ラスベガス 村田諒太に関するニュース

4・23、6度目の防衛戦!“神の左”山中慎介 「亀田戦よりもラスベガスでのビッグマッチを!」

週プレNEWS / 2014年04月23日06時00分

間近に迫った6度目の王座防衛戦を前に、確実に距離を縮めている“軽量級でのラスベガス進出”への思いを語った! ■「負けより怖いのが、しょぼい試合」 ――まずは挑戦者のシュテファーヌ・ジャモエ(世界ランク3位・ベルギー)の印象は? 山中 気持ちの強い、好戦的な選手ですね。前に出て、ロープに詰めたら連打が出る。まあ、強いとは思います。 ――山中選手の圧勝では、と [全文を読む]

アンダーアーマー 新TVCMのお知らせ 「ただ強くなりたい 村田諒太」

PR TIMES / 2014年05月21日17時19分

本作は米国・ラスベガスで撮影しました。プロ第4戦(5月22日開催)に向けて合宿を行う村田選手に密着。早朝に撮影を開始し、ロードワーク、トレーニング、オフタイムなど、さまざまなシーンをとらえるべくカメラを回し続けました。 特にスパーリングの際は、カメラマンもリングに上がり、ギリギリまで村田選手に接近。その姿からは「純粋な強さへの欲望/リスクを恐れない姿勢/ [全文を読む]

村田諒太 2戦目を前に米名門ジムでキャンプする3つの理由

NEWSポストセブン / 2013年12月02日07時00分

試合直前の村田のラスベガス合宿に、ボクシングカメラマン・福田直樹氏が密着した。 * * * 米国西海岸時間の午後3時半、乾いた空気を切り裂くように、パワフルな右ストレートが何度も弾き出される。そのタイミングの良さとインパクトの強さは、同じジムで練習している他のランカーたちとは段違い。それだけでも、このエリートの未来がひたすら輝いていることが分かる。 圧巻の [全文を読む]

村田諒太の悲劇で世界的“ボクシング界の目利き”たちも疑問視する「不可解判定」の舞台裏

週プレNEWS / 2017年05月26日06時00分

例えば、マニー・パッキャオvsティモシー・ブラッドリーの第1戦がそうでした」 2012年6月にラスベガスで行なわれた、このWBO世界ウェルター級タイトル戦ではボクシング関係者のほとんどがパッキャオの勝利だと思ったが、2-1のスプリット判定でブラッドリーが勝利し、「ボクシング史上最悪な判定のひとつ」と呼ばれた。そのためWBOは試合後、ビデオ検証を行ない5人の [全文を読む]

村田諒太 2戦目をクリアすれば2月にマカオで第3戦の計画も

NEWSポストセブン / 2013年12月05日07時00分

合宿先であるラスベガスの名門ジム(かつてシュガー・レイ・レナードやフロイド・メイウェザーも汗を流した)では、名伯楽イスマエル・サラスの指導を受け、強豪スパーリング・パートナーにも恵まれていた。 * * * 恵まれた環境なのは間違いないが、これらはもちろん、村田自身が努力と才能、実績で勝ち取ったものだ。それにしても、ここまでの中量級スター候補が日本からよくぞ [全文を読む]

上田晋也×六角精児×村田諒太が、パッキャオ対メイウェザー戦を前に熱狂的ボクシングトーク!「パッキャオvsメイウェザー大解剖 エキサイトマッチ総力戦」はWOWOWで3/28(土)夜9:00~無料放送!

PR TIMES / 2015年03月27日09時37分

[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2634/resize/d1355-2634-301741-0.jpg ]全世界のボクシングファン待望の一戦が、遂に現地時間5月2日ラスベガスで実現する。史上2人目となる6階級制覇を成し遂げた「アジアの英雄」マニー・パッキャオ。一方、圧倒的なスピードを武器に無敗のまま5階級を制覇し、階級を通して最 [全文を読む]

10・13王座統一選。西岡利晃「最高の相手を倒して、ベルトを4本手に入れる」

週プレNEWS / 2012年10月12日17時00分

本場ラスベガスでの防衛を含め、7度防衛を重ね、日本人現役ボクサー随一の実績を築いても、一般的な知名度は比例していないだろう。それでも、「王道を歩きたい」と、マイクではなく、拳で語ることを常に選んできた。 リング上では、アナウンサーがドネアに「次は誰と戦いたい?」と尋ねていた。数人の選手の名をドネアが挙げる。その中のひとり、「NISHIOKA」という言葉を聞 [全文を読む]

「パッキャオ有利だが番狂わせも」。WOWOWぷらすと公開収録で注目の大一番を関根勤さんや村田諒太選手らが大胆予想!

PR TIMES / 2016年10月17日16時05分

なかでも注目を集めたのが、11月5日(日本時間6日)にアメリカのラスベガスで行われる元世界6階級制覇王者、マニー・パッキャオ(37=フィリピン)の復帰戦に関する話だった。100人を超すファンを招いて行われたイベントは、現在の世界ボクシング界をリードする7人のスター選手――ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、アンソニー [全文を読む]

関根勤が明かす、香川照之の特技とは?

Smartザテレビジョン / 2016年10月16日13時09分

アメリカ・ラスベガスで行われるジェシー・バルガスとの復帰戦に臨む。 WOWOWではこれに先駆けて、さまざまな特集番組が放送される。11月1日(火)放送の「マニー・パッキャオ IS BACK!~伝説、再びリングへ~」では、関根勤やディーン・フジオカが復帰戦の見どころを語る。 その他、11月5日(土)には「マニー・パッキャオ珠玉の名勝負選」に続けて、パッキャオ [全文を読む]

今世紀最大の一戦!「マニー・パッキャオvsフロイド・メイウェザー」 5/3(日・祝)午前10:00~WOWOWで生中継することが決定!

PR TIMES / 2015年03月26日18時49分

」 過去何度も対決が噂されていたが実現されずにいた「マニー・パッキャオvsフロイド・メイウェザー」が5月2日にラスベガスでついに実現する。ファイトマネーは二人合わせて2億ドル(約243億円)とも言われ、観戦チケットの価格は最高で700万円にも上るという情報も。 ボクシング史上はもちろん、スポーツイベントの歴史上においても最大級の規模となることは確実。そんな [全文を読む]

プロスポーツ選手の“貧相な”金銭事情 「推定年俸」のまやかし、一番儲かるのは?

Business Journal / 2015年03月19日23時00分

そのため、村田諒太のように、米ラスベガスなど稼げるエリアに進出しようとする。バスケットボールも日本のbjリーグの平均年俸は600万円前後といわれており、昨年5億2,000万円の賞金を獲得したテニスの錦織圭にしても、活動の拠点は国外である。日本のスポーツ界で活動していては、引退後も安泰といえるほどの金額を稼ぐのは難しいのが実情といえよう。 そんなシビアなスポ [全文を読む]

「彼ほどリマッチに強い人間はいない」。大注目の一戦を前に、村田諒太が試合の見どころを語る!「メイウェザーvsマイダナ」のリマッチをWOWOWで9月14日(日)午前11:00~独占生中継!

PR TIMES / 2014年09月12日09時15分

今回は、ボクシングの殿堂、アメリカ・ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナより、フロイド・メイウェザーvsマルコス・マイダナのWBA・WBC世界ウェルター級&WBC世界S・ウェルター級タイトルマッチをWOWOWで独占生中継する。注目の一戦を前に、村田諒太選手が試合の見どころを語ってくれた。――まず、メイウェザーに関してどんなボクサーという印象があり [全文を読む]

中田ヤスタカの書き下ろし楽曲がフジテレビ・ボクシング中継テーマ曲に決定!

okmusic UP's / 2013年12月06日12時00分

近い将来、ボクシングの聖地・米国ラスベガスのリングで世界を席巻するファイトを志向する彼らの思いと中田ヤスタカのイメージングが見事に共鳴するテーマ曲となった。ぜひ、オンエアをチェックしてみよう。 [全文を読む]

実力はあっても「フジテレビと電通」で大丈夫? ボクシング五輪金・村田諒太の不確かな未来

日刊サイゾー / 2013年03月01日09時00分

TBSと亀田家のような安易なベルトコレクションに走らせるか、真の実力を蓄えて1試合で数十億円が動く本場ラスベガスでも通用するような選手に育て上げるか、ボクシング界の“至宝”はフジテレビと電通に託された。 [全文を読む]

WBCスーパーバンタム級名誉王者・西岡利晃、超アウェーだった“頂上決戦”の裏側

週プレNEWS / 2012年10月23日19時00分

西岡利晃「最高の相手を倒して、ベルトを4本手に入れる」日本人初のラスベガス防衛。“スピードキング”西岡利晃の次戦相手とファイトマネーロンドン五輪 ボクシング金メダリスト・村田諒太の「商品価値」殴られても痛くない“スイッチを切る”技で世界チャンピオン奪取! プロボクサー・佐藤洋太インタビュープロボクサーとしても活躍! ラグビーの超大物助っ人ソニー・ビルが日本 [全文を読む]

フォーカス