出産 永作博美に関するニュース

“紺野まひる、蜷川実花......“ 続々と高齢出産する芸能人の真似は、こんなに危険!!

tocana / 2015年06月01日09時00分

このところ芸能人の高齢出産(35歳以上での初産)が相次いでいるが、過去には、オセロの松嶋尚美(40歳で初産 以下、出産年齢のみ)、永作博美(39)、松たか子(37)、黒木瞳(37)、小沢真珠(37)、宮沢りえ(36)、辺見えみり(36)など、多くの芸能人が高齢出産を経験している。さらに12年には坂上みきが53歳で超高齢出産をしたことも話題となった。 社会 [全文を読む]

宮沢りえ他、高齢出産の芸能人が増えている!?

日刊大衆 / 2016年12月28日10時00分

現在でも35歳以上の女性が出産する、いわゆる高齢出産をリスクの高い行為として捉える向きはある。しかし晩婚化が進行したうえ医療技術の進歩もあり、高齢出産を選ぶ女性芸能人も増えている。 1995年にTake2の深沢邦之(50)と結婚した女優の田中美佐子(57)は、結婚7年目の2002年、43歳のときに女児を出産。不妊治療を続けた末にようやく実現させた初産だった [全文を読む]

50歳で妊娠のJ・ジャクソン!でも「高齢出産で二人目」は難しい?

It Mama / 2016年10月25日21時45分

source:http://www.shutterstock.com/ジャネット・ジャクソンさんの50歳での妊娠発表が話題となっていますが、2人目を高齢出産した有名人は意外と多いってご存じでしたか?経産婦の場合、40歳以上が高齢出産と定義されていますが、日本でも江角マキコさん、永作博美さん、オセロの松嶋尚美さん、写真家の蜷川実花さんなどいずれも40代で2人 [全文を読む]

永作博美 42歳出産の陰で実践していた「胎児の超活性化法」

WEB女性自身 / 2013年06月30日07時00分

6月19日、第二子となる長女を出産したことを発表した永作博美(42)。前日の18日の午前7時30分、都内の病院で生まれた赤ちゃんは、体重3124グラムの元気な女の子だったという。彼女は09年4月に映像作家の内藤まろ氏(43)と結婚し、翌年5月に第一子となる長男を出産した。だが当時すでに39歳。今回は42歳での出産となった。「実は彼女、もともと子供ができにく [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『夫婦フーフー日記』コラボ企画第二弾!「友だちから恋人に発展したきっかけエピソード」募集!

PR TIMES / 2015年05月25日17時09分

そして、闘病、出産と、わずか493日の結婚生活を、必死にフーフー駆け抜けた夫婦の姿をユーモアたっぷりに描いた、まさかの泣けるコメディです。主演の佐々木蔵之介さんと永作博美さんが10年ぶりに夫婦役を演じたことも話題となっています。 第二弾のキャンペーンでは、ヨメ・ユーコの「見合いするかもしれない」のひと言をきっかけに、友だちから夫婦になった主人公ふたりにちな [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『夫婦フーフー日記』コラボ企画第二弾!「友だちから恋人に発展したきっかけエピソード」募集!

PR TIMES / 2015年05月25日17時09分

そして、闘病、出産と、わずか493日の結婚生活を、必死にフーフー駆け抜けた夫婦の姿をユーモアたっぷりに描いた、まさかの泣けるコメディです。主演の佐々木蔵之介さんと永作博美さんが10年ぶりに夫婦役を演じたことも話題となっています。 第二弾のキャンペーンでは、ヨメ・ユーコの「見合いするかもしれない」のひと言をきっかけに、友だちから夫婦になった主人公ふたりにちな [全文を読む]

式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト「ウエディングパーク」映画『夫婦フーフー日記』との特別企画 結婚式場にて試写会イベントを開催

DreamNews / 2015年05月11日11時00分

結婚式場で映画を見よう!「夫婦はフフフ♪キャンペーン」試写会イベント開場中の様子 本企画は、出産直前、ヨメにガンが発覚し、わずか1年半の結婚生活を最期まで笑って生きた実際のご夫婦の物語から生まれた映画『夫婦フーフー日記』をカップルで鑑賞することにより、改めてお互いの大切さを感じてもらうことを目的とし、企画いたしました。 ■イベントに参加したカップルの声 [全文を読む]

米倉涼子、失敗しない「オメデタ」への覚悟

NewsCafe / 2015年01月14日17時00分

今年8月に40歳の大台に乗る彼女、子作りも「失敗しない…ので」と行く?! 「一般人に比べると芸能人の高齢妊娠・出産というのは当然目立ちますが、最近でも例は決して少なくありませんね」と語るのは医療問題にも詳しい女性誌ライター。 最近だと…この春に出産予定の女優、松たか子(37)とか…。松は6月には38歳になるが、アラフォーの新米ママということになる。 「他に [全文を読む]

<NHK『さよなら私』はアラフォーへのエール>アラフォーは「自分が選ばなかったもう一つの自分の人生」を考えてしまう世代

メディアゴン / 2014年12月10日16時31分

結婚、出産、幸せな家庭、子ども・・・。もちろん、結婚・出産と仕事の両方をしっかりと手に入れて、うまくこなしている女性もいっぱいいる。しかし、人生の端々で、「仕事か彼氏か」「仕事か結婚か」「仕事か子どもか」の選択を迫られてきたのが、いわゆる「アラフォー世代」だったのではなかろうか。この20年、仕事を選んだ独身女性のために、様々な流行語が生み出されてきた。・「 [全文を読む]

「連続ドラマW 私という運命について」がギャラクシー賞2014年4月度月間賞を受賞

PR TIMES / 2014年05月20日15時59分

亜紀さん、あなたはどうして間違ってしまったのですか」女性にとって、恋愛、結婚、出産、そして死とは…激動の時代の中で、亜紀はこの言葉に逆らうかのように、美しくも過酷な運命を自らの意思で切り開こうとする。 <スタッフ・キャスト> 原作:白石一文 「私という運命について」(角川文庫) 脚本:岡田惠和 「ドラマW チキンレース」「連続テレビ小説『おひさま』」「最後 [全文を読む]

永作博美、第2子出産後初の舞台挨拶 ファンからサプライズも

WEB女性自身 / 2013年09月11日00時00分

9月11日、映画『四十九日のレシピ』(11月9日公開)の完成披露試写会が都内で行われ、主演の永作博美(42)が6月の第2子出産後初となる公の場に登場した。 永作が登壇すると、観客から一斉に「ご出産おめでとうございます!」とサプライズで祝福が。永作は「ビックリしました」と驚きつつ、「無事に出産できました。大変ですが、働きながら育児をしている方もたくさんいらっ [全文を読む]

いつまで産める?「高齢出産」の最新タイムリミット!(1)全出産の3割が高齢出産!

アサジョ / 2017年03月14日06時00分

11年に40歳で男児を出産した松嶋尚美や、13年に42歳で第2子を出産した永作博美、15年に41歳で女児を出産したはしのえみ、16年に40歳で第2子を出産した東尾理子の例など、一般的に35歳以上での出産が高齢出産と呼ばれるなかで、近年は40歳を過ぎた有名人たちの出産ニュースが耳に届く。 海外でもマドンナ(00年に42歳で男児を出産)や、ニコール・キッドマン [全文を読む]

永作博美、作家・白石一文が語る“男のセックス信仰”に、「勉強になります(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月01日11時30分

結婚や出産、男と女の意識や性欲の違い…普段なかなか聞けない2人の本音が次々と飛び出した。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●普通に生きている人をちゃんと書く白石:一度、女優さんに聞いてみたかったんですけど、本は仕事と切り離して読まれるんですか? たとえば読みながら、演じている自分をイメージするとか。永作:私の場合は、本は完全に仕事と切り離して読みます [全文を読む]

永作博美 毎日痩せていくがん患者の役づくりが大変だった

NEWSポストセブン / 2015年06月07日07時00分

出産、育児、闘病、別れ。ふたりで喜び、ふたりで悲しみ、必死になってフーフー生きた夫婦を、10年ぶり2度めの夫婦役共演となる佐々木蔵之介(47才)と永作博美(44才)が演じた。二人が同作について語り合う。 佐々木:映画の中での夫婦関係は現場で自然にできていったものでした。事前のリハーサルがほとんどなくて、それが逆によかったんです。 永作:「よーいドン」で始 [全文を読む]

『夫婦フーフー日記』佐々木蔵之介×永作博美インタビュー

NeoL / 2015年05月31日13時29分

治療しながらも出産した彼女は、ダンナと二人三脚で怒濤の“育児&闘病生活”を始めるが、やがて旅立ちの日が近づいて──。佐々木蔵之介と永作博美が共演した映画『夫婦フーフー日記』は、実在の夫婦をモデルにした感動の物語だ。原作は、闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)。笑いと涙が詰まった“493日の記録”を映像化するにあたり、若きコメディーの名手・ [全文を読む]

永作博美、理想の夫婦像を前田弘二監督と語り合う

Movie Walker / 2015年05月29日11時45分

佐々木蔵之介演じる“ダンナ”と、永作博美演じる“ヨメ”が織りなす『夫婦フーフー日記』(5月30日公開)では、結婚、出産、闘病という怒涛のような日々がユニークな形で綴られている。永作博美と、メガホンをとった前田弘二監督にインタビューし、撮影エピソードや理想の夫婦像について話を聞いた。長年友人関係だった男女がようやくゴールイン。ところが結婚して1か月後、ヨメの [全文を読む]

「ママの憧れ」 永作博美がベストマザー賞授賞式で見せた笑顔

NEWSポストセブン / 2015年05月17日07時00分

なお、この中でも永作博美は2010年に第一子、2013年に第二子を出産している。 撮影■小彼英一 [全文を読む]

dTVで映画「夫婦フーフー日記」のオンライン試写会を開催

Entame Plex / 2015年05月14日13時17分

映像化されるにあたり、出産や育児、妻の死を中心に描かれている原作に加え、死んだ妻が夫の前に現れ、夫婦2人の歩みを共に振り返るというファンタジー要素が追加された事で、“泣ける”コメディ映画に仕上がっている。 そんな本作のメガホンを執ったのは「婚前特急」など、現代女性の恋愛をコミカルに描くことに定評がある前田弘二監督。そして、脚本を手がけたのは日本アカデミー賞 [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『夫婦フーフー日記』コラボ企画第一弾!「イクメン」に関するアンケート調査を実施!

PR TIMES / 2015年05月01日18時30分

そして、闘病、出産と、わずか493日の結婚生活を、必死にフーフー駆け抜けた夫婦の姿をユーモアたっぷりに描いた、まさかの泣けるコメディです。主演の佐々木蔵之介さんと永作博美さんが10年ぶりに夫婦役を演じたことも話題となっています。 第一弾のキャンペーンでは、劇中、佐々木蔵之介さん扮するダンナ・コウタが男手ひとつで子育てに奮闘するシーンにちなんで、「イクメン [全文を読む]

関ジャニ∞が表紙&インタビュー! 「FRaU」2月号は、友達に、家族に、パートナーに…「幸せな贈りもの」大特集!

PR TIMES / 2015年01月09日12時56分

1月10日(土)発売の「FRaU」2月号は「贈りもの上手が教える 幸せな贈りもの2015」特集! 本当に喜ばれる贈りものの極意は、その道の"贈りもの上手”に聞くのが一番! ということで、「誕生日プレゼント」「バレンタインギフト」「結婚祝い」「出産祝い」「両親への感謝」など、8つのシチュエーション別に、思わず贈りたくなる名品を紹介します。 また、表紙&COV [全文を読む]

フォーカス