高校 山本舞香に関するニュース

ボカロ神曲の映画版で、注目のCM美少女、山本舞香が独唱!

Movie Walker / 2016年03月01日12時00分

とある高校の合唱部を舞台に、恋愛や友情に揺れ動く高校生たちの青春を描いた青春を描いた『桜ノ雨』(3月5日公開)。山本舞香、浅香航大といった注目の若手が集結した本作の公開に先立ち、撮影の裏側に迫るメイキング映像が公開された。 人気ボーカロイド曲としてミリオンヒットを記録し、今では卒業ソングの定番となった同名曲から生まれた本作。主演を務めるのは、JR東日本のC [全文を読む]

セーラー服姿の山本舞香、「桜ノ雨」生合唱で感激の涙!

Movie Walker / 2015年10月30日17時24分

ボーカロイド楽曲で火がつき、中学校・高校卒業式の定番ソングになった「桜ノ雨」を実写映画化し、合唱部を舞台にした青春群像劇が描かれる本作。劇中と同じくセーラー服姿で登場した山本は、「『桜ノ雨』を最初から最後まで歌うと、自然と涙が出てくるんですよ。本当にいい歌なんです!」と曲の素晴らしさにほれぼれ。「こういうこともあったなと思えるから、小学生も中学生も高校[全文を読む]

逸材の当たり年「大谷翔平世代」に続くのは“3年周期法則”の「1997年組」or“奇跡の世代”「1998年組」!?

日本タレント名鑑 / 2017年05月24日11時15分

ちなみに上記では、松岡さん、家入さん、百田さん、鈴木さんは高校の同級生だそうです。 スポーツ界&エンタメ界の逸材が集中する年は3年周期で来る法則 逸材が集中する年度というのは不思議と各分野ともに共通する傾向があり、その周期は3年で「マー君世代」と「大谷世代」の間の1991年度生まれ組は前田敦子さん、高橋みなみさん、板野友美さんらAKB48のかつての中心メ [全文を読む]

山本舞香“JKゾンビ役”は「今年の集大成です!」

Smartザテレビジョン / 2016年12月29日07時15分

女子高校生がゾンビになっている時点ですごい話だなと思いました(笑)、監督さんやプロデューサーさんの話を聞いて、とても面白くなりそうだなと。撮影に入る前からすごく楽しみにしていました。ゾンビを演じるのはこれで2回目ですが、前回は映画だったので、テレビドラマの今回はどんなゾンビになるのかなとワクワクしていました。――ゾンビメーク姿が公開されて、周囲からの反響は [全文を読む]

山本舞香“初座長”卒業に「胸がいっぱいです」

Smartザテレビジョン / 2016年03月05日19時00分

海辺の町の高校合唱部を舞台に、内気な少女が部活、進路、淡い恋愛に葛藤しながら前進していく。 未来役で主演を務める山本は「本当にこの日をずっと待っていたので無事迎えられてうれしいです、ホッとしています。初主演ということでプレッシャーがすごくあったんですが、撮影に入る前のリハーサルでみんなと仲良くなったので、とてもお芝居しやすい現場でした」と笑顔を見せ、キャス [全文を読む]

山本舞香、初主演映画監督からの手紙に涙!「世界で一番、幸せ」

Movie Walker / 2016年03月05日15時57分

ボーカロイド楽曲で火がつき、中学校・高校卒業式の定番ソングになった「桜ノ雨」を実写映画化し、合唱部を舞台にした青春群像劇を描く本作。映画初主演という大役を担った山本は「無事に迎えられてホッとしています」と、初日に駆けつけた観客を前に安堵の表情。「プレッシャーがすごくあって。でも、他のキャストの皆さんと一緒にリハーサルをしていく中で、すごく仲良くなって。お [全文を読む]

映画初主演でセーラー服姿の山本舞香が明かされた恥ずかしい暴露とは…

週プレNEWS / 2016年03月04日15時00分

「卒業式は笑顔でバイバイしたい」という本誌でもお馴染みのグラビアアイドル・久松も「歌詞とリンクしていて、いい曲だな」と共感する卒業式の定番ソングとなっているが、映画では高校の合唱部を舞台に恋や友情が描かれる。 イベントが始まり、「JR SKISKI」のCMでも話題の山本、ドラマやモデルとして活躍する久松が現れると観客席の学生たちから大歓声。マイクを通した司 [全文を読む]

『桜ノ雨』山本舞香のおちゃめな素顔を監督が暴露

Movie Walker / 2016年03月04日11時00分

『桜ノ雨』は、山本演じる高校の合唱部員・遠野未来(みく)が、友情や進路、先輩(浅香航大)へのほのかな恋に悩みつつも前へと踏み出していく青春映画。作詞・作曲の halyosy が自ら原作・原案を手掛けた。ウエダアツシといえば、女子高生が集団妊娠するという衝撃作『リュウグウノツカイ』(14)で鮮烈に長編監督デビューをした新鋭だが、若手俳優陣から自然体の表情を引 [全文を読む]

山本舞香、ボカロの映画化『桜ノ雨』をウエダアツシ監督と語る

Movie Walker / 2016年03月03日10時45分

山本が『桜ノ雨』で演じたのは、友情や進路、ほのかな恋に揺れ動く高校の合唱部員・遠野未来(みく)役だが、ティーンエイジャーならではの刹那的な輝きが映し出されていて、とにかくまぶしい。山本は「初主演ということで、かなりプレッシャーを感じました。ボカロの人気小説の実写映画の主演ができるということで、マジですか?と。もちろんうれしかったですし、やらせていただけるの [全文を読む]

山本舞香、「桜ノ雨」合唱イベント中に感極まり涙……友だちとの思い出を重ねて

Entame Plex / 2015年10月30日19時43分

また200を超える中高校の卒業式で合唱されて、定番卒業ソングとなりつつある。 今映画はその「桜ノ雨」をイメージした作品で、主演には14代目リハウスガールでデビューし、映画「暗殺教室」「Zアイランド」などの話題作に出演する女優の山本舞香を迎え、高校を舞台にした青春劇に仕上げている。 生合唱イベントには、六本木ヒルズアリーナを舞台にキャスト陣の山本、広田亮平、 [全文を読む]

注目の若手美人女優・山本舞香がボカロ楽曲「桜ノ雨」の実写映画化に主演決定、2016年春に公開!

AOLニュース / 2015年09月11日12時00分

映画は、音浜高校合唱部を舞台にした青春群像劇で、2012年にhalyosyが原作・原案として参加した小説版をもとに制作されている。 主演を飾るのは、品川ヒロシ監督最新作『Zアイランド』に出演した女優の山本舞香。また山本に想いを寄せる相手役に、『桐島、部活やめるってよ』の浅香航大が務める。その他、広田亮平、久松郁実とフレッシュな面々が揃った。監督は、映画『 [全文を読む]

山本舞香、『Zアイランド』で過激なアクションを披露「これから演じてみたいのは狂気」

Entame Plex / 2015年05月15日13時30分

『ニコラ』などの雑誌の専属モデルをしていて、中学三年生~高校一年生くらいの時に、初めて女優業が楽しいと思ったんです。演技のお仕事は中学一年生からしていたけれど、楽しいと感じてからは女優一筋って感じです。特別きっかけとかはなくて、いきなりコーヒーが飲めるようになる感じ、わかりますかね(笑)。アクション経験もありましたが、女の子だから危険みたいな感じで、徹底し [全文を読む]

なぜ10代女優がバラエティーに進出? 背景に事務所戦略の変化

NEWSポストセブン / 2017年05月06日07時00分

をプロデュース』(日本テレビ系)、『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)など、中学・高校・大学を通じて多くの学園ドラマがありましたが、今では年間数本しかありません。学園が舞台の恋愛映画は量産されていますが、「単発である上に、客層が偏り、演技の評価に直結しにくい」などの問題があります。 [全文を読む]

『SRサイタマノラッパー~マイクの細道~』第4話 トーコの名言「夢にしがみつくと息苦しいんだよ」

日刊サイゾー / 2017年05月01日18時00分

IKKUは高校時代に同級生だった小暮千夏(みひろ)と仲が良かったが、高校を中退した千夏が東京に上京してAV女優になってしまい、同世代の女性とSEXに関しては複雑な感情を抱いている。IKKUがクラブチッタでライブデビューを果たす前に、童貞から卒業して大人の男になれるかどうかも『マイクの細道』の裏テーマとして追っていきたい。 IKKUの童貞臭ただよう夢が終わ [全文を読む]

LiLiCoが“強烈なゾンビ”に変身!「めっちゃ楽しかった」

Smartザテレビジョン / 2016年12月19日07時00分

LiLiCoは主人公・まりあ(山本)が通う高校の教師・杉田摩亜沙を演じる。 本作は、女子高校生の橘まりあが“ゾンビになっちゃった”という超特殊なコンプレックスと向き合いながら、障害だらけの恋に奮闘する恋愛ドラマ史上初の“ゾンビの青春ラブコメ”。 この画期的な作品に、タレント・歌手・映画コメンテーターと、幅広く活躍するLiLiCoが出演する。LiLiCoが演 [全文を読む]

オヤジ世代には理解できない!映画「暗殺教室」が大ヒットしているワケとは?

アサ芸プラス / 2016年04月08日09時59分

そのニコちゃんマークのような顔やタコさながらの触手を持つ生物が高校の先生をやっているという設定からして、オヤジ世代には理解不可能なんでしょう。しかも、アニメ映画ではなく実写ものですから、『なんでこんなものを喜んで観るのかわからん』という声も少なくないのです」 だが、そんな愚痴は観客の多くを占める学生たちには無用だ。彼らの口からは「菅田くんと結婚したくなった [全文を読む]

桜井日奈子、マーシュ彩、蒼波純……2016年にブレイクしそうな若手女優5選

リアルサウンド / 2015年12月31日07時07分

個人的には『表参道高校合唱部!』や『先輩と彼女』と、相次いで主演作が発表された芳根京子に注目し続けた1年であったが、いずれも来年以降さらなる活躍が期待できる女優として、チェックし続けていきたい。参考:広瀬アリス、なぜ『釣りバカ日誌』ヒロインに? 好調ドラマ版に見る、ツンデレ演技の色気 アイドルグループやモデル、グラビア界など、様々な方面から女優業への道を切 [全文を読む]

今年ラストを飾るヒロイン・平祐奈が愛らしすぎるグラビアで語った恋愛「今付き合っても生涯一緒にいれる可能性はないんで…」

週プレNEWS / 2015年12月08日19時00分

高校生でしょ? 普通はラ●ンドワンとかに行くんじゃない? てか、さっきのダジャレもだけど、趣味がシブくない?(笑) 平 よく言われます。私、中身がおばあちゃんなんですよ(笑)。 ―その携帯ケースも中原淳一さんの(昭和初期に女性誌などで活躍したイラストレーター)イラストですよね。それもシブいな~。 平 あははは。ハンカチと家のカレンダーは「笑点」なんです [全文を読む]

浅香航大、山本舞香に公開謝罪「すみません!」

Movie Walker / 2015年10月30日18時05分

ボーカロイド楽曲で火がつき、中学校・高校卒業式の定番ソングになった「桜ノ雨」を実写映画化した本作。VOCALOIDキャラの学園生活を軸に、合唱部を舞台にした青春群像劇が描かれる。【取材・文/成田おり枝】 [全文を読む]

「桜ノ雨」って何だ!?大人たちの知らない曲が全国の卒業式で歌われていた!

アサ芸プラス / 2015年09月15日09時59分

卒業をテーマとした曲で、作者らによる全国の卒業式で歌ってもらおうという運動が実を結び、今では中学や高校の卒業式では定番曲の一つとなっています」 ちなみにボーカロイドとは、人間のように歌を歌わせることができるソフトウェアのことで、初音ミクはそのなかでも代表的なキャラクターだ。ニコニコ動画やユーチューブには市井の作曲家が作ったボーカロイド楽曲が数万曲もアップさ [全文を読む]

フォーカス