アイドル 永作博美に関するニュース

アイドルのバラエティ進出の先駆者だった『アイドリング!!!』が解散、9年の歴史を振り返る

AOLニュース / 2015年10月25日12時00分

アイドリング!!!は現在のアイドルグループブームの初期を、AKB48と共に盛り上げた立役者だった。結成は2006年10月。フジテレビの帯番組発のアイドルとして、歴史的ブームを起こしたおニャン子クラブ、永作博美(元ribbon)や三浦理恵子(元CoCo)を輩出した乙女塾、熊切あさ美が在籍していたチェキッ娘の系譜を継ぐ。前年結成のAKB48が秋葉原の専用劇場を [全文を読む]

三吉彩花や篠原涼子だけじゃない、あのタレントの意外なアイドル時代

アサ芸プラス / 2015年11月27日09時59分

さくら学院のメンバーだったアイドル時代について語った。 三吉は2010年からの2年間、小中学生限定ユニット・さくら学院の最年長メンバーとして在籍。同期で人気モデルの松井愛莉と共に、170センチの長身コンビとして異彩を放っていた。今回の放送を受けてネットでは、「三吉彩花ってアイドルだったんだ!?」という声もあがっているが、アイドル誌のライターが笑いながら話す [全文を読む]

満島ひかり、村川絵梨、沢尻エリカ…あの人気女優もスタートはアイドルグループだった!?

日本タレント名鑑 / 2016年08月30日12時05分

今やアイドルグループの人気メンバーの卒業後の進路として、“女優”は代表的な存在となっています。AKB48グループやハロプロ出身者以外にも、女優として成功しているアイドルグループ出身者は意外と多く、ここではそんな人気女優を紹介します。 永作博美は“冬の時代”1990年代前半のアイドルトップランナー以前、このコーナーでもご紹介した通り、篠原涼子さんは1990年 [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(2)市川紗椰のモデル時代のお宝写真集

アサ芸プラス / 2017年02月18日17時57分

アイドル評論家の村山義典氏は、「アイドル歌手やグラドルが本格女優化する以前の水着仕事は当然、お宝プレミア化します。長澤まさみ(29)や綾瀬はるか(31)なども写真集やDVDで、今では見られないようなサービスカットを残しています」 これにあたる話題作の主が、夜の報道番組「ユアタイム」(フジテレビ系)でキャスターを務める市川紗椰(30)だ。15年に発売した「月 [全文を読む]

大島優子、新路線グラビアの迷走にファン困惑...急激な「熟女化」に賛否両論

メンズサイゾー / 2016年03月01日19時00分

顔立ちもアイドル時代と比べるとかなり大人っぽく、シックなイメージの新路線を感じさせる内容になっている。 だが、ファンの反応は微妙。アイドル的な華やかさを求めているファンが多いらしく、以下のような批判コメントが数多く上がっている。「無邪気で明るい感じが優子の魅力なのに...」「すげー昭和っぽい...完全に見た目が熟女になってる」「アラフォーの永作博美やYUK [全文を読む]

石原さとみ、地味にウザイ演技であのアイドル出身女優と同じ道をたどる?

アサ芸プラス / 2016年11月08日09時59分

アイドルグループ・ribbonの一員から女優に転向した永作博美だ。一時は映画・ドラマともに主演作が目白押しだったが、一部で「これみよがしの芝居がイライラする」と言われ出し、評価が急降下。連ドラでは12年の「ダーティ・ママ!」(日本テレビ系)を最後に、4年も主役の座から遠ざかっている。 今は絶好調の石原も自分の演技の“細かい校閲”を怠れば、売れっ子の座を失い [全文を読む]

小泉今日子が上野千鶴子との対談で「劣化ジャッジ」的価値観を批判!「アンチエイジング」「美魔女」にもNO

リテラ / 2016年09月04日12時00分

ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから「かわいい!」って言われる中に、「若い!」という声が入ってくるようになって。これ違くない? 喜んじゃいけないんじゃない?って」 小泉のこうした反応に、上野も「「美魔女」とかに出てこられるとね」と揶揄。すると小泉は、「はい。これは抵抗しなきゃと。私は「中年の星」でいいんじゃないかと思ってます」と堂々宣言す [全文を読む]

前田敦子、「サラ金CM出演」で底なし沼に突入!? 女優も歌手も中途半端で、ヤケクソの「ウルトラC」とは!?

Business Journal / 2016年07月01日20時00分

一応「国民的アイドル」の中心人物としてテレビを席巻し、卒業時やその後の動向が大きく取り上げられていた前田。そんな中での「サラ金CM」登場に切ない目を向ける声も多い。 「法律によって昔ほどアコギではなくなった消費者金融ですが、世間的なイメージが決してよくないのは明白。AKB48といえばレイク(カードローン)のCMを長くやってますが、大手2社がAKBがらみと [全文を読む]

久保田紗友、CMとドラマで話題の「美しすぎる15歳」に視聴者騒然...土屋太鳳に続いてブレイク確実との声

メンズサイゾー / 2016年01月08日19時00分

の9期オーディションに落選したといわれていますが、もしアイドルになっていたら全く違った道に進んでいたでしょう。アイドルとしては顔立ちが大人びているため、女優に専念できたのは結果的に正解だった」(芸能関係者) 舞台で女優として演技力を磨き、2013年にBS-TBSのドラマ『神様のイタズラ』の主演に抜擢。同年秋にNHK札幌のドラマ『三人のクボタサユ』でも主演に [全文を読む]

アイドルグループ「ribbon」で活躍後、現在はスポーツインストラクターとしてオリジナルプログラムのDVDもリリースする他、ダンス・エクササイズ・音楽がコラボしたライブも手がける松野有里巳が登場!

DreamNews / 2015年11月17日18時00分

●ゲストトークのコーナーでは・・・ ◎アイドルからインストラクターへの華麗なる転身!そのきっかけは? ◎オリジナルプログラム「Age Age Dance」開発のエピソードと音楽へのこだわりとは? ◎TAKAとは20年以上ぶりの再会! 二人が今だから話せるアイドル当時のエピソードとは? ◎12月19日に開催される「Age Age LIVE~4~」の見どころを [全文を読む]

「元AKB」がハンデに!?大島優子は“第2の永作博美”になれるか?

アサ芸プラス / 2015年06月10日09時58分

改めて国民的アイドルグループに対する注目度が高いことがわかった。 その一方で、浮き彫りになったのが、過去1位に2度輝いた大島優子の苦戦ぶりだ。放送中の初主演ドラマ「ヤメゴク」(TBS系)第8話の視聴率も5.8%と振るわず、アイドル時代の人気からするといささか寂しい結果となっている。「やはり、主人公としてはパンチが弱いという印象でした。大島といえば弾けるよう [全文を読む]

「忽然と消えたアイドルグループ」黄金期前夜の90年代篇 あのモー娘が復活

アサ芸プラス / 2015年03月08日09時59分

「メインボーカルの宇徳敬子はソロデビューを飾り、現在もラジオやライブなど精力的に活動しています」(音楽関係者) 「乙女塾」から結成され、90年代前半を代表するアイドルグループとなったのが「ribbon」。永作博美の活躍は言うに及ばずだが、松野有里巳はエアロビクスのインストラクターに転身した。 「作曲家と結婚して専業主婦になり、35歳の時にインストラクター [全文を読む]

松野有里巳“ribbon仲間”永作博美とLINE交友続ける

WEB女性自身 / 2014年11月06日19時00分

‘89年に永作博美(44)、佐藤愛子(41)とともにアイドルグループ『ribbon』としてデビューした松野有里巳(41)。現在はインストラクターとして、ジムで40~50人ほどの会員に、エアロビクスなどのレッスンをしている日々だ。「スポーツインストラクターとして、いまは週に15本、レッスンを受け持っています。1日に3本と言うペースですね。これでも一時期より少 [全文を読む]

永作博美VS石田ゆり子 NHKドラマ「さよなら私」W主演で“どっちとしたい?”大論争を独自判定!

アサ芸プラス / 2014年10月30日09時58分

アイドル評論家の小谷哲氏が2人の魅力を比較する。 「どちらも肌劣化がなく年齢とは見合わない若さとかわいらしさを保っている。大きな違いは結婚して2児の母の永作といまだ独身の石田の違いがありますが、ともに肉感的ではないが、そこはかとないエロスを持ち合わせている点はそっくりです」 実際の2人の素顔をスポーツ紙記者が明かす。 「CMではいつもニコヤカな永作さんで [全文を読む]

「美しすぎる40代、石田ゆり子派と永作博美派がネット上で激しいバトル

AOLニュース / 2014年10月10日19時00分

両者とも10代の頃からアイドルとして活躍し、今なお、第一線で人気女優として多くのファンを擁している。今後ともその妖艶な魅力に磨きをかけ、いつまでも現役であり続けることに期待したい。 文・遠山勤 ■参照リンク ドラマ『さよなら私』公式サイト [全文を読む]

あの「華麗なる転職美女」23人の今(2) 元ribbon松野有里巳 アイドル→インストラクター

アサ芸プラス / 2012年02月29日10時54分

「パラダイスGOGO!!」(フジテレビ系)の乙女塾1期生として89年にデビューを飾り、永作博美、佐藤愛子と結成したユニット「ribbon」で人気を博した松野有里巳(39)。現在は超売れっ子のフィットネス・インストラクターとして活躍中だ。 * 今、振り返っても「まさか私が‥‥」という転職でした。それも35歳を迎えてからですからね(笑)。10代の頃からダンスス [全文を読む]

美人と話題のキムタク長女より目立つ? 工藤静香の顔がもはや魔女!?

アサジョ / 2017年04月27日18時15分

木村拓哉と工藤静香の長女は高校のアイドル! 4月26日発売の「女性自身」が“お父さんに生き写し”と紹介している長女は、パッチリした瞳が印象的な美人だという。同誌では母の工藤と並んで歩いている姿を掲載。一般人ゆえ顔にはボカシが入っているものの、スラリとしたプロポーションからは美人ぶりが伝わってくる。 だがそんな母娘の写真に、別の意味で驚きの声をあげる人も少な [全文を読む]

フリー女子アナの進路に変化 夏目三久は女優で成功できる?

NEWSポストセブン / 2017年02月01日07時00分

「報道番組だけでなく、一昔前ならば情報番組やバラエティー番組、クイズ番組などのアシスタントMCとしての活躍の場もあった女子アナですが、最近ではそうした“枠”もアイドルやタレント、モデルなどに奪われつつあります。とくに厳しい環境に置かれているフリーの女子アナが、アナウンサー以外の分野に活路を見出そうとするのは自然の流れなのではないでしょうか」 そんななかで、 [全文を読む]

美のウラに努力あり!「永遠に綺麗な人」が実践する5つのコト

BizLady / 2016年12月08日11時30分

近年、資生堂のCMでアラフォー女性としての圧倒的な美しさを見せつけた後藤久美子さんや、45歳とは思えないその可愛らしいルックスが評判の永作博美さん、そして永遠のアイドルとして今なお男性ファンの多い吉永小百合さんなど、女も惚れる美しい女性たちがいるものです。もともとの美しさもありますが、彼女たちがいつまでも若々しく美しくいられるのには、美に対する努力があるか [全文を読む]

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

そんな中で、崖から落ちたアイドル俳優で御曹司の光(松村雄基さん)を助け、運命の出会いを果たします。しかも後日、佐渡から逃げてデザイナー・ユリに弟子入りしようとした千代と、独立してデザイナーをかえようとした光は偶然再会。 一見、良い感じに見える二人ですが、光の衣装が燃えれば千代のせいにされ、幼馴染の金持ちが無理やり結婚を迫り、ユリのデザインが盗まれて疑われて [全文を読む]

フォーカス