次戦 村田諒太に関するニュース

元世界王者が指摘…村田諒太「疑惑の判定負け」の深層

日刊大衆 / 2017年06月04日16時05分

となると次戦に期待したいところだが、試合直後、Twitter(ツイッター)上でWBA会長は判定を不可解とし、再戦を指示。また、WBC、WBOが村田に世界戦のオファーを出しており、再挑戦に追い風と思いきや……。 「村田が試合直後、“負けたら、もう1回頑張るんです、とは言えない”と話したように、再戦への道には幾多の障害があります。彼が五輪から世界戦まで5年も [全文を読む]

村田諒太「不可解判定試合」が功を奏し10億円につながるか

NEWSポストセブン / 2017年05月30日16時00分

商品価値は跳ね上がっており、ケタ違いのカネが動く米国のショービジネス界も放ってはおかないでしょう」(スポーツ紙記者) 焦点は村田の次戦がどうなるかである。WBAのヒルベルト・メンドサ会長も「村田が勝っていた」と試合の翌日に異例の謝罪、声明を出してエンダムとの再戦をリクエストした。そして、25日にメンドサ会長は会見を開き、再戦を指示した。 「エンダムと再戦す [全文を読む]

「7対3でゴンサレス有利だがリスクもある」WBO王者、井上尚弥がライバル王者の防衛戦を予想!WOWOWが独占インタビュー

PR TIMES / 2017年03月07日09時30分

すでに4階級制覇を成し遂げ、46戦全勝(38KO)の戦績を誇るゴンサレス有利とみられているカードだが、5月に次戦が計画されている同じ階級のWBO王者、井上尚弥(23=大橋)は「ゴンサレスにとってリスクの高い試合。何が起こるか分からない」と話す。年内にもゴンサレスとの頂上決戦が期待される井上選手に、WOWOWが独占インタビューを行い、目前に迫ったライバル王者 [全文を読む]

空前のボクシング“新・黄金時代”で次の伝説を生むのは誰だ?

週プレNEWS / 2014年12月18日06時00分

井上と同じく12月30日に次戦を控える。 試合により出来にムラがある印象を受けるが、それも成長途上なればこそ。日本人離れした身体能力はやはり魅力的で、元・金メダリストの実績からアメリカの大手プロモーションにマネジメントされる恵まれた環境も好材料だ。首尾よくミドル級での世界制覇が叶えば、竹原慎二以来となる史上2人目の快挙だ。 まずは、今年を締めくくる30日と [全文を読む]

「ドンには逆らえない……」3連続KOデビューのボクシング村田諒太を悩ます“大人の事情”とは

日刊サイゾー / 2014年02月28日16時00分

同社のボブ・アラムCEOも観戦する“御前試合”とあって負けられない戦いだったが、課題だった左ジャブがよく出ていて、攻防で横の動きも使えるようになるなど、前回の試合よりもかなりレベルアップしていた」(ボクシング担当記者) 次戦4戦目は5月末か6月に国内で、5戦目は9月にシンガポールで行う予定だというが、村田の試合をプロモートする帝拳ジムの本田明彦会長は各スポ [全文を読む]

WBCスーパーバンタム級名誉王者・西岡利晃、超アウェーだった“頂上決戦”の裏側

週プレNEWS / 2012年10月23日19時00分

“スピードキング”西岡利晃の次戦相手とファイトマネーロンドン五輪 ボクシング金メダリスト・村田諒太の「商品価値」殴られても痛くない“スイッチを切る”技で世界チャンピオン奪取! プロボクサー・佐藤洋太インタビュープロボクサーとしても活躍! ラグビーの超大物助っ人ソニー・ビルが日本に来た理由 [全文を読む]

10・13王座統一選。西岡利晃「最高の相手を倒して、ベルトを4本手に入れる」

週プレNEWS / 2012年10月12日17時00分

“スピードキング”西岡利晃の次戦相手とファイトマネー殴られても痛くない“スイッチを切る”技で世界チャンピオン奪取! プロボクサー・佐藤洋太インタビューロンドン五輪 ボクシング金メダリスト・村田諒太の「商品価値」「高校入試で名前書き忘れる」も「年収は王貞治に匹敵」。具志堅用高の“ケタ違い伝説” [全文を読む]

フォーカス