?

Business Journal / 2015年04月17日06時00分

経産省は「これらの企業は、従業員の活力や生産性の向上など、組織の活性化をもたらすことで、中長期的な業種・企業価値の向上を実現し、投資家からの理解と評価を得ることで、株価の向上にもつながることが期待される」としている。 しかし、実はこれは厚生労働省が進めている「健康寿命をのばそう!アワード」という運動のまねだ。厚労省は同運動で、従業員や職員、住民に対して生 [全文を読む]

フォーカス