カラオケ 坂本冬美に関するニュース

演歌の名盤BEST100(4)坂本冬美が「また恋」&「夜桜お七」歌唱指導

アサ芸プラス / 2013年01月17日10時00分

でも、皆様がカラオケで歌う場合は、息継ぎを気にせず、リズムを楽しんで歌えばすごくいい雰囲気になると思いますよ」 と歌唱法のワンポイントアドバイス。ぜひ参考にしてほしいところだ。 ちなみに坂本自身、プライベートでも仲のいい演歌仲間とカラオケに行くことがあるという。 「藤あや子さん(51)や天童よしみさん(55)と食事も兼ねてカラオケにも行きますよ。あや子さん [全文を読む]

シニアと音楽に関する調査

@Press / 2015年12月08日16時15分

「その他」で多かったのは、「リビングでくつろいでいるとき」、「パソコンを開いているとき」、「寝る前」など■カラオケに行く頻度、11.2%が「月1回以上」50代が8.1%、60代が12.5%、70代以上が14.3%と、カラオケに行く頻度は高年齢者ほど多い■歌を歌いたくなるとき、「カラオケに誘われたとき」が46.4%女性は「ストレスを発散したいとき」36.6% [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(5)角盈男「巣鴨で会いましょう」をデュエットで

アサ芸プラス / 2013年01月18日10時00分

* 9年ぶりの新曲「流れて、女」で演歌に初挑戦した林寛子(53)がオーナーを務めるのが、雪谷大塚のカラオケサロン「ラブリー寛寛(カンカン)」。 「ウチは音響にこだわっていて、マイク音量とオケのバランスをお客様によって変えていますし、カラオケは最も歌いやすい生演奏が大半を占めています。音響が悪いと無理に声を出して喉を痛めてしまうことがあるので、気持ちよく歌 [全文を読む]

JOYSOUND「うたスキ紅白歌合戦」、本日からスタート!カラオケで傑作動画を投稿して、豪華賞品を手に入れよう!

PR TIMES / 2012年12月14日19時14分

JOYSOUNDでは、大晦日の「第63回NHK紅白歌合戦」に出場するアーティストの楽曲を課題曲として、「うたスキ紅白歌合戦」と題し、カラオケの傑作動画を募集するキャンペーンを本日、12月14日(金)からスタートします。 対象機種(JOYSOUND f1/CROSSO)で、紅白出場アーティストの楽曲を歌うご自身の姿を、カラオケルームに設置された専用カメラで「 [全文を読む]

JOYSOUNDで歌って、テレビ出演のチャンス!音楽情報番組「うたなび!」で、若草先生に直接指導してもらおう!!

PR TIMES / 2013年11月22日13時42分

POPS、演歌・歌謡曲、オトナ向けの音楽など、幅広いジャンルの音楽を紹介する音楽情報番組「うたなび!」(全国10局ネット)と、カラオケJOYSOUNDの連動企画が、本日11月22日(金)からスタート! JOYSOUNDの撮影機能「うたスキ動画」でエントリーいただいた方の中から見事、優秀者として選ばれた方は、カラオケの楽しみ方をわかりやすく紹介する「うたなび [全文を読む]

坂本冬美、5年振りの本格演歌は祭りをテーマに日本を盛り上げる応援歌。~太鼓芸能集団「鼓童」をFeaturing

PR TIMES / 2013年10月02日17時14分

■坂本冬美「男の火祭り」作詞:たかたかし 作曲:杉本眞人 編曲:南郷達也発売日:2013年10月2日(水)品番:CD TYCT-30005 カセットTYST-30005価格:各¥1,200(税込)[収録曲]1 男の火祭り(4’24”) 作詞:たかたかし 作曲:杉本眞人 編曲:南郷達也 Featuring 太鼓芸能集団 鼓童2 お酒と一緒に(3’51”)作詞 [全文を読む]

坂本冬美の新曲「男の火祭り」を歌ってサイン入りグッズを手に入れよう!JOYSOUNDで「坂本冬美 コラボキャンペーン」スタート!

PR TIMES / 2013年09月25日13時13分

JOYSOUNDでは、本リリースに先駆けて、新曲「男の火祭り」を本日9月25日(水)よりカラオケ配信するとともに、「坂本冬美 コラボキャンペーン」と題し、豪華商品が当たるキャンペーンを開催します。 対象機種「JOYSOUND f1」「CROSSO」「HyperJoyWAVE」に搭載の採点機能「全国採点ONLINE」で、新曲「男の火祭り」を歌唱し、目標点数 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(2)島倉千代子「人生いろいろ」で借金を完済

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

『浪花恋しぐれ』のようなセリフ入りだと、カラオケで盛り上がれるし、演歌を初めて歌う人は、まずデュエットがお勧めですよ」 その都はるみもヒット曲には事欠かない。28位に「北の宿から」が、93位には「アンコ椿は恋の花」も入っている。 「都はるみは、歌がヒットすると皮肉なことに私生活に波乱が起きる。芸能生活50周年の今年、豪快なはるみ節を聴かせてほしいですね」( [全文を読む]

人気アーティストのダウンロード数上位3曲収録、お得なワンコイン配信限定決定番「The Best3」配信スタート!

PR TIMES / 2012年11月28日16時29分

アーティストの累計ダウンロード数の上位3曲という、いわば誰もが知っている名曲、カラオケ等でお馴染みの楽曲をまとめ、定番3曲をお得感のあるワンコイン(500円)でダウンロードいただけます。 今回「The Best3」として配信をスタートするのはウルフルズ、氣志團、坂本冬美、DJ OZMA、東京事変、布袋寅泰などのアーティストのミリオン・ダウンロード楽曲を含む [全文を読む]

美空ひばり・石原裕次郎・天童よしみ・八代亜紀・坂本冬美 日本の心“演歌”をレコード会社・レーベルの枠を超えて収録「演歌あっぱれ!」本格販売開始

PR TIMES / 2016年04月07日11時55分

●全曲の歌詞が掲載されたブックレット付き カラオケの練習に最適な全曲の歌詞が掲載されたブックレット付きです。演歌の世界を目と耳でお楽しみください。 ●商品概要 [画像1: http://prtimes.jp/i/1915/147/resize/d1915-147-979318-1.jpg ] 商品名:演歌あっぱれ! 価 格:9,990円(税抜) セット内 [全文を読む]

累計参加者数1000人超!みんなで歌い奏でる”参加型”フェスイベント『みんなでつくる音楽祭 nanaフェス』イベントレポート

PR TIMES / 2015年08月26日10時16分

当日の累計参加者数は1000人を超え、nanaユーザーを中心とした音楽好きが集まり、メインステージでのパフォーマンスや、セッションやカラオケ、音楽ゲーム等が楽しめるブースの参加など会場全体で音楽を奏でることを楽しみました。[画像1: http://prtimes.jp/i/11341/5/resize/d11341-5-673355-0.jpg ]◆出演者 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(1)石川さゆりの絶唱「感動で身震いがした」

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

「海外赴任している時、初めて聴いて感動で身震いした」(茨城県・72歳) この言葉どおり、86年に発売されるやカラオケブームとも相まって若い女性の間でも爆発的な大ヒットとなり、この年のレコード大賞を受賞した。 参議院議員で、演歌に造詣の深いジャーナリストの有田芳生氏が裏話を披露する。 「実はこの曲、都はるみが歌うことになっていたんだけど、引退してしまったの [全文を読む]

語っていいとも! 第35回ゲスト・吉木りさ「久々の恋愛で嬉しくて。はしゃぎ過ぎました(笑)」

週プレNEWS / 2016年12月25日12時00分

カラオケでモノマネなんかもしてたんですけど。 ―憧れ以上のものではなかった? 吉木 美空ひばりさんになりたいとか、そういうわけじゃないんですよ。なれるわけがないっていうか、もう神様みたいな感じで。 だから自分がそのボイストレーニングの練習する時も、ひばりさんの曲で練習させてもらったりはしてましたけど、演歌全般が詳しいわけではなく…。元々、事務所に入る前はモ [全文を読む]

色違いのペアルックで手を繋ぎ…藤あや子と坂本冬美のただならぬ親密関係

アサ芸プラス / 2016年07月29日05時59分

カラオケの18番はザ・ピーナッツやこまどり姉妹で、そのハモり具合は実の双子以上とか。藤は坂本の『いいお嫁さん』を自称しており、家族も公認の仲です」 男いらずになるのも仕方ないか。(塩勢知央) [全文を読む]

NHKのど自慢に登場したニーハイ高校生演歌歌手が可愛すぎると話題に 「ももクロにいそう」

AOLニュース / 2015年02月09日15時00分

その後、彼女は現在プロの歌手を目指してレッスンに励んでいる現役女子高生だということが判明、地元のテレビ主催のカラオケ番組やレコード会社主催の歌謡選手権などで優勝や最優秀賞などを獲得したり、千昌夫&新沼謙治ジョイントコンサートの前座を務めている。 すると、ネット上からは早くも「これはデビュー待ったナシやろ」「演歌の歌えるアイドル枠決定やん!」「これは演歌界 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(3)山本譲二が明かす「みちのくひとり旅」秘話

アサ芸プラス / 2013年01月16日10時00分

親孝行って気持ちがいいものだって、しみじみ思ったよ」 ──カラオケで歌うサラリーマンも多い「みちのく」ですが、歌い方のコツってありますか? 「『ここで一緒に死ねたらいいと~』は唯一女性の歌詞だから、優しく歌うこと。『すがる涙の~』から自分に戻り、男らしく歌うのがポイントだね」 ──お勧めの演歌の曲といえば、やはり師匠の曲ですか? 「オヤジの『兄弟仁義』と『 [全文を読む]

フォーカス