さだまさし 松山千春に関するニュース

【エンタがビタミン♪】カバー曲「カバーされた回数」ランキング&「このカバー曲がスゴイ」ナンバーは?

TechinsightJapan / 2017年05月26日16時51分

■カバーされた回数の多い曲 TOP8(カバーしたアーティストの一部)8位『なごり雪』かぐや姫(イルカ、五木ひろし、天地真理、河村隆一、ももいろクローバーZ等、全117組)7位『いい日旅立ち』山口百恵(秋川雅史、森光子、鬼束ちひろ、森昌子等、全123組)6位『卒業写真』ハイ・ファイ・セット(浜崎あゆみ、今井美樹、石田ひかり、コブクロ、松山千春等、全139組) [全文を読む]

LiveFansにて、富澤一誠氏、ジョンB氏のコラム連載がスタート

PR TIMES / 2015年04月23日15時50分

著書に、ベストセラーになった「俺の井上陽水」「松山千春・さすらいの青春」「さだまさし・終りなき夢」を始めとして「あの素晴しい曲をもう一度」(新潮新書)「フォーク名曲事典300曲」「J-POP名曲事典300曲」「Age Free Music・大人の音楽」(共にヤマハミュージックメディア)「『大人の歌謡曲』公式ガイドブック」(言視舎)「ユーミン・陽水からみゆき [全文を読む]

「さんまのまんま」新春特番に井上真央が8年連続出演! “ひょうきん族”OB 集合で秘話も!?

Smartザテレビジョン / 2014年12月30日21時54分

モトはさだまさしの物まねで名曲替え歌を披露する。一方、コロッケは松山千春と徳永英明、福田は篠原涼子、綾瀬はるか、長澤まさみらの物まねを短いフレーズの中に盛り込み、さんまを喜ばせる。 さらに、哀川翔に加え、彼を“兄貴”と慕う風見しんごと勝俣州和が登場。3人の意外なデビューのきっかけや、萩本欽一とのエピソードなどが披露される。勝俣が、かつて哀川と行ったプロレス [全文を読む]

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

1位:福山雅治 2位:武田鉄矢 3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ) 4位:小田和正 5位:坂本龍一 6位:稲葉浩志(B’z) 7位:長渕剛 8位:さだまさし 9位:矢沢永吉 10位:櫻井翔(嵐) 11位:加山雄三 12位:井上陽水 12位:中島みゆき 14位:谷村新司 15位:桜井和寿(Mr.Children) 16位:氷室京介 17位:aiko 1 [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

休み明けの勉強や仕事が待っているかと思うと気が重いですが、こんな先生・上司だったら頑張れそう? 旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』で、10~60代の男女を対象とした、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングが発表されました! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20 [有効回答者数/n=1858人] [全文を読む]

【先生・上司にしたい音楽アーティスト】発表。「この人から学びたい!」と思う音楽アーティストは?

PR TIMES / 2014年08月18日11時04分

(調査期間:2014年7月14日~7月15日)●「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20設問:あなたの「先生・上司にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください有効回答者数 n=1858人順位:アーティスト名1位:福山雅治2位:武田鉄矢3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)4位:小田和正5位:坂本龍一6位:稲葉浩志(B'z) [全文を読む]

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(2)仁義なき「激情アーティスト」-桑田佳祐VS長渕剛 他-

アサ芸プラス / 2014年07月16日09時58分

「すぐに『さだまさしが嫌い』とか『谷村新司が嫌い』って言い始める。お客さんもいつものことと思って、キャラクターとしては許されるけど、内心はいい気分ではないですね」(前出・富澤氏) あわやグループ抗争に発展しそうだったのが、82年のラッツ&スターと横浜銀蠅である。ともにヒット曲も多く、TBSの「ザ・ベストテン」では同じソファで座ることもあった。 当時、シブ [全文を読む]

「引退をにおわせる作戦も!」矢沢ビジネス健在──なぜ今"永ちゃん節"がメディア席巻なのか

日刊サイゾー / 2012年07月25日08時00分

さだまさしや松山千春などのフォーク勢も中クラスの会場を細かく回って稼いでますが、ロックやポップス畑は元気ないですね。ユーミンはここ数年、声が以前ほど出なくなったこともあって、客のコンサート離れが進んでいる。欧米ではシニアマーケットがどんどん成長しているのに、日本の中高年は若いアイドルや韓流俳優に夢中なためか、同世代の歌手やバンドを応援しようとする気運があま [全文を読む]

フォーカス