サイト 美輪明宏に関するニュース

美輪明宏は人相学的にも神だった!金髪姿こそ、仏様、ヨイトマケの母そのもの

ハピズム / 2013年03月08日09時00分

紅白放送後、音楽配信サイト「レコチョク」が行った「白組で最も印象に残ったアーティストは?」とのアンケートでは、半数近くの42%もの人が「美輪明宏」と答えています。そして、もう一度聞きたいとの声に応えて、3月9日に再び、美輪さんが「ヨイトマケの唄」をNHK特番『震災から2年“明日へ”コンサート』で歌います。魂震える歌を、あらためてじっくり聞きたいと思います。 [全文を読む]

レコチョクが『紅白歌合戦で、最も印象に残ったアーティストランキング』を発表!「ヨイトマケの唄」で圧巻のパフォーマンスをみせた美輪明宏が1位

PR TIMES / 2013年01月08日15時50分

■紅白歌合戦で、最も印象に残ったアーティストランキング 1位:美輪明宏 2位:ゴールデンボンバー 3位:ももいろクローバーZ 4位:嵐 5位:プリンセス プリンセス サイトURL:http://recochoku.com/news/r11323582/ (携帯・スマートフォン・PC共通) ■投票の概要 - 投票実施サイト:レコチョク 音楽情報(iモード/ [全文を読む]

美輪明宏が「安倍首相も自民党に投票した人もまず自分が戦地に行きなさい」と一喝!

リテラ / 2015年07月14日08時00分

昨日、本サイトで、スタジオジブリの宮崎駿監督が、外国特派員協会主催の記者会見で、安倍政権を痛烈に批判したことをお伝えした。同じく高畑勲監督もまた安保法制と改憲への動きに強い懸念を表明しているスタジオジブリだが、そんなジブリが無料で配布している小冊子「熱風」の8月号で、ある人物が舌鋒鋭く安倍首相をこき下ろしていることは、まだあまり知られていないだろう。 その [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ Vol.3」(10月4日豊洲)。 天地創造や映画音楽、大谷康子と岩見玲奈を迎えた協奏曲も上演。

DreamNews / 2017年09月15日12時00分

関連URL黛敏郎サイトhttp://www003.upp.so-net.ne.jp/johakyu/黛敏郎Facebookページhttps://www.facebook.com/%E9%BB%9B%E6%95%8F%E9%83%8E1929-1997-Toshiro-Mayuzumi-200513313442894/スリーシェルズ http://www.3 [全文を読む]

改名した能年玲奈にクドカンが「あまちゃん以上の作品を」とエール! 芸能プロのいいなりテレビ局に苦言も

リテラ / 2016年07月31日12時00分

サイトで何度も指摘してきたが、事務所を独立しようとした能年に対するレプロ側の嫌がらせ、圧力は凄まじいものだった。徹底した仕事の干し上げにはじまり、週刊誌やワイドショー、スポーツ紙を使った「洗脳報道」というバッシング攻撃......。さらに契約が切れてからも、レプロ側は15年1月から16年6月までの期間は能年側が仕事や話し合いを拒否していたため契約不履行 [全文を読む]

“美熟女” 女優・夏樹陽子に学ぶ 20歳のプロポーションを60歳を過ぎても保つ方法!!

PR TIMES / 2014年06月23日17時09分

------------------------------------------------------------------------------ 【目次】 ◆はじめに ◆いつまでも輝くためのメソッド30 ◆第一章 美しくなるために ・メソッド1 とにかく“鏡”を見る ・メソッド2 “口元”美人になる ・メソッド3 “髪”は女の冠 ・メソッド4 [全文を読む]

マツコ、ミッツ…、その毒舌がテレビで人気の理由

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月19日11時50分

関連情報を含む記事はこちら 本書はインターネット動画配信サイト「ニコニコ動画」が、生放送で配信する双方向トーク番組「ニコ生トークセッション」で人気を博した5つのトーク+ルポルタージュで構成され、その全てのホストをノンフィクションライターの藤井誠二氏が務めている。冒頭に収録されているのが「ニコ生トークセッション オネェブームを斬るっ!」と題したトークを再編 [全文を読む]

酒井法子の新刊は「アメリカで全然売れてない人」が共著だった!?

ハピズム / 2013年05月27日09時00分

さらに、レーネン氏のアメリカ本国での評判を調べると、スピリチュアル心理学者のTricia Kelly氏が、自身のサイトにおいて、レーネン氏は「19世紀の偉大なスピリチュアリストであるJames Martin Peeblesとチャネリングできる人物」として紹介しているのはわかったが……。 「アメリカのスピリチュアル界では、“日本デビュー”を希望するスピリチ [全文を読む]

フォーカス