永作博美 沢尻エリカに関するニュース

満島ひかり、村川絵梨、沢尻エリカ…あの人気女優もスタートはアイドルグループだった!?

日本タレント名鑑 / 2016年08月30日12時05分

永作博美は“冬の時代”1990年代前半のアイドルトップランナー以前、このコーナーでもご紹介した通り、篠原涼子さんは1990年代前半に活躍した「東京パフォーマンスドール」(初代)のメンバーでした。1994年には小室哲哉さんのプロデュースによる『恋しさと せつなさと 心強さと』がダブルミリオンのヒットを記録したことはよく知られています。また仲間由紀恵さんも一 [全文を読む]

WOWOW FILMS『四十九日のレシピ』モントリオール世界映画祭正式招待作品に決定!

PR TIMES / 2013年07月19日16時01分

【お問い合わせ先】 (マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080 (IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089 【WOWOW FILMS『四十九日のレシピ』について】 出演:永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造、淡路恵子 他 監督:タナダユキ 脚本:黒沢久子 原作:伊吹有喜(ポプラ社刊) 熱田家の母・乙美が突然死んだ。 [全文を読む]

秋ドラマ美女の妖艶シーンを先取り速報!(2)美貌に磨きがかかった沢尻エリカ

アサ芸プラス / 2014年10月08日09時58分

主演の永作博美(43)が同窓生・石田ゆり子(44)と、夫を取り合う熟女三角関係の物語だ。 芸能評論家の織田祐二氏もグイ推しする。 「過去には鈴木京香の『セカンドバージン』で話題になったNHKのエロ枠です。セックスレスや不倫が描かれるだけに、アラフォーのしっとり、それでいて激しい濡れ場に期待しないのは無理というものです」 意外な大穴になりそうなのが「地獄先生 [全文を読む]

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

地味ながらも努力する妹・月子を永作博美さん。実力派女優二人のののしり合う姿はど迫力です。才能のある姉妹なのですが、どうしても妹より優位にいたい姉。妹が幸せだったり成功をつかみそうになると、えげつない嫌がらせをするのです。松下さんの意地悪な表情がまた絶品。この作品以降、『大奥』の春日局など、「目的のためなら手段を選ばない」役どころが増えました。 女教師と男子 [全文を読む]

大島優子が主演ドラマ「ヤメゴク」大コケで大胆決断?(2)蜷川実花氏とのコラボで大胆姿の披露間近?

アサ芸プラス / 2015年05月06日09時57分

私、映画やドラマの撮影中は家では必ず裸族になるんです」 子役出身の大島は女優志向が強く、宮沢りえ(42)や永作博美(44)のようなアイドル出身ながら40歳を過ぎても第一線で活躍する女優を目標にしている。だからかどうか、“脱アイドル”に向けた「乳首出しのオールヌード公開計画」も浮上しているのだ。 大島といえば手ブラショットで話題となった昨年9月発売の写真集「 [全文を読む]

大島優子 もつ鍋女子会で打ち明けた噂の彼氏との結婚願望

アサ芸プラス / 2014年10月28日09時58分

「大島は、11月公開の映画『紙の月』(松竹)で共演した宮沢りえや永作博美のように、アイドル出身ながら40歳を過ぎても第一線で活躍する女優を目標にしています。が、現時点の評価は大島同様に女優志向の強いライバル・前田敦子よりも下ですね」(映画関係者) そこで、かつて宮沢がヘアヌード写真集出版で果たしたように、セクシー写真集の出版を機に、脱アイドル化をもくろん [全文を読む]

老けすぎ!? 宮崎あおいの「60代みたい」な目のくぼみとシワ

messy / 2014年07月09日08時00分

元がベビーフェイスである女性は、年齢を重ねると「いきなり老けた!」と騒がれがちで、YUKIや永作博美もそうだった。だが一時的なことだ。宮崎もこのまま順調に「かわいいおばさん」化していくのだろう。 ありのままを見せれば「劣化!」、美容に気を遣えば「整形!」、照明テクや写真加工技術は「フォトショ詐欺!」。他人の「審美眼」は常に過剰に厳しい。(犬咲マコト) [全文を読む]

フォーカス